糖が脱水するとフルフラールまたはヒドロキシメチルフラールになるというのですが、糖の種類はたくさんありますよね?すると、出来るフルフラールの種類もそれに応じてたくさんあると言うことですか?教えてください。。。。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

反応条件によって生成物が異なるのかもしれませんが、以下の参考URLは参考になりますでしょうか?


「木材の石油化学原料転換を目的とした希土類金属を含む機能性触媒の分子設計」

このページで図5の下の文章が参考になるかもしれませんが・・・?

ご参考まで。

参考URL:http://www.fitc.pref.fukuoka.jp/kenpo/h8/h8-18.htm
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qガスクロで数種類混合有機溶媒(IPA、NPA、メタノール、エタノール)

ガスクロで数種類混合有機溶媒(IPA、NPA、メタノール、エタノール)を分析したいのですが、
検体に水が入っていると、ガスクロに良くないと聞いたのですが、理由はなぜなんでしょう?
また、どの程度水分が含有されているとまずいのでしょうか?

カラムはSE-30を使おうと思います。

どなたかわかる方、お教えください。

Aベストアンサー

1)ガスクロにも色々なDetector があり多分あなたの使用するガスクロのdetectorはFID (Flame Ionisation Detector)でしょう。
2)水分はDetectorFIDにはかからないので、定量できないのです。
3) FID は有機物のガス分析の定量に適しています。
4)水分が比較的多くある場合、-OH, -COOH グループなどとの水和が起こり、低温部での分析ではシャープなピークが得られにくく、テーリング等で、定量分析が難しくなります。
5)Detectorの違うガスクロを使用すると、TCD (Termal Conductance Detector) 等で水分の定量も出来るでしょうが、定量するには、known samples でその定量適正を前もって調べておく必要があり時間をかけないと
6)水分量は10-20%位は測定できましょうが、いずれにしても時間をかけて、known samples で 水分を調整したのを分析するとDetector と カラムと温度条件、等で、ガスクロ分析をoptimize 出来ます。
7)ガスクロの定量分析は周到に用意して。

1)ガスクロにも色々なDetector があり多分あなたの使用するガスクロのdetectorはFID (Flame Ionisation Detector)でしょう。
2)水分はDetectorFIDにはかからないので、定量できないのです。
3) FID は有機物のガス分析の定量に適しています。
4)水分が比較的多くある場合、-OH, -COOH グループなどとの水和が起こり、低温部での分析ではシャープなピークが得られにくく、テーリング等で、定量分析が難しくなります。
5)Detectorの違うガスクロを使用すると、TCD (Termal Conductance Detector) 等で水分の...続きを読む

Qモーリッシュ反応とフェーリング反応について

 実験で出された問題なのですが、わからないので教えてください。お願いします。
 (1)モーリッシュ反応でショ糖は反応するが、フェーリング反応では反応しない理由。
 (2)フェーリング反応の赤色成分は?

Aベストアンサー

 下記のページをよく見て,各反応を行なうにはどの様な官能基が必要か,その官能基は反応条件下で存在するか,をお考え下さい。特に,モーリッシュ反応での濃硫酸の存在に注意。

 ◎ 糖質の呈色反応 (↓1番目)
  「モーリッシュ反応」

 ◎ 独学のための有機化学 (↓2番目)
  「還元力検出反応」の「フェーリング反応」
  「糖」の「二糖類」の「ショ糖」

 参考までに。

参考URL:http://www.d7.dion.ne.jp/~y_takeo/jikken/kenkyu9.htm, http://www.geocities.com/yoshihitoshigihara/y_ch.htm

Qjava -verbose:gcの見方について

お世話になります。
java -verbose:ge クラス名
で実行したところ
[GC 511K->372K(960K), 0.0297021 secs]
[GC 849K->829K(1344K), 0.0320455 secs]
[Full GC 829K->829K(1344K), 0.0650338 secs]
[GC 1277K->1237K(1852K), 0.0499598 secs]
[GC 1749K->1749K(2272K), 0.0198444 secs]
[Full GC 1749K->1749K(2272K), 0.0806215 secs]
のような結果を得ましたが、
これはどのようにみればよいのかがわかりません。

見方もしくは解説があるサイトを教えていただけますか?

Aベストアンサー

FullGCはJavaVMが確保しているメモリ空間全てに対して
開放できるメモリがないか調査します。
一般的に処理時間が多くかかる傾向にあります。

それに対しGCは一部分(世代管理されていれば新世代だけといったもの)
に対してメモリチェックを行います。
細かいことは各種JavaVMでのGCの実装によって違うので
はっきりとはいえません。

ちなみにFullGCはSystem.gc()を使って意図的に発生させることができます。

メモリ変化がない場合は文字通りGCを行っても
メモリを開放できる部分が無かったことを表します。
既にメモリ開放された状態で意図的にSystem.gc()を使い
FullGCを発生させてもメモリ変化がないケースがあるといえます。

質問の例では、なぜそのような現象が起こるかは
別途調査が必要かもしれませんが、ただ単にJavaVMの
GCアルゴリズムが良くないのかもしれません。

Qバーフォード反応について

 バーフォード反応を行うとなぜ二糖類は単糖類よりも遅れて反応するのですか?本には『反応が弱いため』としか記述がなくて困っています。教えてください。

Aベストアンサー

二糖類、例えばしょ糖などは、そのままでは還元性がありません。
(単糖同士を繋ぐ炭素が還元性の元となる部位でもあり、そこが切れた状態でないと直鎖型の構造となって、還元性の元となるアルデヒド基の形にならない)

バーフォード反応では酸性下で加熱した状態で銅(II)イオンを作用させるため、二糖類の加水分解が起こります。
この結果、単糖同士を結合していた部位もアルデヒド基の形をとれるようになり、還元性を示せるようになるわけです。

つまり、二糖類は「二糖類の加水分解→単糖類」という段階を経てから銅(II)イオンと反応するため、即座に反応を始められる単糖類に比べると、反応が遅い、ということになります。

QPAGEとSDS-PAGEの違いについて

PAGEの一種がSDS-PAGEであることは分かるのですが、
PAGEの方はアクリルアミドとN,Nーメチレンビスアクリルアミドだけを使い、SDS-PAGEの方は、そのアクリルアミドとN,Nーメチレンビスアクリルアミドに加えて、さらに界面活性剤のSDS(=ドデシル硫酸ナトリウム)を使うのですか?
PAGEとSDS-PAGEの違いがよく分からないので、教えてくださいませんか?大学一年生によく分かるように教えてくれませんか?

Aベストアンサー

 私、今その実験をしているものですが、界面活性剤としてSDSを使うのが、SDS-PAGE、それを使わないのが普通のPAGEです。
 SDS-PAGEは主にタンパク質の分子量を測るわけですが、タンパク質自体に電荷があり、分子量が大きいものほど電荷が大きいのです。その電荷の違いを中和するために、ゲルの方にSDSを入れます。
 一方、タンパク質側にも入れますが、これは、タンパク質を変性させます。
 詳しくは、参考URLのWikipediaでどうぞ。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/SDS-PAGE

Q吸光度の単位

吸光度の単位は何でしょうか!?
一般的には単位はつけていないように思われるのですが。。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

物理的には、No.1さんも書かれているように吸光度も透過度も基本的に同じ単位系の物理量どうしの「比」なので「無単位」です。しかし、無名数では他の物理量、特に透過度と区別が付かないので、透過度は"透過率"として「%」を付けて表し、"吸光度"は「Abs(アブス)」を付けて呼ぶのが業界(分析機器工業会?)のならわしです。

Qなぜ横浜モバゲーベイスターズにしなかったのか

ベイスターズがTBSからモバゲーを運営しているDeNAに親会社が移ったわけですがチーム名が「横浜DeNAベイスターズ」というのがなんか頂けないなと思います。まだまだ「DeNAって何?」って思う方々がいると思いますしね。なぜ社名を「モバゲー」に改称し「横浜モバゲーベイスターズ」にしなかったのでしょうか?

Aベストアンサー

ナベツネが「社名をあわてて 『モバゲー』と名前を変えて、球団を持てばいいだろうと考えるのは絶対の間違い。 企業の売名という条項にバッチリぶつかるんだよ。」と発言したことで、これに同調する球団が出てきたためです。このままではオーナー会議で承認されず参入すらできなくなるからモバゲーにできなかったのです。

「条項」とは野球協約32条に基づく非公開の内規で、ナベツネがいうには「球団経営の努力をしないまま、 売名行為のためにその球団を買おうとする場合、加盟を許さないということ」「そういう小細工でやったらね、なんとかラーメンとか、なんとかあんパンとか いう名前で、なんでも登録できることになっちゃうんだよ、商品名で」といったそうで。売名というより商品宣伝といったとも言われていますが。

要は今年の6月に社名変更しても後付はダメよということで、とりあえず今年はDeNAでいくそうですが、DeNAは近い将来社名変更する可能性(早ければ最初に言ってた6月?)もあるので、仮に変更したらその次の年から球団名も、ということも考えているかもしれませんね。しかし社名を変更するには結構大変で、広告などお金も莫大にかかるのでやるかはまだわかりませんね、

ナベツネが「社名をあわてて 『モバゲー』と名前を変えて、球団を持てばいいだろうと考えるのは絶対の間違い。 企業の売名という条項にバッチリぶつかるんだよ。」と発言したことで、これに同調する球団が出てきたためです。このままではオーナー会議で承認されず参入すらできなくなるからモバゲーにできなかったのです。

「条項」とは野球協約32条に基づく非公開の内規で、ナベツネがいうには「球団経営の努力をしないまま、 売名行為のためにその球団を買おうとする場合、加盟を許さないということ」「そうい...続きを読む

Qジフェニルアミンの糖の定量

ジフェニルアミン反応を、ネットや、参考書を用いて調べてみたところ、『DNAまたは、デオキシペントースに対して、青色を呈する。』と言う記述が殆どでした。

では、糖に対して、この反応は、どのような作用があるのでしょうか?

ジフェニルアミン反応の別の表記では、硝酸イオン、亜硝酸イオンの有名な検出法とも書かれていましたが。。
これは、糖の定量に関係あるのでしょうか?

以上の質問の回答宜しくお願いします。

実験内容↓↓
【ジフェニルアミンをエタノールに溶解し、糖溶液(グルコース・フルクト-ス)に加えて、さらに、濃塩酸を加え、加熱しました。】

Aベストアンサー

関係のありそうな質問が既出ですので、参考URLをご覧下さい。

なお、硝酸イオン、亜硝酸イオン云々は別の話だと思います。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1484148

QDNAの電気泳動用バッファーについて

DNAの電気泳動をする時にTAEバッファーとTBEバッファーが良く用いられると聞きましたが、どうやって使い分ければ良いのでしょうか?
ホウ酸が入っているためにTBEの方が緩衝能が強い、TBEの方がシャープなバンドとなる、大きいバンドを見たいときにはTAEの方が良い、とか言われますが理由が良くわかりません。
また、EDTAは何のために入っているのでしょうか?

Aベストアンサー

プラスミドやPCRプロダクトを見るにはほとんど一緒だとおもいます。
ただ、PAGEで数ベースぐらいのさを見る時はTBEを使うのが通常です。

TBEの方が緩衝能が強いというのも確かで、何回か使い回しができます。TAEでも何回か使い回しができますが、回数的にはTBEのほうが有利でしょう。

ホウ酸は環境にあまりよくないかもしれないという観点から避けている人もいるようです。

昔のゲルからDNAを抽出するキットはTBEと相性がわるいものが結構ありました。そういう意味でTAEを使う人もいるかと思います。

EDTAはMg++などを除くためですMg++などはDNAとコンプレックスを作る可能せいがありますので、構造を変化させ移動度を変化させる可能せいがあります。あとDNaseの活性をブロックするという役割もあると思います。
さすがにパルスフィールドになるとバッファーについて語る知識はありません。

Q教えてください。

バーフォード反応について教えてください。また、セリウノフ反応・アンストロン反応についても教えていただきたいです。

Aベストアンサー

1.Barfoed反応;単糖類の検出方法(すでに回答があったので略)
2.Seliwanoff反応;ケト-スの呈色反応 レソルシノ-ル、チオ尿素、酢酸、塩酸などと80℃で加熱すると赤紫色になる。S.S.Cohen:J.Biol.Chem,201,71(1953)
3.Anthrone反応;アンストロンとはいわないでしょう。アンスロン又はアントロンのようです。1と2は人名反応ですが、アントロンは試薬の名称です。
JIS K8082にはグルコ-ス分析適合性という項目名で発色の操作方法の記載があります。糖の定性及び定量に使われます。MERCK INDEX13th 696に試薬の詳細についての記載があります。

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報