ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

カバラの生命の樹について教えて下さい。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%9F%E5%91%BD% …
ウィキに生命の樹についての説明があります。

【3つの柱】のところに、
ビナー、ゲブラー、ホドからなる左の柱は峻厳の柱と呼ばれる。
コクマー、ケセド、ネツァクからなる右の柱は慈悲の柱と呼ばれる。
ケテル、ティファレト、イェソド、マルクトからなる中央の柱は均衡の柱と呼ばれる。

とあります。

図を見れば、向かって左手にビナー、ゲブラー、ホド
向かって右手にコクマー、ケセド、ネツァク
があります。

神は我々に対面する形で立っておられるのでしょうか。
ということは、神の側から見れば左手が慈悲の柱
右手が峻厳の柱だと考えてよろしいですか。

※ご自身の考えではなく、カバラとしてはどう見るのかということで
回答をお願いします。

A 回答 (1件)

右の柱が慈悲で左の柱が峻厳ですが、合わせ鏡なので読むときは対面としる状態なので、イエスが神の右手に立っていたとあるように、右側が峻厳です。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
右側が峻厳なのですね。たすかりました~。
質問とは関係ないですがネコの耳、かわいいですね♪

お礼日時:2010/06/23 18:49

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す


人気Q&Aランキング