どう違い、どう凄い?
A郡とB郡の違いは?

-A郡-
阿部勇樹
駒野友一
田中マルクス闘莉王
長友佑都
内田篤人
遠藤保仁
松井大輔
岡崎慎司
玉田圭司
矢野貴章
岩政大樹
中村憲剛
今野泰幸
大久保嘉人
長谷部誠
本田圭佑
森本貴幸
川島永嗣
中澤佑二

-B郡-
川口能活
楢崎正剛
松田直樹
森岡隆三
宮本恒靖
中田浩二
森島寛晃
中田英寿
小笠原満男
高原直泰
中村俊輔
鈴木隆行
柳沢敦
巻 誠一郎
三都主アレサンドロ
福西崇史
小野伸二

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

Aは今の代表メンバー


Bは日韓W~の代表メンバー
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼日時:2010/07/04 19:46

2002年時点のメンバーと  現メンバーとで大きな違いといっても


選手が急激に巧くなった 速くなった ということも無く

今回のメンバーがとても凄い とはあまり思っていません

全ては監督の主戦術 選考眼 采配 に寄る所が大きく
トルシエのように 選手の実力を 過大評価せずに
小さくて強くなく速くもない選手たちに連携だけでチーム力を底上げする監督もいれば
(自力100→ 110%で実力より一割り増し のイメージ)
ジーコのように選手の個性に任せ信頼することで 70%~150%の力を
ださせる監督(放任とも言いますが・・・)

今回の岡田監督は 正直よくわかりません・・
別人?!

でも実際 堅守速攻型のほうが 以前の遅攻型よりも
上位の相手で勝つ可能性が高いのは間違いなく
実際 パラグアイという とても嫌らしい古豪相手でも
絶対に勝てない とまではあまり思わない為
素直に応援できるのではないでしょうか?

前の世代の・・・ とか 前監督が・・  とかは
現選手達には関係ありません
みんなで応援しましょう!!!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

パラグアイ相手でも少し運が良ければ勝てそうだったが、システムが変わるだけでそんなに違うものか?

お礼日時:2010/06/30 15:55

<違い>



1 闘莉王がいること。
  中澤と組んで1点を守りきれるようになった。

2 10番タイプが少なくサイドアタッカーが多い。

3 ポストプレーが出来て、空中戦のできるFWが1人もいない。

単純な選手比較であれば、前回と比べて、CB以外は凄くないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

それほど変わっていないのに、これほど違うもの?

お礼日時:2010/06/28 13:08

サイドバック

    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼日時:2010/07/04 19:46

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q玉田圭司選手とジーコの起用

1月29日のカザフスタン戦以来、ノーゴールなうえ、Jリーグでも未だに1ゴール…。
それなのに、彼が今でも代表に呼ばれる理由。私は知りたいです。
やっぱりジーコから信頼されているのでしょうか。それだけが原因なのでしょうか。

口先ではこんなこと言ってますが正直、相当に好きな選手なんです(笑)
私には去年のアジアカップ、そしてレイソルでの活躍が記憶から抜けません。
彼がボールを持つと「おっ!」と思うし、期待してしまうし、持ち味のスピードや縦への突破力が
他の選手にないものを感じます。しかし、それが最近なかなか見れない…。
玉田選手が好きな私でも最近の活躍を見ていれば、「もし私が監督なら使わないだろうなぁ」
なんて思ってしまいます。

ジーコの起用に関してはアレックスや鈴木選手に関してもあーだこーだ言われていますよね。
このまま、終わって欲しくない。なら何が足りないの?なんて考えても私はサッカーをしたことがないし、分かりません。

皆さんは玉田選手のことをどう感じていますか?それからジーコの起用に関しても。
いろいろなご意見を聞かせてください。

1月29日のカザフスタン戦以来、ノーゴールなうえ、Jリーグでも未だに1ゴール…。
それなのに、彼が今でも代表に呼ばれる理由。私は知りたいです。
やっぱりジーコから信頼されているのでしょうか。それだけが原因なのでしょうか。

口先ではこんなこと言ってますが正直、相当に好きな選手なんです(笑)
私には去年のアジアカップ、そしてレイソルでの活躍が記憶から抜けません。
彼がボールを持つと「おっ!」と思うし、期待してしまうし、持ち味のスピードや縦への突破力が
他の選手にないものを感じます...続きを読む

Aベストアンサー

私も好きな選手の一人ですが周りから非難バリバリ受けてますので残念です。なので擁護してみます。賛同する方いたら嬉しいです。
 私が思うにもちろん玉田選手自身の問題もあるかもしれません。しかし選手側の意見とすればポジションをチーム毎に試合毎に換えられると確かにやり辛いです。経験者ならわかると思いますが・・・(プロならこなせるだろっと言われればそれまでですが・・・)トップとトップ下の決定的に違う所は出す側と受ける側です。レイソルで出して手になってるので当然、相手ゴールに向かってプレーが出来ます。代表でのトップでは前ばかり向けないのでそれだけでも本人とすればやり辛いかも・・・ボールの受け方の問題はもちろんあります。しかしトップはボールを貰ってなんぼなので出し手が受け手のタイミングでボールを出してくれないとたちまち後ろ向きでプレーしないといけなくなります。玉田選手みたいにスピードを武器にしている選手にとっては致命的ですね。平山や鈴木のようにボールを受けてから一度、見方に渡して自分も生きるみたいなポストプレーヤーはそれでも見せ場はあるでしょうが玉田選手はそれでは生きないです。玉田はキープの選手ではないです。走りで勝負できる少ない日本選手なのです。現在の代表は(特に先日の試合では)玉を出すタイミングが遅すぎます。解説者もさんざん仰っていましたが日本はボールを前線に送るまでの過程が長すぎます。横パスが多過ぎる。あれではトップは走りきってしまい自分のプレーが出来ません。他にも相手チームのディフェンスラインが低いと難しいですかね。
 こんな理由から玉田選手が生きない為に目立たなく必要なく思われてしまうのではないでしょうか?あのスピードとボールコントロールは楽しみなので是非、頑張ってもらいたいです。

私も好きな選手の一人ですが周りから非難バリバリ受けてますので残念です。なので擁護してみます。賛同する方いたら嬉しいです。
 私が思うにもちろん玉田選手自身の問題もあるかもしれません。しかし選手側の意見とすればポジションをチーム毎に試合毎に換えられると確かにやり辛いです。経験者ならわかると思いますが・・・(プロならこなせるだろっと言われればそれまでですが・・・)トップとトップ下の決定的に違う所は出す側と受ける側です。レイソルで出して手になってるので当然、相手ゴールに向かってプ...続きを読む

Qw杯後の日本選手のTV出演!阿部&長谷部&長友の三人が一緒のことが多い

w杯後の日本選手のTV出演!阿部&長谷部&長友の三人が一緒のことが多いのですが・・・
長友はキャラが面白いし、長谷部はゲームキャプテンなので、納得できるのですが、阿部ちゃんの組み合わせは結構多いですよね。
何故なんでしょう?
本田は、ギャラも高いし、所属チームのリーグ戦も近いので、しょうが無いとして・・・
なぜ、この三人なのか、疑問なんですよね~
大久保とか、遠藤とか中澤とかもありえるのですが。
個人的には、阿部ちゃん大好きなので、全然OKなのですが。

Aベストアンサー

理由は単純なことで、所属しているマネージメント会社が同じで
あるということだけ。取材などのマネージメント業務が一括での
申し込むだけで済むので、主軸の先発メンバーだと三人一緒での
取材が可能だということが、出演番組が同じになるのだと思う。
http://www.sportconsulting.jp/athlete.html

キャラが違う三人ですが、取材対象としての存在感があるのと、
活躍ぶりなどの話しネタとしてのトークを求めるTV取材などで、
しばらくは、三人一緒での取材が増えると思います。

Q闘莉王は釣り男?

最近耳に入ったんですが
なぜ浦和レッズの闘莉王は「釣り男」と呼ばれてるんですか?
一部の方だけが
そう呼んでるだけかもしれませんが、理由を知りたいです。
「釣り男」という意味もお願いします。

Aベストアンサー

トゥーリオ
 ↓
ツーリオ
 ↓
釣男

ってなります。

ちなみに、2chで「トゥーリオ=釣男」となりました。

Qグランパスの玉田圭司

玉田圭司選手に疑問です。
何故あまり得点が取れないFWなのに試合に出れるのでしょうか?
ピクシーが好きだから?彼は嫌いな選手ではないです。
しかし疑問です。彼はこれからもグランパスのレギュラーなのでしょうか?
彼の良さを教えて下さい。

Aベストアンサー

FWは確かに点を取ってなんぼ、です。でもホストプレーやスピードでボールをキープしたりかき回したりいろいろなタイプがいます。2人FWがいても2人とも点取りやというケースは多くはないです。名古屋ではヨンセンに点を取らせ、玉田はおとりになったりかきましたりする役割が多いかと思います。
他にも千葉の巻、鹿島にいた鈴木も点取りやではないですね。2人とも点を取らなくても代表に呼ばれ続けていましたから。

Q中田英寿選手

中田英寿選手は今回のワールドカップが最後だと自分で言っていたのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

中田はやはり守りが弱いのでしょう。
いくらがんばっても・・・・という記事もあります。

中田システムに欠陥、パス6本つながれた
2006年 5月23日 (火) 09:47


(日刊スポーツ)

 ボランチ中田英システムに「穴」が見えた。日本代表MF中田英寿(29=ボルトン)が守備の不安を露呈した。福島・Jヴィレッジでの国内最終合宿6日目の22日、初めての練習試合で地元の湯本高と対戦。主力組の前半45分は7-0だったが、中田英が攻め上がった後のスペースが突かれ、高校生にパス6本をつながれてシュートを許した。強豪相手のW杯本大会では一瞬のスキが失点に直結する。中田英を含めたボランチとDFラインのバランス修正に、課題が見つかった。

 真剣な表情が、危機感を物語っていた。前半終了のホイッスルが鳴ると、MF中田英が身ぶり手ぶりで自分の意見をぶつけた。MF福西、DF宮本、中沢の4人で即席会議。「(プレスは)話をしていくしかないですね」。中田英が解決すべき問題点を認めた。

 ぽっかりと空いたスペースを高校生に狙われた。前半35分、中田英が攻め上がった裏のスペースを突かれた。トップ下の中村が必死で相手のドリブルに追いすがる。6本のパスをつながれてボールは左から右へ。最後は中央からミドルシュートを打たれた。大きく枠を外れたが、相手が初戦のオーストラリアなら背筋が凍ってもおかしくないシーン。DF宮本も「レベルの高い相手とやる本番では誰がいくのか徹底しないと危険」と気を引き締めた。

 湯本高の櫛田正則監督(48)にも、攻略の糸口と見抜かれていた。「中田選手が上がって何度もスペースができていた。ボールを奪うことができなかったが、そこをつくチャンスはあった」。高校生が完全攻略することはできなかったが、このままでは日本にとって危険地域になる。

 中田英のアグレッシブな姿勢が、守備のバランスを崩すことにつながる可能性はある。前日21日の戦術練習でも宮本が「ヒデ、あまり出て行かないように」と注文。そしてこの日の初の実戦で、課題が浮き彫りになった。宮本は「ボールの動きをどう制限するか。DFラインとしてボランチに要求しない時は『そこにいてくれ』ということ。でもボランチ側はそういう時も声を掛けてくれと言っていた」。細心の注意を払い、何度でも修正を重ねる覚悟を見せた。

 攻撃面で中田英が攻め上がる効果は高い。この日も常に前線に顔を出して、MF中村のスルーパスから1得点。逆に中村に1アシストも記録して「ナカナカ」コンビは良好だった。ただ、中村が「少しヒデさん(中田英)との距離が近すぎた」というほど、ボランチとしてはかなり高い位置でプレーしていたのも事実だ。

 その動きが「両刃(もろは)の剣」になりかねない中田英だが「練習の疲れが残っていて、体が重い部分があった。その中でも声を出して修正していくことはやっている」と前を向く。チームの雰囲気も「いいですよ。3週間あるし、今から気を張りつめても、持たないから」とも言った。まずは攻め上がる中田英の主張と、バランスを取る守備陣の主張を一致させることが必要。高校生にも見えた「穴」を修正する時間は残されている。【益田一弘】

中田はやはり守りが弱いのでしょう。
いくらがんばっても・・・・という記事もあります。

中田システムに欠陥、パス6本つながれた
2006年 5月23日 (火) 09:47


(日刊スポーツ)

 ボランチ中田英システムに「穴」が見えた。日本代表MF中田英寿(29=ボルトン)が守備の不安を露呈した。福島・Jヴィレッジでの国内最終合宿6日目の22日、初めての練習試合で地元の湯本高と対戦。主力組の前半45分は7-0だったが、中田英が攻め上がった後のスペースが突かれ、高校生にパス6本をつながれ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報