OCN光で最大124,800円おトク!

先祖の墓は子孫が管理していくと思いますが、子孫が途切れたらどうするのですか?墓の住職が管理するのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

「坊主丸儲け」は人口に膾炙した言葉です。


現在でも1ヶ月に数回は耳にします。
清廉で高潔な仏教家の方もおられるとは思います。
しかし、国民はたいていの坊主は仏教を金儲けの道具としている
と考えていることの表れではではないでしょうか。

「相撲界は根底からダメだ」このおうに考えている人は多いと思います。
しかし、全員がだめな訳ではありません。練習熱心で、美しい相撲道を
体現しようとしている力士もいるはずです。しかし、全体としてダメ
だからこのように言われてしまうのです。今の仏教界を見渡して、
全体が金銭と関係ないイメージを持っている人は少ないと思います。
出家は檀家の布施によって生活しているのは理解できます。
しかし、不当に高い戒名や永代管理料はどういう訳でしょうか。
仏教系大学の仏教学部の校舎に並ぶベンツやポルシェの数の多さは
どういう訳でしょうか。夜な夜な、銀座や北新地で豪遊する坊主の多さは
どういう訳でしょうか。本当の仏教とは物質的な欲望にとらわれず、
精神の安定を得るのが目的のはずです。本当に人々の心の平安を願う
ならば誰が「坊主丸儲け」などと言いましょうか。

「武士は食わねど高楊子」これは完全に死語になりましたが、
「坊主丸儲け」は市民権を得ている言葉です。言われたくなければ
利益に対して所定の税金を払えばいいのです。

wikipedeaより
1999年(平成11年)3月に新たに改正された墓地、埋葬等に関する法律により、
墓地の使用者が死亡したり管理料の未納が3年間続いた場合には、「無縁墳墓に
関する権利を有する者に対し、1年以内に申し出るべき旨を官報に掲載し、かつ
無縁墳墓等の見やすい場所に設置された立札に1年間掲示して公告し、その期間中に
その申し出がなかった旨を記載した書面」を管轄する役所に提出する事になり、
無縁仏を自由に処分出来るようになった。
    • good
    • 1

一定期間はそのままです。

その期間はお寺によって異なります。
その間にお寺では檀家を訪ねたり、広報誌に公告して親戚縁者を探していきます。(この程度も寺によって異なり。殆ど何もしないズボラなお寺も少なくありません)
管理するという人が申し出なければ、供養の後、骨は供養等などに移し、墓石はまとめて放置します。
墓石などは風化によって自然に消えるまでそのままにするという習わしが日本にはあるからです。
大きな墓では、墓の後ろ辺りに倒された墓石があったり、墓地の端の方に積み重ねられた墓石があるのはこのためです。
御霊様に関しては永代供養料を払っておけば、その他の方々と共に供養等などに名が刻まれ、そのまま纏めて供養される事となります。
    • good
    • 0

お寺のお墓に行くと、ピラミッドのように山積みされた墓石を見たことありませんか?


古い墓石や無縁になった墓石をまとめてご供養されています。

墓地は、あくまでお寺から借りているものです。(永代使用権)
子孫が途絶えれば、お返しするだけです。

しかし、お寺にとっては困ったことです。その為の告示や手続きをし、
墓石の撤去など大変です。

ご質問の主旨からすると、継承者が途切れそうなのでしょうか?
それであれば、早めにお寺さんとご相談なさってくださいね。お願いします。
    • good
    • 0

 こんにちは。



 一度墓として建てられた場所は子孫が途絶えてもそのままの状態となります。

 No.1の回答は近代の霊園の場合であれば可能性がありますが、そう言うやり方がすべてではありません。

 私の母親の実家が古来からある宗派の寺院ですが、江戸時代以前の墓で子孫が途絶えても墓石はそのままになっています。

 墓石の周辺に草が生えてきたりしても、寺院側で草むしりして掃除をしています。


 坊主丸儲けという表現には実態を知らない不謹慎な言葉です。慎んでてただきたいものです。
    • good
    • 0

子孫の途絶えた墓を無縁墓といいます。


少子化、核家族化によって無縁墓は増える傾向にあります。
永代管理費を払っている場合でも、年数が経過すると無縁墓は
遺骨が納骨堂に引き上げられ、整地されて再販売されます。

宗教法人に税金が掛からないことを坊主丸儲けといいますが、
この場合は坊主二重取りということです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q先祖代々のお墓に入れる人は?

お墓について何も知らないのですが
お墓に入れる人ってどんな人ですか??

私は、先祖代々のお墓は誰でも入れるんだと思っていました(子孫は、全部)
しかし、入れるのは長男のみ(長男の嫁)
そしたら子供は?
女の子しか生まれなかったら?

次男は、自分で墓を作って入るとの事ですが
結婚しなかったり、子供が居なくても入れないのですか
今でこそ子供の居ない人用に永代供養をしてくれるお寺があるらしいですが昔は、無かったと思うのですがどうしていたのでしょうか??

皆様宜しくお願い致します

Aベストアンサー

ANo.5の者です。

>所でやはりペットと一緒には、無理なんでしょうか

私個人の意見としては、実の子供同然に可愛がっていたペットと一緒にお墓に入りたいという気持ちはわからないでもないです。もし、私の寺の檀家さんから相談されたら、意思を良く確認した上で許可すると思います。
しかし、一般的には人の入るお墓に人間以外の動物の骨を納めるのは難しいのではないでしょうか。墓地埋葬法は人間と人間以外の動物の骨を一緒に埋蔵することを直接的には禁じてはいませんが、社会通念上、節度を持った埋葬儀礼がおこなわれるようにとされています。余談ですが、税法上はペット霊園・ペット納骨堂は宗教行為とみなされず、貸倉庫業に分類されています。

どうしてもお墓に一緒に入りたいということであれば、(1)とにかく理解のあるお寺さんを探す、(2)ペットの遺骨を形を残さないように加工して、自分が死んだ時に「副葬品」として一緒に埋葬するよう遺言される、という方法しかないように思います。
以下に、ペットの遺骨を加工してくれる業者のURLを上げます。ご参考まで。

http://www.eternal-p.com/e04.html

参考URL:http://www.eternal-p.com/e04.html

ANo.5の者です。

>所でやはりペットと一緒には、無理なんでしょうか

私個人の意見としては、実の子供同然に可愛がっていたペットと一緒にお墓に入りたいという気持ちはわからないでもないです。もし、私の寺の檀家さんから相談されたら、意思を良く確認した上で許可すると思います。
しかし、一般的には人の入るお墓に人間以外の動物の骨を納めるのは難しいのではないでしょうか。墓地埋葬法は人間と人間以外の動物の骨を一緒に埋蔵することを直接的には禁じてはいませんが、社会通念上、節度を持った埋葬...続きを読む

Q今ある先祖のお墓を永代供養したいのですが

実家のお墓について相談です。
祖父が自分でお墓をつくり(本家ではないので)、祖父母と叔父および祖父の親戚筋関係(詳細不明)が入っています。父は長男で、ほかに未婚の叔父と叔母がおります。私は、兄(既婚で子供あり)妹(バツイチ子無)の妹にあたります。母方の祖母は父方とは別のお寺で永代供養をしていただきました。
兄が父方のお墓をつがない事になり、父方のお墓をどうするか問題になっています。仮に妹の私が墓守を引き継いだとしても子供がおらず私の代で終わってしまうため、父の兄弟(叔父叔母)と相談してお墓を父の代で終わるように頼んでいます。
そこで質問ですが、現在お骨が入っているお墓からお骨を取り出しかつ現存の叔父・叔母も入れるような共同の永代供養してもらえる墓地はあるのでしょうか。祖母が入っている永代供養は一人一区画と決められています。できたらみんなばらばらにならず1つの場所で、また後々墓守の引き継ぎを探す必要がないようお寺に供養を続けていただきたいのですが可能でしょうか。現在の檀家から抜けて別の宗派の永代供養墓地にはいる事はゆるされるのでしょうか。また父方の実家に(父は長男ですが家をでたため)仏壇と複数のお位牌があります。私が引き継いでも私が死んだときにどうするかといった問題を姪っ子に関わり合いがないようにしておきたいと兄ともども悩んでおります。できたらあわせてお寺で受け入れていただきたいのです。さらにお骨を出したとのお墓はどうしたらよいでしょうか?
田舎ですので父方の生地ではお寺が1つだけ、全家庭昔から檀家です。

実家のお墓について相談です。
祖父が自分でお墓をつくり(本家ではないので)、祖父母と叔父および祖父の親戚筋関係(詳細不明)が入っています。父は長男で、ほかに未婚の叔父と叔母がおります。私は、兄(既婚で子供あり)妹(バツイチ子無)の妹にあたります。母方の祖母は父方とは別のお寺で永代供養をしていただきました。
兄が父方のお墓をつがない事になり、父方のお墓をどうするか問題になっています。仮に妹の私が墓守を引き継いだとしても子供がおらず私の代で終わってしまうため、父の兄弟(叔父叔...続きを読む

Aベストアンサー

曹洞宗の僧侶です。

基本的に、お寺での供養はどのような場合でも「永代供養」です。お寺には檀家さんの過去帳があり、朝晩のお勤めで回向供養しています。
かりに、あるお家の子孫が絶えてしまって先祖祭祀をする方がどなたもおいでにならなくなっても、お寺としての供養がなくなってしまうわけではありません。

この事と、最近ひろく行われている「永代供養墓」というものは、似ているようで実はかなり違うものです。
守る人のいなくなったお墓は、整理されて「無縁仏」として合祀されます。こうした無縁仏を合祀した大きな墳墓を「無縁塔」とか「三界萬霊塔」などと呼んできました。
現在のように一般のお家でも後継者が少なくなっている状況では、境内にお墓を建ててもらう事は、お寺にとっても経済的なリスクがあります。子孫が絶えてしまえば、墓地管理費や祭祀にかかわる収入が絶えることになりますし、残ったお墓の撤去や遺骨の合祀はお寺の負担(持ち出し分)になってしまいます。
そこで、どこかの頭の良いお坊さんが、「どうせ、いつかは無縁仏になるのなら、最初から無縁仏にして、まとまった金を取ってやろう」と始めたのが「永代供養墓」です。「永代供養墓」と言いながら、その実態はほとんどが「三界萬霊塔」と何も変わりせん。区画売りしているものも、要はロッカー式霊園の小さい物、というに過ぎません。
結局「最初にまとまった金を払って、とっとと無縁仏になりなさい」ということです。お寺にとっては永代供養墓という名前の無縁塔を新たに作る初期投資が少しかかりますが、「不良在庫」としてのお墓を抱えるリスクを回避して、何十万円かのまとまった収入を効率よくあげるための、非常に都合の良いシステムです。

このように、永代供養墓は、ほとんどのお寺で経済的な理由から始められているので、「お金になるなら」どこのお寺でも受け入れてくれるはずです。ただし、「一度きりの機会だから、できるだけお金を取る」という考え方で運営されているお寺も少なくないので、複数のお寺から資料をもらい、よく比較検討される事をお勧めします。

現在のお寺のお墓をなくして、遺骨をどこかの永代供養墓に移すには、
(1)法律で定められた改葬の手続きをとって、ご遺骨を移します。
(2)ご遺骨を取り出した後のお墓は、itirikiさんのご実家の負担で撤去・整理して、敷地を更地にしてお寺にお返しします。
(3)お寺によっては檀家を抜ける時に「離檀料」などを差し上げなければならない事もあります。

仏壇と位牌は、そのまま受け取ってお祀りして下さるお寺は、まずありません。離檀される時に、現在のお寺にお願いして、魂抜きの法要をして頂いた後に処分します。処分は、お寺でして下さる場合もありますし、自分で小さな破片に壊して可燃ゴミとしてクリーンセンターなどに持ち込むことになります。そのようなサービスを行っている仏壇屋さんもあります。


永代供養墓とは、また違った意味合いで身寄りのない(なくなる)ご遺骨を引き受けてくださる、お寺としては一心寺さんが有名です。ご希望の方法に近いかもしれません。
下記のURLを参照してみてください。
http://www.isshinji.or.jp/

参考URL:http://www.isshinji.or.jp/

曹洞宗の僧侶です。

基本的に、お寺での供養はどのような場合でも「永代供養」です。お寺には檀家さんの過去帳があり、朝晩のお勤めで回向供養しています。
かりに、あるお家の子孫が絶えてしまって先祖祭祀をする方がどなたもおいでにならなくなっても、お寺としての供養がなくなってしまうわけではありません。

この事と、最近ひろく行われている「永代供養墓」というものは、似ているようで実はかなり違うものです。
守る人のいなくなったお墓は、整理されて「無縁仏」として合祀されます。こうした無...続きを読む


人気Q&Aランキング