OCN光で最大124,800円おトク!

賃貸マンションの保証人についての質問です。


私の知人A夫妻には弟さんがおり、
A夫妻はその弟さんの賃貸マンションの保証人になっておりました。

保証人にはなってはいますが
A夫妻と弟さんはほとんど交流はなかったそうです。
弟さんは1人暮らしで独身です。

先日、水道局から

「弟さんの水道使用量があまりにも多すぎるのだが、
本人と連絡が取れないので様子を見てきてほしい」

と電話があったので、A夫妻が様子を見に行ったところ
悲しいことに弟さんがお風呂場で病死しており、
おそらく死後1ヶ月ぐらい経っていたそうです。
この時期ですので、現場は大変な状況だったのでは?と想像できます。

発見後、警察の手続きや葬式を済ませ
弟さんの賃貸マンションの後片付けの際での話です。
大家さんとの話し合いの際
A夫妻は部屋のクリーニング代はもちろんのこと
弟さんがなくなった風呂桶は新しいのに交換することは考えていました。

弟さんが住んでいたマンションは
1ルームで家賃は3万円ちょっとです。
知人夫妻は50万円ぐらいだと考えていたようですが
大家さんは200万円近くを請求してきたそうです。

A夫妻は金額も金額なので、書類には判子を押さずに帰ってきたところ
今度は弁護士がやってきて
精神的苦痛などの慰謝料を含めた額として総額400万近くを請求してきたそうです。


・死因は病死
・死後1ヶ月経過
・お風呂場で死亡(部屋のフローリングなどは汚れていない)
・家賃は3万円ちょっとのワンルーム
・1ヶ月の間、近隣から臭い等の苦情はでていない


知人夫妻は、大家さんに慰謝料分も含めた400万円を払わなくてはいけないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

その400万円の根拠が分かりませんが、今後の家賃の減収分補填を求めてきたのでしょうか。

部屋のリノベーションを要求したのでしょうか。

賃貸マンション内で自殺した場合の家賃減収について、保証人にその補填の責任を一部認めた裁判例はありますが、自殺と異なり、病死は誰にでもあることであり「過失」ではないので、補償を求めることは出来ないと考えます。(借り手の募集にあたって死亡発生を告知する義務もない。)
また、慰謝料といっても、誰のどのような精神的苦痛を慰謝するのでしょうか?根拠不明です。
店子の病死については全く違法性はないし、百歩譲って何らかの迷惑を大家が受けたとしても、わずか家賃3万円の部屋に対し数百万という金額はあまりにも大きすぎます。

いずれにしても、上記ご事情の限りにおいては、400万円などという法外な請求に応じる義務はありません。
クリーニング代以外は全部突っぱねてもいいと思いますが、話し合いで解決したいのであれば、最初から考えていたクリーニング代と風呂の改修だけ応じて、迷惑をかけたと思っている時は数万包めばそれで充分でしょう。
それ以上の請求を大家がしてくるならば、弁護士をたてて裁判や調停に持ち込むほうがよいと考えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答いただき有難うございます。

やはり法外な額ですよね・・。
400万円の詳細は、私も知人から「大家さんの精神的苦痛慰謝料」
としか聞いてないので詳細はわかりませんが
おそらく今後のその部屋が空き家になる際などの家賃保証分も含まれているのではないかと思います。

これから、弁護士さんに相談してみる事にしたようなので
良い方向に向かうことを願っています。

お礼日時:2010/06/25 17:23

払う必要があるかどうかはともかく相手が弁護士をたててきているので、


こちらも無料相談を利用したり、その上で正式に弁護士に依頼するなどが
よいかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答いただき有難うございます。

知人夫婦もそのように考えているようなので
今後どのようになるのか見守っていきたいと思います。

お礼日時:2010/06/25 17:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング