先祖の墓は子孫が管理していくと思いますが、子孫が途切れたらどうするのですか?墓の住職が管理するのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

「坊主丸儲け」は人口に膾炙した言葉です。


現在でも1ヶ月に数回は耳にします。
清廉で高潔な仏教家の方もおられるとは思います。
しかし、国民はたいていの坊主は仏教を金儲けの道具としている
と考えていることの表れではではないでしょうか。

「相撲界は根底からダメだ」このおうに考えている人は多いと思います。
しかし、全員がだめな訳ではありません。練習熱心で、美しい相撲道を
体現しようとしている力士もいるはずです。しかし、全体としてダメ
だからこのように言われてしまうのです。今の仏教界を見渡して、
全体が金銭と関係ないイメージを持っている人は少ないと思います。
出家は檀家の布施によって生活しているのは理解できます。
しかし、不当に高い戒名や永代管理料はどういう訳でしょうか。
仏教系大学の仏教学部の校舎に並ぶベンツやポルシェの数の多さは
どういう訳でしょうか。夜な夜な、銀座や北新地で豪遊する坊主の多さは
どういう訳でしょうか。本当の仏教とは物質的な欲望にとらわれず、
精神の安定を得るのが目的のはずです。本当に人々の心の平安を願う
ならば誰が「坊主丸儲け」などと言いましょうか。

「武士は食わねど高楊子」これは完全に死語になりましたが、
「坊主丸儲け」は市民権を得ている言葉です。言われたくなければ
利益に対して所定の税金を払えばいいのです。

wikipedeaより
1999年(平成11年)3月に新たに改正された墓地、埋葬等に関する法律により、
墓地の使用者が死亡したり管理料の未納が3年間続いた場合には、「無縁墳墓に
関する権利を有する者に対し、1年以内に申し出るべき旨を官報に掲載し、かつ
無縁墳墓等の見やすい場所に設置された立札に1年間掲示して公告し、その期間中に
その申し出がなかった旨を記載した書面」を管轄する役所に提出する事になり、
無縁仏を自由に処分出来るようになった。
    • good
    • 0

一定期間はそのままです。

その期間はお寺によって異なります。
その間にお寺では檀家を訪ねたり、広報誌に公告して親戚縁者を探していきます。(この程度も寺によって異なり。殆ど何もしないズボラなお寺も少なくありません)
管理するという人が申し出なければ、供養の後、骨は供養等などに移し、墓石はまとめて放置します。
墓石などは風化によって自然に消えるまでそのままにするという習わしが日本にはあるからです。
大きな墓では、墓の後ろ辺りに倒された墓石があったり、墓地の端の方に積み重ねられた墓石があるのはこのためです。
御霊様に関しては永代供養料を払っておけば、その他の方々と共に供養等などに名が刻まれ、そのまま纏めて供養される事となります。
    • good
    • 0

お寺のお墓に行くと、ピラミッドのように山積みされた墓石を見たことありませんか?


古い墓石や無縁になった墓石をまとめてご供養されています。

墓地は、あくまでお寺から借りているものです。(永代使用権)
子孫が途絶えれば、お返しするだけです。

しかし、お寺にとっては困ったことです。その為の告示や手続きをし、
墓石の撤去など大変です。

ご質問の主旨からすると、継承者が途切れそうなのでしょうか?
それであれば、早めにお寺さんとご相談なさってくださいね。お願いします。
    • good
    • 0

 こんにちは。



 一度墓として建てられた場所は子孫が途絶えてもそのままの状態となります。

 No.1の回答は近代の霊園の場合であれば可能性がありますが、そう言うやり方がすべてではありません。

 私の母親の実家が古来からある宗派の寺院ですが、江戸時代以前の墓で子孫が途絶えても墓石はそのままになっています。

 墓石の周辺に草が生えてきたりしても、寺院側で草むしりして掃除をしています。


 坊主丸儲けという表現には実態を知らない不謹慎な言葉です。慎んでてただきたいものです。
    • good
    • 0

子孫の途絶えた墓を無縁墓といいます。


少子化、核家族化によって無縁墓は増える傾向にあります。
永代管理費を払っている場合でも、年数が経過すると無縁墓は
遺骨が納骨堂に引き上げられ、整地されて再販売されます。

宗教法人に税金が掛からないことを坊主丸儲けといいますが、
この場合は坊主二重取りということです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q分籍をしたら先祖代々の墓はどうなるのか?

分籍をしたら先祖代々の墓はどうなるのか?

現在、自分・父(長男)・母の3人家族で暮らしてます。
父には次男(57歳で結婚して現在は離婚して一人暮らしです)と長女(嫁に行ってます)の3人兄弟がいます。

父方の両親は全て他界してしまい、市管理の墓地に先祖代々の墓があるのでそこに入ってます。
現在、父と次男が墓盛りをしてますが、自分はこの墓を見ていく気はありません。

自分が亡くなった時はお寺に「一心寺」などのお寺に納骨して永代供養してもらってもいいと思ってます。



1.祭祀継承とは何ですか?墓盛りとは別なんでしょうか。その墓の面倒を見ていきますよーってことなんでしょうか?

2.分籍をすれば今ある先祖代々の墓を見ていく義務は無くなって、任意になるのでしょうか?

3.父は、分籍は自由にすればいいということで、今ある墓を見ていこうはお前次第だから見る気がないなら見なくてもいいし、見るつもりがあれば見ればいいと言ってました。
 これは正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

1.「お墓」というのは、単に亡くなった人の骨が埋められているだけの場所ではなく、亡くなった方の供養や生きている人の亡くなった方への思いを慈しむ場所でもあります。
それを形にしたものが祭祠です。それが、宗教的な儀式であったり、無宗教なものであったりするのはそれぞれの自由です。
「墓盛り」ではなく「墓守(はかもり)」で、祭祠を行い、お墓を守っていく人のことです。
お墓を守り、祭祠を行っていく人のことを法律的には「祭祠継承者」、またその権利を「祭祠継承権」というようです。

2.現代日本における「分籍」とは単純に戸籍を分けるという意義しかありませんので、これによって親子・兄弟姉妹・親族の法律的な関係が変わることはありません。
「祭祠継承権」も相続財産のひとつであるので分籍をしたからといって祭祠継承権が消滅するものではありません。
逆に言えば「相続放棄」をすればお墓を管理する義務もなくなります。ただし、祭祠継承権だけを相続放棄することは出来ないかと思われます。

3.法律的には上記のようなことなので分籍しても法律的には無意味です。
お父様の考え方は、戦前の古い考え方であり、戸籍について多くの人が誤解していることのひとつです。


ご両親の財産相続者が質問者さんお一人なら相続後、お墓を処分しても、放置して無縁仏にしても問題はありませんが、他に相続人がいて「祭祠継承権を相続することを前提とした遺産分割」をした場合は、相続後に祭祠継承権だけを放棄すると問題が発生する可能性はなきにしもあらずです。

いずれにせよ「墓守」と「分籍」は法律的には何の関係もなく、精神的な区切りにしか過ぎません。

1.「お墓」というのは、単に亡くなった人の骨が埋められているだけの場所ではなく、亡くなった方の供養や生きている人の亡くなった方への思いを慈しむ場所でもあります。
それを形にしたものが祭祠です。それが、宗教的な儀式であったり、無宗教なものであったりするのはそれぞれの自由です。
「墓盛り」ではなく「墓守(はかもり)」で、祭祠を行い、お墓を守っていく人のことです。
お墓を守り、祭祠を行っていく人のことを法律的には「祭祠継承者」、またその権利を「祭祠継承権」というようです。

2.現...続きを読む

Q先祖代々の墓について

お世話になります。
我が家の先祖代々の墓について教えて欲しいのですが、
父か祖父の時代に、それまで有った先祖代々の墓を管理せずに
無縁仏としてしまいました。
父は、現在末期ガンで余命もわずかとなっているのですが、無縁仏としてしまった先祖の墓を再び建てるにはどうすればよいのでしょうか?
墓があったお寺もはっきりとしておらず、困っております。

Aベストアンサー

「○○家先祖代々之墓」と石塔に書いて(彫って)お坊さんに開眼してもらいましょう。

先祖の遺骨は入っていませんが、それで十分です。

しかし、先祖の墓にこだわる必要はないと思います。
そもそも一般家庭が墓に石塔を建てるのは、元禄時代に認められたこととされています。
また、「先祖代々之墓」という形が一般化したのも比較的最近のものです。
数百年前からある石塔は「供養墓」といって遺骨等は埋葬されてない場合が多いです。

誰かに何か言われましたか?

Q先祖の墓のこと

お墓のことについて質問させていただきます。10年くらい前に母が他界し、その時に先祖の墓の敷地内に木製の柱状の墓を建てました。最近、老朽化してきて文字が見えなくなってきました。この場合どうしたら良いでしょうか?我が家は仏教なのでお寺に相談するべきでしょうが、あまりお金はかけたくありません。身内だけでその木の墓を切って、処分してしまっても良いのでしょうか?詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

 土葬の時代,遺体を埋めてその上に墓石を置くと,遺体が土に還るのに従って土が下がり,墓石が傾いてしまいます。ですので,木製の柱状の墓標を立て,沈下が落ち着いたところで墓石を建てました。
 その名残から,火葬の現代でも,納骨できる墓がない場合は,遺骨を土に埋め,その上に木製の柱状の墓標を立てるという墓地もあります。私の母方の寺院墓地がいまだにその習慣が残っており,母方の祖父が亡くなった時はそのようにしました。
 お金に余裕がなく,やっと墓石を建てたのが十三回忌の時で,それまで,木製の柱状の墓標を立てていました。
 墓石を建てる直前には,風雪にさらされ,もう何が書いてあるのか分からない状態でした。
 
 さて,勝手にその木製の柱状の墓標を切って処分するということは,なさらない方が良いでしょう。石で言えば,遺骨はそのままで,墓石と取っ払って放ってしまうのと同じことです。
 すぐに墓石を建てられるのでないのであれば,そのままにしておいて差し支えありません。

Q先祖からの墓には誰でも入れますか?

浄土真宗大谷派ですが、我が家には先祖が作った墓があります。男兄弟は誰でも入れますか?それとも長男(古い表現ですが・・・嫡男)だけでしょうか?
弟は我が家の墓には入らないといっていますが・・。

Aベストアンサー

>男兄弟は誰でも入れますか…

現代では、家制度はなくなっているので、長男だから、弟だからどうこう言うことはありません。
ただ、仏壇やお墓をお守していくのは 1人の子供 (1組の夫婦) だけです。
これを「祭祀継承者」と言います。
「嫡男」の言葉を使っても良いでしょう。

なぜ 1人だけしか入れないかというと、それは後に続く子孫がたいへんだからです。
次の代に祭祀継承者となった人は、自分の親ばかりでなく、叔父の供養もしなければなりません。
さらにその次の代の人は、叔父に加え大叔父までもになります。
こうして代を重ねれば、ねずみ算式に増え、とても先祖供養などできるものではなくなるからです。

>弟は我が家の墓には入らないといっていますが…

弟さんはもう結婚されているのでしょうか。
それなら弟さんの心がけはよいことです。
もし、独身のまま亡くなることがあったら、そのときは一緒に入れてあげてください。

下の方が、独身の叔父に墓石を新調したと書かれていますが、これでは無縁仏を増やすだけです。
もちろん地域性などもあることかとは思いますが、後々に誰も参ってくれなくなるようなお墓は作るべきでなく、兄夫婦と一緒にお祀りするのがよいかと思います。

以上、大谷派ではなく、真宗本願寺派のお坊さんからいつも聞かされていることを書いてみました。

>男兄弟は誰でも入れますか…

現代では、家制度はなくなっているので、長男だから、弟だからどうこう言うことはありません。
ただ、仏壇やお墓をお守していくのは 1人の子供 (1組の夫婦) だけです。
これを「祭祀継承者」と言います。
「嫡男」の言葉を使っても良いでしょう。

なぜ 1人だけしか入れないかというと、それは後に続く子孫がたいへんだからです。
次の代に祭祀継承者となった人は、自分の親ばかりでなく、叔父の供養もしなければなりません。
さらにその次の代の人は、叔父に加え大叔父ま...続きを読む

Q父の遺骨と先祖の墓の継承について

【質問内容】 父の遺骨は墓に入れず樹木葬。先祖の墓を永代供養としたいのですが、可能でしょうか?

人物の呼び方は私基点です。読み辛かったらすいません。

先日、父(次男)が亡くなりました。私は息子で、実家暮らしではなく遠方住まいです。

先祖のお墓について、十数年前、祖母(父の母)の面倒を看るため、祖母と一緒に父住居のある地元に移設しました。以降、墓は父が管理をしていました。
現在、墓の使用権利者は父となっています。(寺に確認済み)
通常であれば、祭祀財産として母か息子である私が継承し、先祖の墓に父の遺骨を納めて面倒をみることになると思います。

しかし、生前の父の遺言?(書面はなく口頭のみ聞いた)で墓には入りたくないと言っていました。
母(父の妻)が亡くなったら一緒に樹木葬などで納めてほしいと。
それは、墓守になる私達の負担をなくすために、父が考えていたことのようです。
実際、私も墓の面倒をみるには負担が大きく、母も健康とはいえないため、墓守をする余裕がありません。
現在、遺骨は実家にあります。父の遺言に添い、先祖の墓に入れるつもりはありません。
私怨ですが正直な話、母を散々いじめた祖母のいる先祖の墓の面倒をみたくありません。
ただ、無縁仏にするわけにはいかないので、永代供養を考えています。

墓守候補として、父の兄(長男)が生きていますが、遠方住まい&自分用の墓を購入しているため、端っから入る気はないようです。
父の兄は祖母の面倒もみようとはしない人だったので、墓の使用権利者にはなってくれそうもありません。
(相談したところ、墓に父の遺骨を納めておまえらが面倒をみろ。長男の命令だ的な感じに言われました。)

皆様のお知恵をお貸し頂ければと思います。

【質問内容】 父の遺骨は墓に入れず樹木葬。先祖の墓を永代供養としたいのですが、可能でしょうか?

人物の呼び方は私基点です。読み辛かったらすいません。

先日、父(次男)が亡くなりました。私は息子で、実家暮らしではなく遠方住まいです。

先祖のお墓について、十数年前、祖母(父の母)の面倒を看るため、祖母と一緒に父住居のある地元に移設しました。以降、墓は父が管理をしていました。
現在、墓の使用権利者は父となっています。(寺に確認済み)
通常であれば、祭祀財産として母か息子である私が継...続きを読む

Aベストアンサー

ご先祖様のお墓を見ることができないとゆうことでしたら、永代管理(供養)して下さる納骨堂に変えることも考えられるのではないでしょうか?そしてお父様のお墓は近くで面倒見やすいところを探されてはいかがでしょうか?もちろん納骨堂をご利用することも検討のひとつと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報