ええっと、中高一貫教育について今話し合っているのですが、賛成派の方は少し意見を聞かせてほしいのですが・・・。様々な意見を待っています!そして、反対派の方も書いてください!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

高校受験等受験勉強を必要としない


ことは大きな利点です。

こちらで熱く語られています。
http://doshishakori.seesaa.net/

受験を目的とした勉強は子供の未来をつぶします。
社会の仕組みに従属するだけのロボットを製造します。
人の上に立つリーダーは育ちません。

中高一貫大学付属を強くお勧めします。

参考URL:http://doshishakori.seesaa.net/
    • good
    • 0

賛成か反対かどちらかに選ぶのって難しいですね。



小中までは、義務教育で決められたカリュキュラムを
こなしていきますよね。
もうすこししたら、学校も完全週休5日制になるので
いままでにあった、知っておかねばならない(学習するもの)ことも時間短縮で、いろんなものが省かれます。

子供たちの塾通いに歯止めをかけさせ本来子供のもつ
よさを引き出させるためにも「こころのゆとり」をもてるように(親とのふれあいの時間)時間をつくったのだと。
「こころのゆとり」をもった教育に力を注ごうとしたのだと思います。
たくさんいろんなことを勉強させられてきた私たちの
時代からすれば、「ゆとりの教育」とはよいことだと
しかしながら、これは義務教育の期間だけでいざ
高校進学に際しては、今まであったカリュキュラムは
習ってきたものとみなされて、小中の学校だけの学習では
受験に望めないのが現状です。
結局、個人的に塾に通うなりして学習を積み重ねなければ
ならないことに以前といえ、以前以上に塾通いに拍車が
かかることは歴然としています。

こう考えると、小中高一貫教育に賛成したくなるのですが
同じいけのなかで、ぬくぬくといるのもどうかと・・・
競争心というものも社会で行く為には、ときとして
必要とされます。

幼い頃より問題意識をもてというのは、無理な話であって
しかしながら、自分の目標をどこに置くか、それによって
どちらに進めばいいのかが見えてくるのではないでしょうか~?

結論を申せば、両者があることのほうがよいと考えます。
(選択の自由)
個人の性格の違いもあるので、選択肢がいっぱいあるほうが、じぶんにみあったものを選べます。

どちらか一つに決めちゃうというほうのことに
問題が生じてくるのではないでしょうか?
    • good
    • 0

結論から。

私はこれからの中高一貫教育に賛成です。

その理由をざっと挙げると、

1.文部省の指導要領の改変により、小学校、中学校で学ぶ授業内容が大幅に削減され、削減された内容がすべて高校に持ち越される為、高校での授業は今までの何倍も詰め込み授業になってしまう。
これに対して、一貫教育では計画的に各教科・各分野の教育カリキュラムを組んで、6ヶ年の時間の中で授業が行われる。(文部省は近年中高一貫の教育実験校をもうけている。これは今後中高一貫の学校を増やすことを念頭においている。)

2.部活
少子化に伴い、部活が存続しにくくなっている。
現在サッカー部、野球部に入りたくても部活が出来なくて(予算の問題もある)いる子供は結構いる。
中高一貫教育では寡聞にして聞かない。

3.グローバル化を念頭に置いたサービス、つまりPCの整備などが公立よりはるかに進み、また業者サービスの運用にも長けている。
また、海外の大学への進学などの情報も多い。

4.教師自身の研修費
教師に対し再教育、投資を行っている。一般には知られていないが、教育研究所を持っている学校は数多い。教師の質も一般に良い。(良く勉強している)

詳しく内容に踏む込むと長くなってしまいますが
こんなところでしょうか?
    • good
    • 0

いい点、悪い点両方あります。


一貫校なのか連携型なのか併設型なのかの別により全く異なってきます。
いい点というのは、高校受験がないため、ゆとりをもった学校生活、学習が可能ということです。
悪い点は、危惧される点は、エリート校化しないか、あるいは6年間ずっと同じ対人関係を続けて環境に変化がないことに生徒がだれてしまわないかというようなことが考えられます。
エリート校化した場合、受験戦争の低年齢化を招きます。
都市部なのかそうでないのかという環境によっても異なってくると思われます。
様々な事を総合的に判断して、何が、どういった方法がベターなのかをつきつめて議論するしかありません。
    • good
    • 0

調査書というのは、所見欄については非常に主観的なものであるので、個人的には嫌いですね。

けれども、教育指導要綱に決められていることなので、避けることは出来ませんよネ。教師の義務ですから。
さて、6年間の調査書の総合所見欄はどのようなものになるのでしょうか?中学1年から高校3年ですよね。はっきり言って、大人と子供ほどの違いがあります。それだけ、大きくなって、考え方も変わり、行動もかわってくる。それを本当に見つめつづけてくれる先生方ばかりであれば、素晴らしいものができるでしょう。
けれども、現状から考えると、期待薄ですね。

調査書は現在のシステムでの中学から高校への進学時に重視されているものですよネ。大学への進学時には、言われているほどの重みはないものですネ。
中高一貫教育であれば、大学への推薦入試のときに関係することになるでしょうか。
であれば、現状ほどの重みはなくなってくると思われます。
学生への脅し道具として考えているような低レベルの教師にとっては中高一貫教育というのは武器を取り上げられるようなものなので、困った問題になるでしょうね。
そういう意味では一貫教育も悪くないかも知れませんネ。
    • good
    • 0

ディベートで賛成派、反対派のどちらに指名されても、そこそこ討議できそうなお題ですね。


メリットとデメリットについて;
1.中高生という多感な思春期に、大きな環境変化をもたらさないので(場所的、人的に)、精神的な安定を得られる・・・・・もし、イジメなどの問題がある場合、その関係は3年間ではなく、6年間持ち越される可能性がある。また、転入生が受け入れられにくくなる可能性も否定できない。
2.高校受験から開放されることにより、感受性を高めたり、他の基礎的な勉学に集中することが可能である・・・・・大学受験まで受験を先送りしただけである。また、高校受験は、ある程度学力に差がついている中学3年生について、一応の学力分けを行うことで、教育効率を上げていたものである側面を無視している。これは、日本の学力レベルを更に低下させる可能性のある愚行であるとも考えられる。
3.高校を全入制とすることで、学歴問題を解決できる・・・・・高校全体のレベルを落とす可能性が大きい。私学の進学校にたいする受験戦争は激化するであろう。高校でのレベルの低下は大学生のレベル低下を招き、すでに多くの大学生の基礎学力が不足している現状を、さらに悪い状態とすることが懸念される。
4.教育を受ける権利は国民すべてに共通のものであるので、受験という無駄な競争が廃止される・・・・・・競争というのは人間が向上してゆくためには避けることが出来ないことで、各種の受験や競技、或いは研究活動や営業活動など、すべてのことが競争であるという現実が存在する。そんな中で競争を知らずに、競争することがない教育を受けつづけてきた人材が世に放たれることは日本の国際競争力を著しく低下させ、日本そのものが危うくなる可能性がある。

まだまだ考えられるでしょうが、この位でどうですか?

この回答への補足

そうですね!あと一ついいですか?学級担任の独断と偏見によって制作される調査書がかなりの重要性をしめると思うのですが・・・。そこのところはどうお考えですか?

補足日時:2000/08/06 00:52
    • good
    • 0

私は、小中高一貫教育の学校で小中まで行きました。

私が勉強も行動もあまりにマイペースな為、学校にも持ち上がりを勧められず、親も私も納得して別の私立高校へ行きました。
と言う訳で、質問の内容とは一貫教育の時期は、ずれていますが・・・。
 私は小学校から中学校に上がった時、同じ敷地内の学校であるという事以外、メリットは感じませんでした。
 ただ、公立の中学だと3年生にもなるとクラス中、受験一色という感じなんでしょうが、一貫教育だとそれはありません。比較的のんびりしていると思います。ただ、高校に上がれるかどうかは普段の生活態度や、普段の成績を常に見られている状態なので、そういう意味では気が抜けないかもしれませんね。
 デメリットとしては、中学時代の事を先生も生徒もみんな知っている訳ですから、1からやり直したいな、と言う人には辛いでしょうね。

 でも、一番大切なのは一貫教育にしろ、そうでないにしろ、学校が自分に合っているか、ということだと思います。
 私の場合は、中学まで通った学校が大変厳しく、私の性格には合いませんでした。友人との関係は良好だったのですが、システムが合わなかったというか。
 新しく入った高校では自由な校風で、今まで感じた事がないような最高に楽しい3年間を送る事が出来ました。
 その高校も小中高の一貫教育だったのですが、小学校から持ち上がりの生徒の中には、その自由な校風が災いして少しだらしがなく感じられる子もいました。
 私はマイペースながらも、厳しい学校で鍛えられて来たので、その辺のバランスは良かったと思います。

 学校が自分に合った人は、一貫教育はいい!と思うでしょうし、全然合わなかった人は、あんなところに6年も居たくなかった、と思うでしょう。

 私は両方経験して、メリットもデメリットも裏を返せば同じ事、という気がします。だから、賛成、反対という枠では語れないのが本音です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!経験者の話を聞けるとは思いませんでした!しかし、sets7さんの友達の意見も聞いてみたいのが本音です!それは、十人十色と言ったように人の考えもたくさんあると思うからです!しかし、sets7さんの意見はかなり材料となりました!〈言い方悪くてスミマセン〉

お礼日時:-0001/11/30 00:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q都立で中高一貫教育をする学校は?

都立高のOBです。
近年の都立高校の凋落が問題視されている中で、魅力化の一方法として中高一貫教育を導入するということを以前聞いたことがあります。
そこで質問ですが、
(1)現状、あるいは今後の計画で、具体的にどこの学校が該当しているのでしょうか。
(2)根本的な疑問になるのですが、中高一貫教育は本当に魅力的なものなのでしょうか。小中高大と別々な学校に行った私にはその中身が実感できません。

どちらかご存じの方教えてください。

Aベストアンサー

関東地区私立中高一貫校のOBです。
(2)についてお答えします。

私の通っていた学校は、いわゆる進学校でした。
科目にもよりますが、中2で中学過程を全て終了してしまい、中3からは高校の教科書を使って授業をしていました。過程を前倒しすることにより、高3の1年間をひたすら受験対策に費やすことができるので、大学入試を念頭に置いていればかなりのメリットはあります。(特に英語と数学はやたら早かったです)

私立の一貫校ではどこでも同じことをしていると思いますよ。ただ、進学率が9割を越える高校の話なので、都立での「中高一貫」が同じ性質のものなのかどうかは分かりません。

ご参考になればよいのですが・・・

Q少し気になったので質問させていただきました。 完全型の中高一貫校への途中からの転入って、中高一貫校で

少し気になったので質問させていただきました。
完全型の中高一貫校への途中からの転入って、中高一貫校ではなく、中学校が附属していない高等学校からも可能なのでしょうか。

Aベストアンサー

完全型の中高一貫校は、高1の勉強を中3で前倒しにしたり、中3の勉強をそのまま続けて高校でやったりと、
6年間でも勉強のカリキュラムを組んでいます。
ですから転入については各学校で異なると思います。
転入自体をとっていない所や、高校入学時のみ若干名の新入生をとるところもあります。
転入をとる所は、中高一貫校からだけに限ることはないと思いますが、
高校からの入学者や転入生には遅れを取り戻すために入学前に課題を出したりするようです。
また姉妹校のある私立の中高一貫校の場合、他の姉妹校への転入を認めるところもあるようです。
いずれにしろ勉強面はもちろん、中学からずっと一緒の中に途中から入るのは
多感な年頃だけに大変かもしれませんね。

Q中高一貫教育のメリットとデメリット

家から通学範囲の公立学校が中高一貫になるそうです。
うちの子が中学生になるのはまだまだ先ですが、もし行きたいと言い出したら……と漠然と考えてしまいます。
中高一貫教育のメリットやデメリットを教えて下さい。

Aベストアンサー

私自身は、私立の中高一貫校出身ですが、
ただし「私とその学校とは」ウマが合わなかったので、デメリットの方が大きかったです。

この件では、メリットとデメリットはほとんど、同じことの裏表だと思います。

1 中高6年間、人間関係が変わらない
 ○ ホントにウマの合う友人関係が作れれば得る物が大きい
 ● イジメやウマが合わないことがあっても、リセットできない
 
2 中学入学時で学力選抜が(ある程度)かかる
 ○ 優秀な同級生たちと刺激しあいながら過ごせる
 ● 自分と同じような環境の人としか付き合う経験ができない
 
3 学校の学習指導が6年間一貫している
 ○ その子に合っていれば大学受験に向けて有利
 ● 合っていなければ、かえって不利に

4 高校受験をしなくて良い
 ○ ゆとりを持って6年過ごせる
 ● 途中で中だるみになる生徒もいる
 ● もし合わなかったとき、受験対策・周りの雰囲気などの点で
   よその高校へ抜けづらいこともありえる

5 部活なども6年続けられる
 ○ 異年齢の先輩から刺激を受けられる
 ● 中3の段階でリーダーシップを取る経験がしづらい
 ● 1と同様で、リセットしづらい

多くの点で、
 合っている学校に入れれば幸せだが、
 合わない学校だとリセットしづらく、不幸
という結論だと思います。

また公立校と私立校との比較ですが、これもやはり同じ特徴が
裏表でメリットにもデメリットにもなります。

7 教員は、公立校は都道府県単位で採用だが私立校は学校単位
 私立校はその学校の学風に合った教師が集まる傾向があるが、公立校はバラけているし、異動もある。
 私立校の方が、学校としての特徴を出しやすいが、親子が「その私立校の方針と合わない」ことも。公立校の方が万人受けする無難な方針になりやすい。

この点では、(少数意見でしょうが)私もここのNo.8で答えています。
http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=1291264

親御さんから見て安心できる教育をしてきた(お子さんにも向いているであろう)、地域の実績ある公立進学校が、中高一貫校になる、というのなら、
メリットが大きい、ように私には見えるのですが。
もちろん、学校とその子ども個人との相性の善し悪しが何より大事です。

私自身は、私立の中高一貫校出身ですが、
ただし「私とその学校とは」ウマが合わなかったので、デメリットの方が大きかったです。

この件では、メリットとデメリットはほとんど、同じことの裏表だと思います。

1 中高6年間、人間関係が変わらない
 ○ ホントにウマの合う友人関係が作れれば得る物が大きい
 ● イジメやウマが合わないことがあっても、リセットできない
 
2 中学入学時で学力選抜が(ある程度)かかる
 ○ 優秀な同級生たちと刺激しあいながら過ごせる
 ● 自分と同じような環...続きを読む

Q中高一貫からの外部受験(高校受験) 僕はいま、中学一年生で、ある中高一貫の学校に通っています 小学校

中高一貫からの外部受験(高校受験)


僕はいま、中学一年生で、ある中高一貫の学校に通っています
小学校に通って中学受験の勉強をして、充実した、楽しい日々を送っていました。
けれども、中学受験して、学校に通ってたら、みんな勉強に力を入れなくなってしまってて、充実してない楽しくない毎日を過ごしています。
また、僕の学校が、進学率が悪いってこともあり、高校受験したいなと、思うようになりました。
それについての意見をもらいたいのと、
中高一貫の学校からの高校受験は、難しいものなのでしょうか?やっぱり、内申点がないと難しいですか?

よかったらご回答よろしくお願いします!

Aベストアンサー

中高一貫校では、一般の中学と違って授業内容がかなり違います。
我が息子も中高一貫校でしたが、中学生3年生の時には高校一年で習う数学を全て終わらせてしまいました。
要するに高校受験しなくて良い分、大学受験に力を入れているのです。
ですので必然的に他の高校を受験しようとなれば、受験対策を考えて進学塾に入らないとでしょうね。
ほかの中学の様に推薦が貰える訳でもありませんし。
しかも他校を受験するとなると退学届けも出さなくてはいけません。
長いスパンで考えると他校を受験するのはリスキーですが、君がそうしたいなら親御さんと相談して決めればいいと思います。
余談ですが、中高一貫校から他校へ受験して進学した子は色々あらぬ噂を立てられる覚悟もするべき。
君の通う学校より偏差値の高い高校に入らないと、中高一貫校から流れてきた子=落ちぶれた子、もしくはイジメで流れてきた等色々言われますよ。

Q東京の公立中高一貫教育について

今小学校5年生の子供がいます。最近話題の中高一貫教育校を受験してみようかと考え中です。
しかし受験勉強もしてないのでどうかとは思いますが・・・
現在通われている方または受験しようとしてる方いらしたらさまざまな意見をお聞かせください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

東京ではなく、広島ですが公立の中高一貫校の一期生でした。(今中3です。)
広島に中高一貫校は2つしかないからドコの学校か分かりますね。。
親の転勤で去年転校しましたが、中高一貫はたのしいですよ!

私の行ってた中高一貫校は、受験は適性検査でした。
ので、受験勉強はしなくても入れるときは入れます。
私はそうでした。
この中学校受験者のためにそういう塾もあったそうですが・・・私は行ってないし、その塾に行ってた人は受かってる人少ないです。
適性検査の問題は、この表を見てどう思いますか?とか、算数もちょっとありました。カヌーの時間の問題で私は説けませんでした。。。
あと、私の時は《モモ》という本の一部が書かれていて、それから自分の思ったことを作文に書くとか・・・
あと、グループ面接でした。
受ける学校がもし、適性検査なら作文を書くと思うから、漢字を勉強ちょこっとすれば良いのでは・・と思いますよ?

中学受験をしてみるのはイイと思います!!
私も、落ちても良いけど、一度受験を体験してみようと思って受けました!
結果受かり、その学校に通いました。
行って良かったと本当に思いましたよ。
私の行った学校は元から高校があり、新しく中学校がついたので、元から高校生はいました。
部活を、高校生と一緒にやらせてもらってすっごく役にたったと思います。
文化祭と体育祭はすっごい盛り上がりですっごく楽しかったです!!
あと、中高一貫校は期待されてるせいか先生が熱心だと思います。今行ってる中学校とは比べものにならないくらい良い学校でした!!!!
受けて損は絶対ないです!!
ぜひ受けて下さい!
でも、最終的には子供が決めるべきだと思います!(当たり前のコトですが・・)親に勧められたのがきっかけだったけど私は自分の意志で受けることを決めたので。
親に言われて受けるようじゃ受からないと思いますよ・・
適性検査は、受験理由とか特に聞かれると思うから。

では、実際に通っていた中3の女の子ヨリ
参考になるとうれしいです。

東京ではなく、広島ですが公立の中高一貫校の一期生でした。(今中3です。)
広島に中高一貫校は2つしかないからドコの学校か分かりますね。。
親の転勤で去年転校しましたが、中高一貫はたのしいですよ!

私の行ってた中高一貫校は、受験は適性検査でした。
ので、受験勉強はしなくても入れるときは入れます。
私はそうでした。
この中学校受験者のためにそういう塾もあったそうですが・・・私は行ってないし、その塾に行ってた人は受かってる人少ないです。
適性検査の問題は、この表を見てどう思い...続きを読む

Qみんなが「話し合」ってくれる「話し合い」とは??

週に1回、クラスごとに話し合いの時間が設けられている私の高校。
何と困ったことに、今年度その話し合いの企画進行係になってしまいました!!

何故「困ったことに」かと言いますと…
(1)高校生向きの議題がなかなか見つからない
(2)週に1時間と頻繁に行わなければならない
(3)そもそもみんな話し合う気がない
などなど、毎年とても難航しているのが実情なのです。

クラスの問題点や時事問題を真面目に話し合える場になれば良いのですが、エスカレーター校のためか生徒の意欲も低く、話し合いに興味を示してくれるのはクラスでも数名。
でもだからといって、「面白半分」の芸能ネタなどに走るのは嫌だというワガママな話な訳です。

ちなみに形式は完全に自由で、椅子を移動させたりディベート形式にしたり2回連続同じ話題を取り扱ったりetc…と、そこはやりたい放題です。

話し合う気がない人の興味もそそり、かつ深いところまで話を進められる。
議題でも、話し合いの形式でも、司会進行の方法でも何でも構いません。少しでも多くのアドバイスをお待ちしております。

週に1回、クラスごとに話し合いの時間が設けられている私の高校。
何と困ったことに、今年度その話し合いの企画進行係になってしまいました!!

何故「困ったことに」かと言いますと…
(1)高校生向きの議題がなかなか見つからない
(2)週に1時間と頻繁に行わなければならない
(3)そもそもみんな話し合う気がない
などなど、毎年とても難航しているのが実情なのです。

クラスの問題点や時事問題を真面目に話し合える場になれば良いのですが、エスカレーター校のためか生徒の意欲も低く、話し合いに興味...続きを読む

Aベストアンサー

例えば「学校で不満に思っていること」をみんなに書いてもらいましょう。
それを黒板に書き出して、何か参考意見がありそうなものについて自由に意見を出してもらう、または、「同感」というものに手を挙げてもらうと、クラスの共通の問題が浮き彫りになってくるのではないでしょうか。

何人のクラスか不明ですが、いくつかの議題では、何かアイディアが出てくるかもしれません。

そうでなくても、トピックによっては、普段さめた感じの人も、ムキになって意見をだしてくれる可能性があります。
そういう、普段見かけない姿を見られるだけでも、面白いと思うのですが、どうでしょうか。

Q中高一貫教育について

我が家でも中学受験について、考える時期になりました。
最近は制度としても定着(むしろ過熱?)している感があり、皆さん挙って受験といった雰囲気になっているようです。
過去のスレッドも沢山拝見させて頂き、話題としては遅いかもしれませんが、逆に今なら冷静なご意見や反省も伺えるのではないかと思います。

中高一貫校(または一貫教育そのもの)について、メリット、デメリット、ご意見をお聞かせ下さい。
また、この制度は今後も不動のものとして定着すると思いますか?それとも、またしても、「行き過ぎた教育制度」として方向転換されてしまうと思いますか?

あと、できれば、メリット、デメリット両者について、良くわかる本やサイトをご紹介頂けると嬉しいです。

Aベストアンサー

国立大学附属の中高一貫校を卒業した者です。

中高一貫校といっても、それぞれの学校ごとの個性には明らかな違いがあります。お子様の性格と学校の雰囲気が合致していることが、学校選びの重要なポイントです。親子で一緒に、文化祭を見にいくなどして、気に入ったところを目標にすれば良いでしょう。

私の通った学校は、大学入試のための授業はほとんど行わず、マニアックな教師が教科書を無視して、ひたすらマニアックなことをしゃべり続けるという授業スタイルでした。職員室は存在せず、大学のように教師には個室が与えられます(正確に言うと、2人で1部屋なのですが、重鎮クラスの教師は、1人で1部屋です)。中学校の早い時期から岩波新書などを大量に読ませてレポートを提出させたり、731部隊や従軍慰安婦問題を世間に先駆けて子供に教えたりしました。修学旅行は自由行動時間が多く、その代わりチームごとにコースを事前に教師と相談しながら決定し、テーマを持って現地入りし、後になってチームごとにレポートを提出させたりするという学校です。変わった習慣としては、弁論大会というものがあり、これは非常に優れたイベントだと思います。当時はバブル真っ最中だったのですが、「地上げは悪い行為だというイメージが強いが、必ずしも悪とは言えない。都市の再開発のためには必要な行為だ」という大人顔負けの主張をする中学生が出てきたりするのです。この学校には制服もなく、自由闊達な校風を誇りとしていますが、当然、デメリットもあります。自主性のある生徒は、放置しておいてもどんどん成績が上がって行き真の教養人に育つのですが、自主性のない生徒は、どこまでも成績が落ちていくのです。それを救う気すら、学校側にはありません。大学付属校ということになっていますが、エスカレーター式進学の制度はなく、恐ろしいことに生徒の半分が東大に受かります。進学校として変わっているのは、文科系のほうが多いことです。社会科教師に魅力的な人物が多いこと、理系のほうが文系より難しいという先入観がないことが原因だと思います。私の場合、大学では社会科学を学びたいという希望があったため、尊敬していた世界史教師に相談したところ、部屋に招かれました。おどろいたのは、入った場所からすぐ見える位置にあるピカソのゲルニカと、天井まで積み上げられた大量の書籍です。その教師は年配で、すでにかなりの年齢だったのですが、一番興味のあるのはビザンチンの歴史で、「ワシは最近、ロシア語を学ばんといかんと、強く感じるんだ」などと述べ、私は先生の衰え知らずの知識欲に圧倒されました。

弟も中高一貫校出身なのですが、雰囲気が全く違う学校で、ネクタイと丸首ブレザーがトレードマークのお坊ちゃま系の私立校です。こちらは、普段の授業にキリスト教教育が混ざるという特徴があり、大学進学までのサポートも、わりと丁寧にやってくれます。

意図してこうなったのか、結果としてこうなったのかは分かりませんが、私と弟の性格の違いに、学校の体質の違いが見事に一致した例だと思います。私は、大雑把で、美術や文章のセンスがあり、社会現象や人間心理への洞察力が強いタイプ。弟は、緻密な努力家で、数学的能力が高く、人生設計を真剣に考えるタイプです。

気をつけていただきたいのは、中高一貫校の元来の理念は、人格的に最も伸びる時期である中学・高校時代を、高校入試のプレッシャーから解放し、真の教養人を育てることにあるという点です。それにもかかわらず、私立の学校の中には、経営上、ひたすら上位大学進学率を高めることにのみエネルギーを使い、生徒を疲弊させてしまう学校が、多数、存在します。文理のコース選択が異様に早い学校、私立でも偏差値が低い学校などは、特に要注意です。そういう環境に入れると、勉強嫌いの子供に育ってしまいます。

そのようなわけで、中高一貫という制度そのものが、誤った行きすぎの詰めこみ教育と同義なのではありません。ただ、学校の雰囲気により、本来の理念である「高校受験からの解放による全人格的教育の実現」を忘れているケースも少なくないというだけのことだと思います。

国立大学附属の中高一貫校を卒業した者です。

中高一貫校といっても、それぞれの学校ごとの個性には明らかな違いがあります。お子様の性格と学校の雰囲気が合致していることが、学校選びの重要なポイントです。親子で一緒に、文化祭を見にいくなどして、気に入ったところを目標にすれば良いでしょう。

私の通った学校は、大学入試のための授業はほとんど行わず、マニアックな教師が教科書を無視して、ひたすらマニアックなことをしゃべり続けるという授業スタイルでした。職員室は存在せず、大学のように教...続きを読む

Q教育問題:教諭の独断で教科書を全く使用しないで教育課程に関係ない授業って許されるのでしょうか

高校に通っている子供がおりますが社会科の教諭が全くと言っていいほど教科書は使わず授業はその時教諭が関心のある内容の自作プリントで行われて履修単位とは全く関係ない授業で教科にある地理、現代社会、世界史は学んでいません。

変わった教諭のようで他の先生方も担任もあまりその社会科問題児教諭はめんどくさいから関わるなと言っているそうです・・・・
テストの点数も小数点第二位まで出すのですが意味なく呆れて笑ってしまいました。

配られたプリントもノートに貼るとき細かく指示されちょっと間違うだけで「言った張り方と違う!!」と一々注意されるようです

高校では一般的に大学に進む生徒はほぼ推薦かAO入試なのでセンター試験や一般入試で進学を考えている生徒は少ないのですがウチの子供も含め小数の生徒は大迷惑です。
そもそも一教師の勝手な判断、都合で教育課程を無視して履修単位が認められるのでしょうか?

何処にこの現状を訴えれば良いのか悩んでおります。

どなたか適切なアドバイスをいただけますでしょうか

Aベストアンサー

変わった先生ですね。そういえば教科書どおりでも何を言ってるか良く分からない先生ざらにいましたから、もう自分で予習復習するしかないかもしれません。

Q中高一貫教育校を目指す方々へ

残念ながら、人間の能力は先天的なものが大きいいようです
従って、小学校の時から受験勉強をし、中高一貫校で
さらに受験勉強をし、こういっては何ですが、本人の
能力以上の一流大学に入学しても、その先伸びないと
いう現象が多発しています
一流企業の採用担当者も最近そのことが気がつき始め
一流大学卒でも、中高一貫校や受験勉強に熱心な、私立高校
の出身者の採用は控える傾向があります
私の会社も、年商8兆円を超える企業ですが、人事担当者
に聞きますと、それくらい分かっているとの回答でした
さらに、この傾向は増えていくと思います
それでも、あなたの子を、中高一貫校に行かせようとの
考えは変わりませんか
お尋ねします
尚、参考のために、中高一貫校出身の東大生の司法試験
合格者数は、入学者数のわりに比べ、かなり少ないです
今は、システムが変わりましたので新しいデータは
公表されていませんが

Aベストアンサー

>人間の能力は先天的なものが大きいようです
同感です。学校の成績はどうであれ、「キレ」のある子とない子はいます。
キレのない人は,たとえ受験勉強を頑張って一流大学を卒業出来たとしても一線で活躍するのは難しいことでしょう。
実際にそれなりの社会的地位を持つ人、「頭のいい人だな」と思わせる人のお子さんは
やはり遺伝子なんでしょうね。塾等には通っていますがそれほど苦しむ事なく一流一貫校にも合格しているケースが多いです。
そういう子の親は、流石に一流大学→一流企業での成功・人生の勝者なんてバカなことは教えていないと思います。
一貫校に通う事が、才能を摘むことにはならないと思うのでなんとも言えませんが,
15歳や18歳の成長の節目に自分の才能と向き合い,将来の選択をしていくことは
その先の長い人生の軌道を自分で切り開く良い試練だと思っています。
わたしとしては、12歳ではまだ本人がその選択をするのは早いと考えているので
上の子は受験はさせないつもりです。才能はわかりまりませんが「キレ」は十分ある子なので、将来自分で道を選択出来ると思っていますので。

ただし,下の子は成績は良いのですが残念ながら「頭のいい人」ではない
気がしています・・・
将来は分相応の生活を送れれば。と思う反面、何とか学校くらいは評価の高そうなところに行かせた方が
少しでも,有利なのでは?と迷ってもいます。

言っている事と矛盾してしまうのですが、お恥ずかしい。
これが親心というものでしょうか・・・

>人間の能力は先天的なものが大きいようです
同感です。学校の成績はどうであれ、「キレ」のある子とない子はいます。
キレのない人は,たとえ受験勉強を頑張って一流大学を卒業出来たとしても一線で活躍するのは難しいことでしょう。
実際にそれなりの社会的地位を持つ人、「頭のいい人だな」と思わせる人のお子さんは
やはり遺伝子なんでしょうね。塾等には通っていますがそれほど苦しむ事なく一流一貫校にも合格しているケースが多いです。
そういう子の親は、流石に一流大学→一流企業での成功・人生の勝...続きを読む

Q中高一貫から出て、後悔しています

私は中高一貫の女子校に通っていました。

でも、そのまま高校には上がらず
県内でもTOP5に入っている県立普通科の共学に進学しました。
理由は、とにかくここから出たいと思っていたからです。
共学にも憧れを持っていました。
そして、変なプライドや意地で、OSなどの下調べもせずにネームバリューのある今の高校を選んでしまいました。

入ってから友達も出来ましたし、入学試験ではとても良い成績をとったりもしていました。
でも友達は出来ても、まったく話の合わない、笑いどころも合わない、話を無理やり合わせて作り笑いばかりで、一緒にいても楽しくない子たちです。中学時代が楽しくて仕方なかった私は、どうしてもそれが我慢できません。

そして、勉強は嫌いなほうではなくどちらかといえば好きだったのですが、高校に入った途端に大嫌いになって成績も落ちる一方です。
高校の先生は、私たちひとりひとりに構う暇もなく教科書を1ページ1ページ読み進めていくだけで、興味がまったくわかないんです。
もちろん全てを先生のせいにするつもりはありません、私のやる気が一番大切だと言うことも分かっています。

でも、今日久しぶりに母校に用事をしに行って
職員室で先生が生徒たちみんなが理解するまで放課後いっぱい教えている姿を見て、こんなの今の高校じゃ見ないなあと後悔が後を絶ちません、
「辛かったら、まだ帰れるよ」としきりに言ってくれる元担任に涙が出そうになりました。

去年たくさんの先生や親の説得に、このまま高校に進んだら絶対辞める!先生が構ってくれるとか関係ない、そんなのあんまり好きじゃない!と啖呵を切ったのは私です。今では、あのとき先生や親の言うことを聞いておけばよかったと思うばかりです。

どうしても国公立の大学に浪人することなく進学したいと思っています。でも今のままでは、有名私立もおろか大学に進学できるのかさえ不安です。
あまり積極的なほうではないので男子とも話す機会がなく、男子が教室にいることに慣れないので、いつもの自分が出せません。昔の自分の方が好きです。

親はこのまま残った方がいいんじゃない?と言います。
親の言うことを無視して帰っても、また私は後悔することになるんじゃないのかと怖いです。
でも今の高校であと2年半も頑張れる自信がありません。
もちろん中学の頃の楽しいままの学校生活が残っているとは思っていませんし、勉強漬けになるのも覚悟の上です。

今の高校生活を支えているのは部活です。
部活を支えに通っている状態ですが、もし中高一貫に帰れるなら、それを犠牲にしてもいいと思っています。
今のままでは部活しか残らない高校生活で終わりそうです。

甘ったれているというのは承知の上で質問します。
私はどうするべきなのでしょう。

私は中高一貫の女子校に通っていました。

でも、そのまま高校には上がらず
県内でもTOP5に入っている県立普通科の共学に進学しました。
理由は、とにかくここから出たいと思っていたからです。
共学にも憧れを持っていました。
そして、変なプライドや意地で、OSなどの下調べもせずにネームバリューのある今の高校を選んでしまいました。

入ってから友達も出来ましたし、入学試験ではとても良い成績をとったりもしていました。
でも友達は出来ても、まったく話の合わない、笑いどころも合わない、話を...続きを読む

Aベストアンサー

 公立中→中高一貫高校と質問者さんとは逆ですが、「一学期中は話がかみあう友達がおらず、部活を支えに通っている状態」という部分が同じだったため回答させていただきたいと思います。

 自分も最初は話がかみあう友達がおらず、居心地悪い高校生活を送っていました。非積極的な性格も相まって昼休みに一人で弁当を食べることもよくありました。ただ部活の時間は楽しみで、午後の授業中には早く部活の時間が来ないかなぁと考えていました。
 しかし二学期が過ぎていく途中から部活が一緒な人を中心に会話が弾むようになり、居心地が悪いとは思わなくなりました。その面々とは高校三年間仲がよく、放課後によく遊んだりしたものでした。共学校でしたが女子が苦手なので恋愛なんてのは経験しませんでしたけれども、男友達と遊んだことは今となってはいい思い出です。(言い忘れたけど自分は男ね)

 話はずれますが、自分は人間の人格形成の分岐点は中学生のときだと思っています。質問者さんはその人格形成期に特殊な環境(中高一貫校にいたことや中学受験をしたことね)にいたので、今の高校の人とは話が合わないのは仕方のないことだと思います。適応力が強い人なら違う環境でもうまくやっていくかと思いますが、質問者さんはそうではなさそうですね。でも意見を交換していくうちに次第と分かち合えるようになっていくと思います。やっぱりそれには時間が必要です。三ヶ月ちょっとで決断を下すには早すぎます。自分なんて新しいクラスに慣れるのにいつも半年はかかってましたから(笑)。よほどの性格異常者でないかぎり大丈夫ですよ。もっと自信をもってください!中学時代には友達は多かったんでしょ?
 
 次に勉強面については私立の方が圧倒的有利でしょう。理由は授業進度の問題などはありますが、これは他の回答者様が回答されてますので省略します。公立高校に残るなら理系なら数学、文系なら歴史は自分でどしどし進めちゃうほうがいいでしょう。二年生中には終わって、三年生では演習が理想かな。勉強では自分で考えることも大切ですよ。教科書を見ながらでいいですから教科書傍用問題集をコツコツやっていきましょう。要は慣れですよ。できるようになれば興味がわいてくるはずです。

 最後になりますが、決断はご自身で下しましょう。意思をしっかり持って決めてください。私の回答が参考になれば幸いです。

 公立中→中高一貫高校と質問者さんとは逆ですが、「一学期中は話がかみあう友達がおらず、部活を支えに通っている状態」という部分が同じだったため回答させていただきたいと思います。

 自分も最初は話がかみあう友達がおらず、居心地悪い高校生活を送っていました。非積極的な性格も相まって昼休みに一人で弁当を食べることもよくありました。ただ部活の時間は楽しみで、午後の授業中には早く部活の時間が来ないかなぁと考えていました。
 しかし二学期が過ぎていく途中から部活が一緒な人を中心に会話が...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報