聖書では人は神の子といい、仏教ではすべての人に仏心が宿る
といいます。また、聖書では全知全能のGOTの存在を、仏教では空の
論理を展開します。このように一方では似たような響きをもち、一方では
全く違う教えを説く。聖書と仏教の違いについて簡単に回答することは
無理なことと存じますが、決定的な違いについてあえて質問します。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

えーと、「お礼」がつきましたので、その内容について補足的に。



>最近、気になることですがアメリカ人には日本の仏教がビジネスとみえるらしく
>困ってしまいます。普通の日本人は仏教とお寺さんを割り切って考えることが
>できると思いますが、多分、アメリカの人に理解を求めるのは難しいと思います。
ということについてですが、
それはアメリカ人にとって異国の宗教だから客観的に見ることができる、
という意味だと思うのです。キリスト教の教会にしても、いろいろとビジ
ネス的なことを行っているように思えます。私は、実際に現地へ行って、
自分で実態を調べたわけではありませんから、断定することはできません
が、小説・映画などで教会組織の内幕を読んだり見たりすると、やはり
教会の維持、施設の拡充などで「寄付」をつのったり、いろいろと事業
を行っているように見えます。さらに中世ヨーロッパにおいて、教会や
修道院が世俗領主であったこと、(現在のローマ教皇庁=バチカン市国
が一つの独立国家として認められているのはその直接的な帰結です。)
などの面を忘れてはならないと思います。アメリカで主流のプロテスタ
ントはこの世俗領主としての教会に対して抗議したことも忘れてはなり
ませんが。

ただ、chikaminさんが、このようなことを直接相手の方にお話しても、
おそらくそれは宗教的行為であるとか、信仰心に裏打ちされているなど
の返事が戻ってくると思います。そこで、お互いの正しさを言い合って
みても仕方ありません。ですから、こういう見方については、「あなた
は日本の仏教や寺のありかたについてまだ判っていない、」としておけ
ば良いのではないでしょうか。

なお、輪廻については、釈迦およびそれ以前のインド思想においては、
「いかにして魂が輪廻のサイクルから解脱するか」が問題であり、釈
迦の唱える、四諦・八正道はそのための方法でありました。ですから、
仏教思想の根底(というか背景)にそういう思想があることは確かで
す。しかし、

>輪廻があるとすれば、この世の生命体の数は普遍であり、もしも解脱者が
>続出すれば生命は、いずれなくなってしまうのでは、ということで信じてま
>せん。
というのは、本来の意味からはずれた解釈であると思えます。「魂」と「生
命体」を同一に考えてはならないでしよう。
(「普遍」は「不変=一定数を保つこと」の意味ですよね)
なお、この世界の本質を示すブラフマン(梵)は一つの魂でもあり、個々の
生物に存するアートマン(我)=魂もこのブラフマンと同じものであると言う
こと(梵我一如)を悟れば輪廻転生から抜け出せるとされています。つまり、
そのように考えたときには、魂の数は表面的な生物の数にかかわりなくブラ
フマン1つしかありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私が時折行く教会はプロテスタントで運営されています。私も少しですが寄付に応じますが、その運営費用は主にメンバーの寄付でまかなわれているようです。
牧師さんや伝道士さん、托鉢して歩く僧侶を思い浮かべますと
異宗教でありながら、どこかに共通するものがありそうな気がします。
お寺さんや教会のマネジメントについてはよくわかりませんけど、昨今、葬儀がショーのようになり、結婚式がクリスチャンでもないのにそれっぽく行われたり
何か変ですよね。真実が遠くなりすぎてるような気がします。

輪廻転生について深く考えたことはありませんが、人の一生は朝露のように、どこからか生まれどこかしらに消えるものだ、という言葉が頭のすみに残っています。
短い一生と思えばこそ悔いのない日々を送りたいと思います。

お礼日時:2001/04/07 09:36

決定的な違いとして私が感じているのは、



仏   教 : 人間を含めて全ての生物(植物も動物も)は、死んだ後、再び別の生物として生を受ける。この「死-生-死-生-」と繋がっている物を「輪廻」と呼び、悟りを開き涅槃に至ることを「解脱」と呼んでいる(のですが、正しいですか?)。
キリスト教 : 生を受けるのは一度のみで、生まれ変わりはない。但し、死後、時を経て全ての人が復活し、神の裁きを受け天国に行けるかどうかが決まる。

ここで重要なことは、仏教は全ての生物を同一視しているのに対し、キリスト教は人を他の生物に対して特別視していることです。この「人」の解釈により、「白人」のみを人としているKKK団の様な集団や、韓国人のみが選ばれた人であるとしていた「統一教会」が現まます。では、仏教の方が良いのかというと、そうでもないんですよね...。

以上。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 輪廻があるとすれば、この世の生命体の数は普遍であり、もしも解脱者が
続出すれば生命は、いずれなくなってしまうのでは、ということで信じてません。
天国や地獄・極楽となると、さらに信じがたく空想の世界へと行きそうです。
でも、あったらいいな!ともおもいます。

お礼日時:2001/04/05 14:39

chikaminさんには申し訳無いですが、まず誤解を正しておきます。



聖書での「神の子」というのはイエス=キリストを指します。決して、
普通の人間一般ではありません。キリスト教・ユダヤ教・イスラム教の
神はすべて同一の神であって、そのとき「人」は神の被造物です。

また、仏教も釈迦の唱えた「原始仏教」と日本に伝わってきている「大
乗仏教」とは名前こそ「仏教」ですが、内容は違っています。
「すべての人に仏心が宿る」というのは、大乗仏教系の中でも日本仏教
で明確に唱えられた考え方で、平安時代の最澄が「一切衆生悉有仏性」
と言って強く主張しました。これが後の鎌倉新仏教に影響して、一般化
しています。
また「空」の理論も大乗仏教のものです。

キリスト教などの一神教と仏教の相違については、それぞれの名前で
呼ばれるものが現在では多くの分派にわかれてしまっていますので、
何と何を比較するかによって答えが異なってきます。

例えば、一般に仏教はひとつの「世界観」であると同時に生き方の実
践であるから、信仰ではない。というようなことが言われたりします
が、大乗仏教系は「阿弥陀仏」の力にすがって往生しようというもの
であり、特に浄土真宗では絶対他力の考え方でこのとき「阿弥陀仏」
はGODと大差ないものとなっています。(宇宙を造ったかどうか
は大きな差ですけれど・・)

蛇足ですが、宗教はその教えを通じて、その社会のモラルを形成しま
す。社会の中で人がして良いこと、悪いことを具体的に示しますから、
人間社会のあり方は古今東西を問わず、似たようなものですから、具
体的な実践において大差ないことを示すのは当然であると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど!前から牧師さんの話を聞いていますと、親鸞聖人が思い浮かんで
きましたことが、これで合点がいきました。アメリカ人の伝道者に、日本の仏教も
同じですよ!と無責任に話してしまうのですが、これも少し安心しました。
私はいずれの宗教団体にも属していませんが、親鸞聖人が最も身近に感じます。

最近、気になることですがアメリカ人には日本の仏教がビジネスとみえるらしく
困ってしまいます。普通の日本人は仏教とお寺さんを割り切って考えることが
できると思いますが、多分、アメリカの人に理解を求めるのは難しいと思います。

それから、この紙面をお借りしてGODをGOTと誤記したことを訂正しお詫びします。

お礼日時:2001/04/05 14:12

>仏教ではすべての人に仏心が宿る



 大乗仏教の考え方であってお釈迦様の教えではありません。

>このように一方では似たような響きをもち

 人間は時、所に関係無く同じようなものですから時代が下がって都合よく解釈
してしまった結果、似たようになってしまったのでしょう。

>決定的な違い

 信仰かそうでないかです。例えば、お釈迦様も聖書の聖者(ヨブやイエス)も
悪魔の誘惑と対峙し、これを破ってますが、聖書の聖者が信仰の力で退けたのに
対し、お釈迦様は智慧の力で退けられました。
 例えるなら、おいしい事だらけで何のデメリットもないように見えるマルチ商法
の勧誘を受けたとします。それを信頼する人の警告の方を信じて後ろ髪引かれる
けど断ったのと、からくりを全部見抜いて相手にしなかったとの違いです。
 仏教は信仰でないのなら何かと言うと、「仏教は仏教」なのですが、考え方が
科学や哲学に近いと言えます。(でも科学でも哲学でもありません)
 しかし現実の仏教は残念ながらそうではないですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 さっそくありがとうございます。GOTを信じることは簡単ではないと
おもいます。かといって科学・哲学に近い仏教では、無理が先立ちます。
質問自体が軽薄でしたが、わかりやすく答えていただき勉強になりました。

お礼日時:2001/04/05 12:06

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q昔の日本では「神道ではない」イコール「仏教」だったのでしょうか

宗教カテがないのでこちらに書き込ませていただきます。

仏教の各宗派の教義(?)を簡単に調べてみたら、すべてを「仏教」というジャンルでひとくくりにしていいのかというほど、それぞれが違っているなぁという感想を持ちました。

その昔、Religionにあたる日本語がなく、明治初期に「宗教」という言葉を作ったとも聞きました。

また、キリスト教が宣教され始めた頃、最初に通訳・翻訳をしてくれた日本人が教義を説明する際に仏教用語を使ったため、民衆に「ああ、また新しい仏様(?)が来たのだな」と理解されてしまい、あわてて用語を修正したという話を何かで読みました。

そんな中、当時はなんでもかんでも「仏教」だと思っちゃってたのかな?と疑問が沸いてきたので質問です。

宗教という言葉がなく、宗教的なものはすべて仏教という思考回路が中途半端に現代に引き継がれているならば、「仏教が多様すぎて、それぞれ別の宗教じゃないか?全部をひとまとめで仏教というのは乱暴じゃないか?」とわたしが思ってしまうのも納得できます。

標題の質問のほか、仏教を仏教たらしめている基本的事項のようなものをご存知でしたら、簡単に教えてください。わたしのような無知な者にもわかりやすく、簡単に・簡潔に、だとありがたいです。

よろしくお願いします。

宗教カテがないのでこちらに書き込ませていただきます。

仏教の各宗派の教義(?)を簡単に調べてみたら、すべてを「仏教」というジャンルでひとくくりにしていいのかというほど、それぞれが違っているなぁという感想を持ちました。

その昔、Religionにあたる日本語がなく、明治初期に「宗教」という言葉を作ったとも聞きました。

また、キリスト教が宣教され始めた頃、最初に通訳・翻訳をしてくれた日本人が教義を説明する際に仏教用語を使ったため、民衆に「ああ、また新しい仏様(?)が来たのだな」...続きを読む

Aベストアンサー

諸説がありますので小さくまとめます。
1.日本の文化的宗教は「神道」が大本。
2.神道にも各種あり系統分けは出来るが詳細は不明。
あっているとは断言できませんが、下記URLを参照ください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E9%81%93

3.日本から見た仏教とされる宗教は大まかに分けて「大乗仏教」「小乗仏教」の系統に分類され、区別としては「教えを受けて勉強して悟る」「自分で修行して悟る」
 ブッタシャカムニが起こした仏教の初めは「独覚」という小乗仏教です。続く各流派はその派生と言い切っていいでしょう。

4.現在の日本において宗教観の大本になる発想が仏教中心に感じるのは死亡時の扱いが仏教的であるため。
5.逆に、誕生から死亡に至るまで宗教なんでもありの状態は、いかにも「神道」的であると言い切れると思います。

仏様 という形容で仏教を考えるのは正しいのですが、「神様」とすると見え方が変わると思います。
当時なんでも仏教としてみていたのではなく、日本宗教的に「仏教」も「キリスト教」も外から来た「神様」なわけです。
で、その神様を表現する単語が「仏」だったといえると思います。

諸説がありますので小さくまとめます。
1.日本の文化的宗教は「神道」が大本。
2.神道にも各種あり系統分けは出来るが詳細は不明。
あっているとは断言できませんが、下記URLを参照ください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E9%81%93

3.日本から見た仏教とされる宗教は大まかに分けて「大乗仏教」「小乗仏教」の系統に分類され、区別としては「教えを受けて勉強して悟る」「自分で修行して悟る」
 ブッタシャカムニが起こした仏教の初めは「独覚」という小乗仏教です。続く各流派はその派生...続きを読む

Q仏教では、赤ちゃんが死んでしまったらどうなるのでしょうか?

私には生きていれば年子の兄がいたのですが、生まれて半年ほどで、おそらく乳幼児突然死症候群で死んでしまいました。
私がこの世に登場する前の出来事だし、色々事情があってその事実だけしか知らなかったのですが、最近になって入っているお墓を知ることができました。

せっかく知ったのでお参りに行ったのですが、手を合わせながらふと疑問が湧いてきました。
仏教では、49日経ったら、極楽浄土に行くのですよね?
すると、とっくの昔に兄はお墓には居ないのでしょうか?
というか。そうなるとお墓ってなに?

全くの不信心者で、この質問自体赤っ恥ものかもしれませんが、外人に教えるような感覚で教えてください。

Aベストアンサー

 曹洞宗・臨済宗・黄檗宗といった禅宗系ですと,住職のことを「方丈さん」と呼びます。
 
 さて,亡くなった方が年を取らないのは,記憶の中だけの話です。
 亡くなられた方は,浄土で仏様から仏法と説いてもらったり,修行をしたり,仏となるための成長をされています。
 
 お坊さんがこのような説法をなさっていました。
 子どものうちに亡くなったからといって,何十年たっても,子供向けのお菓子などをお供えされている方がありますが,いつまでも亡くなった時のまま,子どものままではありませんよ。亡くなられてからあの世で仏道修行に励んでおられ,あなた方よりも成長されてるんですよ。子どものままではないんですよ。

Qキリスト教ではイスラム教や仏教など他の宗教のことはどう思っているのでしょうか?

キリスト教ではイスラム教や仏教など他の宗教のことはどう思っているのでしょうか?
まちがっているので正しくないと思っているのでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは。一般的なクリスチャンの考え方をご紹介します。因みに当方異端的クリスチャンなので全くその点の考えは逆ですが・・・。
キリスト教では他の宗教は偶像崇拝だと考えており、偶像崇拝は聖書の中でイエス・キリストが禁止した行為なので、間違っていると考えています。またイエスこそが真実のメシア(救世主)であり、また父なる神そのものであり、そして精霊であると考えられています(それを三位一体と言います)。イエスはキリスト教徒にとって神と自分とを繋ぐ唯一の道であり、それ以外に道はなく(つまりイエスは神の唯一の子供という考え方で聖書でも「ひとり子」と表現されます。たまに「人の子」とも言われます)それゆえにキリスト教的見地から見れば、他の宗教は全て悪魔の宗教であり、到底認められるものではありません。したがって、本来聖書では他宗教の人間と結婚してはいけないという決まりを明記した項目がないにも関わらず、ノンクリ(ノンクリスチャン)とは結婚してはいけない。というような考え方を持っています。よって、結婚をしたい、付き合っている相手がクリスチャンで無い場合は、結婚前に洗礼を受けさせようと必死に説得する人が多いです。
そして周りのクリスチャンもまた絶対にノンクリとの結婚はしてはいけないと叫びます。
余談ですが、カトリックとプロテスタント(その中にさらに沢山の宗派があります。十字軍や長老派など)は現在ほぼ共存していますが、実際にプロテスタントの私があるシスターの薦めでカトリックの教会の礼拝に参加したときは、カトリックではないという理由で、聖餐式(ワイン=イエスの血 パン=イエスの身体を表す。イエス受難の前日弟子たちに「このパンを食べなさい。これは私の身体。このワインを飲みなさい。これは私の血」と言ってみんなで食事をした最後の晩餐が源。カトリック、プロテスタントどちらでもこの式を定期的に行う)に参加を許されず、司祭から「カトリックになることを祈ります」と言われたことがあります。
カトリック、プロテスタントに限らず、母教会(洗礼を受けた、教会員として登録されている教会)以外の教会の礼拝を受けることをあまり快く思っていません。
同じプロテスタントでも宗派が違うと、「あそこは悪い教会」となってしまいます。
どの宗教に限らず、宗教の人間は極端な価値観を持っています。
しかし、このような考えはキリスト教に限ったことではなく、例えばイスラム教でも異教徒との結婚は禁止されています。やはりイスラム教にとって、キリスト教は正しくない宗教として捉えられています。またユダヤ教にとってもイスラム教、及びキリスト教は正しくないと考えています。しかしこの三つは元々は同じメソポタミアの原始宗教から派生したものであり、根源は同じなのです。
それは民俗学として学ぶことができます。
沢山のサイトがありますのでまずは「キリスト教 宗派」と検索してみたり、或いは「民俗学 キリスト教」などと検索すると沢山でてきます。
ちなみに聖書についてですが、聖書には旧約と新約というのがあるのはきっとご存知だと思います。
ユダヤ教徒は旧約聖書しか持っていません。というのもユダヤ教徒はイエスを旧約で定義したメシアだと考えていないからです。クリスチャンが使う聖書にも沢山の訳本があり、カトリック、プロテスタントどちらでも使える聖書として「新共同訳聖書」というものがあります。
しかし、ミッション系スクールではこの訳本を使うところも結構あるのですが、実際プロテスタントの教会では「新改訳聖書」が一番良いと言われています。
私は新共同訳しか持っていませんし、新改訳はプロテスタントオンリーの聖書なので好きではありません。
そのほかに口語訳聖書などもあります。
出版社が異なる場合がありますのでこれも興味があったら検索してみてください。

さらに興味が増したという場合なのですが、故ヨハネ・パウロ2世(カトリック教会の第246代目の教皇です。今の教皇はベネディクト16世です)は1986年、世界の主たる宗教のトップを集めて平和への祈りを一緒に捧げたことがあります。
公式発表でも宗教の違いによる紛争に対して遺憾の意を表し和解を訴えました。
また、2000年にはカトリック教会の過去の過ち(まだプロテスタントが派生しなかった時代、魔女狩りなどをしましたね?それについてです)を謝罪したことでも知られています。
同じクリスチャンでも一般のクリスチャンと彼の考え方が微妙に違っていたことは興味深い点です。
また故マザー・テレサは聖書を正しく解釈していた人で、インドの死を待つ人達のためのホームでは宗教を問わず受け入れ、各々の持つ宗教を尊重していました。
多くの牧師・神父は(私の祖母もそうでしたが)死を目の前にする人間に対して改宗するよう呼びかけます。
何故ならキリスト教の一般的な考え方では、クリスチャンでなければ天国に入ることができないと考えられているからです。しかし、聖書には異教の人が死ぬときにはそのままで死なせてあげなさいという意味合いの箇所があります。

長くなりましたが結論として多くのキリスト教徒・及び教会は聖書の言葉を「文字通りに受け取っている」ので他宗教を正しくないと考えています。
ただし、聖書を深く読んでいた人程そういうことには拘りません。

こんばんは。一般的なクリスチャンの考え方をご紹介します。因みに当方異端的クリスチャンなので全くその点の考えは逆ですが・・・。
キリスト教では他の宗教は偶像崇拝だと考えており、偶像崇拝は聖書の中でイエス・キリストが禁止した行為なので、間違っていると考えています。またイエスこそが真実のメシア(救世主)であり、また父なる神そのものであり、そして精霊であると考えられています(それを三位一体と言います)。イエスはキリスト教徒にとって神と自分とを繋ぐ唯一の道であり、それ以外に道はなく(つま...続きを読む

Q仏教では・・

キリスト教では宇宙の誕生は神が創ったと言ってますが、仏教では宇宙の誕生はどう説明されているのですか?

Aベストアンサー

全ての森羅万象は因縁によって空より生じたと説かれています。

Q苦手な事はあえてやらなくてもいい?

人間には、向き、不向きがあります。
僕は、もの作りの仕事をしているのですが、性格的には1つのことに没頭するタイプです。
いっぽう僕は、人とのコミュニケーションが苦手で口べた、無口で、それがコンプレックスになっています。
もの作りの仕事は、基本的に一人で行います。没頭するし、面白いです。それだけ没頭できる自分の性格に感謝しています。しかし、人とのコミュニケーションを行って行かなければならないし、僕は強烈に、人とのコミュニケーションに飢えています。しかし、苦手です。しんどいです。それは、“良く見られたい”と思って無理をしているからでしょう。しかし、素の自分だと、本当に無口です。全く無口で話しません。
それだと、一緒にいてもおもしろくないと思います。だから、僕は、持ち前の没頭する性格で、人と上手く会話できるようにいろんな本を読みあさりました。いろんな人と会う努力もしました。
そして、結果、悲しい事に本来の自分ではなくなっている感じがするのです。ですが、本来の自分で受け入れられる人間関係では
僕の望む人間関係が構築できないと思ってしまいます。
例えば、遊びに行っても、無口すぎて会話がないので盛り上がらない。
僕は、遊びに行きたいんです。強烈に遊びに行きたい。しかし遊びに行っても盛り上がらなければつまらないし、遊びに行く気がしない。
やりたいけど、苦手なので、できない。やりたいことをやれ、と世間は言いますが自分がやりたい事と、やれることは違う。
こういうジレンマに陥っています。他人は、やりたい事をやっているように見えます。
仕事は、問題なくやれます。仕事大好きですがそればっかりじゃ、寂しいのです。一人だし。
生きるという事は、苦手な事も、克服しなければなりませんか?本来の自分がわからなくなってでも。。
何らかのアドバイスや感じられた事、お願いいたします。

人間には、向き、不向きがあります。
僕は、もの作りの仕事をしているのですが、性格的には1つのことに没頭するタイプです。
いっぽう僕は、人とのコミュニケーションが苦手で口べた、無口で、それがコンプレックスになっています。
もの作りの仕事は、基本的に一人で行います。没頭するし、面白いです。それだけ没頭できる自分の性格に感謝しています。しかし、人とのコミュニケーションを行って行かなければならないし、僕は強烈に、人とのコミュニケーションに飢えています。しかし、苦手です。しんどいです...続きを読む

Aベストアンサー

僕も無口で人付き合いは苦手です。
以前は、これがコンプレックスでしたが、今はそうは思いません。
自分で必要なときに必要なことさえ話せれば良いし、自分のやりたいこと、すべきことが出来れば良いと思っています。

さて、件名の件ですが、別に絶対的に必要な物でないなら、苦手なものはやらなくても良いと思いますよ。
ただ、それを克服することが自分にとって大きなプラスになると思うなら、やった方がいいでしょう。

それと、やりたいこととやれる事は違うと言うことですが、それでもやはりやりたいことをやるべきだと思います。

少し話が違いますが、僕は野球を会社に入ってから始めました。
正直始めた当初は運動未経験の女性並のレベルでした。
ある程度出来る様にはなりましたが、レベルが低いので盗塁なども出来ません。
つまり、野球の全てが出来る人よりも楽しさは味わえません。
ですが、最初より出来るようになった分だけでも、楽しさを味わえるようになりました。

人付き合いも、繰り返せばだんだん出来るようになります。そうすれば、初めは楽しくなくても楽しくなってきたりします。
遊びに行きたく無い人が無理に行っても意味はないと思いますが、貴方がそれを望むなら実行すべきだと思いますよ。

例えば、自分が話さなくても他の人が話せば場は盛り上がるし、人の話を聴いてるだけでも楽しめます。
それに慣れてくれば、自分の得意分野を話せば良いです。
なんでも、一気にやろうとせずに、少しずつできるようにすれば良いと思いますよ。

出来ることだけやっても、それが楽しくなかったら結局同じじゃないですか?
だったら、好きなことをやって、そこで楽しめるように努力したほうが良いと思いますよ。

僕も無口で人付き合いは苦手です。
以前は、これがコンプレックスでしたが、今はそうは思いません。
自分で必要なときに必要なことさえ話せれば良いし、自分のやりたいこと、すべきことが出来れば良いと思っています。

さて、件名の件ですが、別に絶対的に必要な物でないなら、苦手なものはやらなくても良いと思いますよ。
ただ、それを克服することが自分にとって大きなプラスになると思うなら、やった方がいいでしょう。

それと、やりたいこととやれる事は違うと言うことですが、それでもやはりやりた...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報