出産前後の痔にはご注意!

ギターのストラップピンについての質問なんですが
前に友達のギターのストラップピンの穴がガバガバになってしまい
修理に出すと言われYAMAHAにもっていったところ
全損扱いになり6万したと言われたらしいです。
ほんとうなのでしょうか?もっと安いと思うんですけど。

YAMAHAってストラップピンを直すのに
そんなとるものなのでしょうか。
リペアと違うのはわかっているのですが
不思議でたまりません。
 あと直す前であれば、キャンセルできるのでしょか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

全損扱いになって6万円ということは6万円のギターなのですね(事情を配慮して特別価格で6万円なのかもしれませんが)。


エレキギターだとストラップ・ピンまわりのダメージで全損とは考えにくいですが、エレアコのエンドピンだとどうでしょう。
エレアコのエンドピンは多くの場合出力端子も兼ねているのでかなり丈夫です。エンドピンがガバガバなのではなくエンドピンを強打してその周囲が割れてガタガタ揺れるほどだとエレアコのモノによってはボデイーそのものの損傷が激しく、それを直すと本体を買い直すのと同等以上の修理コストがかかるというのはあり得なくはなさそうです。

但し全損扱いになったということだと壊れた楽器そのものを修理するはずはありません。従ってやっていないことをキャンセルすることはできません。
    • good
    • 0

ストラップピンの穴がガバガバになってしまったということですが、穴の修復だけであればYAMAHAに限らず6万円もかかることはまずありません。



全損扱いになったということは、ボディ全体を交換するということになりますが、ストラップピンの穴が緩くなった程度で全損には、普通に考えればまずありません。

落としたりした際にボディにヒビ割れが入ったり凹んでしまったりした場合でも全損扱いで修理交換はせず、あまりにも大きくなければ問題箇所だけを修復したり塗装し直したりする
くらいなので、ストラップピンで6万は考えられないです。


当方、YAMAHAとは関係ないですが音楽を生業にしていた事もあった手前、色々と経験したり話を聞いたりもしてますが、YAMAHAだろうがFenderだろうがどこの楽器屋だろうがリペアショップだろうが、ストラップピンの穴の修復だけなら、高くても数千円でしょう。

修理する前であればキャンセルは当然可能です。


またストラップピンの穴の修復程度なら、簡単にできますので修理に出す必要はないですよ。

例えば細かくちぎったティッシュや割り箸を削って緩くなった穴に入れ、ネジを締めてみてください。その程度で大抵は修復できます。

ロック式のストラップピンに付け替えたりする際も同様の方法で対処できます。

それでも抜けるようなら削りカスの量を増やしてネジの抵抗を強くしてあげれば大丈夫です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエレキギター ストラップピンの穴について

質問:エレキギターのストラップピンは標準(買ったときについてるもの)の物にプラスチックのパチッととめるストラップ止め(ジムダンロップの物)と、ロックピンの場合ではねじ穴の間口が広がり具合(バカになりやすさ)が違いますか?

状況:先日ギターを買い、ストラップピンを既存のもの(買ったときについてるもの)をとりはずし、手持ちのロックピンに変えプレイしていた所、ネジ穴が広がり(バカになり)グラグラするようになりました。自分で修理は難しいので、ギターをリペアに出すつもりです。こんなことならロックピンに変えるのではなかったと思い、ギターが戻ってきたら既存のピンにプラスチック製のパチッと止めるダンロップから出ている物に変えようかと思います。しかし、ロックピンでも、プラスチック製のパチッと止めるものにしても、ストラップを支えるのは同じだから、プラスチック製のものでもネジ穴がグラグラしてくるのではないか?という疑問がわきました。どうせグラグラするならロックピンを使いたいのですが、グラグラしないなら既存のピンにプラスチック製のパチッとしたものをつけたいと思っています。皆さんのアドバイスをお聞かせください。

質問:エレキギターのストラップピンは標準(買ったときについてるもの)の物にプラスチックのパチッととめるストラップ止め(ジムダンロップの物)と、ロックピンの場合ではねじ穴の間口が広がり具合(バカになりやすさ)が違いますか?

状況:先日ギターを買い、ストラップピンを既存のもの(買ったときについてるもの)をとりはずし、手持ちのロックピンに変えプレイしていた所、ネジ穴が広がり(バカになり)グラグラするようになりました。自分で修理は難しいので、ギターをリペアに出すつもりです。こん...続きを読む

Aベストアンサー

三度失礼します。

ネジ山の切り直しは、エポパテが硬化しはじめてから固まりきらない内に穴を開け、ネジをきるのが良いでしょう。ネジにエポパテをつけて固まらない内に埋設しようとしても、ネジが奥まで通らないなどうまくいかないことも多いと思います。しかし、エポパテは完全に硬化してしまうと木よりも硬くなりますので、切削などがやりにくくなります。パテの硬化時間については、それぞれのパテの説明書を参考にすると良いでしょう。
作業の時には、ストラップピンとネジを外し、崩れたネジ山や木屑などを取り除いた上で、パテを押し込んで穴を埋め、パテが固まり始めたらネジの径よりやや細い錐などで穴を開け、そこに新しいストラップピンのネジをねじ込んでネジ山を切るようにすると良いと思います。

音に対する影響などは、ほとんどないと思われます。


人気Q&Aランキング