ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

今年、初めてチンゲンサイを作りました。虫(?)にかなり食われましたが、おいしかったです。そのチンゲンサイなんですが、1ヶ月ほどでできますよね?だから何回も種を蒔いて採り続けたいと思っているんですが、同じ所に続けて作っても大丈夫でしょうか?連作というより連続作でしょうか?アブラナ科だから、あんまり良くないような気がしますが・・・。アドバイスお願いします。

A 回答 (2件)

実際には2~3作程度連作してもあまり問題はありませんが、アブラナ科なので連作すると根こぶ病が心配されます。



コレにかかった畑では数年は根こぶ病にかかりやすいアブラナ科野菜は作れなくなってしまいます。

アブラナ科野菜でもカブやハクサイは根こぶ病に弱く、大根は症状が出ません。(別にイオウ病なんかが心配ですが)

カブやハクサイは根こぶ病に抵抗性の品種があり、CRなんとか・・という名前がついていますが、チンゲンサイは抵抗性品種が育成されていないので、やはり連作は避ける方が無難でしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
心配なので、やめときます。

お礼日時:2003/07/19 13:50

連作しない方がいいみたいですね・・



参考URL:http://www.union-farm.com/07saibai_01.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
URL参考になりました。

お礼日時:2003/07/19 13:48

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小松菜とかは、連作はしないとありますが

小松菜とかは、連作はしないとありますが
我が家では、無農薬で野菜を栽培しています。
コンテナガーデンです。小松菜やラディシュは収穫できました。
9月に植えた1回目の収穫が終わりました。
もう一度、小松菜をまきたいのですが、連作という解釈は、1回植えた時点
で次は違うものを植えると云うことなのでしょうか。
本で調べてもよくわかりません。
教えて下さい

Aベストアンサー

連作障害は小松菜ならアブラナ科作物全体で起こります。
小松菜だけではなく、他のアブラナ科作物(ダイコン、カブ、ラッディッシュ
水菜、ハクサイ、キャベツ、ブロッコリーなど)
を作っても連作です。

小松菜の連作障害は白さび病が出やすいので、予防処置はしたほうがいいですよ。

白さび病の写真のURL
http://www.epcc.pref.osaka.jp/afr/zukan/117.htm


収穫した後、根や枯葉などの収穫残渣を取り除いてください。

無農薬では、太陽光、冬の天地返し(寒さ)、
熱湯での殺菌方法が考えられます。
有用微生物まで殺してしまうので、単体ではなく、
堆肥の投入ととセットで行った方がいいと思います。

病原菌の密度が高くなると病気が発生するので、
他の土を入れる(客土)や、堆肥を入れる事で密度を
低下させるのもある程度は有効です。

こういった事をなされば(通常はすると思いますが)
小松菜は連作障害は(ナス科、ウリ科に比べ)出にくいといえます。


アオムシとの共存は、やりたくてやっておられるのでしょうか。
繁殖させ続けるのは連作障害と変わらないと思います。

小松菜は寒冷紗や防虫ネットを被せるのは簡単ですし、
被害はかなり防げますよ。
マルチと併用すれば完全防除も可能です。

アオムシを育てたいなら、同様にネットの中で行ってください。
他人に迷惑がかかります。(殺される命が増えます。)
自然の中で繁殖する方が、蝶も蛾も幸せだと思いますよ。

連作障害は小松菜ならアブラナ科作物全体で起こります。
小松菜だけではなく、他のアブラナ科作物(ダイコン、カブ、ラッディッシュ
水菜、ハクサイ、キャベツ、ブロッコリーなど)
を作っても連作です。

小松菜の連作障害は白さび病が出やすいので、予防処置はしたほうがいいですよ。

白さび病の写真のURL
http://www.epcc.pref.osaka.jp/afr/zukan/117.htm


収穫した後、根や枯葉などの収穫残渣を取り除いてください。

無農薬では、太陽光、冬の天地返し(寒さ)、
熱湯での殺菌方法が考えら...続きを読む

Q苦土石灰のまき方について

苦土石灰をまいたままにしてしばらく放置している畑をよく見かけます。まいてすぐ耕すものと思っていたのですが、時間をおくのは何か意味があるのでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは、
土壌改良剤としての代表的な石灰として、苦土石灰と消石灰があります。
苦土石灰・・空気にふれても、変化しないので取り扱いが便利です。他の肥料と直接まぜないかぎり、土にまいてすぐに、作付けができます。
消石灰・・空気の中の炭酸ガスと反応します。消石灰は土にまぜて、7~10日放置した後、元肥をやり、種や苗を作付けします。

畑にまいたまま放置しているのは、消石灰ではないのでしょうか、苦土石灰では意味がないように思います。消石灰でも、土に混ぜたほうが良いと思いますが、撒きムラがあった場合、消石灰の塊が土の中で安定しにくいので少し放置しているのだと思います。まあ、ほとんどの人はそこまで知らなくて、「昔からそうしている」「隣の人がそうしている」から、という理由でしていると思いますよ。

Q庭の落ち葉をベランダで腐葉土にするには?

今後、庭で剪定した広葉樹の葉やゴーヤの葉がごみ袋に5袋分ぐらい出そうで、できれば、これらの葉を腐葉土し、来年以降に、ベランダガーデニングか庭木に再利用したいと思います。

隣家とあまり離れていないことと見栄えの観点から、庭にコンポストなどを設置せず、2Fのベランダでコンパクトに腐葉土を作りたいと思います。

主目的は、自分の家の落ち葉をできるだけごみに出したくないということであり、良質な腐葉土ができなくても構いません。

下記HPによると
http://allabout.co.jp/interest/gardening/closeup/CU20051120A/index.htm
”腐葉土作りは、厚手の丈夫なビニール袋などを使ってもできますので、ベランダなどでも作ることができます。使用するビニール袋には、水抜き用の穴と空気穴を数箇所開けておきましょう。”とありますが、実際にベランダでビニール袋で落ち葉を使って腐葉土を作られたことがあるかたの体験談をお聞かせください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ビニール袋はお勧めしません。

上のほうは干からび、下のほうは腐敗することが多いです。
腐敗菌は青枯病菌なんかの菌も居ますので、
腐敗しやすい状態で無理やり作るのは、自己満足で植物を枯らすだけです。
混ぜにくくもあるので、余計な手間がかかります。

コンポスト用のバケツや箱を使う方が無難ですよ。
発泡スチロールの箱なんかもお勧めです。
冬にも十分に発酵してくれるのでたくさん作れます。
発泡スチロールの箱をミミズコンポストにするなら、
冬でも外に置けますし、活動し続けます。


そのサイトに記載されていないコツを書いておきます。

堆肥作りを始める前に枯らすか、出来る限り水分を抜いてください。
発酵に水は必要ですが、水分が多すぎると腐敗します。

材料に石灰をまぶしてください。
材料の細胞が破壊され、細胞内部の水分が出やすくなり
腐敗菌の繁殖を妨げ、臭いも抑えられます。
発酵も早くなります。

最後の仕上げに必ず硫安なんかの窒素肥料を入れて、
よくかき混ぜて酸素を供給し、高温を発生させてください。
はじめから石灰窒素を使った方が楽なのですが、
それぞれ単体でも構いません。

炭素の分解に窒素が使われますが、枯葉は炭素率が高いので
自然には高温発酵されません。
窒素と酸素を供給することで高温発酵させて仕上げます。
余計なものを焼き殺す作業ですね。

堆肥作りと関係ありませんが、完熟前の堆肥は使い道があります。
高温発酵させられるので、冬場には温床として使えます。
何かの苗作りや霜よけに使えますよ。

ビニール袋はお勧めしません。

上のほうは干からび、下のほうは腐敗することが多いです。
腐敗菌は青枯病菌なんかの菌も居ますので、
腐敗しやすい状態で無理やり作るのは、自己満足で植物を枯らすだけです。
混ぜにくくもあるので、余計な手間がかかります。

コンポスト用のバケツや箱を使う方が無難ですよ。
発泡スチロールの箱なんかもお勧めです。
冬にも十分に発酵してくれるのでたくさん作れます。
発泡スチロールの箱をミミズコンポストにするなら、
冬でも外に置けますし、活動し続けます。
...続きを読む

Qジャガイモの後に植えて良い野菜は?

野菜作りを始めたばかりで分からないので教えて下さい。
今ジャガイモをちっさな畑で育ててます。収穫後、また何か野菜を作りたいのですが、どんな物なら育てて大丈夫でしょうか?教えて下さい。

Aベストアンサー

何が良いかというよりは、何が悪いかを把握するべき問題だと思います。

質問者の場合は、連鎖障害を気にしている問題だと思いますが、
じゃがいもはナス科の植物ですが、同じナス科の植物を同じ所で育て続けると
連鎖障害が発生しやすいので、じゃがいも・ナス・トマトなどのナス科を避けて
キャベツ・大根などのアブラナ科の様な違う「科」に属する植物を植えると
連鎖障害を防ぐ事が可能になります。

ちなみに、ナス科以外の植物としては
イネ科=とうもろこしなど
豆科=えだまめなど
ユリ科=長ネギ・たまねぎ、などがあります。

いろいろな野菜を植えているのであれば、
毎回場所を変えてローテーションで育てる様に工夫してみましょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報