質問投稿でgooポイントが当たるキャンペーン実施中!!>>

ドイツ語のuberはどう訳せばいいのでしょうか。
お世話になります。
英語の原書に"He uber Johann Sebastian Bach."とあるのですが、
この"uber"("u"の上に点がふたつ付いています)と上記の文章はどう訳せばいいのでしょうか。
ドイツ語がまったくわからないため、ご教示のほど
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 uber (u の上に点々)の意味は#1さんのおっしゃる通りです。



 形は英語の over の親類で、意味は on に似て「~について」とか「~に関して(の)」となる時もあります。

 ですから本や論文の題なら「JSバッハについて」「JSバッハ論」のようにもなり、文の中では「(彼は)JSバッハについて(こう言っている)」ともなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々にご教示いただき、ありがとうございました。
ご丁寧に解説して頂いたおかげでとてもよくわかりました。
助かりました。
感謝いたします。
お礼が遅くなり、申し訳ございませんでした。

お礼日時:2010/07/04 00:47

英語の本にHe uber Johann Sebastian Bachとある、とは前後とノ関連がふめいでは、困りますね。


”he"は英語で"ueber J. S. Bach"はドイツ語ですから、ここの単語の並びだけでは"意味が分りかねます”。敢えて勘ぐれば”No.1さんも No.2さんも”正解と取れます。
"He over J. S. Bach"とか”He on J. Bach" では英語になりませんね。bamizo さんもう一度原文を読まれることをお勧めします。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そうそういご教示いただき、ありがとうございました。
お礼が遅くなりましたこと、お詫び申し上げます。

お礼日時:2010/07/04 00:46

ueber(ウムラウトの代用表記は e を添えます)は基本的に「上へ」比喩的に「越えて、勝って」ということです。


「J.S.バッハを越えた彼」でしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々にご教示いただきありがとうございました。
お礼が遅くなりましたこと、お詫び申し上げます。

お礼日時:2010/07/04 00:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qドイツ語、das と es の使い分け

ドイツ語、das と es の使い分けがよくわかりません。es は英語でいえば it, das は英語でいえば this に似ていますか?das のほうが具体性を帯びているのでしょうか?

Aベストアンサー

>es は英語でいえば it, das は英語でいえば this に似ていますか?

おおよそそう言えます。人称代名詞と指示代名詞の違いということです。

前出の名詞(中性単数)を受けるとき das を使うと強意的です。

Ich nehme es.(普通)
Ich nehme das.(強調)
また Das nehme ich. のように倒置してさらに強調することもあります。 *Es nehme ich. とは普通言いません。三人称の人称代名詞はアクセントをもたないからです。

前出の名詞を受けずに、今から指し示すときは他のヨーロッパ語と同じように性数にかかわらず das を使います。

Das ist eine Pfeife.「これ(それ)はパイプです」

遠近はあまり問題にしません。dies(es)「これ」jenes「あれ」はペアをなして対照的に言うときによく用いられます。

前出の名詞受けずに使われる es は仮主語として後出の名詞や名詞句を受けたり、非人称動詞の主語、虚辞です。

Es war einmal ein Koenig. = There once lived a king.
Es friert mich.「私は寒い」
Ich habe es eilig.「私は急いでいる」

他に es は前出の名詞を性数にかかわらず受けているときや、形容詞や補語名詞を受けるときもあります。

>es は英語でいえば it, das は英語でいえば this に似ていますか?

おおよそそう言えます。人称代名詞と指示代名詞の違いということです。

前出の名詞(中性単数)を受けるとき das を使うと強意的です。

Ich nehme es.(普通)
Ich nehme das.(強調)
また Das nehme ich. のように倒置してさらに強調することもあります。 *Es nehme ich. とは普通言いません。三人称の人称代名詞はアクセントをもたないからです。

前出の名詞を受けずに、今から指し示すときは他のヨーロッパ語と同じように...続きを読む

Q会社名の後につくInc.とは?

こんにちは。
会社名の後につく、Inc.とは、どういう意味でしょう?会社の法的な位置付けをあらわしていると思うのですが、実際の所どうなんでしょう?1.日本語でどういう意味か、2.英語の原型はどういうかたちか。教えて下さい。


ちなみに、co.,ltd.はcompany limited か、または、cooperation limitedで、株式会社(有限責任)の意味ですよね??


回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

inc.は
incorporated の略で
「一体化した,法人組織の」の意味だそうです。
「有限責任の」の意味もあります。

映画「モンスターズ・インク」のインクもこれですね。

Qドイツ語の auf の意味がわかりません

ドイツ語のテキストのある課の見出しが "Auf der Post" なのですが、ここの "auf" が辞書のどの定義に該当するのかわかりません。辞書の一番目の定義は「の上に」ですが、どういう場所を示す名詞のときに "auf" を使い、別の名詞の時に別の前置詞を使うのかがまだ理解できていません。"auf" はやはり場所を示す前置詞ととるべきだと思いますが、どういうときにこの前置詞が使われるのでしょうか。in der Post との違いは?

Aベストアンサー

No1の補足ですが、普段はaufを使うわけですが、inが使用可能な場合も絶対にないとは言えないと思います。郵便局を「切手を買ったり手紙を出したりする用をする場所」と捉えたら、aufを使うわけですが、あまりノーマルな場合でなく、単純に「郵便局という建物の中で」を表現したい場合は、inもあるかと思います。「明日郵便局で落語会が催される」とか、「郵便局で財布をなくした」などの場合なら、inも使えると思います。
(使用例は見たことはありませんので、悪しからず)
それから、トイレの場合は、あるドイツ人が(ちょっとこじつけくさいのですが、)in der Toiletteというと、便器の中を想像する、と言ってたことがあります。

Qドイツ語のnichtとkeinの使い分け方を教えてください。

ドイツ語のnichtとkeinの使い分け方を教えてください。
定冠詞がなければすべてkeinですか?

Aベストアンサー

nicht と kein の使い分けについて

1)不定冠詞つきの名詞を否定するにはkeinを用いる:
Er hat einen Fehler gemacht.→Er hat keinen Fehler gemacht.

2)無冠詞の名詞を否定するにはkein を用いる。 
これには物質名詞、
無冠詞の複数(単数ならばein がつくべきもの、Zucker/Salz/Mehlなど)、
抽象名詞(Lust/Mut/Erfolg/Idee/Gedanke/Ahnungなど)
など、がある。
Er hat Kinder.→Er hat keine Kinder.
Ich trinke Wein. →Ich trinke keinen Wein.
Ich habe eine Idee. →Ich habe keine Idee.
Ich habe Ahnung. →Ich habe keine Ahnung. (Keine Ahnung!)

3)無冠詞でも、その名詞が動詞と綿密に結びついている言い回しや、als と結んだ名詞などはkeinでなくnichtで否定する:
Ich weiß Bescheid. →Ich weiß nicht Bescheid.
私はそのことを知っている。→私はそのことを知らない。
Ich bin hier als Arzthelferin, nicht als Krankenschwester.
わたしはここで、看護婦ではなく、医療助手として働いています。

4)定冠詞、指示代名詞、所有代名詞などが着いて、特定の物を表す名詞はnichtで否定する:
Mein Vater leiht mir sein Auto. Aber mein Bruder leiht mir sein Auto nicht.
Das ist mein Buch. → Das ist nicht mein Buch.

その他:nicht, keinのどちらを使ってもよい場合、あるいはどちらで否定するかによって意味が異なる場合がある。
Er ist kein Deutscher, sondern Österreicher.
Er ist nicht Deutscher, sondern Österreicher.
Ich habe keinen Cent mehr. Ich habe nicht einen* Cent mehr.私にはもう全く金がない。
Ich gebe für dich nicht einen Cent aus.お前には一銭たりともやらない。
*kein=nicht einと書き換えることができます。会話の時そのeinを強調して言います。

-------------------------------------------------------------------------
nicht と kein については、文法の終わりの方で習うくらい、文法として習うとややこしいことですが、使い慣れてしまうと、たいしたことはないと思います。 教科書に出てくる例文を暗記するのが理解の近道です。 
上のやさしい文には訳を略しました。

参考URL:http://www.canoo.net/services/OnlineGrammar/Satz/Negation/Negationswort/kein-ein.html

nicht と kein の使い分けについて

1)不定冠詞つきの名詞を否定するにはkeinを用いる:
Er hat einen Fehler gemacht.→Er hat keinen Fehler gemacht.

2)無冠詞の名詞を否定するにはkein を用いる。 
これには物質名詞、
無冠詞の複数(単数ならばein がつくべきもの、Zucker/Salz/Mehlなど)、
抽象名詞(Lust/Mut/Erfolg/Idee/Gedanke/Ahnungなど)
など、がある。
Er hat Kinder.→Er hat keine Kinder.
Ich trinke Wein. →Ich trinke keinen Wein.
Ich habe eine Idee. →Ich habe keine Idee.
Ich habe A...続きを読む

Qドイツ語の「ein」と「eins」の違い

ドイツ語について質問です。

「ein」と「eins」の違いはなんですか。

また、一番という単語はなにになるでしょうか。
「ein」や「eins」には含まれますか?

英語での例えの表記も教えていただくと助かります。

Aベストアンサー

eins は後ろに名詞をともなわないとき「一つ、一人、一時、一番」など

Eins, zwei, drei, vier... 一、二、三、四…(数えるとき)
Es ist eins. (=It is one.) 一時だ。
die Note eins (成績の)優・最上位(一番の成績)
eins von uns (=one of us) 我々のうちの一人

「1という数・1という数字」女性名詞扱いし大文字で書き始める

eine Eins(1個の1)
die Eins(その1の字)

また、単独で「(成績の)優」にも(=Note eins)

eine Eins geben 「優を与える」。これは複数形にもなりえます。drei Einsen haben 「優が三つある」

ein は後ろに名詞をともない、「一つの(アクセントをもつとき)」、不定冠詞(アクセントをもたないとき)
名詞の性・格により語尾変化します。

ein Mann 「一人の男・(ある)男」 one man / a man


「一番・最初」は序数詞 erst- (=first) を使い

Wer ist der erste? (=Who is the first?) 「誰が一番だ」
der erste Weltkrieg (= the first world war) 第一次世界大戦

上記のように eins /Eins を成績評価の一番に使うこともあります。

eins は後ろに名詞をともなわないとき「一つ、一人、一時、一番」など

Eins, zwei, drei, vier... 一、二、三、四…(数えるとき)
Es ist eins. (=It is one.) 一時だ。
die Note eins (成績の)優・最上位(一番の成績)
eins von uns (=one of us) 我々のうちの一人

「1という数・1という数字」女性名詞扱いし大文字で書き始める

eine Eins(1個の1)
die Eins(その1の字)

また、単独で「(成績の)優」にも(=Note eins)

eine Eins geben 「優を与える」。これは複数形にもなりえます。drei Eins...続きを読む

Q円⇒ユーロにしたいが、どこが一番お得でしょうか?

このお盆にフランスへ旅行予定です。

どこでユーロに換金するとお得なのでしょうか。
銀行、チケットショップ、現地の銀行…etc

どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

フランスに行ってから両替すると損しますよ。「どちらでも変わらない」というのは何かの間違いでしょう。

現地通貨を準備する方法としては大別して
(1)日本でユーロ現金に両替
(2)現地で日本円現金からユーロに両替
(3)ユーロ建てトラベラーズチェック(以下TC)を現地で換金
(4)円建てトラベラーズチェックから現地で両替
(5)クレジットカードでショッピング
(6)クレジットカードを使い現地ATMでキャッシング
(7)国際キャッシュカードを使い現地ATMで引出す
の7つがあります。

それぞれの最終的なレートを比較すれば答えが出るわけですが、その前にレートに関する用語をいくつか整理させてください。
・銀行間取引レート 外国為替市場においてその名の通り、銀行間の取引きに用いられるレート。ニュースなどで報じられているレートは、特にことわりのない限りこの銀行間取引レート。顧客はこのレートでは取り引きできず、外貨を買う場合も売る場合も必ずいくらかのマージンを払うことになる。
・公示仲値(TTM) 上記の銀行間取引レートを睨みながら、銀行が一日一回(銀行によっては数回)、取引きの基準として定めるレート。銀行間取引レートは常に変動しており、窓口での取引に銀行間取引レートを使うと処理が煩雑になるため。公示仲値と銀行間取引レートの数字はほぼ同じとみなせる。
・対顧客電信売レート(TTS) 顧客が外貨預金をしたりTCを組んだりする際に適用されるレート。公示仲値に一定の幅を上乗せすることで機械的に計算される。上乗せの幅は銀行によって異なる。また当然、通貨によっても変わってくる。
・クレジットカード会社が定める通貨間換算レート クレジットカード会社も銀行と同様に、外国為替市場での取引きレートを見ながら各通貨間の換算レートを毎日決定する。銀行間取引レート/公示仲値/クレジットカード会社が定める通貨間換算レートの三つは、実質的に同じ数字になると考えてよい。

まず(1)の日本でユーロ現金に両替ですが、レートは1ユーロ当たりTTM+6~7円が標準です。例えばTTMが1ユーロ=146円00銭なら、銀行の窓口では1ユーロ当たり152~153円を払ってユーロ現金を入手することになります。
その中で三井住友銀行など一部の銀行は、ユーロの現金両替レートをTTM+4円に設定しています。他行に比べ1ユーロ当たり2円得です。また関西空港ですと、泉州銀行がこれより僅かですが良いレートを出しているようです。
チケットショップは「銀行よりお得なレート」を宣伝文句にしていますが、ユーロの場合は必ずしも得と言えません。私が今まで見つけた中ではTTM+5円が最安で[1]、確かに銀行の一般的なレート(TTM+6~7円)よりは有利なのですが三井住友銀行のTTM+4円には劣ります。
多少の手間や時間がかかっても良ければ、民間の両替商[2]を利用する手もあります。レートはTTM+3円で、日本でユーロ現金を入手する場合のレートとしては私の知る範囲で最安です。

次に(2)ですが、冒頭述べたようにこれは避けるべき方法です。まずレートの設定がよくありません。行き先の国や両替する銀行にもよりますが、円→ユーロのレートはだいたいTTM+7~10円に設定されています。しかもこれに加えて両替1回ごとに手数料を徴収するところが大半で踏んだり蹴ったりです。

(3)はヨーロッパの場合はあまりお勧めしません。アメリカと違ってそのまま支払いに使える場所が少なく銀行や両替商で一度換金して使うことになりますが、その換金手数料が小さくないためです(これを見落としている回答が少なくありません)。一応レートの数字を示しておきます。

日本の銀行でユーロ建てTCを組む場合に適用されるレートはTTSです。ユーロのTTSは1ユーロ当たりTTM+1円50銭というのが標準的な設定です。また発行手数料が1%(*1)かかります。これだけならさほど悪くないのですが、現地で換金手数料が2~3%程度かかるのが痛い点です。
例えばTTMが1ユーロ=146円00銭のときに1000ユーロのTCを組んで現地で換金したとします。まず日本でのTC発行時に
(146.00+1.50)×1.01×1000 = 148,975円
を払います。
現地での換金時に2%の手数料を差し引かれ、手取りは980ユーロ。実質的なレートは
148975÷980 = 152.02円/ユーロ
となり、レート的なメリットは小さいことになります((1)のように三井住友銀行などで両替した方が得)。なお換金手数料は「AMEXブランドのTCを、AMEXのトラベルサービスオフィス[3]に持ち込む」などとすれば回避可能で、レート的には多少よくなります。

ユーロ建てTCを使う方法はいくつかの前提条件を満たせるなら最も有利な両替法となり、その場合TTM+1円でユーロ現金を手にできます。ご興味があれば[4]をご覧ください。

(4)は(2)と同じ理由(レートが悪い、換金時に手数料を徴収される)からお勧めしません。

(5)のクレジットカードでのショッピングですがVISA、master、JCBの場合、引落し額はTTMに1.6%を加算したものが目安です。(TTMが1ユーロ=146円00銭なら、引落し額は利用額1ユーロ当たり148円33銭程度。なお「TTM+1円」というのは何かの間違いと思われる)
一般に両替よりレートが有利で使い残しの心配もありませんから、クレジットカードをメインに使うのはヨーロッパではうまい方法です。
なおIC付きクレジットカードの場合、フランスですとサインに代えて暗証番号の入力を要求されることがあります。日本出発前に暗証番号を確認しておくことをお勧めします。

(6)は意外に有利な方法です。適用レートは「クレジットカード会社が定める通貨間換算レート」(TTMとほとんど同じ)です。これに利息が加算されますが、年利が25~30%程度、利用日から引落し日までは25~55日くらいですので、利息の額としては2~4%です。「金利を含めても一番お得な方法」とは言えませんが、現地で現金が足りなくなった時などは利用価値があります。
ご興味があれば[5,6]などをご参考に、お持ちのクレジットカードの会社で利用法を確認ください。

(7)の国際キャッシュカードは新生銀行やシティバンク銀行のものが有名です。(6)と同様に現地ATMで現地通貨を引き出せて便利ですが、レートはそれほど良くはありません。レートの目安はTTMに4%加算です(カードによって多少異なります)。

【結論】
身の回り費用程度(200~300ユーロ)の現金なら、銀行をよく選んだ上で日本で両替するのが有利かつ手軽です。それ以外の出費は極力クレジットカード払いにするとよいでしょう。

参考ページ
[1] 金券ショップの一例 http://gaika.e-daikoku.com/
[2] http://www.btgp.org/BTG%20CashForex.htm
[3] AMEX換金場所 http://www.americanexpress.com/japan/tcheques/tc/tcheques_exchange.shtml
[4] http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2317598
[5] http://www.nicos.co.jp/hp_trvl/overseas/os_cash.html
[6] http://www.dccard.co.jp/useful/money/o_atm.shtml
[7] 通信販売業者「セシール」 http://www.cecile.co.jp/travelers_cheque/

*1 銀行や業者によってはこれより安い手数料で発行してくれるところもある。多額の現金が必要でどうしてもTCにする場合は「通販業者セシール[7]でTCを購入+現地のAMEXオフィスや提携金融機関で換金」とすれば、目減りは最小限に抑えられる(セシールのTCのブランドはAMEX)。
*2 厳密には「クレジットカード会社が定める通貨間換算レートに海外利用手数料を加算した額」。海外利用手数料はVISA, masterが1.63%、JCBが1.60%。カードによっては若干異なる場合もある(例えばセゾンVISA/masterは1.60%)。
換算レートは「利用データがクレジットカードのデータ処理センターに到着した日(利用から2~3日程度)」のものが適用される。(利用日当日や、銀行引落し日のレートではない)

フランスに行ってから両替すると損しますよ。「どちらでも変わらない」というのは何かの間違いでしょう。

現地通貨を準備する方法としては大別して
(1)日本でユーロ現金に両替
(2)現地で日本円現金からユーロに両替
(3)ユーロ建てトラベラーズチェック(以下TC)を現地で換金
(4)円建てトラベラーズチェックから現地で両替
(5)クレジットカードでショッピング
(6)クレジットカードを使い現地ATMでキャッシング
(7)国際キャッシュカードを使い現地ATMで引出す
の7つがあります。

それぞれの最終的なレ...続きを読む

Q丁寧な言葉で「教えてください」を表現するには?

おはようございます。
こちらではいつもお世話になっております。

こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。
この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。

●質問●
そこで質問なのですが、丁寧な言葉で「教えてください」と伝えるための表現にはどのようなものがあるでしょうか?

できれば↑のように「どのようなものがあるか」と問うことで教えてもらうというものではなくて、「教えてください」という言葉にそのまま換われる表現を知りたいです。
また、国語のカテゴリで質問しているのに恐縮ですが、文法的に間違っていたとしても一般的に違和感のない表現であれば構いません。

みなさんが普段使ってらっしゃる丁寧な表現をぜひ知りたいです。
よろしくお願いいたします。

※「ご教示願います」という言葉も見かけるのですが、目上の方には使いにくい響きがある気がしてしまいます。この言葉の言い換えや言葉尻を変えるだけで言いやすくなる…なども教えていただけると助かります。

おはようございます。
こちらではいつもお世話になっております。

こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。
この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。

●質問●
そこで質問なのですが、丁寧な言葉で「教えてください」と伝えるための表現にはどのようなものがあるでしょうか?

できれば↑のように「どのようなものがあるか」と問うこと...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。

「教えていただけますか?」

が一番です。
女性的な上品さを持ち、かつ簡潔で、ひらひらした装飾部分がなく、理知的なイメージを与えます。

やや、丁寧なヴァリエーションは
「教えていただけますでしょうか?」
があります。

ここまでが限度ですね。それ以上の敬語(丁寧語)の装飾を施しますと、妙に軽薄なオーラが漂います。

ちなみに「ご教示」という言葉は、漢語ですので、男性的な堅さを醸し出します。女性にはエレガントではありません。

また、「~ませんか」「~ないでしょうか」という否定語との複合語は、相手に「~してくれないということはありませんよね」という二重否定の婉曲表現になっていますから、遠まわしで、素直な感じがしません。ここは素直に「~くれますか」といった肯定形が、率直でストレートに伝わります。

要は好き好きですので、ご参考になさって下さい。

Qドイツ語 人称代名詞と指示代名詞

テキストに次の文が載っています。
Kaufst du den Fernseher? Ja, ich kaufe ihn. (人称代名詞)
Der hut gefaellt mir. Den mehme ich. (指示代名詞)
これをつぎのようにいってもいいのでしょうか。
Kaufst du den Fernseher? Ja, ich kaufe den.
Der hut gefaellt mir.  Ihn mehme ich.
どのように使い分けるのかまったくわからず困っています。
どなたか教えていただけるとありがたいのですが。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

訳し分けるのは難しいことがありますが、一般的に人称代名詞は意味が弱く、前出の語を受けますが主語や目的語の位置を埋めるもので訳さなくてもいいことが多く、対して指示代名詞は意味が強く「ほかならぬそれ・それこそ」といったようなニュアンスを持ちます。

Kaufst du den Fernseher? Ja, ich kaufe ihn.
そのテレビを買うの - うん、買うよ
Der Hut gefällt mir. Den nehme ich.
その帽子気に入った。それに決めた

指示代名詞の der は意味の強めとアクセントがあるため文頭に出ることが多く、Ja, ich kaude den. には不自然さがあります。また人称代名詞は(とくにものを受けるときは)アクセントを持たず語順を変えるほどの力を持ちません。そのため *Ihn nehme ich. は不自然というよりほぼありえません。

da(r) と前置詞が結びついた一連の代名詞的な副詞がありますが、これらも da(r)- にアクセントがあるときは文頭に来ることが多くなります。

Dárin irrst du dich. 君が間違っているのはまさにそこなんだ。(darin = in dem)
Du irrst dich darín. 君はその点で間違っている。(darin = in ihm)
※ただしカッコ内が使われるのはまれ。「意味的に」ということ

訳し分けるのは難しいことがありますが、一般的に人称代名詞は意味が弱く、前出の語を受けますが主語や目的語の位置を埋めるもので訳さなくてもいいことが多く、対して指示代名詞は意味が強く「ほかならぬそれ・それこそ」といったようなニュアンスを持ちます。

Kaufst du den Fernseher? Ja, ich kaufe ihn.
そのテレビを買うの - うん、買うよ
Der Hut gefällt mir. Den nehme ich.
その帽子気に入った。それに決めた

指示代名詞の der は意味の強めとアクセントがあるため文頭に出ることが多く、Ja, ich ka...続きを読む

Qドイツ語 zahlenとbezahlen

初歩的な質問でお恥ずかしいですが、Zahlenとbezahlenの違いは何でしょうか?
Zahlen,bitte.とは言いますが、Bezahlen,bitte.とは聞いたことがないような・・・
どちらも他動詞、自動詞用法が載っています。この2つの動詞は基本的には置き換え可能なのでしょうか?
Kann ichi mit Kreditkarte zahlen?
Heuzutage bezahlen viele Leute mit einer Kreditkarte.
zahlen in bar , zahlen in Raten
das Taxi bezahlen, das Hotelzimmer bezahlen, die Miete bezahlen等々

いつでも構いません、お時間がおありの時にお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。
これは結構ややこしい問題なんです。基本的には、zahlenは、目的語なしで自動詞としても使えるので、漠然と「お金を払う」という意味でも使いますが、他動詞としても使えるので、bezahlenと置き換え可能な場合もあります。bezahlenの方は、be-という接頭辞でも分かるように、他動詞であることをより明確にした形です。何を払うか、その対象がはっきりすると考えてもいいのですが、そう簡単でもありません。確かに、レストランなどでは、Bitte, zahlen!ということが多いですが、これは、話し言葉はより短くなるということで、Bitte, ich möchte bezahlen!と言うこともできるようです。
基本的に、zahlenを使うのは、まず、具体的な金額を言う場合、100 Euro zahlenなどや、税金、給料、家賃など、その語だけでお金とわかるもの、支払う責任があるお金の場合、例えば、Steuer zahlenなどです。直接お金に結びつかないものにも使い、しばしば3格を伴って、「~のために払う」という形になります。Ich zahle dir das Bier.などのような言い方です。しかし、3格を伴わず、単純に他動詞として、Ich zahle zwei Bier, das Schnitzel und den Kartoffelsalat.という言い方をもします。いずれにしても、お金を払うという行為そのものの方に重点が置かれます。
bezahlenの場合は、対価として支払うものがあるとき、支払う対象がはっきりしている場合と言えるでしょう。仕事や手間、労働、商品などです。例えば、誰かに何かを頼んで、「君にお礼を支払わなければね」と言うときは、Ich muss dich bezahlen.ですし、タクシーの運転手に料金を支払うときは、den Taxifahrer bezahlen.です。「料金を払う」ことの方に重点が置かれれば、die Fahrkosten zahlenでよいのだと思います。
いずれにしても、置き換え可能な場合も多いですが、使い分けもあるということで、いろいろなケースを体験してだんだん慣れるしかないでしょう。下の日本語のサイトで、zahlenとbezahlenを比較している人がいますので、参考になると思います。

http://www.tufs.ac.jp/ts/society/seino/idskorpora/matsuzaka11.htm

ドイツのQ&Aサイトにも同様の質問があって、回答している人は、「難しい質問だ」と言いつつ、具体例を挙げています。こちらも参照してください。

http://forum.wordreference.com/showthread.php?t=255664

この問題は、ネットで検索すると、たくさん記事が出ると思います。もう一つ、内容は以上と同じようなものですが、御紹介しておきます。

http://richtiges_gutes_de.deacademic.com/3095/bezahlen___zahlen

以上、御参考まで。

こんばんは。
これは結構ややこしい問題なんです。基本的には、zahlenは、目的語なしで自動詞としても使えるので、漠然と「お金を払う」という意味でも使いますが、他動詞としても使えるので、bezahlenと置き換え可能な場合もあります。bezahlenの方は、be-という接頭辞でも分かるように、他動詞であることをより明確にした形です。何を払うか、その対象がはっきりすると考えてもいいのですが、そう簡単でもありません。確かに、レストランなどでは、Bitte, zahlen!ということが多いですが、これは、話し言葉はよ...続きを読む


人気Q&Aランキング