【無料配信♪】Renta !全タテコミ作品第1話

現在の日本人が話す日本語は一体何年くらい前の日本人とコミュニケーションが取れるのでしょうか?例えば、平安時代にタイムスリップしても果たして通じ合えるものでしょうかね?現在人の話す言葉には昔と比べて圧倒的に単語量が多いから通じ合える範囲は限られるのでしょうけど、

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

言わんとしておられることはわかっているつもりですが、そもそも何をもって「コミュニケーション」とするかを考えると、明確な答えは出ないと思うんですよね。



例えば、私は接客業は通訳業も経験していて、明治生まれの祖父母とも同居していたので、正しい日本語を話していると自負していたのですが、10年あまり前に、首都圏の町内の会議でちょっとした意見を言ったら、老人会の方々に通じなかったのです。どうやら、たまたま「ピーカン」という単語を使うなどして、自分の日常について早口でまくしたてたのがいけなかったようです。町内会長さんが“通訳”をしてくださって、ことなきを得ました。

それに皆さんも、アナウンサーが話す言葉なら全国的に理解できるでしょうけれど、どこかの田舎に観光にでも行くと、声をかけてくれたお婆さんや、電車で見かけた不良高校生が話す言葉を一言も理解できない、なんてことがザラにあります。それだけ“内輪でしか理解できない言葉”を彼らは話しているのです。日常的にそれで済んでいるからです。

一方で私は言葉の通じない外国へ行くのが好きです。スペイン語の知識は皆無に等しいのですが、英語も日本語も通じないスペインやベトナムで、世間話から盗難届から苦情まで、コミュニケーションを難なくとってきました。奇をてらったことを言わなければいいのです。例えば初対面の人に会ったら、だいたい話すことは決まっています。「どこから来たのか」「家族は何人か」「ふるさとは広いか」などなど。それをベースに、知っている英単語「レッド」に似ているスペイン語の「ロッソ」を活用するなどして、会話ができます。逆に、とあるテレビ番組でこんな場面を観ました。一夫多妻制を続ける遊牧民の主婦たちの中へ入っていった日本の現代女性が「私は独身で、毎日働いています」と、通訳を介して笑顔で言ったのですが、何度説明しても相手は真意を理解してくれずに「かわいそう」と言って泣くのです。

前置きが長くなりました。江戸時代以前の書物は、話し言葉とは別物でしたから、私たちが古文の授業で朗読させられているものよりは、わかりやすい言葉をしゃべっていた可能性があります。また、方言がより濃厚に残っていたはずですから、その地方の方言に関する知識があるかどうかでも変わってきます。それから、その時々の政権の中心地が言葉に影響を与えていたでしょうから、江戸時代なら東京の言葉が参考になりますが、平安時代なら京都の言葉の知識があったほうが通じやすいでしょう。そしてこうした知識をベースに、あまり奇をてらったことを言わなければ、食べ物や着物くらいは買えると思いますよ(当時の通貨があればね)。

ちなみに私は言語学の専門家に、平安時代に使っていたと思われるイントネーションで古文を朗読してもらったことがありますが、それは昭和天皇の演説にそっくりでした。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。平安時代にテープレコーダーがあれば、当時の人達のしゃべる内容を録音
したものを聞きたい物です。私は関西出身ですが、関西人は平安時代でも早口でまくし立てていたような気がしてなりません。(笑)

お礼日時:2010/06/15 16:40

昔の口語表現は伝統芸能のなかに(当時の最も分かりやすい形で)冷凍保存されています



民謡を聞いて意味がスラスラわかる人は明治まで戻れます
歌舞伎の台詞がわかる人は江戸時代までいけるでしょう
能楽の台詞・謡がわかる人は室町時代(の上流階級)までは
なんとかコミュニケーションが可能だと思います

基本的にラジオ普及前の日本は都市・田舎を問わずどこへ行っても
その地方の人でないとスムーズに話ができないと思います
ちょうど現在田舎のじいちゃんばあちゃんと話をするような難しさで
いちいち聞き返して確認しないと初対面での会話は成り立たないでしょう

余談になりますが、口語ではなく文書でのコミュニケーションになると
江戸時代の近世文書と鎌倉・室町時代の中世文書のあいだには
現代人が解読するにあたって数倍の難易度の壁があります
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。そう言えば昨年青森県の三沢に出張して、ある食堂に入ると老夫婦が経営している店でして、この夫婦が話す言葉はほぼ90%が分かりませんでした。テレビで水戸黄門が再放送されていておじいさんが私に「水戸黄門は¥@¥@-¥・」としゃべりかけて来ました。水戸黄門の単語しか聞き取れない私は愛想笑いでごまかすしかありませんでした。

お礼日時:2010/06/24 17:20

平安は楽勝でしょう。


聖徳太子までいけると思いますよ。

古事記や日本書紀だって原文で読んで意味がわかるのですから。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。聖徳太子の生声を聞いてみたいですね。

お礼日時:2010/06/23 16:56

 以前、渤海国のことを調べていたら、何でも、訪れた渤海の使者と、接待側の日本側が別れぎわに互いに歌(和歌?)を詠んで、別れを惜しんだという話しが残っているんだそうです。


 今なら、どうやって朝鮮の言葉と会話できたのか不思議です。もしかしたら当時はそれぞれ、よく似ていたのかもしれません。これを知るに、日本語はえらく変化しているんですが(江戸時代は中国語ベース)、日常会話ではなく、コミュニケーションなら結構通じるんじゃないかと思います。
 これも古代の話しですが、天皇崩御の知らせは、大和朝廷時代でもほぼ一週間で全国(北は新潟県あたりまで)へ伝わったそうです。つまり北も南も、訛りはあっても日本語としてコミュニケーションができたらしい。あの網野善彦氏(故人、「日本史を読み直す」が有名)によれば、さまざまな古文書などの分析で、いろいろ訛りや、独特の言いいまわしがあっても、文法的に全部日本語で、どうして過去にこれだけ広がったのかは不思議だと表されていました。
 ですから、以外とその場に立てば、いけるかも。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。会話をしなくても出来るならば当時の人々の話す日本語を録音したものを聞いてみたいです。なんだかワクワクします。

お礼日時:2010/06/23 16:54

愛しき→かなしきといったニュアンスの違いが発生するでしょうねぇ。



江戸時代はいまの人の言葉のスピードのおよそ1.5倍ゆっくりだそうです。

ちなみに祖母が曾々祖母(江戸時代の生まれ)の隠居部屋によく遊びに行って会話していたと言っていますので江戸時代まではなんとかクリアでしょう。

それといまの日本語についてどうこうというのはナンセンスかもしれません。

なぜなら1200年前の遺跡から「まったくイマドキの若いもんは言葉は乱れてるし言う事はきかないし」といった愚痴の木片が出土されているんです(笑)
若い世代では時を超えても会話がラフになりやすいということですね。
江戸時代にも流行り言葉にお堅い上層部が禁止令を出したりと大変だったみたいですね。

ご質問のタイムスリップして通じるかという疑問ですがイエスでありノーでありですかね。
私は首都圏の人間です。いまだに九州の方や北陸の方の単語に?が付く時があります。
誤解のないように申し上げますが私は方言が大好きな人間です。

イエスでありノーであるのは「漢字」があるから。
読めなくても草冠が付いていれば魚へんならとかでだいたいわかりますよね。
外国に3年も居れば話せるようにその内に会話できるでしょう。
日常生活はなんとかできるレベルではないですか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。実際に江戸時代の人と話が出来たと聞くとそれ以上の説得力はありませんね。私の聞いているのは、昔、角川映画で「戦国自衛隊」と言う映画がありましたがその時、自衛隊と武将が話が出来たのか?と聞いているようなものですね。

お礼日時:2010/06/18 15:58

さすがに、平安は無理でしょうね。

和歌とか古典のレベルですから。
せめて、平成元年からなら大丈夫だと思いますけど…

言葉が乱れるというか、進化をしていっていると考えるのが自然だと思います。
現代語を昭和の人たちがみれば乱れていると感じるでしょう。
しかし、昭和の言葉もまた大正の人から見た場合、乱れていると見られることがあるでしょう。
ピンポイントにいうと、僕は高校生ですがバブルでディスコで踊りまくっている大人たちをみると、アキバで踊っている人たちと同等に嘆かわしく感じます。

進化は受け入れられる人とそうでない保守派に分かれますが、時代の流れに保守派は勝つことができないのが現実ですよね?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。明治生まれの人と話をしても何も違和感無しに話せました。という事はこの人達の親の代、そのまた親の代くらいまでなら充分話せると思います。平成、昭和、大正(私の親の代)、明治(私の子供のころ多くがご存命でした)この4世代はお互い知らない単語を認めながらコミュニケーションは出来ると思います。それがどこまで遡れるかにロマンを感じるのです。

お礼日時:2010/06/15 15:23

 とりあえず古い日本の映画をみて、昭和初期の映画ならまだなにを言ってるのか分かるので、80年くらいは大丈夫でしょうね。

実際に当時の人たちが話をしている映像の一番古いのはどの時代のものか分かりませんが。

 江戸時代以前の人々には今の私達の外来語から派生するカタカナ日本語はまったく分からないでしょうし、私達もいにしえ人の古語(もちろん口語)はちんぷんかんぷんかも分かりません。

 私達がすっかり日本語だと思ってる言葉でも明治以降作られた言葉もあるでしょうから。
ただ、授業で古文を習ってる現代人の方が彼らの言うことを理解できるのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。案外、江戸時代よりも前に来た外国人がその当時の日本語について記した文献などあれば面白いですね。どんなリズムとスピードで当時はしゃべっていたのか興味深いです。案外、古典の世界ではなくて早口だったかも知れませんね。

お礼日時:2010/06/15 15:27

最悪、10年前でも通じない可能性有り。


怪しげな造語ばかりが横行し、言葉をマトモに使える人間が減ってきている。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そうですね。言葉の乱れは確かにひどいですね。

お礼日時:2010/06/15 14:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q何時代の人とまで会話が通じる?

 私たちは会話で何時代の人とまで通じるでしょうか。
 幕末生まれの人と話した経験から推測すると、同じ地域の人であれば、江戸時代の最初くらいまでは通じると思いますが、あまり先の時代になると見当がつきません。
 古い時代の話し言葉の資料があれば、判断しやすいと思いますが、どれくらい先まで行けるでしょうか?

Aベストアンサー

タイムマシンに乗って昔の時代に行ったらどれくらい話が通じるのか、なんか夢があっていいですね。
明治時代以前の口語史料が残っていないと書かれている方がおられますが、とんでもないことです。口語史料はいろいろ残っています。詳しくは、橋本進吉『国語学概論』7 口語の變遷 を参照ください。
http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/hasi/hasi7.htm
このHPでも紹介されていますが、キリシタン時代の史料にはローマ字で記載されているものがたくさんあり当時のほぼ正確な発音がわかって貴重です。
 中でも、1593年に出版されたローマ字版イソップ物語をちょっと読んでみましょう。
ESOPONO FABVLAS
http://www.geocities.co.jp/bookend/9563/Esopo/esopo/mocurocu.html
この中の、「からすと、きつねの こと」を取り上げます。
http://www.geocities.co.jp/bookend/9563/Esopo/esopo/esopo450.html
この部分のローマ字を現代のカナ表記に直すと次のようになります。
      「からすと、きつねの こと」
  あるとき からす しょくを もとめえて、きの うえに
やすみ いるに、 きつねも しょくを もとむれども、
えいで ふぁしぇかえるとて、 からすの ふくんで いる しし-
むらを みて、 うらやましゅー おもい、なんとぞして これ
を たぶらかいて とらばやと たくんだが、からすの いた きの
もとに いってゆーたわ 「いかに しょちょーの なかの すぐれ-
て けたかい からすどの、ごふぇんの つばさの くろー かか
やくわ、 こんれおーの ぎょいか? またわ にしきか?
   どうですか? 当時の口語はだいたいこんなものです。
 この頃は、「はひふへほ」が「ふぁふぃふふぇふぉ」でした。まあ、これも慣れればかなりわかるのでは? 昔と現代では、通じない単語もたくさんありますが、基本語彙はかなり通じます。ゆっくり話せばなんとか話が通じそうです。 
 平安朝の日本語の発音については、金田一春彦博士の『朗読 源氏物語-平安朝日本語復元による試み-』(一九八六 大修館書店)があります。たしか、録音テープも制作されていたと思うのですが、聞いてもあまりわからなさそうです。平家物語の方ならかなりわかりそうなのですが。結局、鎌倉時代くらいまでならなんとか意思の疎通ができそうに思うのですが。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/bookend/9563/Esopo/esopo/esopo450.html

タイムマシンに乗って昔の時代に行ったらどれくらい話が通じるのか、なんか夢があっていいですね。
明治時代以前の口語史料が残っていないと書かれている方がおられますが、とんでもないことです。口語史料はいろいろ残っています。詳しくは、橋本進吉『国語学概論』7 口語の變遷 を参照ください。
http://www.let.osaka-u.ac.jp/~okajima/hasi/hasi7.htm
このHPでも紹介されていますが、キリシタン時代の史料にはローマ字で記載されているものがたくさんあり当時のほぼ正確な発音がわかって貴重です。
 ...続きを読む

Q現代人が江戸時代以前の人と会話しても通じますか

 仮に,ごく普通の現代人がタイムスリップして,昔の人と会い,普通に会話しても通じるものなのでしょうか?
 江戸時代末期の人となら,何とか普通に会話できそうな気がするのですが,それより前の人は難しいのかなあ・・・と個人的には思っています(大正初期生まれの祖父母の話なんか聞いていると,明治時代や幕末期の人の口語は何となくイメージが湧きます。)。
 戦国時代,鎌倉時代,平安時代,奈良時代,古墳時代・・・とさかのぼるにつれ,会話は困難にいっそう困難になるとは思いますが,実際のところは,どうなんでしょうか?

Aベストアンサー

 日本語の最大の変化は平安期と鎌倉期のちょうど境目あたりで起っています。文法、発音、語彙がかなり変化しています。たとえば「花」を、平安時代前期にはファナ(パナ)と発音していました。「男」はウォトコです。二度目の、これよりややちいさい変化は江戸時代に入る直前、戦国末期くらいにおこりました(たとえば動詞の活用などかなり現代語に近くなってきます)。これ以降はほとんど現代語とおなじです。
 ですから、常識的にいって、江戸時代いっぱいまではたいがいの人が通じる。勘のいい人なら鎌倉時代ごろまではなんとか会話が成りたつのではないかと思います。それ以前となるとやはり専門知識が必要だろうと思いますが……。
 ちなみに言いますと、歌舞伎の台詞は多くの場合、文筆家が苦心惨憺して書いた美文であり、当時の話し言葉とはかならずしも一致しません。歌舞伎において古い江戸時代の話し言葉を残しているのは、たとえば黙阿弥をはじめとする世話物などでしょう。近松や南北、黙阿弥の世話の台詞は現代でもじゅうぶんに理解できると思いますが(役者の口跡がひじょうに悪い、というのは別にして)。

Q現代の標準語は戦国時代の人に通じるか?

例えば仮に日本の戦国時代にタイムマシーンでワープしたとします。
そこでそこら辺の通行人に、現在の標準語で話しかけて、会話したとします。
そしたら、相手に日本語は通じるのでしょうか?マジ、パネェ、ガチで、とかの完全な現代語は話さないとして。
例えば、
「今日はいい天気ですね」 「そうですね、昨日は雨だったけど、晴れてよかったなぁ」
とかまともに会話できるんでしょうか?

Aベストアンサー

 ANo.3さんご紹介の録音は私たちの話し方と変わりませんね。

 質問は戦国時代ですね。
 その時代の発音や話し方を研究している人もいますよ。ある大学の教授ですが。
 その方は読経を材料にしています。そのほか国語学では何人かいますが、個人的に存じ上げていません。
 あと参考までにいうと、幕末の志士などは無論、剣術道場と言う議論の施設や場で長く居る人は通じ合えたが、そうでない人は通じなかったそうです。
 だから謡曲的に話し合ったそうです。
 山岡鉄太郎と西郷さんの会見はどんなだったでしょうね。まぁどちらも世間の広い人で、西郷さんも江戸に居た経験も豊富ですから。

 今も、近所の青森出身の方が郷里の方と話している内容は全くわかりません。日本語ではないような気にさえなります。

 ご近所のいろは四十八組の一番筒先の方に小学校の時に可愛がられました。
 お尻の割れ目とおちんちんを残して青と赤の彫り物(刺青は罪人にするもの)が鮮やかで、銭湯なんかうめていると、金魚がおよいでいらい。なんていってと水道を停めてしまう。
 舌使いや発音が違うので、同じことばでも慣れないとわからない。
 それが江戸職人のことばかもしれません。江戸の範囲も年々変わりましたが、地域と職業で言葉は全く違っていたのですね。

 戦災で浅草聖天町から隅田川や荒川などの川を越えたところにきて、子ども達の話し方はずいぶん違いました。
 無論気風も違います。
 学校に誘い合う呼び方だって、全く違う。
 ことばの変化は激しいものですね。戦国時代の日常言語の社会は私たちは入れないでしょう。
 古典の高座や芸能では何か偲べるでしょう。
 敗戦終戦後の映画を見ますと、昔の話し方が聞けてとても懐かしいですね。
 昔の世界、人間関係、そして生活が伝わってきます。

 ANo.3さんご紹介の録音は私たちの話し方と変わりませんね。

 質問は戦国時代ですね。
 その時代の発音や話し方を研究している人もいますよ。ある大学の教授ですが。
 その方は読経を材料にしています。そのほか国語学では何人かいますが、個人的に存じ上げていません。
 あと参考までにいうと、幕末の志士などは無論、剣術道場と言う議論の施設や場で長く居る人は通じ合えたが、そうでない人は通じなかったそうです。
 だから謡曲的に話し合ったそうです。
 山岡鉄太郎と西郷さんの会見はどんなだったで...続きを読む

Qもし現代人が江戸時代で1ヶ月生活するとしたら、何で困るでしょうか?

空想の話で恐縮です。

時代小説を読んでいて時々思うのですが、もし今の日本人がタイムマシンか何かで数百年前の江戸時代に戻り、そこで1ヶ月ほど当時の一般庶民の家に滞在するとしたら、何で困ると思われますか? あるいは何も困る事はないでしょうか?

例えば食事。 衛生状態は今ほど清潔ではなかったはず。 もしかして最初の食事で腹痛や下痢をおこし、ギブアップになるでしょうか? それとか味付け。 現代人の口に合うでしょうか? 我慢しないで1ヶ月食べ続ける事に何も問題ないでしょうか? それとか、今のように肉食はそんなにしなかったはず。 せいぜい鳥や兎の肉くらいでしょうか? あと、お酒もそうですね。 現代人に飲めますか?

匂い。 どうでしょうか? 当時の家の中や、町全体、一体どんな匂いがしていたでしょうか? そして1ヶ月間、現代人に耐えられるでしょうか?

風呂。 現代人が躊躇なく当時の銭湯に入れますか? 当時は毎日入っていたんでしょうか?

トイレ。 現代人に当時のトイレで大・小できるでしょうか? 特に女性の場合。

人によって感じ方が違うと思いますが、上に挙げた以外で 「1ヶ月滞在するとしたら、おそらく大多数の現代人にはこれが苦痛だろう、あるいは無理だろう」 と考えられるのは、どんなものでしょうか?

空想の話で恐縮です。

時代小説を読んでいて時々思うのですが、もし今の日本人がタイムマシンか何かで数百年前の江戸時代に戻り、そこで1ヶ月ほど当時の一般庶民の家に滞在するとしたら、何で困ると思われますか? あるいは何も困る事はないでしょうか?

例えば食事。 衛生状態は今ほど清潔ではなかったはず。 もしかして最初の食事で腹痛や下痢をおこし、ギブアップになるでしょうか? それとか味付け。 現代人の口に合うでしょうか? 我慢しないで1ヶ月食べ続ける事に何も問題ないでしょうか? ...続きを読む

Aベストアンサー

 下級武士のご新造さんの一日(朝のみ)。
(1)最初にご新造が起床、用便を済ませます。汲み取り便所だから臭いですね。蛆が湧いています。ハエが便所に限らず、そこいらじゅうブンブン飛び回っています。しゃがんでウンコ・オシッコするのはきついですぞ。
(2)次に井戸端で洗顔します。釣る瓶で水をくみ上げて、その水で洗顔、大体は外の吹きさらしですから、これからの季節は寒いですぞ。
(3)朝食の準備にかかります。井戸端で味噌汁の実にする大根を洗い、米を研ぎます。台所の水がめに水を張ります。ブリキのバケツではなく、木の桶で運びますから重たい。道具は何でも重たくて大変。飯炊きの釜や薬缶もアルミ製のものはありません。みんな鉄か瀬戸物です。
(4)カマドに火を着けます。火打ち石でやります。なかなか火が着かず難しいです。火吹き竹で空気を送り込んでやっと景気よく燃え出しました。飯を炊きます。一人当たり三匹の目刺をあぶります。
(5)雨戸を開けます。障子はみな紙です。ガラスではありませんので、吹き降りの日だと雨戸を閉めないといけません。昼間でも暗いです。
(6)家族そろって朝食。
(7)食器などを洗います。油の着いた食器を洗うのは大変です。ママレモンはありませんのでギトギトがなかなか取れません。水道の水でジャージャーやるわけのもいきません。
(8)井戸端で盥で洗濯します。これも大変です。

・・・女性は大変でしょう。田舎の明治生まれの女は、以上のようなことをやっていました。江戸時代とそんなに変わりません。電気(裸電球)とマッチだけが江戸時代よりマシなだけです。

>「1ヶ月滞在するとしたら、おそらく大多数の現代人にはこれが苦痛だろう、あるいは無理だろう」 と考えられるのは、どんなものでしょうか?
・・・夏場の暑いときに一ヶ月滞在すれば、参るでしょう。
・網戸がないので蚊に食われる。
・ハエがブンブン飛び回る。食卓の食べ物にハエがたかる。
・冷房や扇風機がないので暑い。雨の日は雨戸を閉めるのでこれも暑い。
・便所が臭く、人の体も臭い。
 夏場でいいことは、行水などで女性の裸を見る機会が多いことくらいかな。

 下級武士のご新造さんの一日(朝のみ)。
(1)最初にご新造が起床、用便を済ませます。汲み取り便所だから臭いですね。蛆が湧いています。ハエが便所に限らず、そこいらじゅうブンブン飛び回っています。しゃがんでウンコ・オシッコするのはきついですぞ。
(2)次に井戸端で洗顔します。釣る瓶で水をくみ上げて、その水で洗顔、大体は外の吹きさらしですから、これからの季節は寒いですぞ。
(3)朝食の準備にかかります。井戸端で味噌汁の実にする大根を洗い、米を研ぎます。台所の水がめに水を張ります。ブリキ...続きを読む

Q人間の3大欲とはなに?

この質問は このジャンルでふさわしいのかどうかちょっと迷ったのですが・・・。

人間の 3大欲といわれるものがありましたよね。
あれは 食欲と 後はなんでしたでしょう?

また その「人間の3大欲」という言葉は
誰が 言い出したのでしょうか?

Aベストアンサー

人間の三大欲望は
食欲 睡眠欲 性欲 です。
食欲は,物を食べ,エネルギーにする事。
睡眠欲は,睡眠をとり,脳を休ませること。
性欲は,トイレで用をたしたり,エッチをしたり,する事
この3つはある程度は我慢が出来ますが,人間が生きていくためには必ず必要なことです。欲望というより,必要不可欠なことです。
でも、このことを言った人はわかりません。昔からの言い伝えではないでしょうか?

似たような語で,「衣・食・住」これは、生活の上のことです。

Q木星や土星に突入すると・・・。

たまに、探査機に乗せられて木星に突入させられる夢を見ます。わたしにとって最高に恐怖をあおる夢の一つです。

そんでふと思ったのですが、木星や土星はガス惑星と言われていて、個体の表面を持たず、深度を増すにつれてガス性の物質の密度が上がっていくらしいですが、実際探査機や有人の宇宙船を突入させたら落下するごとにどのようになってくのでしょう?どこにもぶつからずにコアまで到達するのでしょうか?それとも液体水素の海のようなものに着水する?

それと内部の人間は木星とどの程度の距離まで耐えられますでしょう?内部に突入する前にどうにかなってしまのかな。


なんか急にすごく気になったのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

ガリレオ探査機(実際はそのプローブ)のデータがありました。
http://www.planetary.or.jp/Report/R9611-12_a_2.html
(ページの下の方です)
探査機が木星に突入する際にはかなりの速度なので上記データにはその影響も入っていると思います。

これから行くと木星大気の表面(大気の表面なのでいまいち正確かどうかわかりませんが・・・)から140km下までは正常に落下したようです。
この140kmが大気層なのか液体層ちょっと解りませんでした。(多分大気)
いずれにしてもその圧力や温度で破壊されたようです。

探査機の強度が非常に高ければやはり液体水素の海まで到達するかもしれません。
ただ気になるのは液体水素の海と大気の境界がはっきりしているのかどうかわかりません。
あまりに高圧だと超臨界のように気体の密度から液体の密度に連続的に変化してしまうかもしれません(自信ないですが・・)

中学生のころ有人探査機が木星に降下する漫画(落書き)を書いたことがあったのでちょっと書き込んで見ました。

Qリベラルとは?

・左派、革新、社会主義
・右派、保守
という分類ができると思うのですが、
リベラルや自由主義は、どう考えたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義(右派リバタリアン)で、それ以後を新保守主義(ネオコン)といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン(左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法(戦争など過激な改革を許容する)を執ると言う主義)です。

 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで(高福祉政策)」などが有ります。

 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。そして変える方向(変えない方向)が自由か統制かで分類できます。

 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。
 (自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。)

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む

Qブラックキャップ 効果がない

ブラックキャップを6畳の部屋に10個くらい置いてるのですが
それでも今年2匹ゴキブリが出ました。

築10年で4月に引っ越してきて、4月に設置しました。

出過ぎじゃないですか?
私の部屋が異常なのでしょうか?

食品は全て冷蔵庫にしまっているつもりです。

Aベストアンサー

そりゃ部屋の中にたくさんエサを置いておけば食べるために部屋に入ってくるでしょうよ。
ブラックキャップってゴキブリを寄せ付けないアイテムではなく、引き寄せて食べさせるための毒エサですよ?
設置場所を考え直すことを勧めます。

あと、半年くらいで誘引成分が抜けて効果がなくなるので、秋頃には新たに置きなおしましょう。

Q「缶」のことを英語で”CAN”というのは

「缶」のことを英語で”CAN”というのは偶然なのでしょうか。
それとも英語の”CAN”の音から漢字の「缶」を当てはめたのでしょうか。
それとも英語以外の言語から来ているのでしょうか。
教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

「缶」の和語としての読みは「ほとぎ」です。もともとは楽器だったのですが、はじめにcanという語があって、そのcanというものが中国に入ってきた時、音をあてて罐・鑵って字をあてはめることによって、そのものを表すようにしました。この缶は楽器の缶とほぼ似ていたものだったのでこういう字が選ばれたのだと言えます。
さて、それが日本に入ってくる。最初は罐の字で入ってきたのですが、略字体で缶が定着し、新字体として認められるようになりました。

こういうのはいろいろありますよ。
明治時代にroadを訳すために路道という語ができて、それをひっくり返してみて道路と今使う形にしたとか。こういうのは遊び心ですね。

Q大母音推移(Great Vowel Shift)の原因

大母音推移(Great Vowel Shift)というものが起こった原因はなんでしょうか?

発音のし易さでしょうか。
社会的な要因がはたらいているのでしょうか。

簡単には言えないでしょうが、ご存知の方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

定説はありません。
代表的なものとして、i,u→ai,auという二重母音が最初に生じて、それに吸い上げられるようにして、他の母音も位置が上昇して変化したというO.Jespersenの「吸い上げ説」、e,o(長母音)がi,u(長母音)を突き上げてe,oの位置に入り込んだため,もとのi,uは二重母音化し、他の母音もそれに乗じて変化したというKarl Luickの「突き上げ説」などありますが、肝心の最初の母音変化が生じた原因については二説とも明らかにしていません。

興味深い説として、人が興奮して話すと喉(のどぼとけ)が高くなることにより、母音の位置も高くなった
とするWilhelm. Horn の「心理論理説」を紹介しておきます。

たとえば一例をあげると、bear(熊) beard(あごひげ)は,かつて同じ発音であったが、「熊」はベアー*であるのに、「あごひげ」はビアード*になった(*当然のことながら正確には発音記号で表記する必要がある),これは男のひげが男性らしさを示すものとして受け取られるので女性は知らず知らず興奮して発音する。したがってbearよりbeardのeaを高く発音する。その発音を子供が覚えていくうちに、eaは違った音価をもつようになったと説明しています。

「熊」だって「雄雄しい動物」=「男性らしい」と思えますし(凶暴なのはたしかメスのほうだったか?)またbeardのeaをエアーと低く発音していしたころの女性は「ひげ」に興奮しなかったのか?という疑問は残りますが、

このHornの説は、英語学者、渡辺昇一氏によれば”実証的で、音声生理学、音響物理学的に最も説得力ある”ということです。

定説はありません。
代表的なものとして、i,u→ai,auという二重母音が最初に生じて、それに吸い上げられるようにして、他の母音も位置が上昇して変化したというO.Jespersenの「吸い上げ説」、e,o(長母音)がi,u(長母音)を突き上げてe,oの位置に入り込んだため,もとのi,uは二重母音化し、他の母音もそれに乗じて変化したというKarl Luickの「突き上げ説」などありますが、肝心の最初の母音変化が生じた原因については二説とも明らかにしていません。

興味深い説として、人が興奮して話すと喉(のどぼとけ)が高...続きを読む


人気Q&Aランキング