渡り鳥のなかには、北極圏から南極圏まで飛行する渡り鳥がいるのでしょうか

A 回答 (2件)

せっかくなので、とりあえず、ひとつ参考URLを。


参考URL白山工業(株)のサイエンストピックが画像も合って、分かりやすいです。
とはいえ、トップページからはわかりにくいので、一応、サイエンストピックのURLも貼っておきます。
http://www.datamark.co.jp/SCIENCE/science.html

参考URL:http://www.datamark.co.jp/Datamark.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/04/05 00:44

ずばり、キョクアジサシというのがおります。


手元に鳥類図鑑がないのですが、「キョクアジサシ」で検索すれば、すぐ詳しい説明がヒットすると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても早い回答ありがとうございます。私はそんな飛行をする渡り鳥は
いないと思ってました。とても勉強になりました。

お礼日時:2001/04/04 22:09

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q北極熊を南極に連れて行ったらどうなりますか?

おはようございます。

ものすごくくだらない質問なんですが、タイトルのとおり、
北極熊を南極に連れて行ったらどうなるんでしょうか?

おしえてGOOに似たような質問があったので見たんですが、
熊は南半球に野生で生息していないとのことです。
(ぎりぎりでマレーグマと言うものが入るらしいのですが)

これは、何か温度的なものなのでしょうか?
暑い地帯を乗り越えて生息地域が広がらなかったのでしょうか?
温度的なものだとすると、人為的に北極熊を南極に連れて行っても、
本人、いや、本熊には何も影響がない様に思えます。
あるとするとえさがどうなるのか?と言うことでしょうか?

同じようなことなのですが、ペンギンは北半球に生息していないそうです。
これの理由も熊と同じなのでしょうか?
と、言うことは南極ペンギンを北極に連れて行くとどうなるんでしょうか???
やはりえさ的な問題なんでしょうか?

気温的に北極・南極の違いはありますか?


本気でやる気はないので生態系崩壊云々は別として回答のほうよろしくお願いいたします。

おはようございます。

ものすごくくだらない質問なんですが、タイトルのとおり、
北極熊を南極に連れて行ったらどうなるんでしょうか?

おしえてGOOに似たような質問があったので見たんですが、
熊は南半球に野生で生息していないとのことです。
(ぎりぎりでマレーグマと言うものが入るらしいのですが)

これは、何か温度的なものなのでしょうか?
暑い地帯を乗り越えて生息地域が広がらなかったのでしょうか?
温度的なものだとすると、人為的に北極熊を南極に連れて行っても、
本人、いや、...続きを読む

Aベストアンサー

ちわ!
自分はAGBで南極までテンペラ-ペンギンに会いに行ったほどの漢です。
まず、ペンギンは北半球に生息しないということは厳密には間違いです。
フンボルトペンギン属のガラパゴスペンギンという種は赤道直下のガラパゴス諸島に生息し、諸島内ののイザベラ島北部のアルベルマーレ岬が、赤道をこえていますので『厳密には』北半球でも生息しております。(普通無視して考えますが雑学として覚えておくと死ぬまでに1度位は役に立つかもしれません)
この種のペンギンは日本で冬を越す場合、暖房を必要とします。
とりあえず、それはおいといて
さて、何故ペンギンは北半球にはいないのでしょうか?(さっき間違いといったけど)ペンギンはニュージーランドで発生し南半球寒流に沿って時計回りに分布を広げたといわれています。この寒流はペンギンのえさが豊富であり流れが時計回りなのです。
『そう!ペンギンは南半球寒流の流れに乗って分布を広げていったのです!!』
よってこの寒流に異変が起きない限りペンギンの分布は現在位置より広がらないと言われています。

以上のことから熊は北半球暖流にのって分布を広げているのではないかと推察いたします。(熊に関しては自信は皆無です)

ちわ!
自分はAGBで南極までテンペラ-ペンギンに会いに行ったほどの漢です。
まず、ペンギンは北半球に生息しないということは厳密には間違いです。
フンボルトペンギン属のガラパゴスペンギンという種は赤道直下のガラパゴス諸島に生息し、諸島内ののイザベラ島北部のアルベルマーレ岬が、赤道をこえていますので『厳密には』北半球でも生息しております。(普通無視して考えますが雑学として覚えておくと死ぬまでに1度位は役に立つかもしれません)
この種のペンギンは日本で冬を越す場合、暖房を必要...続きを読む

Q北極熊を南極に移住させるとどうなるのか?

地球温暖化のため、北極熊が絶滅寸前だそうですが、北極熊をつがいで何頭か南極に移住させたらどうなるんでしょうかね?ペンギンにとっては災難だとは思いますが。素人考えですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
 
 
 
 
南極熊になりますね。

Q大陸へ渡る渡り鳥の飛行時間

先日、冬鳥のアカウソを見ました。これから大陸へ帰るのだと思います。
飛行機でも数時間も掛かる日本海を、彼らは何時間飛び続けて渡るのですか?

また、大量のエネルギーを使うと思います。どのくらい体重が減るんですか?

Aベストアンサー

渡り・距離・1日で検索すると色々出るようです。
体重は参考URLが簡単で分かりやすかったです。

参考URL:http://akaitori.hp.infoseek.co.jp/watari.htm

Q渡り鳥の「渦巻き上昇」について

 以前、京都鴨川で渡り鳥の出立らしき光景をみました。雁かなあ・・・。
 ともかく、その鳥は40羽くらいでいくつものグループに分かれていた。一列に渦巻き上昇していた。
 すると、突然先頭の鳥が、ふらふらと力尽きたかのように落下していった。そして、地面すれすれで再上昇した。
 まるで「お祭りの錦振り」みたいだった。
 この鳥のこと、名前や示威行為の理由とか、教えてください。
 どうか、どなたかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

今晩は。ご覧になった鳥が何かは分かりませんが、鷲、鷹、鶴などが渡りの際に、上昇気流を捉えながらある高度に達すると滑空し体力の消耗を抑えながら渡りをするといった事が知られています(特にサシバの鷹柱とか、アネハヅルのヒマラヤ越えは有名ですよね)が、渡りのために上昇気流を捉え上昇したものの、たまたまある高さの所で気流に乱れが発生し、ご覧になられたような状態になったのではないでしょうか?

巣立ちして間もない頃の幼鳥が上手く上昇気流を捉えられずふらふらと落下していく様(「お祭りの錦振り」まさにその様でした)をテレビの放映で見た事が有りますが、成鳥といえども気象状況の突然の変化による気流の乱れに遭遇した時とか、上昇気流の弱い時には、その様な状況になる事も有るのでは思ったのですが…。

Q渡り鳥などの体温保持について

寒い中、水の中でカモなどは浮いておりますが、
鳥類は恒温動物なので体温保持が必要ですよね?
なぜ体温の奪われやすい水につかっているのでしょうか?
天敵から身を守ると考えて、木などにとまっている方がエネルギー的には良いのではないでしょうか?
そもそもなぜ、もっと温かい方へと渡っていかないのでしょうか?

Aベストアンサー

 No.2のJagar39です。ちょっと補足を。

 カモの足の「熱交換器」の話が出ましたが、このようなものは寒冷地適応をしている動物にはかなり広く見られます。(ヒトにもあります)
 要するに、冷えやすい末端の手前で動脈と静脈を隣接させることによって、「末端で冷えた静脈血を心臓から出てきたばかりの暖かい動脈血で温める」システムです。
 これを対向流熱交換系などと言ったりします。併走する動脈と静脈が対向する(血液が流れる方向が逆になる)のがミソです。対向流の方が熱交換効率が良いのです。

 でも、それは「足(末端)の凍傷を防止する」ためではありません。
 末端の凍傷を防止するためであれば、これから末端に向かう暖かい血液をわざわざ冷やすのは意味がありませんよね。

 これは「体温低下を防止するため」です。
 足に限らず、低温中に露出する「末端」は非常に熱を奪われやすい部位です。
 ここに暖かい血液を送り込んでも奪われる熱の量が大きくなるだけなので、動脈血の熱を冷やされた静脈血に移しておく方が、「奪われる熱量」は少なくて済む、というわけです。

 なのでこれは足という末端を温度低下から守るためのシステムではなく、「足が冷やされることによって体全体が冷やされることを防止するシステム」なのです。

 足の凍傷防止のためのシステムはこれとは別にあり、なるべく表面積を少なくする構造とか、凍傷になりにくい組織で足を作る、筋肉ではなしに腱主体で足を動かすシステムにする、等です。鳥類は全般的にそうなってますけど。

 あと、エネルギー効率の話ですが、木に留まるより水に浮かぶ方がエネルギーのロスは少ないのでは?
 木に留まるには、その位置まで飛ばなければなりませんし、木を掴んで立位を保持するのにも相応のエネルギーが必要です。ですが水に浮かぶだけならエネルギーはほとんど必要ありませんよね。実際は水中でかなり激しく足をバタバタさせている場合が多いので、相応のエネルギーは消費してはいますが。
 断熱システムや保温システムさえしっかりしていれば、木に留まるより水に浮かぶ方がエネルギーの消費は少ないと思いますよ。

 水鳥の羽毛は保温のための装備だけでなく、極めて強力な防水装備でもあります。
 先の回答にも書きましたが、消毒薬に漬け込んだカモを解剖するため、メスで切っていっても、体表からほんの数mm内側は濡れるどころか湿ってすらいませんでした。その羽毛層が胸の付近では数cmもあるので、断熱性能もさることながら防水性能もほとんど完全防水と言って良いくらいです。

 余談ですが、その羽毛層でメスの刃が通らないので、直接メスで切るのは諦めてまず羽毛をむしることにしたのですが、むしった直後はほんの一掴みほどの分量だった羽毛が、解剖を始めてふと気づくと一抱えほどにも膨らんでいました。
 衣類の保温材では、単位重量当たりの保温性能でダウンを超えるモノはありませんからね・・・
 一瞬、解剖を忘れてダウンの処理方法を調べようかと思いました。カモの解剖が数羽入ればダウンジャケットが作れる、と思ってしまったので。

 No.2のJagar39です。ちょっと補足を。

 カモの足の「熱交換器」の話が出ましたが、このようなものは寒冷地適応をしている動物にはかなり広く見られます。(ヒトにもあります)
 要するに、冷えやすい末端の手前で動脈と静脈を隣接させることによって、「末端で冷えた静脈血を心臓から出てきたばかりの暖かい動脈血で温める」システムです。
 これを対向流熱交換系などと言ったりします。併走する動脈と静脈が対向する(血液が流れる方向が逆になる)のがミソです。対向流の方が熱交換効率が良いのです。

 ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報