痔になりやすい生活習慣とは?

DCモーターについて
DCブラシ付きのモーター12Vを使用しています。回転数と力を必要とするため48Vや96Vまで電圧を上げて使用しました。
48Vの時は問題ないのですが、96Vでの使用は直ぐにモーターが壊れてしまいます。
ブラシの端子台が取れたり、すごく熱くなって煙や火を噴いたりします。
自分でも間違った使い方をしていると思っています。
素人の分かりにくい質問だと思いますが今使っている12Vモーターを何らかの対策などして96Vで使う方法などは有るのでしょうか?
皆様からのアドバイスよろしくお願いします。

A 回答 (3件)

「今持っているモーターでなんとかしてみたかったのです」とのことですが、このモータのコイル(回る方。

電機子といいます)での48V・96Vは無謀ですので、このモータを条件にするなら48Vや96Vは忘れましょう。電機子がそのままなら12Vです。ではどうするか?。

モータを改造して磁石(モータの場合この磁石を界磁といいます)を強力なものに換えましょう。回転数やトルクは磁力で決まりますが、電機子の磁力だけでなく界磁の磁力も関係するからです。
せっかくですので、界磁を永久磁石から電磁石にしてはいかがでしょう?ここまでくると改造ではなく、『今持っているモーター』を材料にして新たに作る感じですが。



どうしても改造しないのであれば、このモータを複数使って(代わりがあるからこれにこだわるんですよね?なければ96V用に換えれば済むことですし)、ギヤボックスで複数の出力をまとめる方法があります。回転数は変わりませんがトルクは上がります。回転数が欲しければまとめてからギヤで再び加速します。

ちなみに、回転数やトルクが同じでも使用電圧・電流が異なるものもあります(型番の枝番が異なる等)。これは電機子のコイルが直列(例 100回巻き)か並列(50回巻き2並列、計100回)かというものもあります。後者は電圧半分・電流2倍になります。出力は同じなので電源で選びます。

追伸 モータを作る教材のようなキットがあります。一回作ってみると仕組みや原理、どうして12V用が96Vで使えないかが解ると思います。
    • good
    • 0

No1が言うように明らかに使用方法が誤っています。


元々12V用を8倍の電圧で回転数とトルクを上げること自体が間違っています。
モータの構造を知らないからこのようなことを平気に出来るのでしょうね。知らぬが仏状態。
電圧を上げればトルクは上がりますが、同時に電流も上がります。
電流が上がれば熱も上がりますから、熱が上がればロスも増え最終的に燃えるのは当たりまえです。
仕様以外で使うのではなく、仕様以内で使わなければ寿命が大幅に短くなるし一番は危険な行為です。
きちんと96V仕様のdcモータを購入してください。
値段は高くなりますが、リスクを考えると値段ではないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。そうですよね、当たり前の事聞いてすいません。でも今持っているモーターでなんとかしてみたかったのです・・・

お礼日時:2010/06/26 12:55

高い電圧を直接かけないようにすれば使えますが、それではパワーは12Vの時と同じです。

でも、それが本来の使い方でもあります。もしパワーが欲しいんだったら、最初から希望する回転数とトルクを持っているモーターを使うべきで、高い電圧をかけて無理に回すことは根本的に間違っています。定格を超えて使っている以上、どうやったって壊れますよ。それは小細工してどうにかなるものではありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。そうですよね、当たり前の事聞いてすいません。でも今持っているモーターでなんとかしてみたかったのです・・・

お礼日時:2010/06/26 12:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング