人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

堆積汚泥を浄化する方法について教えてください。

カテゴリ違いかもしれませんが、ご容赦ください。

裏山の奥に沼があります。そこから畑に使う水を引いているのですが、この沼は落ち葉が貯まりやすく、それらが沈殿してヘドロになるため、定期的にヘドロをひしゃくで掬っています。

できれば、もっと労力を少なく、ヘドロを浄化する方法があればと思うのですが、どのような方法があるのかはっきりしません。

もしよろしければ、沼に堆積したヘドロを浄化する効果的な方法をご存知でしたら、ご教授いただけないでしょうか。

よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

補足をします。

自分の回答読み返してみると、なんかビオトープの造り方と被ってたとです・・・。

<ブクブクなんかの巨大版
>エアポンプの購入
エアポンプ方式でも悪くはないのですが、散気管(空気の出る所)のタイプは棒状の方が効率上がります。
また、場合によっては水流発生装置等の方が効率上かもしれません(併用でも可)。
最近では商用化された装置が販売されていますのでいろいろ好みで組み合わせて併用したり応用する手もあるみたいです(実証実験もほぼ終了したった事なんですね。勉強不足でした)。

後、うっかりしてましたが、ぶっちゃけ電源の確保の事を忘れていました!すみません。
>沼自体は小規模で、畳3枚分程度
>深さは相当なもので、大人が頭まですっぽり入るくらいはある
電源を引っ張ってこれない場合や電気代節約の為に、ビオトープ用のソーラーポンプによる室外型噴水装置を設置する事でも応用可能です。噴水口部分は水上でも水中でもお好みで。心配事があるとするとヘドロ詰まりと磨耗等による故障等かな。
いづれにせよこれらの方法だと、設置時と時々のメンテナンスでの出費は抑えられそうにありませんね。もっと良い方法があれば良いのですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ソーラーポンプについて調べてみました。こんなのがあるのかと驚きました。

まずは色々試してみようと思っています。

本当に助かりました。ありがとうございます。

お礼日時:2010/07/15 02:08

どの程度の規模の沼かは分かりませんが、考えられる方法としては、


(1)落ち葉が貯まる前の段階で落ち葉を集める方法
1:春先等まだ芽吹く前に周囲の木々の枝打ちをある程度して葉っぱが茂るのを防ぐ。
2:落葉した時点で集めて葉っぱが沼に落ちない様にする。
3:上記の2つの事をせずその都度沼に落ちた葉っぱをその時点で根気良く回収する。
(2)ヘドロになってしまった葉っぱを排除する方法
1:沼の底に貯まったヘドロを出来る限り掻き出す。水を全部抜くのが手っ取り早い。
2:沼の底にポンプで空気や水を送り、水底の環境を改善させる事で、自浄能力を手助けする。
3:上記をやった上で水棲動物を放ち生態系を構築しなおす。但し、専門家の手助けも必要かも。
等の方法があります。
自分の考えとしては(1)の上記2つと(2)の方法を全部やった方が、その時の手間は掛かりますが、後は比較的楽になると思われます。めちゃくちゃ深い沼で水を抜くだなんてとても無理。だなんて場合は(2)の1は抜かしても構わないと思いますが。
まぁヘドロが汚くって触りたくもなぃ。なんていう場合もあるのかも知れませんが、
>労力を少なく、ヘドロを浄化する方法
の答えとしては(2)の2を行う事が手っ取り早くヘドロの浄化が進みやすくなる思います。これは全国各地の沼や湖でも行われてる方法ですが、様は対流を促進して湖底の酸素濃度を上げる事で分解速度を速める事でヘドロの浄化促進も可能な様です(まだ実証実験段階だったかも知れませんが成果は上がってるみたいです)。水槽にいれるブクブクなんかの巨大版でもいいのかも知れません。
山の所有者者がどなたかまでは分かりませんが、いづれにせよ問題解決は質問者の方だけでは無理かも知れませんね。行政や周辺の住民の方々の協力が得られれば良いのですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅れて申し訳ありません。

分かりやすい回答で、いくつかの対策法を思いつきました。

裏山の沼の周囲は竹林になっていて、枝打ちをしてもキリがありません。

沼自体は小規模で、畳3枚分程度ですので、細かい目の網を敷くことで対応しようかと思います。

ただし、深さは相当なもので、大人が頭まですっぽり入るくらいはあるかと思います。

エアポンプの購入も検討してみようかと思います。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2010/06/29 11:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q浜辺のヘドロは自然に浄化するのか

浜辺や磯の、砂や小石を掘っていくと、真っ黒く悪臭のする泥(ヘドロ)が出てくることがあります。

例えば、和歌山県田辺市や、旧日置川町の、一見綺麗な海でも、同じような状況に出会います。

質問は、

1)そもそも、ヘドロはどんな海にも発生しているのか

2)浄化は自然にできるのか

の2点です。


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

どんな沿岸部でも大なり小なりヘドロが発生しているものですが、小なりのうちは表面を砂礫が覆って次世代の生物が生活する苗床となることにより自然浄化も問題なく行われて循環型の環境が維持されるものの、この平衡を上回る大なりの状態になると自然浄化できなくなります。

ヘドロはもともと微生物から動植物に至る生物が分解した有機物なので、底に沈んで適度な砂礫で覆われていれば海底植物の苗床となって海底動植物圏を構成するのですが、産業廃棄物の有害物質が混入すると海底動植物圏を破壊して溜まる一方になってしまいます。

更に急激な増加を生む原因は産業廃棄物による有害物質よりも海流変化や災害などによって表面の重石になっている砂礫が取り除かれて海面まで巻き上げられてしまうもので、こうなると辺り一帯が酸素不足となってその水域の生物が軒並み死滅しますので、生物による浄化ができなくなり、海流が落ち着いてヘドロが沈み、砂礫で覆われて生物が返ってくるまでは浄化を望めなくなります。

河口近くを掘り下げると「こんな時代、こんなところにヘドロなんてあったの?」と思うような黒く細かなヘドロが出てくるのもこうした理由によるものです。

従って、ヘドロは何処の沿岸部にも発生するものであり、浄化は自然に行われてきたものです。

近年はヘドロを Biomass 燃料にする研究が行われているようですが、上手く行けば人工的に浄化できることにもなります。

どんな沿岸部でも大なり小なりヘドロが発生しているものですが、小なりのうちは表面を砂礫が覆って次世代の生物が生活する苗床となることにより自然浄化も問題なく行われて循環型の環境が維持されるものの、この平衡を上回る大なりの状態になると自然浄化できなくなります。

ヘドロはもともと微生物から動植物に至る生物が分解した有機物なので、底に沈んで適度な砂礫で覆われていれば海底植物の苗床となって海底動植物圏を構成するのですが、産業廃棄物の有害物質が混入すると海底動植物圏を破壊して溜まる一方...続きを読む

Qヘドロの正体は何?

ヘドロとは、一体何でしょうか?
微生物をはじめとする生物の死骸や排泄物等が降り積もって、それが「どうにかなって」ヘドロになる、という事は想像できます。
その、「どうにかなって」の部分がさっぱり分かりません。
何がどういう作用で働くと、有機物がヘドロ化するのでしょうか?ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えて下さい。

加えて、いちど蓄積したヘドロをどうにかして他の形に変えることもできるのでしょうか?例えばゴカイ等に食べさせるとか。。。

よろしくお願い致します。

最後になって申し訳無いですが、ここでいうヘドロとは水中に堆積するヘドロを指します。真っ黒い、ドロっとした物体です。

Aベストアンサー

へどろの定義を家庭排水からせいせいしたヘドロに限るとします。
SS成分をこうきせいで分解すると(一部けんき性が含まれますけど).活性汚泥になります。
活性汚泥は.分解が早いように管理していますが.管理していない状態(けんき性のまま放置して)がへどろです。

>変えることもできるのでしょうか?
酸素を入れて.ばっきすれば.分解します。ただ.コストと臭いの問題が大きいですね。両者を無視するのであれば.水で薄めて.池の上に噴霧する方法があります。
空気を仲に送り込んでも良く混ざらないので.水といっしょに吸い上げて.大気中に噴霧(こうきせいになる)する方法です。
たしか.皇居のおほり.で.溜まった水を噴水にして.吹き出して酸素を混ぜて湖面に戻す.なんてしていました。同じような方法です。同様な事は.あちこちのダムでも行われています。

ただ.農家の場合には.地面が比較的豊富にあるので.家畜糞尿処理施設に溜まったヘドロをバキュームカーで吸い取り.畑にまいて肥料代わりにしています。

Q庭の池を浄化させたいです!

こんにちは。
庭の池の浄化についての質問です。

うちの庭には、5m×3m×1mほどの小さい池があります。
単に雨水を貯めるだけの単純なものなのですが、昔はここにフナやら金魚なんかが泳いでいました。

しかしある年の夏の記録的な渇水によって干上がってしまい、それ以後は「死の沼」と化してしまいました…。

もう一度魚を増やそうと放流してみたのですが、今ひとつ定着しません。
そこで庭を掃く熊手で底を探ってみたところ、底に大量のヘドロが溜まっているらしいことが分かりました。メタンガスも発生しているようです。

やはりため池と同じように底をキレイに掃除する必要があると思うのですが、それには水を抜かなければなりません。

ここで質問なのですが、

●例えばホースなどを使って(時間はかかっても)手軽に水を抜くことはできますか?
(どうも排水のための穴が見当たらないので…)


●底を掃除した後、また雨によって給水されるのを待ちますが、再び生き物が棲める環境にするためにはどうすればいいでしょう?
近所の池や川の水を混ぜれば自然とバクテリアや藻類は増えるでしょうか?


以上2点について、ちょっとしたことで構わないので回答お願いします。

こんにちは。
庭の池の浄化についての質問です。

うちの庭には、5m×3m×1mほどの小さい池があります。
単に雨水を貯めるだけの単純なものなのですが、昔はここにフナやら金魚なんかが泳いでいました。

しかしある年の夏の記録的な渇水によって干上がってしまい、それ以後は「死の沼」と化してしまいました…。

もう一度魚を増やそうと放流してみたのですが、今ひとつ定着しません。
そこで庭を掃く熊手で底を探ってみたところ、底に大量のヘドロが溜まっているらしいことが分かりました。メタンガス...続きを読む

Aベストアンサー

池よりも低い場所に水を捨てる場所があればサイホンの原理を利用して水を抜けます。

ホースの中を水で満たして両端を手でふさいで片方を池の中に入れます。そうしたら池の中の方の手は離してしまってもう片方を水を捨てる場所まで持って行きます。そこで手を離してうまいこと空気が入らずにいれば気圧の力で池の水は反対側のホースの先の高さまでならば全部抜けていきます。



理由とかは「サイホンの原理」で調べてください。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング