AKB48の推しメンをセンターにできちゃうかもしれない!? >>

ソフトウェアの品質保証の仕事とはどんな仕事をするのでしょうか?また、ものづくりの品質保証との違いを教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ものの品質保証とは。



 多くのものは、大量生産します。そのものは、部品、素材から、組み立て・加工されて商品になります。
 しかし、部品、素材の品質には、ブレ、設計許容があり、それらをコントロールすることが必要です。(許容外品を排除しないと、不良品ができてします。)

ソフトウェアの品質保証とは
 ソフトウェアの製品仕様は、複雑化の一途をたどっていますが、それらを実現するコードは、人間がプログラミング言語を用いて記述したものです。しかし、人間のやることに完全はなく、複雑な仕様に対して、コードの実現は十分ではなく、開発段階で、その仕様に対して不完全な部分(バグという)を検出することが必要です。
 (例 MS社のZuneというMP3プレイヤーのあるバージョン、モデルでは、閏年の計算が間違っていたため、閏年の12/31には、プレイヤーが動作しなくなる、というバグがあった)

 ソフトウェアの品質保証とは、出荷前に行われるバグ検出(ソフトウェア・テスト)で、ソフトウェアの完成度を出荷に差し支えないレベルまで、持っていく仕事です。

 しかしながら、このお仕事は、アウトソーシングの対象になりやすいので、この道を進むのであれば,熟慮が必要でしょう。

この回答への補足

自分のイメージとしては顧客問題解決支援がメインで、市場にソフトウェアを出した後、起きた不具合に対しての顧客への対応や内部の設計開発者とのやりとりがメインだと考えていました。ソフトウェアの品質保証はハードウェアの品質保証とは違いハードウェアの品質保証とは違い、固有技術に裏打ちされた品質保証がかなり難しいと考えられるのですがかなり激務なのでしょうか?

補足日時:2010/06/20 01:22
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。ハードウェアの品質とはバグの検出がメインになるんですね。

お礼日時:2010/06/20 01:18

課題が大きいですね。



NTTデータだとつぎのようなことをやっています。
http://www.nttdata.co.jp/tech/activity/quality/d …

これらのことを実施するための規格等があり、つぎの図1を参照してください。
http://www.cac.co.jp/softechs/pdf/st2901_06.pdf
この中のSPAは、使われず、CMMが利用されているもようです。
また、SLCPは、日本の現状に合わせて拡張したSLCPーJCF2007があります。
狭い品質保証と考えで、利用者の苦情やバグなど受け付ける機能などは、ITILのヘルプデスクで行います。

これらのツールを事例としてつぎがあります。
NTTデータでCMMI?成熟度レベル4を達成
http://www.nttdata.co.jp/release/2010/031700.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。来年の就職先でソフトウェアの品質保証を職種として選ぶか、設計開発を選ぶか悩んでいました。専門知識がまだまだ浅いため、勉強し直そうと思います。

お礼日時:2010/07/15 15:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング