BOD、CODをそれぞれJISK0102 21 JISK0102 17に従って行いました。
その結果、未知試料のBOD値は167.0mg/l、COD値60.44mg/lになりました。
すべての有機物が分解されていれば、BOD値とCOD値はほぼ同一の値になるはずなんですがずいぶん差があります、
理由として、BODでは微生物が分解しにくい物(5日間ではすべて分解できない)、CODでは過マンガン酸カリウムが
酸化しにくい、もしくは出来ないものがあると睨みました、それらの物質を教えてください、もしくはこれ以外に値が
変わってしまった理由があればあしえてください。 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

そもそもBODとCODを比べる事自体愚問ですね、CODは酸化剤による有機物を分解するのに必要な酸素の消費量ですが、BODは生物が有機物を全部分解するのに必要とする酸素の消費量でないですしあくまでも5日間ですね、それと微生物は有機物を分解する時のみ酸素を消費するのではなく生存・運動する時も酸素を消費します、ある共通の資料ならBODとCODは相関はありますが、絶対に同じになることはありえません絶対に



一般的には資料のBODの値が予想つかない場合はCODを先に測定して資料によっても違いますがCODの2~3倍程度と予想をつけて測定が失敗しないようにします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁重な意見有り難うございました。
より、正確な汚染度を調べるとしたら、やっぱりCODの方が良いという事なんですか?

お礼日時:2003/07/11 20:48

こんにちは


BODやCODは有機物の量を測定するための分析項目で、各種の複雑な有機物を酸化剤や生物反応をもちいて相対的に把握する指標です。この様に簡単な測定方法で、有機物量(汚れの程度)をを表すことが測定の目的です。
皆さんが書いているように、絶対的な測定をしている訳ではないので、あまり考察することは出来ません。
一般的にCODの測定では有機酸は酸化できない事が多いようで、糖類やアルコールは有機酸にまで酸化されますがCO2までは酸化できないようです。
多分、有機酸が多く含まれる水だと想像しています。
(臭いを嗅ぐと判ります)
処理されていない汚水などではCOD:BODは2.5倍位が多いような気がしています。
グルタミン-グルコースはBODの標準液として使われており、植種液の妥当性を判断するのに用いる物質です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

分かりやすい文章、有り難うございます。
グルタミン-グルコースはBODの標準液として使われているのですね。
しかし、CODやTOCについても測定したのは何故ですか?

お礼日時:2003/07/12 10:17

BOD,CODから「未知試料」の混入しているであろうぶしつを推定すること自体が無意味。


エーテルちゅうしつ.ガスマス打って同定。
もし.IG(だったかな)で熱分解するような不安定な場合には.カラクロで濃縮.赤外できを推定して.適当に切って.ガスマス。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

未知試料の測定には向かないのですね。
有り難うございました。

お礼日時:2003/07/12 08:57

「未知試料を調べるにはどっちが向いていると考えますか?」どっちも向いていません


未知試料ををどうするか、もとはどうなるかによって違うと思います。

全成分分析でもしないとなんとも分かりません
BODやCODだけで分かろうとするのには無理があると思います
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ながながと、ごめんなさい。
ずいぶんと分かってきました。
最後に、未知試料と共にグルコースーグルタミン酸混合標準液のCOD、BOD、TOCをはかりましたが、これについて教えてください。
よろしくお願いします。

お礼日時:2003/07/11 23:39

「正確な汚染度を調べるとしたら」汚染度といってもいろいろで有機物汚染だけのことでしょうか?未知試料?



生物的な汚染や法律的な基準がBODならBODを測定
資料は採取先の状況によりBODが測定不能な場合があり比べることができない場合はCODを測定と云うことになると思います。

BODやCODは安定的なものでないので統一するのならTOCで炭素を測定する方法がよりいいと思いますが法的基準がないのであま実施しているところは少ないとは思います
    • good
    • 0
この回答へのお礼

度々、スイマセンでした。
未知試料を調べるにはどっちが向いていると考えますか?

お礼日時:2003/07/11 21:09

ベンゼン環やピリジン環は普通土壌中には存在しません。

あるとしたら、工場それも薬品関係。
有機物に関しては5日間で微生物が分解はかなり進みます。アンモニア性窒素などが、なかなか酸化することができなかったという記述を見た記憶があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有り難うございます。
アンモニア性窒素はどういった水に含まれているんですか?
また、何故アンモニア性窒素は酸化しにくいのかわかるとうれしいのですが。

お礼日時:2003/07/11 21:11

以前同様の仕事をしていましたが、経験則では下水ではBOD値はCOD値の2~3倍ぐらいになってました。


これは、私はBODは、微生物の呼吸があるためだと考えています。
ちなみに、比較的きれいな水の場合、COD値のほうが高くなります。これは、試料中の共存物質の影響だと思います。
KMnO4が分解できない物質の例として、ベンゼン環、ピリジン環などでしょう。

この回答への補足

回答有り難うございます。
補足として、ベンゼン環やピリジン環は土壌抽出液中にふくまれていますか?
無いとしたら、どのような水に含まれていると考えられますか?
それと、微生物が分解するのに、5日間では足りない物質について教えてください。

補足日時:2003/07/11 20:34
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QCODとBOD

海水や淡水の汚染指標として用いられるCODとBODって何ですか?またその2つの違いは何ですか?教えてください。

Aベストアンサー

簡単に説明します。だいたいご理解いただけたら、詳細はまた調べてみてください(ネット上にたくさん情報はあります)

COD - 化学的酸素要求量
BOD - 生物化学的酸素要求量

ともに水質の「汚れ」を表す基準として使われます。
では、「汚れ」とは何かと言えば、いわゆる有機物が該当します。
有機物は酸素と結合すると、水や二酸化炭素になって、汚れではなくなります。
つまり、汚れを浄化するのにどれだけの酸素が必要か、これを調べることで、
汚れの量を把握しているわけです。

****

さて、CODとBODの違いです。
CODは汚れの成分をあくまで化学的に捉え、必要な酸素量を算定するものです。
酸素を消費する無機質も数値に入ってくる場合があります。

一方のBOD。実際に水を浄化するのは、水の中の微生物です。
この微生物が汚れを浄化するのに使う酸素を計るのがBODです。

一般に、BODは河川で使われ、CODは湖沼で使われます。
また、BODとCODの値が近いときは微生物による処理がしやすく、
BODが小さくCODが大きいときは微生物による処理が困難ということもわかります。

簡単に説明します。だいたいご理解いただけたら、詳細はまた調べてみてください(ネット上にたくさん情報はあります)

COD - 化学的酸素要求量
BOD - 生物化学的酸素要求量

ともに水質の「汚れ」を表す基準として使われます。
では、「汚れ」とは何かと言えば、いわゆる有機物が該当します。
有機物は酸素と結合すると、水や二酸化炭素になって、汚れではなくなります。
つまり、汚れを浄化するのにどれだけの酸素が必要か、これを調べることで、
汚れの量を把握しているわけです。

****

さて、CO...続きを読む

QBODについて

こんにちは

BODについて教えてください。今、職場でクリーナー(洗剤)のBODを測ろうとしています。このクリーナーは、原液では、PH13以上です。予想としては、50000ぐらいのBOD値です。この中に、どうも、殺菌剤が入っているようなのです。1000倍ぐらいに希釈して測定しようとしているのですが、PHは緩衝液で何とかなるのでしょうか? また、殺菌剤はこの状況では影響するのでしょうか?私は、殺菌剤の含有量のデーターは持っていません。一般的に、洗剤(床等の・・・)の殺菌剤は、BOD測定に影響するものなのでしょうか?

また、微生物電極法バイオセンサを利用したBODs測定装置もあるのですが、これではどうなのでしょうか?どちらの方法でも、少しでも分かるかた、教えてください。よろしくお願いいたします。 m(__)m

Aベストアンサー

こんにちは
他の方が詳しく書き込まれていますので若干補足します。
PHが13もあれば中和してから分析するべきです。
問題は殺菌剤の成分です。
一般的な塩素などの酸化性物質であれば亜硫酸ナトリウムの必要量を加えて還元することにより分析できます。
それ以外の化学物質による殺菌剤であれば、馴化した微生物にによる植種を行って分析するべきです。
恐らく予想BODからすると相当希釈されるため問題ないものと思いますが。
メーカーの方でしょうから想像できますよね。
何れにしても植種は不可欠です。
最近、植種のseedも販売されるようになりましたが、下水道の暴気槽の水が良いでしょうね。
BODの計算がややこしいですがK0102を良く読んで下さい。
バイオセンサーは一つの簡略法です。BODの定義からすれば、手分析で行うべきです。

Q硝酸銀添加の意味は?

大学レベルの学生実験でのことなのですが、お願いしたいです。
Al、Mn混合試料を水酸化ナトリウムで加熱溶解させてそこに濃硫酸を加え
さらに過硫酸アンモニウム溶液および硝酸銀溶液を加え
Mn2+をMnO4-にした上で吸光光度法によってMn含量を測定しました。
このときにMn2+をMnO4-にするため過硫酸アンモニウムを加えたのだとは思うのですが
その後で加えた硝酸銀の意図が恥ずかしながらわからないのです。
どのような意図で加えたのか、溶液中の何と反応させたのか教唆いただければ幸いです。

Aベストアンサー

酸化の触媒です。
Ag+が過硫酸塩で過酸化銀Ag2O2まで酸化され、Ag2O2がMn2+をMnO4-まで酸化し、Ag+に戻るというサイクルを繰り返すようです。
定性分析の教科書等に載っていると思います。

QBODとCODの違いは・・・?

BODとCODについてはそれなりに分かったんですが,なぜ,河川はBODを使用し,海や湖はCODを使うのですか?また,例えば,同じ水を検査して,両方の値を比べるとその値は一致するのですか?

Aベストアンサー

法令では河川の水質の基準はBODで規定されていて、海域や湖沼の基準はCODで規定されている訳ですが、「なぜ」そうなっているかと言う理由に付いては前の2人の回答の他にも、もっともらしい理由は多々聞いています。でもその中でもっとも説得力の有ったのは、旧環境庁の旧環境研修所の研修で聞いた話でした。それは「法律で水質基準を決める時に、それまで河川ではBODで測定したデータが多く、海域や湖沼ではCODで測定したデータが多かった。それで水質基準が決められたため、測定方法もそれに合わせた」という話でした。
それから次のBODとCODの測定値の違いですが、ピタリ一致ということは有りませんが、実測してみると測定原理の違いにもかかわらず20%程度の違いに収まることが多いように思われます。但し、これには条件があります。CODの測定方法が「国内標準」の「過マンガン産カリウムによる酸化法」を用いることです。この方法は酸化力がマイルドなのでBODに近い測定値が出るようです。
CODの測定方法として「国際標準」と言われている「重クロム酸法」(六価クロムや水銀等の有害物質を多量に使う方法。私は自分でやったことはない。)を用いると、酸化力がとても強いため、測定値はBODよりもかなり高くなるものと考えられます。

法令では河川の水質の基準はBODで規定されていて、海域や湖沼の基準はCODで規定されている訳ですが、「なぜ」そうなっているかと言う理由に付いては前の2人の回答の他にも、もっともらしい理由は多々聞いています。でもその中でもっとも説得力の有ったのは、旧環境庁の旧環境研修所の研修で聞いた話でした。それは「法律で水質基準を決める時に、それまで河川ではBODで測定したデータが多く、海域や湖沼ではCODで測定したデータが多かった。それで水質基準が決められたため、測定方法もそれに合わせた...続きを読む

QCOD測定法について

 過マンガン酸カリウムによるCOD測定を行っています。操作はJISとおなじです。測定を行っていて操作に疑問に思うところがあったので質問します。

 硝酸銀溶液を加えることについてですが、塩素の妨害を防ぐとありましたが、塩素が含まれている場合の滴定量は増えるのでしょうか?

 試料に塩素がどれくらい含まれていて、どれだけの硝酸銀を加えればいいかはどのようにして判断すればいいのでしょうか?(5mlを超えて過剰に加える場合)

 過マンガン酸カリウムを加えたあと、よく振り混ぜるのを忘れていて操作を進め、シュウ酸ナトリウム溶液を加えたとき沈殿が発生してしまいました。硝酸銀とシュウ酸ナトリウムが反応したようですが、なぜ過マンガン酸カリウムを加えて混ぜるとシュウ酸ナトリウムと反応しなくなるのでしょうか?

Aベストアンサー

COD測定時において投入すべき硝酸銀の量は、当量分+1gと規定されていますが、当量分を簡単に測定する方法については示されていません。JISの解説には当量の硝酸銀を加えると沈殿が生じるので当量点を判断できるとありますが、塩素イオン濃度が極端に低い場合には、沈殿が生じません。また、懸濁物質の多いサンプルでは沈殿の識別ができません。
私は、簡単に塩素イオン濃度を求める方法として、サンプル水の導電率を測定し、同じ導電率の食塩水として塩素イオン濃度を求めています。この方法はOH-以外の陰イオンは全て塩素イオンとして計算してしまうので、実際の塩素イオン量よりは若干過剰になりますが、今のところ、おかしな測定結果はでていません。
エクセルなどの表計算ソフトに登録しておくと、簡単に当量分+1gの硝酸銀量を計算することができます。

QBOD測定の希釈倍率教えてください。

下記の問題がよくわかりません。
やさしい回答をお願い致します。

COD300mg/lの排水のBOD値は同じく300mg/lであった。
これと同種類のCODを測定したところ200mg/lであった。
この排水のBODを測定する場合の希釈倍数の範囲はどれか?

(1)5~10 (2)10~20 (3)20~30 (4)50~100 (5)70~125 正解は(5)

問題の解説には、
正しいBODを得るための培養前後の溶存酸素は3.5~6.2になるとありますが、
そこが、どうしてなのかよくわかりません。
これにBOD値200mg/lを代入して70~125を選ぶ。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

どんな分析もその結果は分析方法によって変わる。したがって、分析方法を一定にしておかないと結果の比較ができない。それで、公定法としてJIS K0102などで分析方法が決められている。とくにBODは分析方法による変動が大きいので、その方法をきちんと守る必要がある。
「正しいBODを得るための培養前後の溶存酸素は3.5~6.2になるとありますが、
そこが、どうしてなのかよくわかりません。」
わかるわからないの話ではなくて、たとえばJIS K0102でそのように決められているのです。そうしないと分析結果が公定法によるものとは認められず、他の水域の分析結果との比較や、規制のデータになりません。

JIS K0102 BOD 抜粋
試料の採取量
BODの試験で最も重要なことは、試料を希釈水または植種希釈水を用いて適当な希釈倍数で希釈して希釈試料を調整することである。希釈試料は20℃で5日間培養する間に、最初の希釈試料に含まれていた溶存酸素量の40~70%が消費されるように希釈したものが、もっとも正常に好気性の微生物の育成を促し、十分に酸化分解された結果を示す。したがって、BODの試験では,同一の試料について段階的に希釈倍率が異なる数種類の希釈試料を調整し,培養前及び5日間培養後の溶存酸素量(D1、D2)を測定し,(D1-D2)×100/D1が20℃の飽和溶存酸素量(8.84mgO/l)の40~70%(3.5~6.2 mgO/l)範囲内(この条件の中央値付近になるのが最も望ましい。)にある希釈試料の結果を用いてBOD値を算出する。
試料のBOD値が予想できれば、この関係に基づいて、採取する試料の量V(ml)
は下記の式によって求めることができる。なお最終液量は1lとする。

V=(3.5~6.2)×1000/試料のBOD予想値(mgO/l)

ということで、3.5~6.2はいいと思うが、「正解」はいいのかな。

どんな分析もその結果は分析方法によって変わる。したがって、分析方法を一定にしておかないと結果の比較ができない。それで、公定法としてJIS K0102などで分析方法が決められている。とくにBODは分析方法による変動が大きいので、その方法をきちんと守る必要がある。
「正しいBODを得るための培養前後の溶存酸素は3.5~6.2になるとありますが、
そこが、どうしてなのかよくわかりません。」
わかるわからないの話ではなくて、たとえばJIS K0102でそのように決められているのです。そうしないと分析結果が公...続きを読む

Qキレート剤とは?。

キレート剤とはどのようなものなのでしょうか?。
そしてどのようなところに利用されているのでしょうか?。
教えてください。

Aベストアンサー

無電解銅めっき液に関して、キレート剤が関与するのは、銅イオンの可溶化、溶解生の安定化が大きな作用と思います。通常、無電解銅めっき液は、アルカリ性であるため、銅イオンは容易に水酸化物となって沈殿してしまい、めっき液が成立しません。そのため、EDTA(エチレンジアミン四酢酸のナトリウム塩)や、クエン酸、酒石酸などのオキシカルボン酸塩(ナトリウム塩など)を配合して、めっき液を調製します。このままでは、金属が析出しないため、ホルマリンや次亜燐酸塩などの還元剤を使用して金属を析出させます。
また、アンモニアは、銅イオンと容易に結合し「銅アンモニア錯イオン」を作り、めっき液に重要なファクターとなっています。アンモニアは、キレート剤、pH緩衝剤の両者に有効に働いていると思います。
キレート剤には、広い意味があるため一言での説明は難しいです。
一般的には、可溶化、安定化作用を利用して、溶液の調製に使用されますが、ある種の金属と特異的に結合する性質を持つ物は、沈降剤(排水処理など)、金属回収(キレート樹脂による交換など)に利用されています。
また、金属イオンと結合し(錯体を形成)することにより、元の金属の特徴を変化させることが可能となるため、電気メッキにおいても合金メッキに利用されています。この場合は、析出電位が大きく異なる異種金属の析出電位を近づける事が可能となり、合金皮膜として析出させることができます。また、めっき液の金属溶解安定性を維持することにも寄与しています。
回答になっていなかったらごめんなさい。参考になったでしょうか?                           

無電解銅めっき液に関して、キレート剤が関与するのは、銅イオンの可溶化、溶解生の安定化が大きな作用と思います。通常、無電解銅めっき液は、アルカリ性であるため、銅イオンは容易に水酸化物となって沈殿してしまい、めっき液が成立しません。そのため、EDTA(エチレンジアミン四酢酸のナトリウム塩)や、クエン酸、酒石酸などのオキシカルボン酸塩(ナトリウム塩など)を配合して、めっき液を調製します。このままでは、金属が析出しないため、ホルマリンや次亜燐酸塩などの還元剤を使用して金属を析出さ...続きを読む

Q酸素とグルコースの酸化還元反応式の求め方

質問です。「酸素とグルコースの酸化還元反応式」を求めたいのですが、酸素の半反応式はO2+4H++4e- → 2H2O
だというのはわかるのですが、グルコースの半反応式がわかりません。良ければ、グルコースの半反応式の求め方も、ふまえて酸化還元反応式の解き方を教えて頂けるとうれしいです。

Aベストアンサー

酸素が総て-2、水素が総て+1価の酸化数を持つと
仮定すると、
C6H12O6の炭素原子の形式酸化数は、+0
CO2の炭素原子の形式酸化数は、+4

だから6つの炭素原子を総て4価に酸化するには、24個の電子が要ります。
よって、

C6H12O6 + 6 H2O → 6 CO2 + 24 e^- + 24 H^+

または、

6 CO2 + 24 e^- + 24 H^+ ←→ C6H12O6 + 6 H2O
E = ?? V

と表現します。

あとは、電子の授受が0になるように最小公倍数で合わせれば、
おのずと馴染みの式

C6H12O6 + 6 O2 → 6 CO2 + 6 H2O

が算出されます。

Q濃塩酸 12規定になる理由

濃塩酸が12規定になるのはわかったのですが、なぜそうなるのか誰か詳しく教えてくださいませんか?

Aベストアンサー

塩化水素を水に飽和させるとその濃度になるということです。

濃塩酸の密度は、1.19g/mlであり、そのHClの濃度は37%であると書かれています。
ということは、1リットルの濃塩酸に含まれるHClは、
1190x0.37=440 (g)ということになります。
HClの分子量は36.5ですので、その物質量は
440÷36.5=12.1 (mol)となり、計算上も12規定ということになります。

ただし、現実問題として、HClは常温で気体ですので(蛇足ですが、最近、別のカテゴリーで「常温で液体」と書かれていましたが、それは誤りです)、ある程度大気中に出て行ってしまっている可能性もありますので、正確ではありません。

Qエクセル STDEVとSTDEVPの違い

エクセルの統計関数で標準偏差を求める時、STDEVとSTDEVPがあります。両者の違いが良くわかりません。
宜しかったら、恐縮ですが、以下の具体例で、『噛み砕いて』教えて下さい。
(例)
セルA1~A13に1~13の数字を入力、平均値=7、STDEVでは3.89444、STDEVPでは3.741657となります。
また、平均値7と各数字の差を取り、それを2乗し、総和を取る(182)、これをデータの個数13で割る(14)、この平方根を取ると3.741657となります。
では、STDEVとSTDEVPの違いは何なのでしょうか?統計のことは疎く、お手数ですが、サルにもわかるようご教授頂きたく、お願い致します。

Aベストアンサー

データが母集団そのものからとったか、標本データかで違います。また母集団そのものだったとしても(例えばクラス全員というような)、その背景にさらならる母集団(例えば学年全体)を想定して比較するような時もありますので、その場合は標本となります。
で標本データの時はSTDEVを使って、母集団の時はSTDEVPをつかうことになります。
公式の違いは分母がn-1(STDEV)かn(STDEVP)かの違いしかありません。まぁ感覚的に理解するなら、分母がn-1になるということはそれだけ結果が大きくなるわけで、つまりそれだけのりしろを多くもって推測に当たるというようなことになります。
AとBの違いがあるかないかという推測をする時、通常は標本同士の検証になるわけですので、偏差を余裕をもってわざとちょっと大きめに見るということで、それだけ確証の度合いを上げるというわけです。


人気Q&Aランキング