出産前後の痔にはご注意!

駐車場内での事故についてですが、駐車場から出る為に駐車場内を左折していたところ、駐車場の端にとめていた車が出てきて私の車の左後ろのタイヤの辺りに接触しました。
警察も呼び、私の車やさん(保険仲介者)も呼び、双方車を動かしていなかったので、そのまま見ていただきました。
先方は、枠からかなり前方に出てとまっている状況でした。
しかし、後で先方が言うには枠に止まってドライブに入れて行こうとしたら私が擦って行ったと言っているそうです。話しが全く違い正直かなりショックをうけ眠れませんでした。
現場でも最初は巻き舌で言ってきていましたし・・・
こちらの保険やさんは先方が認めないので時間がかなりかかると思うが状況は確認できているので安心してくださいとは言ってくださっていますが、心配ですし、やはりショックです。この話しを知り合いにしたら、精神的な慰謝料を請求できるんじゃないか?と怒っています。
どうなんでしょうか?気力もないですが・・・
また、保険やさんによっても力が違うと聞きますが大丈夫でしょうか?
相手は東京海上さんです。
我が家のもう1台の車は東京海上さんですが、今回は三井さんです。
田舎ですので広い駐車場でしたが・・・
うちのもう1台の車の保険の東京海上さんに相談したら余計ややこしくなりますよね?
アドバイスお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

当事者ではない立場で、あえて考えてみましょう。


保険屋さんの立場でだとしたら、でいいかと思います。

現場はそのままであり、あなたは進行方向を接触地点を通過し後方を傷つけられた。
相手は駐車枠からはみ出してこすられている。

第三者には、この状況だけですとどちらが動いていて、どちらが止まっていたか。
あるいはあなたが止まっていた相手方に通過しながら擦っていったのか、あるいは逆にあなたに向かって相手が無警戒に飛び出してきたのか、時間の前後関係は特定できないように思えますが、そうではありません。

言い切った方が勝ち!口調の強い方が勝ち!ではありません。
保険屋さんも警察も見てわかることですが、仮に相手の言うとおりに相手が駐車枠から出発しようとしたところにあなたが勢いよく前を通過していき擦っていったのだとしても(相手の言うとおりだとしてもです)、相手は枠から発進する際には当然ながら出ようとする枠外に通行する車がなく安全に発進できることを確認してから発進しなければなりません。
あなたの車が自分に向かって進行してきたのがわかっていれば、結果は接触しようがすれすれを危うく過ぎ去っていこうともその車の通過を見送り待ってから発進しなければなりません。
あなたならばそうするでしょ?

これはいくらとぼけようとも、相手は枠から飛び出していたのを客観的に警察や保険屋さんが見ているのが強みです。
相手は本来あなたが通過するまでは枠内にいなければなりません。

これが相手がしっかり枠内にいたというなら、実際がどうであれシラを切れば相手の言い分も通ってしまいかねませんが。

あなたが来るのを承知で飛び出したか、あなたが来るのを確認しないで出てきたかのどちらかしか通りませんよね?

以上はあなたが保険屋さんや相手と説明や交渉をする際の言い分として頭に入れておいていただきたい論法です。

ここまで説明しておきながらなんですが、公道では適用する客観的なルールが道路交通法としてありますので、刑罰・罰金の量刑にも関わるので警察は法に照らし合わせて必要な状況の記録やそれを証拠として必要な際には提示もしてくれますが、この度のあなたの場合は私有地内のことで交通法は適用にならず、警察も現場確認は行い書類にも残してはありますが、その記録などは何ら証言・証拠として保険屋さんにも提示してはくれないのです。
というか、法の適用のない事案に協力する義務も責任もないといえばいいのでしょうか?

これが仮に死亡事故であったとしても、刑事事件としての立場で実況検分なり書類作りはしますし、検察への事実証拠の提示はしますが、これは刑法に基づく行為でして交通法に関しては何ら関与しませんし、出来ないのです。

つまり、警察は味方にも敵にも実はなりません。
私有地での物損事故、人の庭で植木鉢を壊した、壊さないというのとおなじことです。
民事として互いの主張、客観的な事実や証言から保険屋さんを含め当事者であるあなたと相手がどこまで認め、それに対して保険屋さんがどこまで賠償を認めるか、それぞれの同意しかないのです。

両者のやりとりや状況から、「事実がどうであれ」、保険会社としてはこういう過失割合として賠償の処理を勧めますがよろしいですか?と最終的な両者の合意が取れたところが結論となるのです。

だからこそ、先に説明の通り、あなたなりに客観的に主張できる「相手の安全確認義務」と「現に枠から出ていた」を相手にも保険屋にも主張し続けるしかないのです。

繰り返しますが「事実はどうであれ」、保険屋は提示し両者が認めた分しか補償はしません。

この「両者が認める」がこじれそうだから「長引く」という話も出ているわけです。
保険屋なりに「この状況から、このように判断させてもらいます」とはいいますが、権限を持って「こちらがこのくらい悪い」とは絶対に言いませんし言えません。

保険屋の仕事は刑罰の判断ではなく、足りようが足りまいが「補償額の裁定」でしかないのです。
全面的に向こうが悪くとも、50万掛かる責任が向こうにあったとしても、両者が20万で合意すれば、保険屋はそれを支払うまでです。

あえていうならば、あなたに過失はないのにあなたに20万の修理責任が出るとなると、本来は払わなくても良い「あなたの加入する保険会社」は払いたくない、払う必要がないことなので食い下がってはくれますが、それもあなたのためではなく自分の会社のためくらいに思った方が良いかもしれません。

先の皆さんが言ってくださっている「後は保険屋に任せておけばいい」というのは、「公道」での警察も関わる交通事故・物損事故の場合です。
民事の物損事故は言うことは言い続けねばなりません。

あなたも相手も両者の保険屋も、いずれも法的な権限を持たない民間人です
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
本当は経過報告の電話で相手がごねてるだ荒い口調で言ってるなどといわれると、また落ち込むのが現状です。
いつも頭の片隅にありますので・・・
しっかり主張はしたいと思います。ありがとうございました。
20年事故などなかったのでかなりショックを受けたのかもしれませんね。

お礼日時:2010/06/12 22:24

精神的な慰謝料なんて請求できませんので、ご友人にどあほーと言っといてください(^_^;



後は保険屋さん任せで何もする必要は無いですから普段どーりの生活してください、その後保険やさんから結果報告の電話とかありますよ
    • good
    • 0

警察も保険屋も現認しているなら、任せておけば良いですよ^^



とかく事故と云うものは、歩が悪い方があれこれと言うモノです。

ご自身が言われる通りなら心配要らないので、相手のことは、負け犬の遠吠えみたいに静観しておきましょう。

ちなみに相手が直接、あれこれと言って来たら、メモや録音するなどして全て保険屋さんに伝えて下さい。

※保険屋と云う代理人が入りながら、直接クレームをつけてきた場合には、その内容によっては脅迫・恐喝に問われます。

※もう一台の車が相手と同じ保険屋であっても、相談したからと言って力にはなってくれません。

ご参考までに♪
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても気持ちが楽になりました。
ありがとうございました。
なるべく気にせず 気をつけて運転したいと思います。
20年あまり運転していて 初めてでしたので・・・

お礼日時:2010/06/11 17:13

ご心労、お察しします。



左後ろにぶつかったんですよね。それでしたら相手側の不注意度が高いと思います。駐車場内なら速度も出せないですから、横っ腹や後ろにぶつかった方が明らかに前方不注意です。
保険屋さんもプロですから上手に交渉してくれると思いますよ。

事故を起こしたのは初めてですか?動揺するお気持ちはわかりますが、慰謝料は難しいと思いますし東京海上に相談するのもやめた方がいいと思います。

世知辛い世の中ですから、赤信号で突っ込んできたくせに自分の方が青だった!と言う人もいます。口先八丁で事故責任が軽くなったらもうけものと思っているのでしょう。それにお互い自分目線で見ているのでどうしても自分に甘い解釈も出てきます。どうやらケガはなかったようですので、不幸中の幸いと思って相手の失言については忘れるのが一番です。

また他社に相談するという事は三井を信用してない事になりますから、とても失礼なことです。今後の交渉で相手の言い分が通るようなことがあったらその時は東京海上に相談するのも手ですが、事故直後で相手の失言に不安になっただけであれば三井におまかせするのが筋です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
心配性なのでとてもおちこんでしまいました。
相手は彼女を乗せていたので粋がってまき舌でかかってきたのかもしれませんね。
しかし、担々と応対していたら 普通の口調にはなっていましたが・・・

後はお任せしてなるべく気にしないようにしたいと思います。
保険屋さんから連絡あると、どうしても思い出しますが・・・

お礼日時:2010/06/11 17:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q駐車場内での事故の割合

初めて質問します。
わかりづらい内容かもしれませんが、
回答よろしくお願い致します。

先日、スーパーの駐車場で事故にあいました。
同じスペースに相手はバックから、
私は前から駐車する事で起きた事故でした。

事故があったのは入口から入って
左手前の奥側のスペースだったのですが、
私が入ろうとしたときは左手前の入口側の
スペースを出ているところでした。
なのでその時点では私は駐車するために
いたのか、それとも(事故があったスペースの
すぐ横が出口だった為)出るのかわからなかったので
徐行で間隔を開けながら走行していました。
それで相手は事故にあったスペースを通りすぎたので
私はそこに前からスペースに入ったときに
相手を見るとバックライトが点き、私は
「えっここにいれるん!?」って焦り、停止しました。
で、相手は確認してなかったのか勢いよく
バックしてきて私の車とぶつかりました。
それで警察を呼んで事情を話すと
「駐車場での事故はお互いがふせげる事故だから」
と言い、帰っていきました。
それで当日相手の保険会社の方から電話が来て
こちらの言い分を話すと「駐車場での事故なので
すぐに10:0とは言えません」と言われその日はおわりました。
そして後日電話がかかってきたのですが
担当が変わったのか違う方でした。その方が言うには
「○○さんは左の確認はしたが右の確認はしてなかったみたいですが
駐車妨害や車間距離の関係で
あなたの方が過失があります」と言われました。
私には言ってきませんでしたが私の保険会社には
「7:3であなたが悪い」と言ってるらしいのです。
私の方の保険会社は9:1で私に過失はないと
言ってくれてるみたいです。

その事をいろんな方に聞いたり、質問サイトなどを見たりしましたが
「止まっていたなら過失はない」と言われたり
「場所によっては過失がある」と言われたり
いろんな意見が出たので、ここでも意見を伺いたくて
質問させていただきました。
私自身10:0にならなくとも停車していたのですから
7:3で私が悪いっていうのはどうも納得できないのですが…
実際はどうなのでしょうか?
クラクションは鳴らすタイミングがわからなくて
鳴らせませんでした。


また、全然話が進まないので事故鑑定の方に
見てもらう話が出たのですが、事故鑑定の方には
どう事故を見てもらうのでしょうか?
お互いを呼び出し、意見を聞いて…といった感じですか?


長くなってしまいましたが、どなたか回答
お願い致します。

初めて質問します。
わかりづらい内容かもしれませんが、
回答よろしくお願い致します。

先日、スーパーの駐車場で事故にあいました。
同じスペースに相手はバックから、
私は前から駐車する事で起きた事故でした。

事故があったのは入口から入って
左手前の奥側のスペースだったのですが、
私が入ろうとしたときは左手前の入口側の
スペースを出ているところでした。
なのでその時点では私は駐車するために
いたのか、それとも(事故があったスペースの
すぐ横が出口だった為)出るのかわからなかったので
徐行...続きを読む

Aベストアンサー

とんだ災難でしたね。

駐車場内では 相手がどんな動きをするか予測がつかない人もいます。

まるで出て行ったのかと思っていると 相手の方のように突然バックで入れようとするとか 単に一度で入れられず 何度も出たり入ったりしても 上手く入れられないタイプの人だと 周りを惑わせる行動をしがちです。

さて今回ですが 相手はバックで衝突しているため 相手の保険会社さんの言い分から推測すると 部の悪い一番肝心な問題点を触れないで交渉してます。

後方確認です。

バックをしているとき ミラーをみながら後方を確認したといっているのでしょうけど 左右のミラーと車内のミラー そして直接の目視をするのが バックの原則です。

左のミラーだけを見て下がったとしたら 右側からくる駐車場内を移動する歩行者や車との 事故の確率は 高くなります。

そもそも 片側のみの確認で 後方の安全確認は、成り立ちませんから この場合後方の安全確認をまったくしてないと同じでいす。

車庫入れの基本は、自分の車が入る場所に人や障害物がないことを確認する。
これが原則ですし どこの教習所でも習う基本です。

左だけは見た これは言い訳にしかなりません。

わたしが貴女なら止まった以上 10:0を主張し 相手の過失のみとします。

ちなみにクラクションを鳴らしてないところを もし突っついてきたら 次のように説明してください。

道交法 第五十四条  (警音器の使用等)
2  車両等の運転者は、法令の規定により警音器を鳴らさなければならないこととされている場合を除き、警音器を 鳴らしてはならない。但し危険防止のためやむを得ない時はこの限りでない。

保険会社は や道交法を知らない素人さんは、但し危険防止のためにはならなさいとならないような言い分を示しますが 実際法令では、クラクションは、鳴らす場所は、決まっていて そこ以外では鳴らしてはならないという規制を定めており ただ危険回避のためになら ならしてもいいと 任意として定めてます。 

簡単にいいますと、危険防止するためやむを得ず、鳴らすことを許しているだけであり、鳴らさなくてはいけないという義務などは、法的な道路標識等以外の場所では元々存在しておりません。

街中でも クラクションを安易に使用する方が見受けられますが クラクションを驚きお年寄りが倒れたとか自転車で転んで大怪我したとか 目撃者でもいたら 罪は鳴らした運転手になります。
ぽんぽんと警笛器(クラクション)は安易に鳴らしていいものではないのです。

むしろ すべての責任は、車が後ろにいるのにバックした運転手にあります。
そして後ろの車が停止していたのなら 停止した車に、過失はないというのが一般的です。
なぜなら危険を察知して 即止まれる速度 駐車場内で徐行していたのですから 過失はないわけです。
逆にバックという 本来徐行で後進すべき運転手がぶつかってしまうことがおかしいのです。

とんだ災難でしたね。

駐車場内では 相手がどんな動きをするか予測がつかない人もいます。

まるで出て行ったのかと思っていると 相手の方のように突然バックで入れようとするとか 単に一度で入れられず 何度も出たり入ったりしても 上手く入れられないタイプの人だと 周りを惑わせる行動をしがちです。

さて今回ですが 相手はバックで衝突しているため 相手の保険会社さんの言い分から推測すると 部の悪い一番肝心な問題点を触れないで交渉してます。

後方確認です。

バックをしているとき ミラー...続きを読む

Q自動車保険、使うか使わないかはいつ決めますか

事故報告して、修理見積もりと過失割合照らし合わせて支払い額が決まるまでは、保険屋さんに交渉を全部任せて、いざ支払い額が決定したところで「じゃあ保険使いません」てことでいいんでしょうか?

「保険使わない」場合は、保険屋さんが交渉してくれた過失割合に則って、相手にその分のお金を支払って、終わり、といった感じでしょうか??

Aベストアンサー

俺はまさにこのケースでした。

ただ事前に、補償額によって自腹か保険使うか
は考えますとはいっておきましたけど。

まず過失割合が決まります。

相手の修理代確定します。

そうなればpezpezさんの負担金額が解ります。

次にここが重要で面倒くさいところです。
保険を使った場合と使わない場合のの翌年度以
降~20等級になるまでの保険料額を聞きます。
その保険料額の差とpezpezさんの負担額で
保険を使うか使わないかを決めるわけです。

だから、いくらなら保険を使わない方が良い
のかは現在のpezpezさんの等級によって人
それぞれです。
また車両保険に加入している場合は、けっこ
うな保険料の差がでますので、車両保険
加入未加入でも違ってきますし。
やっぱり保険屋に聞かない事にはどっちが
得かは誰も解らないですよ。

相手に払う・・・というかpezpez さ自身
の車の修理代の兼ね合いもありますから
俺の場合は、俺の車の修理屋さんに払いま
した。
だからこれはケースバイケースでしょう。

Q【駐車場内の接触事故】バックしてきた車との過失割合について

皆さんのお知恵を貸してください。
先日、お店の駐車場でバックしてきた車にぶつけられました。

当時の状況は、
私は、一般道路の右側レーンから右折で駐車場へ入るため、指示器を出して準備をしていました。
相手車は、左レーンで走行していましたが、突然、指示器も出さず私の前に割り込み、駐車場へ入って行きました。

相手車は若干ですが挙動不審な行動だったため、私は相手車の様子を見ながらゆっくり後に続いて走行しました。
駐車場へ入ってすぐの所で、相手車が右側の駐車スペースへ入るために右側へ進路変更し進みました。
そのすぐ後に当方車両へ向かってバックをして来たため、私はとっさに左にハンドルを切り逃げましたが、右側後方にぶつかりました。
クラクションを鳴らす余裕も無く、逃げるのが精一杯の状態でした。
もし私が逃げずに停車していたら、車のもっと前方(右ミラーと運転席ドア辺り)にぶつかっていたと思います。

車を降りた途端、相手車の助手席に載っていた男性が、お酒のニオイをプンプンさせて怒鳴り込んできました。
「そちらがバックされたので、ぶつかったのです」と当方が訴えると、
後で降りて来た運転者の女性が「全く後ろを見ていなかった。すみません。」と全面的に謝ってきました。
警察を呼び事故届けをした時までは、スムーズに進むと思っていました。

翌日に保険屋に連絡をして以降から、相手方の態度が一転し、
「こっちは悪くない、向こうが出て来たからぶつかったんだ。修理代を払って欲しい。」と、
全面的に当方に過失があるような主張をされました。

当方の保険屋は、動いていたので私にも過失がある、次年度から等級が下がって保険料が○○円上がります。と、どっちの味方をされているんだか...とても悲しくなりました。

その後、調査会社から調査が入りました。
相手方は対話拒否をされていた為、私の説明のみで進むと聞き安心していましたが、
昨日過失割合の結果を聞き、驚きました。
相手が6割、当方が4割とのことです。

この割合は妥当なのでしょうか?
そもそも、相手が全く後ろを確認せずバックをしたため起こった事故です。
動いていた私にも過失があるなら、それは危険を回避する為の行動だったので、せめて1割でも良いと思うのです。

駐車場へ入る前から、全く後ろを確認しない不審な行動の相手車は、
ぶつかった相手が人ではなく車だったことはラッキーだったと思います。
私は運が悪く、もらい事故だったと思っています。

私の主張は間違っているでしょうか。
納得させていただけるような、ご意見をいただけたら助かります。
どうぞよろしくお願いいたします。

皆さんのお知恵を貸してください。
先日、お店の駐車場でバックしてきた車にぶつけられました。

当時の状況は、
私は、一般道路の右側レーンから右折で駐車場へ入るため、指示器を出して準備をしていました。
相手車は、左レーンで走行していましたが、突然、指示器も出さず私の前に割り込み、駐車場へ入って行きました。

相手車は若干ですが挙動不審な行動だったため、私は相手車の様子を見ながらゆっくり後に続いて走行しました。
駐車場へ入ってすぐの所で、相手車が右側の駐車スペースへ入るために...続きを読む

Aベストアンサー

お答えしまひょ。
あんさん、調査の方に胸張ってこれを主張したんとちゃう?
>そのすぐ後に当方車両へ向かってバックをして来たため、私はとっさに左にハンドルを切り逃げましたが、右側後方にぶつかりました。
>クラクションを鳴らす余裕も無く、逃げるのが精一杯の状態でした。
あくまで「退避行為なんじゃ!」を!
これ・・・逃げるって「動かす」なのは判りまっか?
双方動いてるんやさかいこれになるんですわ〜!
>相手が6割、当方が4割とのことです。
で、相手が全面的に悪いにするんはこれをする
>もし私が逃げずに停車していたら、車のもっと前方(右ミラーと運転席ドア辺り)にぶつかっていたと思います。
その止まってる時にやのぉ〜、思いっきり「クラクションを鳴らす」やで〜!
間違いのぉ〜、クラクション鳴らしたら止まったはずですわ!
まっ!あんさんの取った行動は「自分で自分の墓穴を掘った」と一緒!


人気Q&Aランキング