マンガでよめる痔のこと・薬のこと

10年位前の少女マンガだったと思いますが、市松人形の様な女の子が、目の見えない設定なんですけど確か見えていたと思います。
物静かな男の子が、その女の子をかまって(身の回りの世話?)いて、同級生だと思う女の子が、二人の家?に来て出されたお茶をワザと目の見えない子にかける。
それを、男の子が、風呂場に連れて行く。
家の雰囲気は日本家屋で椿の花が、咲いていたと思います。
女の子は着物姿だったと…。

覚えているのは、こんな感じで自分が小中学生くらい(10年位前?)に見てたのが、小コミ、なかよし、りぼんだったので、その辺で、読んだんではないだろぅか?とそこもうろ覚え、タイトルも作者も思い出せないのですが、誰か心当たりのある方ゎ、いませんか?
何か引っかかるような物が、あれば教えてもらえれば幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

椿で人形みたいなおかっぱの着物少女で覚えてるのは


河惣益巳「玄椿」白泉社隔月誌「MELODY」掲載2000年~連載中
    • good
    • 0
この回答へのお礼

教えて頂いた玄椿調べてみましたが、自分が探していた物とは違いました。
もっと、今時の画風にだったと…。
でも、ありがとぅございました。

また、何かありましたらお願いします。

お礼日時:2010/06/26 00:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング