ダイエットのために食事日記をつけ始めました。

一人暮らしのため、どうしても野菜が足りてない、とか
ごはんなど炭水化物系の主食をもっと減らさないと、とか
いろいろチェックをしているのですが
主食や油っぽいものを減らす分、
私の場合、乳製品をよくとっているのに気づきました。

朝なら、牛乳やカフェラテ(砂糖なし)にチーズトースト。
昼は食後にヨーグルトまたは飲むヨーグルト。
夜にまた食事の後や食事といっしょに、牛乳を一杯。
他の食物を控えめにする分、他の何かで補おうと
どうしても乳製品に頼ってしまっているようです。

ただ、以前、エステで食事の指導を受けていた人から
「乳製品」は絶対ダメと言われたという話を聞いたことがあり、
ダイエットには「乳製品」ってマイナスなのかなぁと
思ったりします。

実際のとこ、どうなんでしょう?
牛乳1リットルをがぶ飲みしたらまずいとは思いますが
一日、スライスチーズ1枚、ヨーグルト1個、牛乳2杯
ぐらいでもダイエット的にやばいのでしょうか。
心配で、夜の牛乳を豆乳にしようかと思ったりもします。

ちょっとまえに流行った低インシュリンダイエットでは
乳製品はオッケーで、
胃に膜を作って吸収を遅くしてくれるからいいとかあったんですが・・・

乳製品とダイエットの関係で
何か情報をお持ちの方、アドバイスをお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

乳製品肯定派です。



○必要性
#4の回答で述べられているとおりです。特にカルシウム源としての有用性について補足します。

カルシウムは鉄と並んで最も吸収効率が悪い栄養分の一つです。栄養分は水または脂肪に溶解した状態でしか吸収できませんが、カルシウム自体は水に溶けるものの、他の物質と結びついて水に溶けない状態になりやすいからです。この点、乳製品中には、乳化カルシウムという吸収効率の良い状態で存在します。小魚や海藻類などに含まれるカルシウムの2倍の吸収効率があると思って下さい。

カルシウム含有量(可食部100g中)について食品成分表には次のように表示されています。
 牛乳 110mg
 乾燥ひじき 1400mg

数値上はひじきは牛乳の約13倍のカルシウムを含んでいることになります。しかし、実際に摂取することを考えると事情が変わってきます。成人のカルシウム目標摂取量700mgをひとつの食品で満たすことを考えてみましょう。牛乳の場合、吸収効率が高いため300mlで足りるとされています。一方、乾燥ひじきでは50gで足りるのですが、水で戻した時点でどんぶり一杯ほどになってしまいます。コップ一杯半の牛乳とどんぶり一杯のひじき。毎日摂るのにどちらが簡単か解りますよね。

カルシウム以外のミネラルについてもほぼ同じ事が言えます。このように牛乳は食品成分表で表されている以上に、ミネラル源として捨てがたいものがあるのです。


○許容性
次にカロリーについて見てみます。各栄養素の熱量は解りやすくすると次のように表せます。
糖質 4kcal/g
蛋白質 4kcal/g
脂質 9kcal/g
アルコール 5kcal/g

牛乳100mlのカロリーは
糖質 4 x 4.8 = 19.2
蛋白質 4 x 3.3 = 13.2
脂質 9 x 3.8 = 34.2
計 約67kcal
となります。たしかに67kcalというのは、カロリー制限をしている方には無視できない量です。しかし、次の点を考慮する必要があります。

・脂質 ズバリ、他の食品の脂質と同じく、余分なものは体脂肪に変換されます。
・牛乳に含まれる糖質は、ほとんどが乳糖と呼ばれる、非常に吸収しにくい糖質です。かなりの部分が吸収されないまま、微生物に分解されオナラに変わります(オリゴ糖も消化吸収しにくい)。ですから、額面通りの熱量として考慮する必要はありません。
・牛乳や乳製品に限ったことではありませんが、蛋白質はまず第一に生体の蛋白質合成に使われます。熱源が不足する場合や余った場合にのみ熱源となります。従って太る原因にはなりにくいです。
以上、食品成分表の上では67kcalですが、蛋白質・糖質分を割り引いて40kcalぐらいと考えて良いと思います。

以上は牛乳の例ですが、他の乳製品についてもダイエット志向で順位付けしてみます。
1)ヨーグルト
糖質が乳酸に分解されているので、その分カロリーが少ないです。生乳仕立てのものはまろやかで美味しいのですが、これは乳脂肪分が多いからです。原料をチェックし、脱脂粉乳から作られているものを選べば良いでしょう。最近はカスピ海ヨーグルトがはやっていますから、脱脂粉乳や低脂肪乳から自分で作るのもお薦めです。

2)低脂肪乳・脱脂粉乳
脂肪分が少ないですから、その分カロリー少なめです。

3)牛乳

4)チーズ
脂肪分がわりと多いです。ただしモッツァレラやカッテージなどは脂肪分が少ないですから、大丈夫でしょう。

5)生クリーム・アイスクリーム・バター
牛乳の脂肪分を集めたものですから、なるべく避けましょう。

最後に食品成分表へのリンクを張っておきます。

参考URL:http://food.tokyo.jst.go.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変、詳しい解説ありがとうございます。
牛乳のカロリーがとってもよく分かりました。
100mlが40kcalなら、
少しくらいたくさん飲んでも大丈夫な感じですね。
ちょっと嬉しくなりました。

モッツァレラチーズもカロリー低いんですね。
チーズを食べるのも楽しみです。

お礼日時:2003/07/16 18:07

ダイエットと牛乳の関係については、参考URLの


http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=435850
を参考にして下さい。

牛乳のカルシウムについては参考URLの
http://www.mitomo.com/doc/c51.htm
が参考になると思います。
「牛乳に含まれるカルシウムは乳糖と結合して存在していますので、乳糖をある程度しか分解できない日本人は牛乳からカルシウムはほとんど吸収できません」だそうです。

ヨーグルトやチーズは乳糖が分解されているのでカルシウムは吸収できるのですが・・・  http://www.mitomo.com/doc/c49.htm を参照して下さいね。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=435850,http://www.mitomo.com/doc/c51.htm,http://www.mitomo.com/doc/c49.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
白内障!!!
最後のURLはちょっと衝撃的でした。
ヨーグルト食べて長生きしようって定説(?)ですよね。
怖くて、もう、食べられない~

最初のURLも面白かったです。
過去にこんなそのものずばりの質問があったんですね。

参考になりました。

お礼日時:2003/07/16 18:18

こんにちは!


再度のアドバイスをさせて頂きます。
健康診断で「脂肪肝」と出てしまったとの事。
年々、年齢と共に病は罹り易くなり、治りにくくなると思えます。お若い今のうちに、治してしまいましょう!

わたしが前回「断食的な期間」と表現したのは、わたしの場合、完全な断食ではなく、健康食品を使って6日間を過ごしました。これは、決して怪しいものではなく、武田食品工業(恐らく製薬会社関連の食品会社だと思います)から糖尿病食として発売されている製品で、硬いビスケットが8枚で1袋、これが約400calで1食で、1日3回食べ、3日分で8,900円でした。高たんぱく質で、この製品を食べることにより、身体がエネルギーが消費されやすい状況になるそうです。決して美味しいとは言えませんが、とにかく硬いので、8枚全部食べ終わると、お腹の方は結構満足できます。噛む事が如何に大切なことか、よくわかり、そしてよく噛む事が身につきました。わたしは2箱購入し、6日間やってみましたが、その6日間では、2kgしか体重は減りませんでした(個人差は大きいようです)。でも、あの6日間で胃も小さくなり、嗜好も変わりました。石鹸歯磨きを使用している影響も大だと思いますが、物の味がよくわかるのです。そうすると、自然と脂っこいものなどを食べたいと思わなくなります。
わたしは挑戦した事はありませんが、水で溶いて飲むタイプのものより、よほど「食べた」という充実感はあると思います。
「断食」明けに、コンビニのサンドイッチを食べました。
すると、ものすごくしょっぱく感じ、知らず知らずのうちに自分の味覚が麻痺していた事に驚愕しました。
その糖尿病食は決して安価なものではありません。
それに、3日間か6日間か9日間か、集中して続けなければ効果も薄いでしょうし、もったいないです。
そして、わたしが更におすすめしたいのは、「体の冷えを治せばヤセられる!」/石原結實・著 という本です。
難しいことや特別な費用がかかるようなことは無く、食物を陰陽で考え、そして水分の取りすぎなどによる体の冷えを警告しています。
確かに、周りを見ていると、太っている人は早食いで、水分をたくさんとり、それが上手く排出できずにむくみ気味でだるそうな人が多いと感じます。
体を温め、代謝をあげ、新陳代謝を良くするのです。
(ちなみに、陰陽でいうと、牛乳は体を冷やすそうです)

そんな事に気をつけ、糖尿病食の6日間以降、わたしは特別な事をせずに4キロほど減っています。
夏の今は、自然と新陳代謝が活発になる時期で、減量にのぞみやすい時期でもあります。

見た目を細くする為というよりも、健康で美しくなる為に・・・と自分の体験がbubiさんのお役に立てば・・・と思って居ります。

尚、武田食品工業の製品は、医療機関向けとの事で下記の会社で購入し、摂取方法を指導してもらいました。

(有)そうけん
Tel0964-33-3751

大食いで、約30年間、Lサイズや11~13号の服を着ていたわたしが、今はMサイズで9号です。今でも自分でも信じられない感はありますが、リバウンドなしの、その人にあった方法は必ずあるのだと思います。ぜひ、がんばって下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ダイエットは、まさに「食」を見直すことだと私は思います。
以前、ダイエットしたときに、自分がいかにダラダラ物を食べていたのか分かる気がしました。
食事日記を付け始め、アドバイスをお読みしている内に、あの頃のことを思い出しました。
いろいろアドバイス、ありがとうございました。
がんばろうっていう思いが湧いてきました。
私は普通のブティックでは服を買ったことがありません。
Lサイズの店ばっかり・・・
服もそうですが、一番は健康でいるために、がんばろうと思います。

お礼日時:2003/07/16 18:13

毎日毎日それじゃないならばいいのでは?私も結構乳製品取ってますよ。

チーズ星人と呼ばれるほどチーズ好きなので。
でも痩せていってます。女性の場合、結構乳製品が好きな人が多いので、それくらい毎日取ってる人は意外といると思いますよ。

>スライスチーズ1枚、ヨーグルト1個、牛乳2杯
特に構わないんじゃないでしょうか。ただヨーグルトにお砂糖が入ってたりすると、毎日積み重なってまずいでしょうけどね。甘さが欲しいならば無糖ヨーグルトにオリゴ糖などを入れてみては?飲むヨーグルトは市販されてるのはかなり甘いですよね。自分で作るというのもいいですよ。
また私は牛乳は無脂肪乳を飲んでます。低脂肪乳よりもさらにカロリーが低いです。

私の場合、お腹がすいたときに小さいチーズをつまんだりしますよ。丸い飴のようになったチーズありますよね。あれを2,3個。
夜であればカッテージチーズを取ってます。これはいいですよ~!!低脂肪の上においしい!!私は1日中食べてても飽きないんです・・・。

あとは基本的に食事を和食中心にすると必然的に食事で取る乳脂肪分は減らせると思います。朝のトーストをご飯にするとか。そしたらカフェオレも合わなくなるから緑茶とかになって・・・。

>主食や油っぽいものを減らす分、
>私の場合、乳製品をよくとっているのに気づきました。

と言う事なので、逆に言えばきちんと食事を取ってしまった方がかえってバランスが良い食事が出来る気もしますけど・・・。乳製品でもカロリー表示を見ながら食べるといいと思います。
あと食事と一緒に飲むのをお茶にするとか・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。

>逆に言えばきちんと食事を取ってしまった方がかえってバランスが良い食事が出来る気もしますけど・・・。

ごはんを茶碗にかる~く一杯・・・これがなんか寂しい記がしてしまうんです。
あともうちょっとごはんが食べたい。
そんな時に牛乳を飲んでたりしました。

>あと食事と一緒に飲むのをお茶にするとか・・・。
夕飯といっしょに牛乳を取るのはよしました。
今はガムかんでます。口さみしい時はガムに限りますね。

チーズは私も大好きです。カッテージチーズ、今度買ってみようかな。

お礼日時:2003/07/16 18:01

こんにちは。



私はハッキリ「乳製品肯定派」です。
もちろん乳製品にしても炭水化物にしても、脂肪にしても、
摂りすぎはよくないとは思いますが。

ダイエットのときに頭に入れておかなくてはならないことは、
摂取カロリーを落とすことで、体に必要不可欠な栄養まで
摂りそこねていまう、ということです。

そして、人間の体で食物から摂らなくてはならない、
つまり自分の体で合成できない必須の成分は

ズバリ、

・「タンパク質」
・「ビタミン」
・「ミネラル」

です。これらは欠乏するととたんに体調を崩します。

そこで乳製品。

参考URLをご覧ください。
乳製品がいかにこれらを満たしているかがわかるでしょう。

プラス、サプリメントでマルチビタミンを加えると
さらにいいと思います。

参考URL:http://jdc.lin.go.jp/milk_i2/seibun-hyou/

この回答への補足

回答ありがとうございます。
乳製品て身体にいいし、おいしいので
とることにはなんの疑問もありません。

問題は、回答にも書いていただいてるとおり
取りすぎかどうかということなんですが、
質問に書いたような毎食乳製品を取るような生活では
ダイエットにはならないでしょうか。(^^;)

補足日時:2003/07/11 17:44
    • good
    • 0

乳製品には乳脂肪が含まれています。


市販のプレーンヨーグルトは脱脂乳で作られている事が多いので、脂肪・カロリーともに低いですが、その他の乳製品は意外とカロリーが有ります。
牛乳コップ1杯、200mlで120kcl
スライスチーズ1枚10gで35kcl
カップヨーグルト1個100gで85kcl

乳製品の長所はカルシウムが豊富に含まれている事。豆乳では代用出来ません。
ダイエット中はカルシウム不足に陥り易いので、なるべく積極的に摂りたい栄養素です。
成人女性の1日のカルシウムの必要量は600mg、コップ1杯の牛乳に含まれる量は200mgです。

食べ方として注意すべき点は、朝食のチーズトーストは控える。
飲むヨーグルトは無糖のものを。
カップヨーグルトも砂糖が入っているので、食べるならプレーンヨーグルトに。
牛乳のカロリーが気になるなら低脂肪乳に替える。

低脂肪乳はカルシウムを強化してあるので、1日300mlで牛乳400mlに相当します。これだと240kcl→150kclにダウンできます。
見た目はまずそうですが、味は普通乳とそれ程変わりませんのでお勧めです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
低脂肪乳! 
低インシュリンダイエットの本を読む前は
カロリーを気にして低脂肪乳にしてました。
低インシュリンダイエットでは「牛乳ならどっちも同じ」と書いてあったので
「同じなら牛乳でいいや」と・・・
なんかやっぱりおいしい気がするもので。(^^;)

やっぱりダイエットって最後はカロリーですかね。
くそー、低インシュリンダイエットの嘘つき~!(笑)

お礼日時:2003/07/11 17:42

乳製品はスナック菓子よりは体によいとは思いますが、


ダイエットには取り過ぎかもしれませんねー。
一日の大人の必要な乳製品は、ある本からの引用によると
牛乳コップ1パイとチーズ1かけ。
となると朝昼晩食べてるみたいですから多いと思います。

カルシウム不足を気にするのなら、他の食品からでも
充分とれます。お魚とか小松菜とか。

おなかが減っちゃうならご飯をたくさん食べたほうが
腹持ちもよく、重量の割にカロリーは低いです。
乳製品はあっという間に食べてしまってカロリーは
高いですよねー。

私は低インシュリンはあまり効果なかったです・・・。
(効果あった人のお話聞きたい!)

私は母乳をあげているのですが、
こどもが牛乳アレルギーで、母乳からも牛乳アレルゲンを摂取してしまうため、
乳製品をほとんど食べていません。
それまでは乳製品大好きな私だったので、
辛かったんですが、かなり痩せました。
(母乳をあげてるせいもあるけれど)
なぜか長年悩んでいた便秘も解消。
良かれと思って食べていた乳製品ですが、
実は私には合わなかったのかも・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
ごはん、私も大好きです!でも・・・
食生活改善の第一歩はやはり主食の炭水化物を減らすこと、らしいです。
低インシュリンダイエットの本を読んでからは麦ごはんにしてますけど、だから体重が減ったということはないみたい。
今ではあまり話題にならないので、そんなもんなのかもしれませんね。
でも普通の白米を食べるよりは栄養価も高いし、いいかなと思って、それは今でも続けてます。

お礼日時:2003/07/11 14:43

こんにちは!



乳製品に関しては、以前から、ダイエットを含む健康問題上で諸説あります。肯定的見解と、否定的見解と、中間派と。
いずれにしても、bubiさんが、食べたい・飲みたいと思うのでしたら、気にせずに摂取すべきだと思います。
何故なら、bubiさんの身体が乳製品を欲しているからです。
昨年の秋から8~9kg減量したわたしが思うのは、では、果して本当にbubiさんの身体がそれを欲しているのか?習慣的な感覚で摂取してしまっているのではないか?という事です。それを知るには、五感を研ぎ澄ませる事が大切だと思うのです。
現代の人間の生活は、感性を鈍らせよう鈍らせようと働く方向にあります。例えば、砂糖とは想像もつかないような食品に、口当たりを良くし売上を伸ばす為に砂糖を添加しています。ビールなどがその一例です。
ダイエットの成功に必要なのは、体質や嗜好を変える事だと思います。食べ物の本来の味がわかり、嗜好が変わってくるのです。本来大食いのわたしもずいぶん小食になりました。味覚を健全に保つ為には、石鹸歯磨がおすすめです。「石鹸歯磨き」や、舌の味覚を感じる部分の「味蕾(みらい)」「味覚」などで検索してみて下さい。
そして何より、なるべく硬い物を選んでよく噛む習慣を身につけて下さい。簡単な断食的な期間をもつことも有効です。わたしはこれだけで、胃も小さくなり、嗜好も変わりました。きちんと食事はしていますが、不思議と、体重は緩やかに減る傾向にあり、リバウンドはしなくなりました。あとは、体を冷やさないようにしています。
bubiさんが、今、どの程度の減量が必要な方なのかわかりませんが、身体が軽くなると本当に楽です。思考も変わってきます。ダイエット、成功するといいですね。
「乳製品とダイエット」の線からずいぶんはずれてしまいましたが、とにかく緩やかに気長にやって下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
8キロから9キロの減量実績あり!
すごいですね~うらやましいです。

石けん歯磨きは初めて聞きました。
調べてみようと思います。

私の体は、ダイエットがとっても必要です(^^;)
健康診断の超音波検査で「脂肪肝」と出てしまい
コレステロールも242あって
今までも結構ダイエットに挑戦してはリバウンドしてきましたが(おいおい)
今回はかなり切実になってきていまいました。

断食も本を見てやってみたことあるんですが
周囲に「やめた方がいい」と言われまして・・・(^^;)
気分が暗くなって、食べ物のことしか考えられなくなってしまい、ちょっと「拒食症」になる人の気持ちが分かる感じ・・・

以前、ダイエットして10キロ減らしたことがあったんですが、
その時は外で物を食べると気持ちが悪くなるくせがついてしまい、
治るまで散々苦労した経験があるので
あまり無理はしたくないと今でも思います。

>bubiさんが、食べたい・飲みたいと思うのでしたら、気にせずに摂取すべきだと思います。

嬉しい言葉です。
本当に身体が欲しているのか注意しながら焦らずにダイエットしたいと思います。

お礼日時:2003/07/11 14:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング