人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

評決と判決の関係について
陪審員制度や裁判員制度では、裁判官でない人たちが最終的に下した判断(評決?)はどの程度の力を持っているのでしょうか?もし、評決がそのまま司法の場における最終的な判断となるのであれば、裁判官の判決というものは、陪審員たちの評決に権威付けをしたものということなのでしょうか?
何かトンチンカンな質問してたらすみません。
評決の有効性?について、解説お願いします。

A 回答 (1件)

 裁判員制度で説明します。

裁判員が参加する合議体の構成は、原則として裁判官が3名、裁判員が6名になります。裁判員が関与する評決(例えば事実認定)は「構成裁判官及び裁判員の双方の意見を含む合議体の員数の過半数の意見による。」になります。
 「構成裁判官及び裁判員の双方の意見を含む」というのは分かりづらいと思いますが、例えば、「被告人は、被害者を絞殺した。」という事実について、評決の結果、裁判官全員の意見は「認められない。」、裁判員全員の意見は「認められる。」だったとします。
 この場合、合議体の員数(3名+6名)の過半数は5名ですから、裁判員6名の「認められる。」という意見は、確かに合議体の過半数の意見ですが、「認められる。」という意見は、誰一人の裁判官の意見にはありませんから、合議体としての判断は「認められない。」ということになります。その結果、被告人に対して無罪の判決を言い渡すことになります。

裁判員の参加する刑事裁判に関する法律

(評決)
第六十七条  前条第一項の評議における裁判員の関与する判断は、裁判所法第七十七条の規定にかかわらず、構成裁判官及び裁判員の双方の意見を含む合議体の員数の過半数の意見による。
2  刑の量定について意見が分かれ、その説が各々、構成裁判官及び裁判員の双方の意見を含む合議体の員数の過半数の意見にならないときは、その合議体の判断は、構成裁判官及び裁判員の双方の意見を含む合議体の員数の過半数の意見になるまで、被告人に最も不利な意見の数を順次利益な意見の数に加え、その中で最も利益な意見による。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
返信が遅れてすみません。
大変参考になりました。

お礼日時:2010/07/12 08:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q『更迭』と『罷免』の意味

皆様、こんにちは。

最近何かとよく耳にする『更迭』と『罷免』ですが、意味が同じように思えてなりません。(他にも『解任』などもあったりして)

どちらも、『人を辞めさす』という意味で間違いないと思いますが。
gooの国語辞典で調べると、『罷免』は単に辞めさす事。
『更迭』は他の人に変える事とでてきます。
だとしたら、『更迭』の用法としては『○○を△△に更迭する』という形となると思うのですが、新聞やTVなどメディアでは『○○を更迭』と使っている気がします。
これは単にメディアがきちんとした使い方をしていないという事なのでしょうか?

なんだかうまくまとまりませんが、『更迭』と『罷免』について分かりやすい用法や明確な違いをご存知の方がいらっしゃれば是非教えて下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

罷免--免職と同じで、辞めさせる事. **を罷免する。はやくいえば首
解任---任を解く  課長の任、地位を解く。**さんを解任するはその人の任(地位)を解くで、**さんを辞めさせるという事ではない。結果的には首もあるでしょう.
更迭---人を変える。**を更迭する。--に***を更迭でもいいし、**を更迭するでも、どこへ行こうが更迭をされる事実がわかれば、いいのだから、**を更迭でもかまわいと思います.地位を下げられる人もあり.

Q内閣と内閣官房と内閣府の関係って?

首相官邸や内閣府のHPを見る限り同じようなことをしているようなのですが、組織・人員の規模からいって役割に違いがあると思います。
単純に内閣(立案)、内閣官房(企画)、内閣府(実行)と考えていいのでしょうか?
それとも、上下関係のない並列的な関係なのでしょうか?

設置法の趣旨といった「建前」的な説明でかまいませんが、「役人の仕事を増やすため」などのミもフタもない回答は遠慮させていただきます。

Aベストアンサー

〉内閣官房というのは内閣府の中の機関の1つです。
#1さん、間違ったことをいわないで……。内閣官房の方が格上ですよ……(内閣府設置法3条3項参照)。

無理矢理会社にあてはめると、「内閣」は「取締役会」、「内閣官房」は「秘書室」、「内閣府」は「総務部」というところでしょうか。

内閣は、憲法にある通り、行政権を司る機関、行政府の最高機関です。
内閣官房は、(戦前、内閣官房長官は「内閣秘書官長」という名前だったように)内閣の庶務を行い、内閣の重要政策について企画・立案・総合調整を行います(内閣法12条2項)。
内閣府は、他の省庁が担当しない事項(統計とか勲章とか北方領土とか)を担当するほか、複数の省庁にまたがる事項について総合調整をします(内閣府設置法3・4条)。

内閣が方針を決めるときの調整は内閣官房、決まったことを遂行する過程の総合調整は内閣府、という感じでしょうか(←関係者が聞いたら怒られそうな要約かも知れない)。
実際には、参事官レベルでは、両者の役職を兼任している人も少なからずおられるようですが……。

Q「担保する」という言葉は適切か?

政治家や企業のお偉いさんなどが、コメントの際に「~を担保する」や、「~が担保されない」という表現をしばしばしますが、この表現は日本語として正しいのでしょうか?

安全を例にすると、担保とは保証という意味ですので、「安全が担保されない」と言わずに、「安全が保証されない」と言ったほうが、一般的にも分かりやすい表現だと思います。

そもそも、「~が担保されない」という表現は日本語としておかしくないのか? おかしくないのであれば、どうして分かりにくい表現をするのかが知りたいです。

ご回答をよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「担保する」は、少なくとも法律関係者の隠語ではありませんよ。
例えば、民法には次のような条文があります。

第三百四十六条  質権は、元本、利息、違約金、質権の実行の費用、質物の保存の費用
及び債務の不履行又は質物の隠れた瑕疵によって生じた損害の賠償を担保する。ただし、
設定行為に別段の定めがあるときは、この限りでない。

第三百五十一条  他人の債務を担保するため質権を設定した者は、その債務を弁済し、
又は質権の実行によって質物の所有権を失ったときは、保証債務に関する規定に従い、
債務者に対して求償権を有する。

この他に民法だけで、ざっと数えても30回以上、「担保する」「担保すべき」のような表現が
使われています。
むしろ、民法のような基本的な法律にこれだけ出てくる言葉を、広辞苑が法律用語としてでも
載せていないことのほうが不思議です。

なぜこのような表現をするのかについては、まだ出ていない理由として、なんだか政治家の肩を
持つようですが、単純に法律の勉強しているから、つい普通に使ってしまうということも
あるのではないでしょうか。
議員は法律を審議するのが仕事ですし、企業の偉い人だって、たとえ法学部出身でなくても、
真面目な人ならそれなりに法律を勉強するはずですから。
あとは、政治家の言葉が軽いと思われていることを肌で感じているから、「保証する」等よりも
重々しくて裏付けがありそうなイメージの、「担保する」が使われるのかもしれません。

「担保する」は、少なくとも法律関係者の隠語ではありませんよ。
例えば、民法には次のような条文があります。

第三百四十六条  質権は、元本、利息、違約金、質権の実行の費用、質物の保存の費用
及び債務の不履行又は質物の隠れた瑕疵によって生じた損害の賠償を担保する。ただし、
設定行為に別段の定めがあるときは、この限りでない。

第三百五十一条  他人の債務を担保するため質権を設定した者は、その債務を弁済し、
又は質権の実行によって質物の所有権を失ったときは、保証債務に関する規定に従い、
...続きを読む

Qlaw、legislation 等の違い

次の言葉の意味の違いを教えてください。
非常に大雑把な質問という自覚はありますが、
お教え頂けると嬉しいです。

・ law

・ legislation

・ regulation

・ bill

billがlawになるのか…など漠然とした印象はあるのですが…
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> billがlawになるのか…

その通りだと思います。

regulation はむつかしい単語ですが、regulate という動詞から派生していることを考えると分りやすいのではないでしょうか。
regulate には、「決まりに従わせる」 という意味があるので、「法律」 とは限らず、何らかの 「規則」 に従わせることですから、「規則」 「決まり」 みたいな意味になるだろうと思われます。
ただ、これが 政府 によって定められたものである場合には、法律 としての強制力を有するということになります。その場合は 「法律」 ということになります。

legislation も、元は legislate という動詞から派生したもので、legislate は 「法律を制定する」 という意味があります。
だからかなり抽象的な雰囲気を感じます。
英文の辞書を見ると、The act or process of legislating; lawmaking とありました。
 → http://www.thefreedictionary.com/legislation
lawmaking ということが legislation なんだと思えば分りやすいのではないでしょうか。
しかし、第2の意味として、A proposed or enacted law or group of laws ともあります。
むつかしいですが、先の 「立法」 の意味から派生して、その結果として制定された法律のことだと思われます。
注意すべきは、個々の法律ではなくて、そのようにして制定された法律全般のことを指しているということです。従って、辞書には、不加算名詞であるという印の [U] というのがついていたりします。

> billがlawになるのか…

その通りだと思います。

regulation はむつかしい単語ですが、regulate という動詞から派生していることを考えると分りやすいのではないでしょうか。
regulate には、「決まりに従わせる」 という意味があるので、「法律」 とは限らず、何らかの 「規則」 に従わせることですから、「規則」 「決まり」 みたいな意味になるだろうと思われます。
ただ、これが 政府 によって定められたものである場合には、法律 としての強制力を有するということになります。その場合は 「法律」 という...続きを読む

QIKEAとニトリどっちがいい?

こんにちは
最近引っ越してニトリ、IKEA、カリモク、LOFTなど様々な店に行き
家具を比較していました

カリモクなどハイブランドものはもちろん見た目も質もよかったのですが
ニトリが特に質も見た目もひどく、その割値段もそこまで安いわけでないと感じました

ネットで調べたところ、IKEAとニトリを比較した場合
IKEA>ニトリというわけではなく、ニトリ擁護も多々見られ
困惑しております

みなさんはIKEAとニトリ、どちらが良いと思われますか?

Aベストアンサー

IKEAとニトリの二者択一であれば、
IKEAです。

ニトリは、2,3回家具を見に行きましたが、
値段と品質が見合わず、品質の割に高いと感じます。
ですので、買う気になれませんでした。
CMでは、「お値段以上ニトリ」と言っていますが、
現実問題、値段以上の品質のものなんて有り得ません。
値段以上の質のものでは、利益が出ないどころか赤字です。
「お値段以上」というのは過大広告です。


実際、購入した先は、実店舗は下記です。
・島忠ホームズ(元々は家具店なので種類も豊富)
・村内ファニチャー
・OKAY(村内のグループ)

値段と品質が見合ったものとしては、
納得して購入出来まいした。
国産もしくはヨーロッパ産が良いと考えていた事も、
購入の決め手でした。(中国産なんて論外)


IKEAもダイニングテーブルなど、良いものもあるいのですが、
自分で組み立てないといけないのがネックでした。


人気Q&Aランキング