商標登録に関する質問です。

アルファベットの標準文字による商標登録を
準備中です。
ただし、アルファベットの場合、読みをどのように登録に反映させるのか、でつまづいております。

特許電子図書館で商標を検索すると、「AAA/アアア」と表記された商標があります。
また、商標として

 AAA
アアア

のように、アルファベットの下にカタカナで
読みが表記されています。

このような申請をする場合は、願書においては
【商標登録を受けようとする商標】
【標準文字】
の下に、前記のようにアルファベットと仮名を
並記すれば足りますでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

特許庁に行かれて係りの方に細かく聞くと優しく教えてくれます。

そこの部分は行ってから特許庁でかかれたらいかがでしょうか?

自分は過去に何もかも特許庁にいって知らないのだからいちいち質問して教えていただき無事に商標登録が出来ました。

頑張ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、そんな方法もありですか。大変参考になります。特許庁って結構、親切なんですね。ちなみに、商標登録出願の手引きに「標準文字のみの商標」の場合は「h)途中で改行しないこと」という指示がありました。ということは、2行はダメということですので、私の質問は問題外というですね。うーん。とりあえず、担当の方に電話で聞いてみます。

お礼日時:2003/07/12 20:20

kaijiさん、はじめまして、ご質問の件以下のように回答いたします。


(1)商標登録出願に際しては、商標のフリガナは記載する必要がありません。「特許電子図書館」で称呼(読み)が記載されていますが、特許庁の人が考えて(検索用のために?)記載しているようです。
(2)2段に記載した商標を出願したい場合には、2段に表示した商標をイメージとして添付することができると思います。私はパソコン出願なので、イメージをjpegなどのファイルにして願書に張り付けるようにしていますが、特許庁の人に聞いてみたらどうでしょうか。
(3)商標登録出願頑張ってください。応援しています。

参考URL:http://www.jpo.go.jp/toiawase/faq/yokuar21.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!商標見本をつくれば、2段にできるのですね。実は、英語ではなく日本語の音をローマ字表記した文字商標の申請を考えてたのですが、もともと日本語なら呼称類似ってのもあるし、カタカナ・ひらがなでも良いかな、とも考えております。がんばります!

お礼日時:2003/07/13 09:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q商標申請で申請が必要な区分

商標申請で申請が必要な区分

個人で商標の登録申請をしようとしています。
Webサイトを立ち上げサービスを展開しようとしているのですが、申請すべき区分が決まらずやきもきしています。
悩んでいる区分は広告とある35類です。
Webサイトを経営している多くの企業が「インターネットにおける広告スペースの提供」という役務を取得していますが、サイト内に広告スペースを作る場合に、この35類は必ず必要となるのでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

申請しようとする商標が、何のブランドを表示するかによります。

不特定多数のバナー広告の提供者に対し、その商標で広告スペースの提供という事業を行うなら、必要となるでしょう。
一方、その商標はそのWebサイトで提供しているサービスのブランド表示にすぎず、バナー広告の提供者には個人名で取引を行うというなら、必要ではありません。

Q商標を標準文字で登録するメリットは?呼称は誰がきめる?

商標権について勉強中なんですが、標準文字というものの存在理由がいまいち見えてきません。この標準文字を使って登録するメリットはあるんでしょうか?
まだまだ勉強不足なので見落としているかもしれませんが、誰か教えてくれませんか?

それと、同じ呼称の商標を他人が登録できないのは分かりますが、商標登録願には呼称を記載するところってないですよね?では誰がいつ呼称を決定しているんでしょうか?
どちらでもいいですので、分かる方、ご回答お願いします。

Aベストアンサー

特殊な字体で出願した場合、権利範囲はその字体に限られてしまいます(狭くなります)。

標準文字で出願すれば、一般的な文字(ゴシック体や明朝体)をカバーでき、特殊な文字で出願する場合に比べて、権利範囲が広くなります。

昔は「念のため」、ゴシック体・明朝体の両方で2件出願したりしていましたが、標準文字はこのどちらもカバーできるため1件で出せば済むという、出願人・特許庁の双方にとってメリットがあるかと思います。
(特許庁は審査件数を減らせますので)

称呼は、特許庁が付与します。
ただし、どうしてもこう読ませたい、という場合には、出願人が、願書に2段書きする「2段併記」の形をとって、称呼を明確にすることもあります。
(ただし、それでもなお、他の読み方もできる場合には、これまた特許庁が称呼を付与します)

Q商標検索結果の「§」マークについて

特許庁ホームページの商標検索である商標を検索すると、
検索結果に「§」マークがついてある登録商標があります。

この「§」マークは、文字を普通の表記ではなく図案化してあるものの、その商標から一応、文字と判読できるものについて「§」記号が付けられているそうですが、文字商標ではなく、ロゴ商標という意味でしょうか?。

よく、電気製品の取説などで、「○○および○○ロゴは登録商標です。」と登録商標表示が書かれていますが、「§」マークがついてある登録商標○○について、「○○および○○ロゴは登録商標です。」と登録商標表示するには違法でしょうか?

つまり、○○は文字としては登録商標になっていないので、正しくは、「○○ロゴは登録商標です。」というふうに、ロゴとしてだけ商標登録すべきなのでしょうか?

それとも、「§」マークがついてある登録商標は、「○○および○○ロゴは登録商標です。」と登録商標表示していいのでしょうか?

Aベストアンサー

誰も返答されないようですので..... :-)

>「§」記号が付けられているそうですが、文字商標ではなく、ロゴ商標という意味でしょうか?。

はい、そのとおりです。ロゴ(図形)商標ということになります。図形商標であっても、文字が装飾的に表現されて図形となったものは、発音してしまえば文字商標となんら変わりません。つまり図形商標と文字商標が相紛らわしい関係に立つことになります。よって、これから文字商標を出願しようとする人は、先願の図形商標と紛らわしい(類似)ことを理由に登録を受けられなくなります。よって「§」は、そうした出願をしようとする人にとっては重要な情報ですね。

>違法でしょうか?

ムズカシイところですね。
すごく厳密に言えば、違法だと思います。ただ、商標表示は、他の商品と需要者が混同しないことを目的として行われるものです。ですので、文字だけを表示することによって他人の商品との区別をより促進することになるならば罰せられないのではないかと思います。逆に、文字を表示することによって他人の商標と紛らわしい状況になれば違法になると思います。これは、画一的に違法/適法となるのでなく、他人の商標の存在や需要者の購買常識などによって変動しますのでなんともいえないというのが私見です。(当然、今は大丈夫でも、他人の商品が後になって登場するなどによって後発的に罰せられるような状況もあり得ると思います。)

 安心したければ、文字商標と図形商標を両方出願したほうがいいと思いますが。でも出願が2つになって費用は倍かかりますね。

誰も返答されないようですので..... :-)

>「§」記号が付けられているそうですが、文字商標ではなく、ロゴ商標という意味でしょうか?。

はい、そのとおりです。ロゴ(図形)商標ということになります。図形商標であっても、文字が装飾的に表現されて図形となったものは、発音してしまえば文字商標となんら変わりません。つまり図形商標と文字商標が相紛らわしい関係に立つことになります。よって、これから文字商標を出願しようとする人は、先願の図形商標と紛らわしい(類似)ことを理由に登録を受けられ...続きを読む

Q【PPPAのピコ太郎の武道館ライブが豪華メンバーになった経緯を知っていたら教えてください】 PPPA

【PPPAのピコ太郎の武道館ライブが豪華メンバーになった経緯を知っていたら教えてください】


PPPAのピコ太郎が武道館ライブを行なったというニュースを見てピコ太郎はあのPPPAネタだけでライブ時間をどうやって消化するのだろう?

ずっとPPPAをやる気か?と思ったが司会はくりーむしちゅーの上田晋也が勤め、

「え?どういう関係?お金積んで司会をお願いしたのか?」と思ってたら、

有田鉄平までコンビで出てきて2人とも呼んだんだ。お金あるなあと思ってたら、、、

爆笑問題まで出て来て、ピコ太郎って交友関係広いのか?!

大御所の司会者が来てくれるって凄いなと思ってたら、

海外のPPPAネタを投稿した外国人YouTuberが出て来て、

そこから五木ひろしにももクロにスカパラと出てくるゲストの方がピコ太郎より有名人じゃんっていう大物、大御所ばかり出て来てビックリした。

これってお金で呼んだんですか?

それとも友達だからゲスト出演してくれた?

彼らはピコ太郎とどういう関係なんでしょう?

同じ芸能事務所とか?

ピコ太郎の武道館ライブが豪華メンバーになった経緯を知っていたら教えてください。

【PPPAのピコ太郎の武道館ライブが豪華メンバーになった経緯を知っていたら教えてください】


PPPAのピコ太郎が武道館ライブを行なったというニュースを見てピコ太郎はあのPPPAネタだけでライブ時間をどうやって消化するのだろう?

ずっとPPPAをやる気か?と思ったが司会はくりーむしちゅーの上田晋也が勤め、

「え?どういう関係?お金積んで司会をお願いしたのか?」と思ってたら、

有田鉄平までコンビで出てきて2人とも呼んだんだ。お金あるなあと思ってたら、、、

爆笑問題まで出て来て、ピコ太郎って交...続きを読む

Aベストアンサー

古い仲間だからですよ。

ピコ太郎こと古坂さんは、元「底抜けAIR-LINE」の1人であり、「ボキャブラ天国」という人気番組の常連でした。
この番組の常連仲間が爆笑問題であり、くりぃむ達です。
このメンバーは今でも交流があり、何かと助け合っています。
あまり露出してない仲間を自分の番組に呼んだりしてね。
特にくりぃむは古坂さんと同期なので仲が良いことで有名です。
この2組が出たのはこの為ですね。

また、古坂さんは2003年から6年ほど音楽活動をメインの仕事にしており、
ピコ太郎もエイベックス所属になっています。
スカパラなどはこの経緯でしょうね。五木さんはよく分かりませんが、まあこれだけ人脈が広ければ十分ありえるでしょう。
アイドル好きとしても有名ですので、ももクロはその辺でしょうね。

Q中国での商標登録について

化粧品のブランド名について、中国で商標登録するにはどうすればよいでしょうか?また、いくらぐらいかかるのでしょうか?

 小さな化粧品会社のブランドで、現在、日本、オーストラリアなどで販売をしています。今のところは中国で販売する予定はありません。
 ただし、将来的にはその可能性もあり、また最近いろいろな商標の問題(クレヨンしんちゃんや無印良品など)が起きているので、商標を登録しておいたほうがいいのではないか、という話になっています。
 以上のようなケース(中国の会社でなく、販売予定もない)で、中国での商標登録が可能でしょうか?また、そのブランドで数十種類の商品を出しているのですが、ブランド名だけを登録すればよいのでしょうか(or商品ごとか)?

 質問は以上です。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ANO.1です。補足のご質問にお答えします。
◆1.アルファベットでは登録できないのでしょうか?について
 もちろんアルファベットでも登録できます。因みに、日本語の平仮名やカタカナも登録できます。
 要するに、中国社会において公序良俗に反するものでなく、商標として自他識別機能があれば、どこの国の文字であろうと、他人の同一又は類似する先行商標がない限り、登録は可能です。
 尚、平仮名やカタカナ、またアラビア文字のような他言語の文字は、中国では「図形商標」として取り扱われます。
 ところで、中国でも、先行商標との類否が審査されます。このとき、当然ですが、中国語による発音において類否が判断されますので、例えアルファベットで出願されましても、そのアルファベットによる発音に類似する漢字表記の先行商標が存在すれば、称呼類似として登録は拒絶されます(アルファベットは中国人にとって他言語の文字ですが、英単語程度は十分読んでくれますので、図形商標とはなりません。化粧品ではフランス語が多いですが、その場合、フランス語読みしてくれるかどうかはケースバイケースです。)
 尚、「商標に漢字をあてる」というのは、漢字以外の商標について、その発音を文字で示すために漢字を併記したい場合ですが、何らかの事情がない限り、希です。
◆2.『アルファベット+漢字』で登録するのでしょうか?について
 中国においてもっとも気をつけないといけない点は、中国市場で実際に使用される形態の商標を登録しなければならない、という点です。
 実際には商品にアルファベットでしか商標を付さないのに、「アルファベット+漢字」で登録してしまうと、アルファベットだけの商標の使用は、登録商標の使用と見做されず、登録商標が不使用であるとして取り消される場合もあります。登録商標と使用商標との同一性についての判断は、中国では結構厳格ですので、注意が必要です。

ANO.1です。補足のご質問にお答えします。
◆1.アルファベットでは登録できないのでしょうか?について
 もちろんアルファベットでも登録できます。因みに、日本語の平仮名やカタカナも登録できます。
 要するに、中国社会において公序良俗に反するものでなく、商標として自他識別機能があれば、どこの国の文字であろうと、他人の同一又は類似する先行商標がない限り、登録は可能です。
 尚、平仮名やカタカナ、またアラビア文字のような他言語の文字は、中国では「図形商標」として取り扱われます。
 ...続きを読む

Q地名入りの商標登録について

私の勤務先の会社で、地名入りの野菜の商標登録を申請したいのですが、
民間会社を出願人として商標登録を出願することは可能でしょうか?
また可能であれば注意点などはありますか?

Aベストアンサー

原則、産地+商品名のみの商標は登録はできません。その商標には、商標としての識別力がないからです。しかしながら、地域の名産に関する名称を保護しようという動きから、一定の要件を満たす組合に限って、産地+商品名のみの商標であっても登録を認める制度があります(これが地域団体商標です。)。

本件に関しましては、民間会社ということなので、おそらく組合には該当しないと思われます。そのため、地名入りの野菜の商標登録を希望される場合、識別力のある他のフレーズと組み合わせたり、ロゴ化したり、または図形と組み合わせる必要があると思われます。

ご検討ください。

Q商標登録の区分について

現在、自社で扱っている製品の商標登録について調べています。

現段階では、商品の調査を行っていますが、自社製品の区分がわからずに困っています。

製品は天然鉱石を粉末状にした原材料です。
使用用途は、繊維に織り込んだり、ゴムに練りこんだりします。

この原材料の商標を取りたいのですが、区分はなんになるのでしょうか?

そもそも原材料を商標登録できるのでしょうか?

不明な点が多いので、どなたか教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

粉状にした鉱石のブランドであれば、第1類の非金属鉱物に含まれます。

ただ、事業を行うにあたりその商標を具体的にどのように使用するのかにもよりますので、特許事務所などで具体的にご相談されることをお勧めします。

Q商標検索結果の「§」マークの意味

下記URLで、例えば、検索キーワードを「G」で
商標検索すると、
http://www1.ipdl.ncipi.go.jp/syutsugan/TM_SEARCH_A.cgi

検索結果に、
§Gなど「§」マークのついたものがあります。
§は何の意味があるのでしょうか?図形商標ということでしょうか?

文字を図形化したものも、図形商標と呼ぶのでしょうか?

図形商標って、文字以外の商標と思っていました。
図形商標検索も、下記URLの通り、別のURLで検索すると思っていました。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1239932

Aベストアンサー

文字を普通の表記ではなく図案化してあるものの、その商標から一応「G」と判読できるものについて「§」記号が付けられています。
因みに、アルファベット1文字又は2文字を、例えば明朝体やゴシック体などの普通書体で単純に表記しただけの標章は、単なる記号であるとして商標登録の要件が認められず、登録されません(3文字以上はOKです)。
しかし、例えアルファベット1文字又は2文字でも図案化(2文字の場合は「モノグラム」といいます)されていれば、文字を普通に表したもの(単なる記号)、とはならず、識別力があるとして商標登録要件を備えることになります。
そのような商標について「§」記号が付されます。
換言すれば、文字を素材とした図形商標であって、その商標から文字が判読できる商標について「§」記号が付されているとご理解戴ければと思います。

Qピコ太郎はなぜ人気なのでしょうか?

ピコ太郎はなぜ人気なのでしょうか?

Aベストアンサー

嫌味がないからね、それに簡単で楽しい。そう言うのって、結構繰り返し見ちゃったりするんだよね。

Q中国メーカーの商標登録。

 中国の友人から質問されました。内容は「中国メーカーのブランド名を日本で商標登録したい」というのです。中国から商標登録の手続きはできるのですか?もしできないとしたら、私などが代理になって、日本の特許事務所に依頼してもできるのですか?教えてください。お願い致します。

Aベストアンサー

商標登録を受けるためには、特許庁に商標登録出願をする必要があります。そして、日本国内に住所又は居所を有しない者は、日本国内の代理人(商標登録管理人)によらなければ、特許庁に手続きをすることができません(商標法77条1項で準用する特許法8条1項)。

また、弁理士又は特許業務法人でない者は、他人の求めに応じ報酬を得て、商標に関する特許庁における手続きについて代理を業とすることができません(弁理士法75条)。弁理士法75条違反には罰則が規定されています(弁理士法78条)。

従って、その中国の友人が個人名義で、又は法人名義で我国特許庁に商標登録出願をするためには、特許事務所に依頼して商標登録出願をする必要があります。弁理士法に違反する可能性を減らすためには、chienさんが出願の代理をするよりも、中国の友人が直接、日本の特許事務所に依頼する方がよいと思います。

特許事務所を探すためには、例えば、日本弁理士会の下記のホームページで、弁理士リスト検索システムをクリックして、外国商標系を選べばよいと思います。
http://www.jpaa.or.jp/advisement/index.html#

日本国内に住所又は居所を有しない外国人は、商標権のような産業財産権を享有することができない場合がありますが(特許法25条)、中国を初めとして、ほんとどの国が、パリ条約やTRIPs協定に加盟しているので、ほとんどの外国人は我国で産業財産権を享受することができます。

商標登録を受けるためには、特許庁に商標登録出願をする必要があります。そして、日本国内に住所又は居所を有しない者は、日本国内の代理人(商標登録管理人)によらなければ、特許庁に手続きをすることができません(商標法77条1項で準用する特許法8条1項)。

また、弁理士又は特許業務法人でない者は、他人の求めに応じ報酬を得て、商標に関する特許庁における手続きについて代理を業とすることができません(弁理士法75条)。弁理士法75条違反には罰則が規定されています(弁理士法78条)。

...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング