こんばんは。実は、父が今、かなり悪い心筋梗塞で、入院中です。私はその娘で、姉が一人います。それで質問なんですが、仮に、父が亡くなったとして、保険金が1000万円おりてくるとしますよね?でも、母には父に内緒の借金があるんです。何千万も。(詳しい額は教えてくれない)だから父が死んだら自己破産をすると言っています。でも、1000万を分けるとすると、母が500万、私と姉が250万ずつになりますよね?だったら、受け取ってから自己破産した方がいいですよね?娘は二人とも結婚しています。実家の財産といえば、父の車くらい。自己破産して困るようなことはありません。そういう事もできるんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

受取人の変更を無効>


 生命保険金受取人は生命保険契約の当事者(当事者は保険会社と契約者)ではありません。したがって、死亡事故が発生していなければ、契約者(父親)の一存で何時でも変更でき、受取人の権利は単なる反射権に過ぎません。独身男性が父母を受取人にして生命保険契約をして、結婚すれば妻に変更する例が多くありますが、その場合、父親の債権者がその地位の変更に容喙したことは聞いたことがありませんし、その不当なことは理解されると思います。また、受取人(またはその債権者)に権利があるのでしたら勝手に解約することもできなくなります。
    • good
    • 0

あなたのおっしゃるとおりに、うまくいけばいいけど、どうなるかわかりませんので、弁護士の先生に相談されたほうがいいと思います。



    • good
    • 0

>受け取ってから自己破産した方がいいですよね?



そうしますと、受け取ったお金を戻さなければならないことになりかねません。(破産法72条)
それならば、今、保険金の受取人を姉妹にしておけばいいように考えられますが、母の借金があるので、その債権者を害することになりかねませんから、その受取人の変更を無効と云われかねません。(民法424条)
    • good
    • 0

お母さんが自己破産すれば結局はお母さんにおりた保険金は全部債権者にもって行かれます。

今のうちに保険金受取人を娘さん2人に変えておくべきです。そうしますと、債権者は保険金について手が出せなくなります。お母さんが免責のおりた後で姉妹から相当部分を贈与してもいいのではないですか。
    • good
    • 0

参考までに・・・。



参考URL:http://www2.neweb.ne.jp/wd/souzoku/koujo01.htm
    • good
    • 0

 法律に携わる仕事をしています。


結論から申し上げれば、おっしゃる通りお父さんが亡くなった後でも自己破産の申請は出来ます。

が、先に回答されている方のおっしゃる通りお母さんに支払われた保険金は支払いに充てる事になります。

保険金が支払われた後に自己破産の申請をしても、実際には返済に充てれるだけの金銭があるわけですから当然返済に回さなければいけません。
現時点で自己破産の申請をして受理されれば、その後所得が発生しても返済義務は発生しません。
しかし、自己破産と言っても申請すれば誰でも免責認定を受けられるわけではありません。
失礼ですが、お母さんの名義だけで数千万の借金を作るには社会通例上無理があるように思います。
仮にお父さんなり、第三者なりが保証人もしくは連帯保証をしている場合は簡単にはいきません。

これは余談ですが・・・万が一、債権を持っている側に保険金が入るという事を気付かれたり、破産申請の際に保険金が入ることを弁護士に知られてしまえば申請は出来ません。

アドバイスとして『民事再生法』での解決の方が波風も少なく解決も早いように思われます。
    • good
    • 0

あの、借金がある場合は、借金の相続するのです。


借金が何千マンもあるとすれば、その借金を
家族は相続段階で支払う必要性があります。
いくら、生命保険で1000万おりても
死んでから自己破産をしたところで、
1000万は、借金に消えます。

そこで、いまお父様が
自己破産をしたほうがいいです。
自己破産後であれば、1000万家族が相続して
問題ないと思います。

それと、父が亡くなってからでは、あなた方は
借金を相続するのでお金をもらえるどころか
借金を背負うことになります。
最悪は、相続をしないほうがいいです。
借金を相続するなら相続破棄してください。

それから、わからないことは、市役所等で無料
法律相談を受けてください。
きっと、同じ答えが返ってきます。

親族・相続法では、相続破棄できます。
無用な借金を抱える前に
対策をしないと、借金を相続しあなたが支払うことに
なります。
    • good
    • 0

 生命保険の保険金は,多くの場合相続財産ではありません。

保険証券をよく見てください。死亡保険金の受取人の指定があると思います。保険金は,指定された受取人のものです。

 仮に相続人とあったとしても,それは,法定相続人が法定相続割合で,それぞれ自分の権利として(相続権ではなく)保険金を請求できるという意味です。

 また,保険の受取人は,保険金の支払事由(被保険者の死亡)が生じるまでは変更が可能です。ただし,変更ができるのは,保険の契約者に限られます。
    • good
    • 0

それでもかまわないとは思うけどお母さんの500万円は借金に取られるね。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答、ありがとうございます。母の借金は自己破産すればいいかもしれませんが、父に借金があったらどうなるのでしょうか?母が自己破産すれば、父も借金も払わなくていいのでしょうか?

お礼日時:2003/07/10 23:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q死亡保険金の税金

契約者息子、被契約者母、保険金受取息子、保険料負担母、引き落とし口座息子名義、死亡保険金1500万の税金は、何税で、その税金はどの位でしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

生命保険専門のFPです。

ご質問の契約は……
保険料負担者=母
被保険者=母
受取人=息子
なので、相続税となります。
この点は、No.1の方の説明が正しいです。
ただし、それをどうやって、証明しますか?

引落口座の名義は、息子様になっているということは、
保険会社は、息子様を保険料負担者として報告します。
母親様が実質の保険料負担者だということを、保険会社は知るはずが
ありませんから。
つまり、名目上は……
保険料負担者=息子
被保険者=母
受取人=息子
という契約にしか見えませんから、所得税となります。

つまり、実質の保険料負担者が、母親様であることを証明できなければ、
名目上の名義どおりに、所得税が課税されます。

では、証明するには、どうしたら良いのか……
そのようなことを証明する書面があり、
母親様の口座から息子様の口座へ送金されている証拠がある
(現金のやり取りでは、証明したことになりません)
ということが必要です。
または、息子様が無収入であることです。
無収入ならば、保険料を支払えるはずがありませんから。

相続税ならば、
500万円×法定相続人の人数
という控除枠があり、さらに……
5000万円+1000万円×法定相続人の人数
という相続の非課税枠も使えます。
枠内ならば、非課税です。

所得税ならば……
(1500万円-支払った保険料総額-50万円)÷2
の金額が他の所得と合算されて、課税されます。
税率は、所得の金額によって異なりますから、一概には言えません。
例えば……
支払った保険料総額が450万円ならば、50万円の控除枠を加えて、
1000万円÷2=500万円
が、課税対象となり、
税率が20%ならば、100万円の所得税がかかります。
これに、住民税10%の50万円が課税されますので、
課税合計は、150万円となります。

ご参考になれば、幸いです。

生命保険専門のFPです。

ご質問の契約は……
保険料負担者=母
被保険者=母
受取人=息子
なので、相続税となります。
この点は、No.1の方の説明が正しいです。
ただし、それをどうやって、証明しますか?

引落口座の名義は、息子様になっているということは、
保険会社は、息子様を保険料負担者として報告します。
母親様が実質の保険料負担者だということを、保険会社は知るはずが
ありませんから。
つまり、名目上は……
保険料負担者=息子
被保険者=母
受取人=息子
という契約にしか見えませんから、...続きを読む

Q私に姉一人と父がいるとします。

私に姉一人と父がいるとします。
母はもう他界していて、家族は私の息子三人、夫、父の5人家族です。

この状態で仮に父が亡くなった場合、相続税の控除は4000万でよろしいでしょうか?
お返事お願いいたします。

Aベストアンサー

>相続税の控除は4000万でよろしいでしょうか…

「基礎控除」のことですか。
それなら、
5,000万 + 1,000万×[法定相続人数]
ですから、7,000万円です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4152.htm

>家族は私の息子三人、夫…

関係ありません。
法定相続人は、実子である姉とあなたの 2人のみです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4132.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q相続税の評価において、年金形式での受け取りを選択した場合の死亡保険金の

相続税の評価において、年金形式での受け取りを選択した場合の死亡保険金の扱いについて教えてください。
この春に母が死亡しました。母は生前に変額個人年金保険2つに加入しており、そのうち一つは昨年秋から年金支払いが開始済み。もう一方の契約は年金支給がまだ始っていないという状況でした。この2つの変額個人年金保険に関して、保険会社からの説明によると、両方とも死亡保険金(もしくは一時金?この死亡「保険金」と死亡「一時金」という呼称の差も理解できないのですが、とりあえず今は無視して質問させてもらいます)を一括ではなくて、最長30年にわたる年金形式で受け取ることができると説明されています。
ここで、ネットで調べたところ、相続税の評価において年金(定期金)受給権の評価については、平成22年4月1日に改正された部分があるものの、大きなメリットがあることが分かりました。そこで、母から相続することになった2つの変額個人年金保険の死亡保険金について、年金形式での受け取りを選択するだけで、この年金受給権評価のメリットを享受できるのかどうかを、教えていただきたいのです。
まとめると、死亡保険金(一時金)を一括ではなく年金形式で受け取ると選択することにより、この年金受給権の評価のメリットを享受できるのでしょうか。
すみませんが教えてください。

相続税の評価において、年金形式での受け取りを選択した場合の死亡保険金の扱いについて教えてください。
この春に母が死亡しました。母は生前に変額個人年金保険2つに加入しており、そのうち一つは昨年秋から年金支払いが開始済み。もう一方の契約は年金支給がまだ始っていないという状況でした。この2つの変額個人年金保険に関して、保険会社からの説明によると、両方とも死亡保険金(もしくは一時金?この死亡「保険金」と死亡「一時金」という呼称の差も理解できないのですが、とりあえず今は無視して質問させ...続きを読む

Aベストアンサー

質問文から、「遺族年金特約」付の変額個人年金だと推測いたします。

一つは、もうすでに年金運用期間が過ぎ年金として受けとている(去年秋からの給付分)ものと、
まだ、年金運用期間中のものです。

個人年金は、年金運用期間中は「保険」としての性格を持ち、同期間中に被保険者が死亡すれば
保険給付としての「死亡保険金」を受取人は受け取ることが出来ます。これを一時に受け取るか、
「年金形式」で受け取るかです。

対して、年金運用期間が過ぎれば年金支払期間となり文字どうり「年金」として支払われます。
この年金支払期間に被保険者が死亡すれば、年金の残高により「死亡一時金」あるいは年金形
式の「死亡一時金」の受取となるわけです。

これらのみなし相続財産のうち、「年金形式」で受け取るものは「定期金に関する権利(年金
受給権)」の評価をもとに生命保険金としての評価します。この評価方法が、納税者にとっては、
改正前は非常に有利なものでありました。
(2つに分けないといけませんが。すなわち、年金運用期間中のものと年金支払期間中のものと)

また、年金運用期間中の死亡保険金は、生命保険金の非課税規定を受けることが出来るため、
なお有利なものです。(年金支払期間中のものは非課税規定を受けることは出来ませんが。)

 平成22年度改正の内容については割愛しますが、契約時期等による適用関係は、次の用です。

・ 2010年3月31日までに締結された定期金に関する権利に関する契約で、2011年3月31日まで
  に相続等により取得したものについては、改正前の取り扱い。

質問文から、「遺族年金特約」付の変額個人年金だと推測いたします。

一つは、もうすでに年金運用期間が過ぎ年金として受けとている(去年秋からの給付分)ものと、
まだ、年金運用期間中のものです。

個人年金は、年金運用期間中は「保険」としての性格を持ち、同期間中に被保険者が死亡すれば
保険給付としての「死亡保険金」を受取人は受け取ることが出来ます。これを一時に受け取るか、
「年金形式」で受け取るかです。

対して、年金運用期間が過ぎれば年金支払期間となり文字どうり「年金」として支払われ...続きを読む

Q父の借金について質問です。現在、父と母は別居しており、父(世帯主のまま

父の借金について質問です。現在、父と母は別居しており、父(世帯主のまま)の住民票は我が家に登録された状態です。

父と母は別居して4年になり離婚は成立していないままです。
先日、父の名義で借金が発覚し裁判所から内容証明のようなものが届き、
出頭しないと資産の差し押さえが行われるような事が書いてありました。
父の携帯に電話してもつながらず、どこで何をしているのかも不明です。
もし父が出頭しなかった場合、我が家の資産が差し押さえられるのでしょうか?

参考までに
車・・・父名義ですが、車を購入したのは母で使用者も100%母です。新車登録から8年経過した走行距離3万キロの日産のマーチ。
後は、差し押さえるような父名義の私物はありません。

要は、父名義の家ですが行方不明の父なので生活実態が我が家には何年もありません。
借金の額は70万位ですが、連絡すらつかない父の肩代わりをするのも嫌です。
おそらくほかにも数100万くらい借りていると思うので、
肩代わりしてもきりがありませんし、そんないい加減な人間に肩代わりする気もありません。

この場合車などの差し押さえはされるのでしょうか?
また、裁判所等にどのように対応したらいいのでしょうか?
家は近々、出ていく予定です。

どうか知識が御有りの方、助けてください。

父の借金について質問です。現在、父と母は別居しており、父(世帯主のまま)の住民票は我が家に登録された状態です。

父と母は別居して4年になり離婚は成立していないままです。
先日、父の名義で借金が発覚し裁判所から内容証明のようなものが届き、
出頭しないと資産の差し押さえが行われるような事が書いてありました。
父の携帯に電話してもつながらず、どこで何をしているのかも不明です。
もし父が出頭しなかった場合、我が家の資産が差し押さえられるのでしょうか?

参考までに
車・・・父名義ですが、車...続きを読む

Aベストアンサー

裁判所からの出頭要請には従ってください。
推測の域を出ませんが、母親が連帯保証人にされている可能性が高いと感じます。もし、そうであるなら連帯保証人は偽造であるということを裁判所で証明しなければなりません。証明できないのなら自己破産も視野にいれなければなりません。いずれにしても状況把握しないと先に進めません。出頭要請を無視すると全面的に相手(多分サラ金)の言い分を認めたことになります。

Q高額保険金の受け取り方法(所得税関係)

主人が高度障害になり、死亡保障と同額の保険金を受け取る予定です。
病院で同じ障害を負った方から受け取り方法に3通りあると聞きました。

(1)全額
(2)一時金+年金
(3)年金

全額受け取ると所得税がかなり高いので悩んでいます。
年金にする場合のデメリットはあるのでしょうか?
来月から仕事に復帰する予定なので、保険金+給与に所得税がかかります。
年金にする場合はいくらずつにすればいいのかもわかりません。
給与は毎月所得税が天引きされているので、確定申告で再計算になるのでしょうか?
国税庁の所得税の計算方法を見てみましたが、よくわかりません。

こちらに質問するのは初めてで、保険のことも税金のこともよくわからないので、質問内容が伝わったか不安ですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

高度障害保険金を一時金でお受け取りになる場合は非課税です。

年金として受け取るメリットは、保険会社が運用するので一時金で受け取るより受け取り総額が増えます。運用に自信がない方は銀行に預けるより有利だと思います。

一時金が必要なければ年金でお受け取りになることをお勧めします。途中でまとまった資金が必要になった場合は残りのお金を一時金で受け取ることも可能だと思います。

いくらづつ年金として受け取るか、はご主人とよく検討してください。また保険会社の方に年金の受け取り例(5年、10年などの期間、と年金額など)をしっかり説明してもらいましょう。

Q父が脳梗塞で入院中に借金発覚、今すぐ母と離婚させたい

現在、父(61歳)は、ぼんやりしがちですが会話も可能です。しかし、心臓が弱いため急変する可能性も少しあります。リハビリ後は、車椅子で身の回りのことはできそうです。
私は6年前に嫁ぎ、隣町にいる30歳の娘です。
父は4年前100万円の借金を残し、家出しました。交際相手がいたようです。借金は私が貯金で払いました。2年前突然帰ってきて、煙たがられながらも、いつのまにか同居を始めました。少しは生活費を出していましたが、母は世帯は別と割り切っていたようです。実家には貯金がなく、家屋(父名義)のローン残高200万円、土地は母の所有です。ローンは、父の家出後は、母(58歳)がパートで返しています。父が生命保険未加入で、入院費・今後の介護施設代は、本人の年金1ケ月10万円と、不足分はやむなく私を含む3人の子と母で出す予定でいました。
ところが、入院中に連帯保証人2件・借金がみつかりました。友人アパート入居の連帯保証人2位(友人失踪により、1位の保証人が滞納分40万を分割支払中、一度でも滞れば父へ)、知り合いの会社の根連帯保証人(500万円)、その会社からの貸付200万円、その他小額数件。
母は、父に万一のことがあると、財産放棄し自宅を失うことになります。すっかりなさけなくなり、今すぐ母と離婚させたいと思っていますが、まだ脳梗塞から1週間。ぼんやりしがちな父と離婚ができるのでしょうか。回復待ちの間、急変しないとも限りません。
配偶者への住宅の贈与も考えていますが、(婚姻35年)同様に、今の状態で口約束で書類代理作成し、提出しても有効でしょうか?これからも別の借金が見つかるかと思うと大変心配です。

現在、父(61歳)は、ぼんやりしがちですが会話も可能です。しかし、心臓が弱いため急変する可能性も少しあります。リハビリ後は、車椅子で身の回りのことはできそうです。
私は6年前に嫁ぎ、隣町にいる30歳の娘です。
父は4年前100万円の借金を残し、家出しました。交際相手がいたようです。借金は私が貯金で払いました。2年前突然帰ってきて、煙たがられながらも、いつのまにか同居を始めました。少しは生活費を出していましたが、母は世帯は別と割り切っていたようです。実家には貯金がなく、家屋(父名...続きを読む

Aベストアンサー

>父が脳梗塞で入院中に借金発覚、今すぐ母と離婚させたい

という点は、お父さんが協議離婚に同意すれば可能です。

>配偶者への住宅の贈与も考えていますが、(婚姻35年)同様に、今の状態で口約束で書類代理作成し、提出しても有効でしょうか?

 現時点で、お父さんの債権者から仮差押または差押の登記などされていなければ、離婚に伴う財産分与で、お母さんに移転登記することは意味あります。しかし、離婚に伴う財産分与が債権者を害する抜け道的に詐害行為としてされている可能性を疑われる場合には、判例は財産分与として相当額の範囲内でのみ有効として扱います。
 しかし、まずは建物の築年数が数十年であれば、財産分与を詐害行為として問題にする場合ではないと思われます。問題は、お父さんが、すでに建物になんらか債権者から物的な担保の設定を迫られてそれに応じている可能性がある点です。一度、登記簿を取って確認することです。
 離婚に伴う財産分与は、登記原因となるもの、きちんと書面にしておく。この点は、当然、司法書士の先生に相談して、どのような形で書面化しておけば登記できるかを相談することです。書面にしておいても、法務局がうけつけないような書面では困りますから。

 次に、父親の破産手続きの点について、皆さんで考えられたほうがいいでしょう。あとは細かくなるので、専門家の相談を受けるべきです。

>父が脳梗塞で入院中に借金発覚、今すぐ母と離婚させたい

という点は、お父さんが協議離婚に同意すれば可能です。

>配偶者への住宅の贈与も考えていますが、(婚姻35年)同様に、今の状態で口約束で書類代理作成し、提出しても有効でしょうか?

 現時点で、お父さんの債権者から仮差押または差押の登記などされていなければ、離婚に伴う財産分与で、お母さんに移転登記することは意味あります。しかし、離婚に伴う財産分与が債権者を害する抜け道的に詐害行為としてされている可能性を疑われる場合に...続きを読む

Q保険金請求の1日の上限

通常生命保険などを数社の契約があるとき、1日あたりの保険金請求額に各社で支払われる金額の合算で上限があったと思うのですが、どなたかわかりませんか?

たとえば、がん保険でがんで入院した場合1日あたり支
払われる保険金が3万円の契約を4社と契約して、実際に1日あたり12万もらえうのか?ということです。
皆様よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 生命保険では損害保険とは異なり補填するという意味合いはありませんので1契約毎独立していますのでそれぞれが有効になります。
 成立している契約で支払いの段になって制約を受けることはありません。保険金ではなく給付金が3万円の契約が4社とあれば合計で12万円支払われることになります。
 ただし、これから加入ということであれば#1、#2の回答とと同じです。短期間で加入する場合各社が受けるかどうかです。給付金の加入金額は生命保険協会に登録されることになっています。
 1社での加入上限は各社で判断しますが、その金額が適正であるかどうかは健康・職業・年収・環境によって決定され、加入したいからそのまま受け入れてくれるかどうかはそれぞれの会社の判断によります。先ず加入できるかどうか申込みをされ診査を受けてみては如何でしょうか?

Q先日父が亡くなりました。その父には生前中から借金がありなくなった跡で相

先日父が亡くなりました。その父には生前中から借金がありなくなった跡で相続放棄を遺族全員がする予定で考えていました。父は膀胱がんで72歳障害者3級の認定を受けたいた状態でなくなっています。

市役所に死亡の届けをした際に介護保険と後期高齢者医療保険の一部が変換されるかもしれないと言うことでこれを受け取ると相続に当たると思い受け取りを留保していただきましたが
それでよかったのでしょうか。また市から障害者の扶助料が払われていたようでこちらも
未扶助料が出ると言うことを言われたのですが先の心配があり留保していただきましたが
これもそのような手続きでよかったのでしょうか?
また母が父の遺族年金を受け取ることは財産の相続になってしまうのでしょうか?

Aベストアンサー

民法921条は、相続財産を「処分」すると、単純承認(相続)したとみなしています。
介護保険と後期高齢者医療保険料の一部が返還される相手は、亡くなった人ですね。市から障害者の扶助料の未払い分があるようですが、これも、支払われる相手は、本来、亡くなった方ですね。
そうすると、これらは、相続財産です。相続財産なら、相続放棄した場合は、受取れないものです。ただし、受取ることが処分に当たるかはわかりません。用心深く、留保なさったようですが、それでいいと思います。
遺族年金は、相続財産ではありません。遺族年金を受取っても、相続放棄できます。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~zi3h-kwrz/law2sohoho-pen.html

Q満期になった保険金の確定申告は必要でしょうか?

満期になった保険金の確定申告は必要でしょうか?

今までに支払った保険金が、 1,293,836 円
配当金を含めた受取金額が、 1,008,919 円

私自身が調べた限り、元割をしているので確定申告は必要ない気がするんですが・・


友人(税理士の卵)が、支払った金額を差し引けるのは今年払った保険金額だけで、
1,008,919円 - 50,000円(今年分の保険金)= 958,919円 の 申告が必要だと言うのです。


友人が間違っているでしょうか? 私が間違っているのでしょうか?
ちなみに支払いも受取も私自身です。

Aベストアンサー

今までに支払った保険料(必要経費)と受取保険金の差が、284,917円ですから確定申告不要。
[満期保険金-支払保険料総額-(50万控除額)]÷2 が申告額

Q姉の借金 (長文です)

以前に運転免許の件で質問をさせて頂きましたが、これからどうやって解決して行くべきなのか解らないので教えて下さいませ

姉の話なのですが
約2年半前に消費者金融数社とショッピングカード数社から、当時200万の借金ありました

その後 現在は姉は彼氏の家へ転がり込んだらしく、住民票は借金を作った住所のままで移動はしていません

住民票も移動していないし、仕事をしたら取立てが来ると言って、姉は現在は働いていません 彼氏のお金で暮らしているようです

住民票も変更していないので、督促状などは来ていないそうですが、たまに私が住んでいる実家に電話や手紙がきています

借用書やカードなどは、彼氏の家に引越際に捨てたらしく、どこにいくら借金があり、いくら返したのか解らないと姉は言います

2年半放置したのだから、もう少しで時効だとか
住民票を移さなければ、居所は解らない と全く返す気がないようです

(1)住民票を移動しなければ、姉本人の居所は不明なので放置しても平気なのでしょうか?

(2)この先、実家が引越をした場合、姉宛の督促状はまた届くのでしょうか?

(3)2年半も全く連絡もせずに放置しているので、今更返す手続きはしない方がいいのでしょうか?

何度もくだらない質問で申し訳ありません

このまま放置いくのは身内として怖いので、いろいろ勉強して解決して行きたいと思ってます

宜しくお願い致します

以前に運転免許の件で質問をさせて頂きましたが、これからどうやって解決して行くべきなのか解らないので教えて下さいませ

姉の話なのですが
約2年半前に消費者金融数社とショッピングカード数社から、当時200万の借金ありました

その後 現在は姉は彼氏の家へ転がり込んだらしく、住民票は借金を作った住所のままで移動はしていません

住民票も移動していないし、仕事をしたら取立てが来ると言って、姉は現在は働いていません 彼氏のお金で暮らしているようです

住民票も変更していないので、督促...続きを読む

Aベストアンサー

以前、中小消費者金融で債権管理をしておりました。自宅・勤務先への訪問もしておりました。
ただ、カード会社や消費者金融でも大手さんは訪問はしないようです。
実際問題として、訪問は効率が悪いのが実情です。ご実家には業者の訪問はあったのでしょうか?もしなければ勤務先に訪問することは皆無でしょう。勤務先が判れば郵便や給与差押は来るかもしれませんが・・・。

1)確かに、住民票を変えたり、お父様お母様等のご家族が居所を教えない限り業者的には居所は不明になります。
そういう部分ではお姉さまの考えは「正解」です。
ですので、別に業者に居所を教える必要も無いのですが、教えたところでお姉さま以外の借金をかぶることは基本的に無い(死亡しない限り)ので、場合によっては一度、連絡のあった毎に業者に居所を教えてみてもよいでしょう。
お姉さまも懲りるでしょう。
(逆ギレされるかもしれませんが・・・)

2)お姉さまの住民票を変えなければ届きません。
お姉さまの住民票だけをそのままにすれば良いのです。ただ、それをすると役所(役場)に突っ込まれるかもしれませんし、もしかしたら「一緒に移してください」と言われるかもしれません。
(このあたりは詳しくないので解らないですが)
尚、定期的に住民票を取る(ことが出来る・・・と大抵、約款や契約書に記されていますが・・・)マメな業者でない限り住民票を移してもわかりません。

3)あなたのご実家が大金持ちなら、代わりに支払う価値はあるかもしれません。情報センターの情報は残るかもしれませんが、法的には一応、「きれい」な身となりますが・・・実際は難しいと思いますし、私はお勧めしません。
もし、返す意思があるのなら、至急就職して裁判所に特定調停を申し立てて返済しやすい形にするかです。(相手の業者が承諾しないと調停は成立しませんが)
もしくは♯1さまが仰るとおり、破産すると良いでしょう。
どちらにしても放っておくのは得策ではないと思います。

以前、中小消費者金融で債権管理をしておりました。自宅・勤務先への訪問もしておりました。
ただ、カード会社や消費者金融でも大手さんは訪問はしないようです。
実際問題として、訪問は効率が悪いのが実情です。ご実家には業者の訪問はあったのでしょうか?もしなければ勤務先に訪問することは皆無でしょう。勤務先が判れば郵便や給与差押は来るかもしれませんが・・・。

1)確かに、住民票を変えたり、お父様お母様等のご家族が居所を教えない限り業者的には居所は不明になります。
そういう部分ではお...続きを読む


人気Q&Aランキング