もともと左利きを矯正したためか、かなり不器用です。
器用になるための、よい訓練法があれば、教えて下さい。

A 回答 (3件)

まずは、お箸の使い方だと思います。


私も小さなころは左利きでした。
祖母からお箸を右で持つように指導され、右利きになりました。
私のやった方法は、
1:正しい持ち方で箸を持つ。
2:お皿に入った小豆、米粒などをつかんで別の皿に移す
といったごく一般的な方法でしたが、今ではかなり器用な右利きです。ちなみに、左でもできます。
あとは折り紙を右手を使うことを意識しながら折るのも効果あると思いますよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
お箸と折り紙ですね。
そういえばもういい歳なのに、お箸を正しくもてません。訓練してみようと思います。
参考になりました。

お礼日時:2003/07/11 11:25

僕ももともと左利きでした。

(今は両利きです)
矯正しようとした親に「どうしてこっちのお手手はしまっておかないといけないの?」と言っていたそうです。

本題ですが、「もともと左利き」であることがとても有利なことをご存知でしょうか?
数々の有名人に左利きは多いですよ。
自信を持ってください。

手先の器用さならハードコンタクトのこすり洗いでいいでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
残念ながらコンタクトはつかってないです。
目がいいので。
目が悪くなったら、こすり洗いしてみます。

お礼日時:2003/07/11 13:29

日常生活において言えば、何かにつけ右手を使うことだと思います。


歯を磨く。髪を梳く。体を洗う。物を取る。トランプを切る・・・・・・
もちろん、小学生になった気分で書き取りとかも有効だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
書き取りですか。
そういわれると、字が汚いのも不器用のセイだと言う気がしてきました。
やってみます。
参考になりました。

お礼日時:2003/07/11 12:43

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスロートレーニング (DVD)

遅筋を鍛えるようにしてダイエットに励んで下さいと言われ、
自宅で出来るスロートレーニングのDVDを探しているのですが、
全身がトレーニング出来るようなスロートレーニングのDVD付きの本はないでしょうか?
色々探してみたのですがその感想などを読んでみると、
上半身ばかりの運動が…とかで皆さんいくつも本を買われているようでした。
全身くまなくというのは無理かもしれないのですが、
腹筋も背中も、上半身も下半身もゆっくり鍛えたいと思っており、
そういうのがつまった本があればいいのになあ…と思っていました。
オススメのDVD付きの本がありましたら是非教えて頂けたらと思います!
どうぞ宜しくお願い致します!

Aベストアンサー

ダイエットのために遅筋を鍛えろと言われたんですか?
そうだとしたらその人の言うことをあまり信用しないほうがいいですよ。

ところで体全体をゆっくり鍛えたいというのはどういう意味でしょうか。
筋肉の発達をゆっくりさせたいとか、少ししかトレーニングしたくないとかそういう意味ですか?
筋肉を付けたくないのだとしたら心配しなくても、筋肉は1年間で10kgも増えたりしませんよ。
週に3回ジムへ行ってしっかり鍛えれば、それでゆっくり鍛えられると思います

Q手先が器用になるトレーニング方法

綾取りなんかやれば起用になるかなぁなんて思いますが、一番効率が良い方法ってないですか?
できれば生産性のあるトレーニングを教えていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

千羽鶴を折る

そのうち、目を閉じてもすばやく折れるくらい、
指先の感覚が研ぎ澄まされます。

慣れたら、4分の1サイズに折り紙を切って、
ミニミニ千羽鶴です。
きれいですよ♪

ほかには、
編み物・縫い物・刺繍・他、手芸全般
リンゴ・ジャガイモの皮をナイフでむく イラスト書き
めちゃめちゃ小さい文字を書く

Q「追い込み」の意味。ウエイトトレーニング

ウエイトトレーニングで、よく使われる「追い込み」この言葉の意味と方法がわかりません。

 追い込むトレーニングとは、どういうことをやればいいのでしょうか?
意味もわかりません。

 

Aベストアンサー

もう無理!!ってとこから、補助や、すぐさまウェイトを軽くして
休まずにさらに数回やり込む事ですね。

ターゲットの筋肉に、焼け付くような感覚があれば
追い込んだ事になるんじゃないですか。。

Q手先が器用になる方法ないですか?

工場のライン作業をしてますが、ほかの人が怖しいくらい手先が器用でスピードがあります。
私は、物品を落としたり、バランスを崩したりで、しかもノロノロ運転でついていけません。
余りにも下手なので、向かない職業のような気がしてきました。辞めるべきでしょうか?

Aベストアンサー

hon26785です。
補足の回答の方法が分からないのでここに記載します。
普段気を付けている事:
もちろんありますよ。

1.常に考える事(どうしたら効率的に出来るかなど→その意識を持っていると全然関係
           ないと思える事が役立つ事がある)
2.人間関係  (親しくなると他人の技術を教えてもらえるし、黙ってみていて技術を盗
          んでも嫌がられない→それより喜ばれるしアドバイスがもらえる事もあ
          りますよ)
3.練習     (その手法を身につける為に練習したり、イメージトレーニングする
          など)
4.そしてまた考える
          (練習でうまくいかなかったらどうすれば良いか考える
           →つまり【1.常に考える事】に戻る

就職なさって3日ほどとの事ですね。
それで器用に仕事をこなせるなら、私の方が教えを請いたいくらいです。
誰でも得意不得意や器用不器用があります。すべて出来る人など滅多にいないでしょう。
どうかあなたの得意分野を伸ばす事を考えてください。
考えましょう→そして実行しましょう→そして考えましょう
→そしてじっくり頭の休憩を取りましょう(これが一番大切です)

人間国宝を目指してるわけじゃないでしょ。
常に考えコツコツとスキルを積み上げてください。
それでも駄目なときは辞めればいいじゃないですか。

hon26785です。
補足の回答の方法が分からないのでここに記載します。
普段気を付けている事:
もちろんありますよ。

1.常に考える事(どうしたら効率的に出来るかなど→その意識を持っていると全然関係
           ないと思える事が役立つ事がある)
2.人間関係  (親しくなると他人の技術を教えてもらえるし、黙ってみていて技術を盗
          んでも嫌がられない→それより喜ばれるしアドバイスがもらえる事もあ
          りますよ)
3.練習     (その手法を身...続きを読む

Qリストストラップは使うべきか

デッドリフトをやっているときに、ジムでトレーニングしている人からリストストラップを使うように言われました。貸してくれたので使ってみると非常に楽になり、素手では10回は無理だと思われる重さでも10回やれました。

リストストラップの凄さに関心したのですが、これをすることによって前腕の筋肉が成長しなくなると思います。しかし背中のトレーニングに集中できるというメリットもありそうです。使うべきでしょうか。
ちなみに使用重量はまだ体重の1.5倍程度です。

Aベストアンサー

そんなに小難しく考えなくても、このままやってると次のセット中に握力が先に参りそうだ、と感じたら躊躇せずに使うべきと考えます。
扱う重量が誰と比較して軽い、とか重い、とかはあまり関係無いです。
最初ッから握力がヘタリもしないのに使ってる、というのは論外だとは思いますけど、ギリギリまで粘ってみて、次がやばそうなら使う、で良いのではないかと。トレ中に握力が気になって集中できない、中途半端で終わった、なんていうのが、一番勿体無いです。
扱う重量が上がってきたら、前腕が持つとか、持たないとかいう話ではなくなってきます。

臨機応変に。これでいいのではないかと。

Q手先を器用にするなにかいい方法はありませんか?

手先を器用にするなにかいい方法はありませんか?仕事で器用さが求められているのでとても大事なことです。

Aベストアンサー

手先の器用さは持って生まれた「天性」があると思います。
私は、生まれつきの左利きです。
そして、物心つく3歳の頃から「この子は手先が器用」と誰からも言われて育ちました。
3歳頃の記憶で印象に残ってるのは「積み木遊び」で、母が入院中の病室で積み木遊びをしてたら、同室の皆さんから器用と誉められました。
その後、幼稚園に入ってからも絵を描くのが得意で先生がたに誉められてましたが、動く物に興味がありオモチャを片っ端から分解してました。
そして、小学校に入ってからも「図工」は得意で通知表は常に5の評価でした。
小学時代は、オモチャは買ってもらうのではなく「作る物」でした。
それには鋭い「洞察力」が必要です。
そして、何より「実践経験」を数多く積む事です。

私の場合は、冒頭で述べた通り、左利きですから右手でないと使えない道具類は右手で使い、繊細な作業は左手で行う「両手使い」ですから、普通の人達より遥かに有利に作業する事が出来ます。
また、様々な工作の実践経験が豊富ですから、応用の幅が広いのが有利です。
ですから、ご質問者様がどのような手先の器用さを求めてるのか存じませんが、洞察力を高める事と実践経験を積み上げる事だけでも、手先の器用さを鍛練出来ると思います。
別に無理して両手使いを訓練する必要はありません。
両手使いが出来るのは天性ですから。

手先の器用さは持って生まれた「天性」があると思います。
私は、生まれつきの左利きです。
そして、物心つく3歳の頃から「この子は手先が器用」と誰からも言われて育ちました。
3歳頃の記憶で印象に残ってるのは「積み木遊び」で、母が入院中の病室で積み木遊びをしてたら、同室の皆さんから器用と誉められました。
その後、幼稚園に入ってからも絵を描くのが得意で先生がたに誉められてましたが、動く物に興味がありオモチャを片っ端から分解してました。
そして、小学校に入ってからも「図工」は得意で通...続きを読む

Qベンチプレスのトレーニングを始めようと思っています。

ベンチプレスのトレーニングを始めようと思っています。
自宅にベンチプレスの機材があるので、トレーニングしようと思っています。
トレーニングメニューがわかりませんので教えて下さい。
いま60キロが1回やっと上がる程度のレベルです。
30キロの重さから始めようと思っているのですが、
何回を一日何セットやればいいかなど教えて頂ければと思います。
100キロを目指してパワーをつけるのが目標です。

Aベストアンサー

http://www.cudan.ws/kinyo/index.html
http://kinntorenikki.fc2web.com/index.htm
これらを読んで、トレーニングの基礎を勉強されるといいでしょう。
プランニングについても同時に勉強できると思います。
下の方のサイトには、部位別だけでなく、器具別のトレーニング種目分類もあって便利ですよ。

それにしても、最近ダンベルとインクラインベンチを買おうか悩んでいる身としては、
羨ましい限りです・・・。
怪我には気をつけて、頑張ってください。

Qウェイトトレーニングで用いる レップ の元の英語は何

ウェイトトレーニングやダンベルトレーニングで一回に行う回数をレップと言います。レップスケジュールとか、、いいますが、 レップ の元の英語は何でしょう。rep でいいのでしょうか?

Aベストアンサー

英語では「rep」でOKです。
rep=repetition の略で「反復回数」という意味だそうです。回数の単位として用いるようですね。
参考になるかわかりませんが、一応下に参考HPを載せておきます。

参考URL:http://www.indigoworld.com/ski/library/condition/cdt_06.html

Q15分ほどのトレーニングDVDを探してます。手首や膝への負担の少ない筋

15分ほどのトレーニングDVDを探してます。手首や膝への負担の少ない筋肉トレーニングで探してます。スロトレDVDだと胸筋を鍛える動作がプッシュアップ(腕立て)しかないのでブッシュアップだと手首に負担がかかる為できません。DVDを見ながらやりたいタイプなので何かよいものあれば教えて下さい。

Aベストアンサー

SHIHOトレはいかかがでしょうか。

モデルのSHIHOさんが出しているヨガDVDです。

4つの項目に分かれていて太陽礼拝から立ちのポースや座りのポーズがあります。

一つ15分で、全部あわせて60分です。

私も60分やるのはきついので、腕を鍛えたいときは太陽礼拝
便秘の時は座りのポーズなどを行い、15分くらいで終了します。

Qトレーニングマシンを使う意味?

バスケとボルタリングをする友人がいます。

友人はジムのトレーニングマシンで身体を鍛えています。
バスケに必要な跳躍力を鍛えるためにレッグプレスを、
ボルタリングに必要な体幹力を付けるためにローワーバックを、
といった具合です。

私は運動ド素人で疑問を持ってしまうのですが、
競技種目に必要な筋肉を鍛えるならその種目をやるのが一番で、
あえてマシンを使る必要もないのではないか?と思ってしまいます。

トレーニングマシンを使うメリットなどを
教えていただけませんでしょうか?

アホみたいな質問かもしれませんが、
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>競技種目に必要な筋肉を鍛えるならその種目をやるのが一番
そうとは限りません。

例えば、競技中50の力を使ってプレーするとした場合、
マシンで80とか、100の力を使うトレーニングをして筋力をつければ、50の力を余裕をもって出すことができるようになります。
ところが競技だけをいくらやったところで、50の力しか使わないので、それ以上の筋力をつけるこは難しいでしょう。

昔、野球のピッチャーは、肩や肘に負担をかけないようするためボールより重いものを持たないようにしたといいます。ところが、現代では、マシンなどを使ったウエイトトレーニングで肩や腕の筋肉を鍛えるのが当たり前になっています。その方が、速い球を投げられるようになるし、ケガや故障も防げるからです

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング