【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

入金時の勝手値引きについて質問です。

契約単価にも関わらず入金時に端数(100円以下切り捨てで)
を値引いて入金されてくる会社があります。
入金時に毎回「次回からご請求どおりお願いします」と伝えるようにはしていますが
毎月同じように差引で入金されてきます。

また、年に1度だけの請求があったり一回きりで終わってしまう請求があったりと
入金になって初めて値引かれるのがわかるというパターンもあります。

こちら側ができる対処として
発送する請求書内に「ご請求通りのご入金をお願いします」と記入するか文書を添付するか
社内で検討中ではあるのですが、こちら側に来る請求書にそういった文章を目にしたことがなく、
また、きっちり支払頂いている会社に対して失礼であるとも思うので
そうすることがいい事なのか迷ってはいます。

毎回値引きで処理はしていましたが、会社方針で年度をまたいでの値引きは社内へ申請が必要となりました
(端数1円でも)


こういう事をしているとか、アドバイスがあれば教えていただきたくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

はじめまして、零細企業で経理を主に担当している者です。


もう回答が出ておりますが解決に至るような感じでしょうか?
質問なのですがNO.2様が仰るように集金に行くのが一番確実だと
思いますが得意先は遠方なのでしょうか?
弊社の場合、質問者様とは違う件で問題になっている懸案がありまして
思考をしているところですが、とりあえず質問者様は経理課に所属されて
いると思いますがいきなり得意先に電話をしたり連絡を入れると後々面倒
な事に発展するような気も致しますので先にその取引先担当の営業の方に
事情を説明されて話して頂く事は可能でしょうか?
弊社の場合振込手数料の件でおかしな点があり直接連絡をした所相手方に
逆キレされまして直ぐに営業さんのところに連絡が入った事があります。
そもそも質問文に記されています通り契約単価であり決まった数値であるはず
ですので値引きが発生する事はありえないですよね?
とりあえず足りない分は売掛のまま据え置きにしておき次回の請求書に反映
されるようにしてみては如何でしょうか?
とにかく営業さんを通してお話をされた方が穏便に進むと思います。
ご参考までに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
近場なら集金に行けるのですが(集金の会社もあり)
全国に散らばっているので遠方はかなり難しいです、しかも高額な商品を
売っているのではなく事務用品のような一個の単価が安いものも中にはあるので
交通費として使える金額にも限度があります。

直接電話をすると確かに逆切れされたこともあり、「端数の分が弊社の利益分になる」
と思いきって説明しても「そんなこと知ったことでない」と言われたりもします。
一部のお客様になると指定請求書があったりするので残高の記載も難しい時もありますし
なかなかいいアイデアが浮かびません。
前もって支払明細書を頂くか、文書で提出するかないのでしょうね・・・。

ありがとうございました。

お礼日時:2010/06/24 12:57

No.3で回答させて頂いた者です。


なかなか難しいですね。御社の内容が分からないので弊社の事として
考えてみますとやはり担当営業者に事情を話し得意先に言ってもらう
より手は無いと思います。
単価の安い事務用品とかも取り扱われているんですね?
請求金額が少ない上に端数(普通は100円以下を端数とは言いませんが)
を支払ってもらわないと売上している意味が無いですよね?
あくまでも営業の責任の範囲だと考えます。経理では行える事も限界があり
質問者様は十分しておられるようにみえます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

やはり営業も含めて対策を練らないとだめですね
もう少し社で検討してみます。

ありがとうございました

お礼日時:2010/06/27 15:29

※相手方に文句を言えない前提で…



請求書内で、予想される端数金額を予め値引きして請求します。
そうすれば請求額と入金額が一致します。
請求前に社内合意しているわけですから、問題は生じないでしょう。


※相手方に事情説明するなら…

相手の経理の方とじっくり話します。
故意でやっている事は間違いないのですから、ストレートに話すしかないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
たぶんでが、前もって値引いてもさらに値引きをしてくると思います。
こちらの端数と先方の端数の感覚が合えばいいのですが・・・。
また初めてのお客様であればそれも難しいところです。

根気よく相手の経理の方と話すしかないですね。

お礼日時:2010/06/24 12:51

出向いていって集金します。


入金を見て、端数が差し引かれていたら、早速請求書を発送します。
端数が入金されれば、一件落着ですが、入金されなければ、支払日に集金に伺いますと連絡して、集金に行きます。値引いて決済を承諾したわけじゃないですから、それで取引がなくなっても仕方の無い事です。
私は、何社か請求額より少なく振り込んで、知らん振りの取引先がありましたが、交通費がはるかに足を出しても集金に行きました。厭味を言われましたが、こっちが言いたいほうだと切れたにもかかわらず、取引は続いていて、以降、請求通りの入金となっています。
勘定は勘定で、値引き交渉にも応じているのですから二重の値引きに応じる必要はありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
集金に行ける場所であれば担当に行ってもらうのですが
遠方の会社もありなかなか難しいところです。

まずはアドバイス通り端数残高の請求書を発行してみようかと思います。

お礼日時:2010/06/24 12:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q売掛金が値引きされて振り込まれた時の仕訳

個人で自動車整備工場をしております。売掛金が値引きされて口座に振り込まれました。振込手数料も当方負担の金額です。どのように振替伝票に記載すればよいのかよろしくお願いします。

売掛金       100,000円
値引き        5,000円
振込手数料       630円
実際に振込まれた金額 94,370円

このような場合です

Aベストアンサー

値引きはお客さんがするものではなく、お店側がするものだとは思いますが・・・
単純な売上値引きとすれば、

(借方) (貸方)
預金 94,370 売掛金 100,000
支払手数料 630
売上値引 5,000

これが、「すぐに振込むから安くしてよ」
ということであれば、売上値引ではなく売上割引(営業外費用)になります。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/6363.htm

Q請求金額を跳ね除け勝手に金額を決められる・・・

機械設備点検・修理の仕事です
たとえですが作業完了後に2名1日+残業2H×2名の作業でしたが2名分しか請求しないでね!と客先に勝手に言われます。
作業者はその道のプロの方ですし、どう見ても3名の仕事を無理やり2名で終わらす様な作業をしいたげられ、請求は2名以上認めないといわれます。

極めつけ無理ならお宅には仕事出さないよ!って脅しを言われます
よくある業者虐めですがこういった、モンスターで有名な方に対する対応はどうしたら
良いのでしょうか?
営業の人間も言われるがままに値引かれています。
よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

業種が不明ですので、原則的な事しか言えませんが。

厳しい時代で、発注者要求は、ひどくなります。

どうしても、相手の言いなりになる事の方が多いのが現状です、その発注元へは同業多種も出入りしていると思いますので
一度出入りしている方の話を聞く事も必要、どういう対応をしているのか。

ただ、我慢出来る範囲であれば継続取引も考えられますが ?
長くお付き合いできる方ではありませんね、

但し、今後低経済がしばらく続くのと高齢化が進み、ある程度現場の経験者が作業の仕事をする人が少なくなりますから
作業される方の有利な取引が期待できると思います。

Q領収書の値引きで・・

集金の際(領収書発行時点)に値引き処理をおこしました。
領収書の明細には、集金金額、値引き金額、合計金額(値引き後)がありますが、
領収金額としては集金予定だった金額を書くのが適切なのか、それとも値引き後の金額を書くのが適切なのか、どちらかに統一するならばどちらが正しいのでしょうか?

きちんと質問できているかどうかわかりませんが、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

領収証とは、現金や有価証券の授受を証する大事な書類です。
書き込む金額は、当然受け取った金額です。
ただし、これで請求額は全部相殺されたことを明確にするため、記事欄に値引きした旨を付記しておきます。

法律のカテですが、法律にこのような決め事はなく、あくまでも商慣習の範疇です。

Q売掛金入金不足があった場合の勘定科目

小さな会社に勤めている経理初心者です。

売掛金の回収予定日に取引先から入金された金額が、予定金額の半分以下でした。
当社の担当者が該当取引先に確認したところ担当者は有休で不在。後日改めて確認したところ、
入金された以外の書類を経理に提出し忘れていたとのことでした。

残りのお金は後日きちんと振り込まれたので売掛金の回収自体は完了したのですが、
売掛金入金不足があった日の仕訳をどのようにしたらいいのか分かりません。
借方:普通預金(回収予定日振込金額)、?(勘定科目不明) / 貸方:売掛金
の、?の勘定科目が分かりません。

どなたか教えていただけないでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

入金した金額だけ仕訳すればいいんですよ。

【例】

(1) 3/25  売掛金  100,000円 / 売上 100,000円

(2) 4/10  普通預金 40,000円 / 売掛金 40,000円

(3) 4/20  普通預金 60,000円 / 売掛金 60,000円


会計ソフトで入力しているでしょうから、「得意先元帳(売掛帳)」を確認してください。

(1)で、売掛金の残高が 10万円です。
(2)で、売掛金の残高は  6万円になります。
(3)で、売掛金の残高が  0円になり、集金完了ですね。

あと、念のために。
振込手数料分を「差し引いて」入金されることも多いと思います。
この場合、
  雑費 / 売掛金 ***円 (振込手数料相殺)
の仕訳を入力しないと、売掛金の残高が相殺された手数料の分だけ「未回収」になってしまいますので、ご注意くださいね。

経理の事務は、大部分が繰り返し発生する事例です。
馴れて来れば、なんてことはありません。
がんばってください。

Q仕切り価格の意味を教えて下さい。

経理の方と話をしていると「仕切り価格」という言葉が出ました。

調べても上手く理解出来ません。
頭の悪い私にでも分かるように具体例を挙げて教えて頂けると大変助かります。


よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

売るときの値段です。

定価10,000円だとしたら、
大量に仕入れてくれるA社には仕切り60%、6,000円で販売、
そこそこ仕入れてくれるB社には仕切り80%、8,000円で販売、
一般の方には、仕切り無し、つまりは定価の10,000円で販売。

ということになります。

もちろん仕切りが仕入れ値を割ってはいけません、損しますから。
そんな感じでゆるく考えてください。

Q仕訳を教えてください 値引きについて

個人事業の経理初心者です。
値引きの仕訳を教えてください。

請求書、領収書ともに10万円で出していて
1万円の値引きをしました。
1.銀行振込の場合、9万円の入金が通帳で確認できます。
2.手渡しの場合、1万円の値引きをした証明がありません。

帳簿は現金出納帳をつけています。
預金用の帳簿はなく現金同様につけています。

売上10万 値引き1万 と二つ書くのか
売上9万 のみとするのか・・・。
でも請求書、領収書は10万なのです。
また「値引き」という科目はOKですか?

簡単に教えてください。(?)
あまり用語が出てくるとわからないもので、申し訳ありません。

Aベストアンサー

#1の追加です。

振り込みの場合は、実際に90.000円しか振り込まれていないので、値引きで処理して、領収書はそのままにしておくしかないでしょう。
税務調査で聞かれたら、値引きされたい答えれば大丈夫です。

現金で支払われた場合は、次の仕訳をしましょう。
現金   90.000 / 売上 100.000
事業主貸 10.000

ご自分で使ったことにして、帳尻をあわせましょう。

Q建設業、下請けから安全等協力費を集めることは

建設業の元請で、業者で協力会を作り、工事代に応じて安全対策、パトロール、親睦会、慶弔費など用の会費を徴収するということは一般的でしょうか。 昔、大企業で調査が入ったりしたと聞いたのですが、徴収することがいけないのでしょうか。皆様の会社、元請の一例でもよいので教えてください。

Aベストアンサー

こんにちわ
協力費等の風習はかなりの確率でありますね
名目は安全対策費、現場立入の後始末費などです
慶弔費は会社同士の付き合いという意味合いでしょう
現場所長へお酒の一本も入れておかなければ
いじわるされるという忠臣蔵みたいなことも
ありますから。
元請ゼネコン各社はたいていそういう仕組み・風習が
あるようですね
下請会社はやむを得ず支払いをしているみたいです

Q相殺の領収書について

当社からA社に60000円の請求があります
A社から当社には10000円の請求があり
相殺でということで50000円の振り込みがありました

A社からは10000円の相殺分の領収書が届いており
本日当社にも10000円の相殺分の領収書を発行願いますというFAXがきました。

いままで相殺はあまりしたことはなく
領収書の発行もしたことはありません

同じ額の領収書が行き来するのは変ではないですか?
頭がこんがらかってしまいました

どなたか教えてください

Aベストアンサー

本来は6万円の領収書を発行するところでしょうが
振り込み分(5万円)は領収書が不要で残りの1万円
分の領収書を発行すればよいのでしょう。

Q安全協力会費 相殺領収書

建設業特有の安全協力会費の件で教えてください。
請求金額から安全協力会費が差引かれて入金になります。
先方から領収書を発行してもらい、組合費 で処理していました。
今回 初めての取引先に同様に領収書を発行を依頼したところ、
こちらからも相殺の領収書(安全協力会費分)を発行して欲しいと言われました。
領収書を発行する必要があるのでしょうか?

Aベストアンサー

たとえばあなたの50万円の請求額に対して1万円の安全協力会費が差引かれて入金したとします。
あなたが49万円の領収書を発行して1万円の相殺分を領収書の摘要欄にも記載していないとすれば、先方は、安全協力会費の入金を明示している原始帳票を持たないことになると思われます。
50万円の領収書で相殺分を別記すれば、一応つじつまは合うとも考えられますが、安全協力会費は、企業によっては特別勘定で処理している場合がありますから、その意味でも、別に領収書を発行したほうが利便だと思います。そもそも、相殺の場合は、お互いに相殺の領収書を交わすものと考えるべきでしょう。
相殺とは実際に現金のやり取りのないものですから、証拠書類として残すものがないと、後で問題が生じやすいのです。

Q仕入れ商品の返品の仕訳について

個人事業主です

1月に15,000円の商品を、A社から掛で仕入れました
仕 入15,000/買掛金15,000

2月に上記の買掛金を支払いました
買掛金15,000/現 金15,000

3月に品違いや不良品が見つかったので、45,000円分返品しました
まず、この仕訳方法がわかりません。

なお1月には15,000円しか仕入れていないので、残りの30,000円分は
前期(12月末で決算済み)に仕入れた物の返品です。

返品した45,000円は返還してもらっておらず、次に仕入れが発生した
際に充当することになっています。

次に仕入れが発生した際の仕訳方法も、併せて教えてください。

A社とは取引があまり頻繁でないため、当期内で45,000円分の
仕入れが発生せず、残りは来期に繰り越される可能性もあります

Aベストアンサー

返品の仕訳はあ仕入れ時の逆の仕訳をすればよいのです。
買掛金 45000/ 仕入高 45000

このとき買掛金が45000のマイナス残高になります。
これはいつか仕入先から返してもらう金額です。

次の仕入れは通常のとおりで

仕入高 99999/ 買掛金 99999

これをしばらく続ければそのうちに買掛金はプラスの残高になっていきますね。
それまでは支払いを止めたらよいだけです。

しばらく仕入れが起こらないのであれば返金してもらうように交渉しましょう。そうしないと何時までも資金がそこに固定してしまいます。
又貸倒れのリスクも抱えることになります。

又買掛金のマイナス残高は決算上は未収入金に振り替えたほうが良いでしょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング