痔になりやすい生活習慣とは?

「That's where the training comes in」の意味を教えてください。

大道芸人を目指すAに、Bが専門の学校について話してる場面です。

「That's where the training comes in.」

これは、「そこは大道芸を学ぶ場所だ」という意味で合ってますでしょうか?

どなたか分かる方、お知恵を貸してください。
どうぞよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

これは直訳で行けます。

つまり「そこがトレーニングが入ってくるところなんだよ」転じて「そこにトレーニングが入るんだよ」とか「そこで、トレーニングなわけだ」です。

そうですねえ、いろいろな状況が考えられると思いますが、例えば、技を誰かから教わる。大道芸だから数学的な卓上の理論も勉強したかもしれない。でもそのあと進歩しない。ではどうするか。そこで、トレーニングなわけだ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

「トレーニングが入ってくるところ」=「そこでトレーニング」
なるほど!

理解できました。どうもありがとうございました!

お礼日時:2010/06/20 23:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QWould you like~?とWould you~?の違いは

相手に何かをお願いするときに、
Would you like~?
Would you~?
と両方の言い方があると思うのですが、likeをつけるかつけないかはどのように判断するのでしょうか?
また意味はどう変わるのでしょうか?

Aベストアンサー

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧めたら)~をお気に召すでしょうか?」という丁寧で控え目な調子の出る勧誘表現なのです。I would like to~「~したい」(~することをできればしたい)という表現もこの用法からきているのです。

Would you like~のlikeは「~を好きである」という他動詞でlikeの後に名詞を目的語として持って来ることができます。例:
Would you like another cup of tea?「もう一杯紅茶如何ですか?」
Would you like going on a picnic?「ピクニックに出かけるというのは如何でしょう?」
Would you like to go on a picnic?「同上」(このto不定詞は名詞的用法)

ご参考になりましたでしょうか。

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧め...続きを読む

QThat is when~ と That was when~

That is when の後に、 he saw that the dog was dead.
と来るのと、
That was when の後に、 he saw that the dog was dead.
とは何の違いがありますか?

そもそも、is と was に変えることで、何か違いがあるのでしょうか。
あるのだと思うのですが、教えてください。

Aベストアンサー

That is when he saw that the dog was dead.
=それが、he saw that the dog was deadの時なのよ。

That was when he saw that the dog was dead.
=それが、he saw that the dog was deadの時だったのよ。

で、That is when he saw that the dog was dead.になり得る状況があまり想像できないのですが、ひとつ思い浮かびました。

A:That was when he saw that the dog was dead.
B:じゃあ、その様子を移したビデオを再生してみようよ。どれどれ?
A:あ、そこ! 一時停止にしてみて。ほらね、
That is when he saw that the dog was dead.

いかがでしょう?

Qcould be と would be の違い

could be と would be のニュワンスの違いを教えていただけますでしょうか。
couldはcanの過去形で、 wouldはwillの過去形であることは分かるのですが、
仮定法的な感じで使う時がどう違うのかが分かりません。
例えば、That would be nice! と That could be nice! では、意味はどう
違うのでしょうか?
私的には、wouldの方は「そうなるといいね~ 」という感じで、
couldの方は「それは素敵に違いない!」というような少し強い感じでしょうか?!
最近海外ドラマを見て英語の聞き取りの勉強をしているのですが、
結構に日常会話にcould、 wouldが、仮定法的な感じでよく使われています。

分かる方、ご解説いただけると助かります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

同じような英語のQ/Aサイトに違いを説明する回答があり、ベストアンサーがこれでした。

Would" expresses the idea of "willingness" ,  and  "could" expresses the idea of "ability"

ですから《That would be nice》はこちらの良くなって欲しいという意思が加味されています。

一方、《That could be nice》の方は現状の諸条件を勘案すると、将来《nice》である可能性が極めて大きいといった可能性の予測が入っています。

他の文章で説明します。

●Would you please drop me here?
●Could you please drop me here?

前者は『ここで降ろして頂けると好都合なのですが、同意頂けませんでしょうか?』 相手と喧嘩中なら降ろしてはくれないでしょうね。 運転者のご機嫌を伺っているのです。

後者は『ここで降ろして頂けると誠に好都合なのですが、交通事情など周りの諸条件からして可能でしょうか?』 例えばいくらお家の前であっても高速道路上だったら不可能ですね。 そういう一時停止の可能性の有無を聞いていると判断出来ます。 

参考URL:http://answers.yahoo.com/question/index?qid=20090209230529AAjApFB

同じような英語のQ/Aサイトに違いを説明する回答があり、ベストアンサーがこれでした。

Would" expresses the idea of "willingness" ,  and  "could" expresses the idea of "ability"

ですから《That would be nice》はこちらの良くなって欲しいという意思が加味されています。

一方、《That could be nice》の方は現状の諸条件を勘案すると、将来《nice》である可能性が極めて大きいといった可能性の予測が入っています。

他の文章で説明します。

●Would you please drop me here?
●Could you pleas...続きを読む

Q違いを教えて!keep on ~ing と keep ~ing

「~し続ける」という意味合いで「keep ~ing」というのがありますが、あるテキストに

He keeps on telling me that...
(彼はいつも私に言ってる)

というのがありました。この例文ではなぜ「on」が含まれているのかなと思って調べてみたら、「keep on」には「ガミガミ言う・小言を言う」という意味があることがわかりました。
http://www2.alc.co.jp/ejr/index.php?word_in=Keep+on&word_in2=%82%A9%82%AB%82%AD%82%AF%82%B1&word_in3=PVawEWi72JXCKoa0Je

しかし、なぜ「on」を入れることでそういうニュアンスに変化するのかが、どうもしっくり理解できません。

また、「on」を使っても特に意味自体に変化はなさそうな例文も↑のサイトからいくつも見られました。(例えば、「keep on listening/聞き続ける」や「keep on going/行き続ける」などたくさん。)

どういう時に「on」を使うのか、教えていただけないでしょうか。

「~し続ける」という意味合いで「keep ~ing」というのがありますが、あるテキストに

He keeps on telling me that...
(彼はいつも私に言ってる)

というのがありました。この例文ではなぜ「on」が含まれているのかなと思って調べてみたら、「keep on」には「ガミガミ言う・小言を言う」という意味があることがわかりました。
http://www2.alc.co.jp/ejr/index.php?word_in=Keep+on&word_in2=%82%A9%82%AB%82%AD%82%AF%82%B1&word_in3=PVawEWi72JXCKoa0Je

しかし、なぜ「on」を入れることでそういう...続きを読む

Aベストアンサー

沢山ご回答がありますね。

keep (on) ~ing は on があってもなくても同じ意味で 単純に「し続ける」という意味です。
on は 副詞で「(ある動作を)続けて」という意味をもち これを入れるとより継続的に繰り返している感じになります。
まあそれゆえ日本語で捕らえると「しつこい」という意味を含むことになるかもしれませんね。

御参考になれば幸いです。

QThat is how...ってどういう意味ですか??

That is how I do it.
That is how it is supposed to be done.
That is how the professionals do it.
この3つの文の日本語の意味を教えてください。

Aベストアンサー

That is how I do it.
That is how it is supposed to be done.
That is how the professionals do it.
この3つの文の日本語の意味を教えてください。

That is how I do it. それが私のやり方です
That is how it is supposed to be done. そうやってやると思われているやり方です
That is how the professionals do it. それが専門家たちがやるやり方です

関係副詞 how の先行詞は the way です。しかし the way how という言い方はあまりしません。the way かあるいは how のどちらかを用いて表現します。
That is how I do it.
That is the way I do it.
That is the way how I do it.→文法的には間違いではありませんが、不自然です。

(直訳)それが私がやる方法です。
(意訳)それが私のやり方です  あるいは  私はそんな風にしてやります

That is how I do it.
That is how it is supposed to be done.
That is how the professionals do it.
この3つの文の日本語の意味を教えてください。

That is how I do it. それが私のやり方です
That is how it is supposed to be done. そうやってやると思われているやり方です
That is how the professionals do it. それが専門家たちがやるやり方です

関係副詞 how の先行詞は the way です。しかし the way how という言い方はあまりしません。the way かあるいは how のどちらかを用いて表現...続きを読む

Q「It would be great」について教えてください

It would be great
これはどういう意味でしょうか。

Aベストアンサー

会話の中でなら、「助かる」とか「ありがたい」という意味で使いますね。

Qthere is goingとはどういう意味?

There is going to be a new employee orientation next week, isnt it?
とあるんですが、there is a bookというような形しか知らないんですが,このthere is going とはどういう状態なんでしょうか?
他にもこれをつかった表現などはありますか?

Aベストアンサー

There is の未来形と言えば分かりますか。there is going で切るから分からなくなるのです。

未来形には will を使うのと be going to を使うのがあります。will と be going to ではニュアンスの差があることもありますが、細かいことを抜きにすれば there will be「~があるだろう」と there is going to be は同じです。

>there is a bookというような形しか知らないんですが

これを未来形にすれば there is going to be a book となります。

QI will be ~ingのニュアンスと使い方を教えてください!

英文法についてわからないことがあります。

1.I will be starting to practice Judo soon.
2.I will be coming to Tokyo in March.

上記の2つ文は、メル友の外国人からきたメールにあったものなのですが、
I will be ~ingという表現法がよくわかりません。
「~するつもりだ、しようと思う」という意味でしょうか?

未来の予定を表す表現は、以下のものがあると習いました。

* I will ~ 今やろうと決めたこと 例)I'll go .
* I am going to ~確実ではないけど、やるつもりの事
例)I'm going to have dinner with him tonight.
* I am ~ing 確実にやると分かっている事 
例)I'm doing my homework after supper.

「I will be ~ing」は上記3つとニュアンス、使用状況等、どういう違いがあるのでしょうか?

何卒よろしくお願い致します。

英文法についてわからないことがあります。

1.I will be starting to practice Judo soon.
2.I will be coming to Tokyo in March.

上記の2つ文は、メル友の外国人からきたメールにあったものなのですが、
I will be ~ingという表現法がよくわかりません。
「~するつもりだ、しようと思う」という意味でしょうか?

未来の予定を表す表現は、以下のものがあると習いました。

* I will ~ 今やろうと決めたこと 例)I'll go .
* I am going to ~確実ではないけど、やるつもりの事
例)...続きを読む

Aベストアンサー

この will be ~ing の形は「未来進行形」と呼ばれ、ニュアンスとしては「(事の成り行きとして)~することになるだろう」という感じです。はっきりとした意志や意図を表明するのではなく、「これからの事の成り行きで、そういうことになるだろう」というふうに、たとえ自分自身のことであってもちょっとぼかして述べたいときによく使われます。たとえば、「明日彼と会う約束をしたわけではないけれど、明日彼はここに来ることになっているから、明日彼と会ったときにそのことを話しておきます」と言いたいような場合だったら、I'll be seeing him tomorrow, so I'll tell him about it. と表現することができます。

Qit's all about ***

it's all about
という言い回しにはどういったニュアンスがありますか?

たとえば
it's all about the money
it's all about love
どちらも楽曲のタイトルですが、口語でも使うことがありますか?
all about my mother という映画もありました。

ただ単に「**についての全て」って言っているだけなんでしょうか。
もっと成句的だったりことわざ的な意味合いがあれば知りたいと思い質問しました。

どうぞよろしくおねがいします。

Aベストアンサー

特に成句やことわざということではありませんが

it's all about the moneyの場合
「(やっぱり、結局)お金がすべてだね」というような意味になります。

it's all about loveも
「(やっぱり)愛だよ、愛なんだよ」というような意味になります。

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html