痔になりやすい生活習慣とは?

イエスキリストについて教えてください。よろしくお願いします。

よく「神様」とか「神様仏様」と言う人がいますが、それは「イエスキリスト=神様」という意味なのでしょうか?ポストに入ってたチラシ表紙に「神が~~(略)」と書いてありました。

イエスキリストは、実在したのですか?実在したとしたら明確な証拠はありますか?

イエスキリストがしたことで、最もすごいことはなんですか?

イエスキリストと神様がイコールでないとしたら、神様とイエスキリストではどちらが偉いのですか?またはどちらがすごいのですか?

神って、なんですか?人?神?神って?


私は夫が神様だと決めてます。神様とか宗教に全く興味がなかったのに、よくわからないけど神様って本当にいるんだと夫と知り合って初めて思った、それくらい夫を尊敬してるという意味です。崇拝まではいかないかもしれませんが。

で、そんな、私にとっての神様である夫が、イエスキリストは居たと言っています。キリストはすごいというような事をたまに言います。それから、神様は居ると思うと言います。霊感など全くないですが心霊現象の存在は信じるようです。勿論遭遇したことはないです。私は宗教も心霊現象も全く信じないです。

夫も、無宗教で、むしろ宗教には絶対に頼らないという考え方の人です。

私はずっと前から夫を神様だと思ってますが、上記の、キリストが居たと思ってることを初めて夫が口にした時に、夫を神様だと思ってきたことを話しました。
夫は幼い時からそう思っいるそうです。知り合ってかなり長いですがお互い、宗教に興味がないことはわかってるので、話題にすらならなかったのです。

そういえばクリスマスって、他人の誕生日なだけなのに、なんでお祭り騒ぎなんだろうね、とか、そんな何気ない会話から夫のそのことを知りました。

クリスマスは毎年必ずパーティーやプレゼントしてます。私が、しないとふて腐れるのを知ってるから夫は一緒にクリスマス気分に付き合ってくれます。私がしたくないと言えばクリスマスイベントはしません。

二人とも普通の家庭で育ち今も普通の暮らし、夫の人柄も普通で優しく、友達も多く仕事も普通にしてます。

ただ夫が、幼い頃にたまたまごく近所の教会に、スタンプとお菓子をもらえるのを楽しみに友達と通ったことがあることは、はじめから度々聞いていました。でもキリスト教徒(=クリスチャン?)ではないそうで、それも聞いてました。仮にクリスチャンだとしてもかまいませんが。

教会では紙芝居のような、ノアの箱舟など、子供には楽しかったそうです。聖書は読んだことないそうですが賛美歌はその時少し覚えたそうです。

夫がキリストの存在や神様を信じるのはそれが関係してるのでしょうか。

夫がノアの箱舟やキリスト関係を、信仰?しないまでも存在したのは信じてると知り、ものすごい衝撃うけました。

神様(夫)が信じる神様とは、神様がすごいと思う神様って、どんだけすごい人で何した人か、夫よりすごい人がいるのかと無性に知りたくネットやポストチラシも見てみましたが、頭よろしくないドシロウトの私には意味わからない用語ばかりでした。

かといって教会に行ったら即勧誘されそうなので行きたくないです。

夫にも質問ぜめし、とてもわかりやすく夫なりの解釈で説明してくれましたが、それでも夫以外のかたからも聞いてみたいので、なんでもいいので教えてください。
いつのこと、とか、基本中の基本を、超ビギナー向け子供向けでいいのでお願いします。

夫は、一見キリスト教関係するとは想像つかないようなアニメや映画でも沢山キリスト教関連のストーリーがでてきたりするとも言ってます。
近く私はその(夫が読んだことがある)漫画本を読むつもりです。

まとまりない文章になりすみません。お読みいただきありがとうございます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

>イエスキリストがしたことで、最もすごいことはなんですか



個人的にはキリスト教を広めたことではないかと思います。

現在でも20億人の信者を持ち、この2000年間ののべ信者の数は少なくとも
30億人前後いるのではないでしょうか?
30億人の心を動かす人物という意味では、数々の奇跡の伝説より
驚異であると思います。


>イエスキリストと神様がイコールでないとしたら、神様とイエスキリストではどちらが偉いのですか?またはどちらがすごいのですか?

キリスト教ではイエスは「神の子」「救世主」などと呼ばれています

神の子・・・であれば当然神が偉いと思います・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

godneechan様

お礼が大変遅れてしまい、申し訳ありませんでした。

とてもわかりやすいご回答をありがとうございました。

今もなお数十億人もの信者がいるとは知りませんでした。すごいですよね。
そんなに遥か昔にしたことや広めたことが、延々と語り継がれ、記念日まで設けられたり、それは計り知れない偉大さの証ですよね。

宗教云々というよりキリストがしたこと自体が、キリスト自身が、偉大だということは間違いないと私も思いました。

神がキリストより偉いということも、よくわかりました。

ご親切な回答本当にありがとうございました。

お礼日時:2010/07/04 15:44

>「神様仏様」と言う人がいますが、「イエスキリスト=神様」?


神様仏様というのは日本独特の考え方で、「神様と仏様両方にお願いします」という意味です。
日本は遥か奈良の昔から神仏習合思想が植えつけられました。明治以後には分離令によって別けられましたので、二つの信仰対象に祈るいい加減な言葉というイメージがありますが、本来は一つと考えるべきです。キリストは関係ありません。

>イエスキリストは、実在したのですか?
考古学的に様々な物が出てきていますが、個々で列挙すると大変なので調べてください。

>イエスキリストがしたことで、最もすごいことはなんですか?
我が身を投げ打って,武力を持たずに新しい思想を広めたことです。

>イエスキリストと神様がイコールでないとしたら、神様とイエスキリストではどちらが偉いのですか?
森羅万象を作ったのは神ですから、神が偉いです。

>神って、なんですか?
神は神です。物質的存在ではありません。根源です。

>私は夫が神様だと決めてます。
人それぞれの中に神は存在するし、神道的に言えば人は神ですから。

>夫も、無宗教で、むしろ宗教には絶対に頼らないという考え方の人です。
聖書や教義というのは人間が作ったものです。本当にキリストが言った言葉や考え方はその数%しかないでしょう。
だから別に宗教に属す必要はないです。

>夫がキリストの存在や神様を信じるのはそれが関係してるのでしょうか。
太陽の暖かさや自然の荘厳さに触れたとき、人は自然にその有り難味に感謝します。それが「信仰」(仰ぎ信じる)というものです。
宗教を信じる事は、人が書いた教義を学んだり規約とおりに生きることで、これは単に信じる心「信心」です。
信仰は学ばなくても自然に心の底から湧き出る感謝の気持ちです。信心は学ばなくては成り立ちません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

michael-m様

お礼が大変遅れてしまい、申し訳ありませんでした。

とても詳しくわかりやすいご回答をいただき、ありがとうございました。

あの場合の「神様仏様」は、キリストとは無関係なのですね。そういえば確かに、ある意味ではいい加減な、おあそび?にも似たような言い方も多いですよね。
こんな私も最近では、ちょっとしたことで「神様が助けてくれたんだ」とか、口では言わないですが頭に浮かびます。幼い時からそんなこと思ったこともなかったような気がします。今自分でも不思議です。自分にとって神様は夫なはずなのに、夫の真の考え方を知ったとたん、そんな発想するようになりました。

武力をもたず、身を投げうって人々を幸せにした(と思いました)キリスト、すごいです。

考古学も、少しずつ勉強してゆきます。

太陽の暖かさ、自然の荘厳さ、まさにそれらの有り難さに気付かせてくれた、教えてくれたのは夫です。
夫は知り合った時からしばしば、木ってすごいんだよとか、川はね、とか、私は当時はさほど興味なく、自然が大好きな人なんだな~程度には聞いていました。ある時、ある大自然の場所(宗教無関係です)に連れて行ってくれた時に気付き、知り、私はたぶんその時から既に夫を尊敬していたんだろうと思いました。

うまく書けないのですが、すみません。本当に本当に、未熟な私は今また、色々な事を知ることができました。もっと知るためにできそうなことも、たくさんたくさん、教えていたた゛きました。

今回、このような形でご回答いただけたこと、感謝しております。本当にありがとうございました。

お礼日時:2010/07/04 18:40

ノアの大洪水は事実であり、地球の自転速度と方向にも影響したほどの大災害だったといわれています。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

eld3399kagakusuki様

お礼が大変遅れてしまい、申し訳ありませんでした。
とてもわかりやすいご回答をありがとうございました。

ノアの大洪水も事実なのですね。地球の自転が変わるほどとは、いかにすごいか想像できない位だったのでしょうね。

他の回答者様へも書きましたが、生まれつき?の不勉強で何も知らないので、とてもありがたいです。

実は、宇宙科学というのか宇宙や地球の歴史にも非常に興味があるので、そちらも初心者向け専門書や専門TV等々、今回質問させていただいた事柄も併せて、また少しずつ学んでゆきます。
本当に本当にありがとうございました。

お礼日時:2010/07/04 17:19

 回答番号:ANo.4です。


 書き忘れておりましたが、イエス御自身は、自らの事を神とは思っていなかった節があると思います。
 イエスが磔刑に処されて落命する直前に、
「エリ・エリ・レマ・サバクタニ(我が神、我が神、何故私をお見捨てになられたのですか)」
と叫ばれたと伝えられていますが、御自身が神であられるのであれば、おかしな台詞だと思います。

>イエスキリストがしたことで、最もすごいことはなんですか?

 主が人間をお救いになられるために、生身の人間として御降誕されて、全人類の罪を贖うために、完全な善なる人間であられるイエスが、全人類の罪を背負われて、全人類の代わりに処刑される事で、全人類の罪が赦されて、主と人間との関係が正しいものになりました。
 この事がイエスがなされた事の中で、最も偉大な事だと、私は思います。
 この主と人間の関係が正常化さるた時、主と人間との間に、十戒以来の新しい契約が成立しました。
 これが新しい約束と言う意味の「新約」で、キリスト教とは、この新約の教えを守り、従うための宗教です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

kagakusuki様

こちらのご回答にもお礼が大変遅れてしまい、申し訳ありませんでした。

二度に渡る、とてもわかりやすいご回答をありがとうございました。

自分で自分を神様だとは思っていない、そんなところも、いかに偉大だったかを顕しているようにも、ご回答を読んでいて私は思いました。
イエスからみた神様も、やはりいたのでしょうか。

我が身を犠牲にして全人類の罪を償い全人類を救った、それがキリスト教を広めることになった、と理解しますが、それにより救われた者のうちの一人が私なら、本当に幸せにしてくれた、イエスに感謝する気持ちがうまれます(夫には常に感謝してきました今もです)。

全人類を救うなんて、本当にすごいです。何故そんな気持ちになったのか、とか、まだまだ、ちょっとずつちょっとずつ、知ってゆこうと思いました。

もしかすると私自身の、読み落とし、誤解のヵ所があったりするかもしれませんが、回答者の皆様にはご容赦いただければと思っております…。

ご回答本当にありがとうございました。

お礼日時:2010/07/04 17:09

 イエス・キリストのキリストとは、一種の称号で、メシアというヘブライ語の称号をギリシャ語に訳した言葉です。


 メシアとはヘブライ語で「油(香油)を注がれし者」という意味で、本来は王様や祭祀に対する称号でしたが、旧約聖書で救世主が現れる事を予言した部分で、救世主を王と呼んでいる事などから、キリスト教においては、救世主であるイエスに対する称号として、メシアやキリストの言葉を使う様になりました。

【参考URL】
 キリスト - Wikipedia
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%AA% …

 旧約聖書に預言されたキリスト - Wikipedia
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A7%E7%B4%84% …

 この場合のイエスとは、キリスト教の開祖とされている(当人に新しい宗教という意識があったかのかどうかは判りません)、ナザレ人のイエスという人物の事を指します。

【参考URL】
 ナザレのイエス - Wikipedia
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%82%B6% …

 キリスト教においては、主は「父」、「子」、「聖霊」の3つの側面をお持ちになっておられて、「父」は天に居て世界を見守っておられる主を指し、「子」は救世主イエスの事を指し、「聖霊」に関しては私も充分には理解しておりませんが、主の力や働き、言葉を現しているのだと思います。
 ですから、「父」と「聖霊」としての性格は持たないという意味では、イエス・キリストは主の全てではありませんが、少なくとも同一の存在とされているとは思います。

【参考URL】
 三位一体 - Wikipedia
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E4%BD%8D% …

 キリスト教はユダヤ教から発展した宗教で、キリスト教の旧約聖書はユダヤ教の聖典を基にしています。
 そして、ユダヤ教においては、ユダヤ教に独自の解釈を加えて造られたキリスト教は、異端以外の何ものでもありません。
 ユダヤ教やユダヤ教から発展した宗教では、神の言葉を聞いて、人々を導く人間の事を「預言者」と言います。
 ユダヤ教の立場では、主の御意思を曲解して、異端な宗教を作ったナザレのイエスは偽預言者とされている様です。
 又、キリスト教と同様に、ユダヤ教から発展したイスラム教では、ナザレのイエスは神ではなく、イスラム教の開祖にして最高最後の預言者であるムハンマド・イブン=アブドゥッラーフよりも前に現れた、預言者の一人に過ぎないとしている様です。
 ナザレのイエスと呼ばれた人物が実在したという直接的な証拠は今の所は見つかっていない様ですが、実在しないとする証拠も又、見つかってはいない様です。
 只、シモン・ペテロを筆頭とするイエスの12人の弟子達の、少なくとも一部は実在した人物である証拠がある事や、その他の状況証拠から、ナザレのイエスは実在の人物である可能性が高いと考えられている様です。

【参考URL】
 史的イエス - Wikipedia
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%B2%E7%9A%84% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

kagakusuki様

お礼が大変遅れてしまい、申し訳ありませんでした。
とても詳しくわかりやすいご回答をありがとうございました。

「イエス」、「キリスト」、称号、国や宗教、名前の由来、兄弟、等々、複雑な絡み(?)もあることを知りました。

前の回答者様へも少し書きましたが、特に歴史に関して全くの不勉強で無知なので、今更ながら少し後悔していますが、これから少しずつでも勉強してゆきます。
Wikipedia等も、ごく一部かもしれませをが一度は拝見したのですが、未熟すぎる私は理解しにくかったので、早く理解できるように、時間をかけてでも努力します。

今回このように質問させていただけて、親切な回答者様に恵まれ、とても感謝しております。ありがとうございました。

お礼日時:2010/07/04 16:49

すごい事は2000年前にヨーロッパ地方で起こったことなんですよね~


そのことが今あなたが気になって質問されていると言う事なんですよ~

興味あるから聞きたい~と言う事ですよね~

それに関連して見てないのに見たように信じてしまっていると言う事です。
私はあなたに教会いきなさい。なんていいません。行ったから信仰が得れるとも限りませんからね~

ご主人が教会に行かれているなら簡単な話を知ってますよ~聞いてください。
信仰は教会に行く事じゃなくイエスキリストに触れる事だと思ってます・・・・
そうね。私のブログに来ますか~初めから読めば分かるようにしてるつもりです。
後は時期はずれですがクリスマスの話 ビデオではhttp://maryandjoseph.jp/index.html
そして三浦綾子さんの新約聖書入門やすくてわかりやすい。
http://www.amazon.co.jp/%E6%96%B0%E7%B4%84%E8%81 …

駄作のブログ 読まなくてもいいが
初めから読めばわかるかな~
書いた以上紹介します
「あるクリスチャンの独り言」です
    • good
    • 0
この回答へのお礼

kathan1234様

お礼が大変遅れてしまい、申し訳ありませんでした。
とてもわかりやすいご回答をありがとうございました。

2000年も前の出来事なのですね。それから今になっても語り継がれるなんて、本当にすごいです。

そうですね、私は、夫が信じることは信じる、のかもしれないです。それは夫を尊敬してるから、夫を、すごい、偉いと思うから、だけど偉大だとか、そこまでは思わない。
たぶん夫はキリストを偉大だと思っていると、私そう思います。

教会そのものは、嫌いも好きでもないけど、勧誘という行為全般が苦手なので、宗教勧誘に限らずそういう可能性がある場にいたくない、のです。訪問販売(勧誘)なども申し訳ないけどだめで…。
時々、訪問で宗教関係の方がきますがインターホンごしでシャットアウトしてしまい、ポストにチラシ入れて帰られ、前はいらなかった。でも最近、質問に書きたような夫のことから興味をもちチラシでは用語がさっぱりわからず、いつも、次は直接玄関で質問をしようかなと躊躇したりしています(しつこく勧誘されるのは避けたくてです…)。

初心者向け本のご紹介、blogご紹介等なども、ありがとうございました。ゆっくりではありますが必ずみさせていただきますね。

日頃は、さほどキリストキリストと、質問せめしたりしてませんので夫にも、もちろんまた、ことあるごとに「これはなぜ?」とキリストのことを聞いてゆきますね。聞いたときには、回答者さまと同じように、やさしく諭すようにわかりやすく説明してくれます。

今回このような形で質問でき、ご親切なご回答いただけて感謝しております。本当にありがとうございました。

お礼日時:2010/07/04 16:35

祥伝社「ユダの謎 キリストの謎」三田誠広著、この本を読んで、少しキリスト教の理解が深まりました。


先日、「マザー・テレサ」の映画を見ました。感動しました。
キリスト教の天国が、現実の地上に実現するときがあると考える人々もいます。経済的に、他人の労働をかすめとる仕組みがなくなる必要がありますが。
宗教は、世界中に言葉の数だけありました。民族とか、種族、同じ祖先をもつ氏族などです。
キリスト教、イスラム教は、沙漠で生まれた、きびしい宗教です。仏教や、日本の宗教、ヨーロッパの森の宗教は、豊かな宗教です。
キリスト教が、いつも革新的だったわけではありません。保守的だったり、侵略的だったこともありました。政治的、軍事的、経済的に支配した土地で、最後は、土着の宗教をキリスト教に改宗していきました。
日本のキリスト教は、島原の乱で、歴史のうえから消えますが、かくれキリシタンとして、続いていました。封建制の世の中で、人間の平等を説くキリスト教は、革命的な思想です。当然、弾圧の対象になりました。
高校の日本史、世界史、倫理、現代社会など調べてみると面白いです。
NHK高校講座http://www.nhk.or.jp/kokokoza/
2009年度放送分
http://www.nhk.or.jp/kokokoza/library/index.html
http://www.nhk.or.jp/kokokoza/library/2009/radio …
http://www.nhk.or.jp/kokokoza/library/2009/radio …
http://www.nhk.or.jp/kokokoza/library/2009/tv/se …
http://www.nhk.or.jp/kokokoza/library/2009/tv/ni …
http://www.nhk.or.jp/kokokoza/library/2009/tv/ch …
最近読んだ本は、筑摩書房「西洋中世の男と女」阿部謹也著、です。
魔女裁判にも関心があります。
キリスト教徒(クリスチャン)ではありませんが、一緒にやっていることがあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

HANANOKEIJ様

お礼が大変遅れてしまい、申し訳ありませんでした。
とてもわかりやすいご回答をありがとうございました。

マザーテレサという人は、漠然とですが興味がありました。確か、お亡くなりになった時に(も)、大々的にニュースにもでて功績を讃えられ惜しまれた、あの方ですよね。きっとすごい人なんだろうな、と、思いながら見てました(亡くなられていなかったらごめんなさい…)。

映画、必ずみてみます。魔女裁判も、見てないので、見てみます。

高校生講座も良いですね。私には小学生向けでもいいくらいかもしれませんが、ご紹介いただいた品々、時間をかけてもみてゆきます。

私は少し極端な所があり、実はそれで小学校からずっとずっと、「歴史」という言葉だけで生理的に受け付けず、学校の歴史関連の授業だけは、「過去を知っても何の意味もない」と100%、先生の話を聞かず教科書も綺麗なままでした。
大人になってからも、夫がキリスト存在を信じると知った日まで、歴史番組も時代劇も拒絶してきました。
恥ずかしながらではありますが、今回こちらでこのような形でお尋ねできて、このようなご親切な回答をいただけること、とても有り難く思っています。

少しずつ勉強してゆきますね。ありがとうございました。

お礼日時:2010/07/04 16:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング