最近、雑誌などで「無線LANスポット」とかをよく見かけます。街のほうぼうにできているそうですが、よくわかりません。これはどういうものですか?
 何を持参して、どんなことができるのでしょうか?
 料金は?
 なにやら新しいもののようですが、これを積極的に利用しないと、時代の波におくれそうですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

ホットスポットってヤツですね


必要なものは
1.ノートパソコン (ま、ノートじゃなくても持参できればOKでしょうけど)
2.無線LANカード
3.ホットスポットで接続するためのIDとパスワード
となります。
最後のものはモニターとしてフリーで使用できる場所もありますし、有料ホットスポットでは随時用意してくれているところもあるかもしれません。


 

参考URL:http://katsu3232.infoseek.livedoor.com/gameraya/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご回答頂きまして、たいへん有難うございました。
 ご紹介頂きましたURL、参考になりました。とくに京都の公衆無線インターネットプロジェクト“みあこネット”に注目したいと思います。

お礼日時:2003/07/16 17:02

東京大阪に限らず都市圏の商業地域なら結構導入されますよ。



まぁ利用するのは容量の極端に大きなファイルを常にやり取りしている、あるいはaspサーバーに常にアクセスする必要のある、一部業界の営業マンとか技術者ぐらいかと思いますが。

現状ではメールチェックぐらいであれば、携帯やH''でも何とかなりますし。
将来的にはゲリラ的なライブチャットみたいなものにも活用できるかもしれませんね。

とりあえずそういった利用方法を思いつかないレベルであれば気にする必要ないかと。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご回答頂きまして、たいへん有難うございました。
 これから商業地域を中心に、導入が増えていくんですね。今のところ「そういった利用方法を思いつかないレベル」ですので、しばらく様子見をすることにします。

お礼日時:2003/07/16 16:18

該当内容に関して知りません。

コンピューター全般で答えます。

メーカーで特定の商品を開発して販売するときには.必ず
>積極的に利用しないと、時代の波におくれ
るかのような宣伝をします。しかし.これが定着するか.しないか.は時間がたたないとわからないのです。
質問者ご自身が.これら新製品の販売等に関係している場合には.デモストレーション効果が始まる時期以前に.取り扱い方法等デモストレーション効果が始まってからの利用者に対して指導的行動が取れるようにならないと.「時代の波に乗り遅れます」。しかし.関係ない一般の消費者であれば.デモストレーション効果が始まって.価格が下がってから利用したとしても「時代の波に送れた」事にはなりません。デモストレーション効果が現れたときになって.はじめる事が「時代の波に乗る」事ですから。

いずれの立場をとるかは.ご質問者の立場に依存します。
私のような末端の消費者でしたらば.デモストレーション効果が終了し.市場に飽和してから購入することになるでしょう。なんと行っても.デモストレーション効果が終了すれば.低価格で購入できますから。

デモストレーション効果というのは.
大体市場の1割程度の人々に商品が普及したとき以後.急激に売上が伸びる
現象です。販売店はこのときに大きな利益を得ることができるでしょう。9割の人々に普及したときに.デモストレーション効果は終了し.市場の伸びは各家庭の所得の伸び程度になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご回答頂きまして、たいへん有難うございました。
 コンピュータ業界の開発・普及戦略というのでしょうか、私のような人間にも理解できるように、わかりやすいコメントを賜わりまして、大いに参考になりました。
 「無線LANスポット」というのは、デモンストレーション段階にあるんですね。あわてて駆けこまず、しばらく様子を見ることにします。
 

お礼日時:2003/07/16 16:29

 こんばんは



 小生も無線LANスポットを使っている一人です

 例として、NTTコミュニケーションズが提供している「ホットスポット」をあげてみます

 用意するものは、#3の方が回答されているので、
省略します
(ただし、ノートパソコンが無線LAN対応であれば、
LANカードは必要ありません)

 料金は登録するときに1,500円(最初だけ)、月1,600円必要です

 詳細は、参考URLをご覧ください

 では

参考URL:http://www.hotspot.ne.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご回答頂きまして、たいへん有難うございました。
 ご紹介頂きましたURL、参考になりました。NTTさん、この分野にもけっこう力を入れているのですね。将来私もスポットユーザーの仲間入りをしたときは、NTTさんをマークしたいと思います。

お礼日時:2003/07/16 16:35

わからないのに新しいことに首を突っ込む必要はない。



単に、街中に無線LANの設備があってインターネットが使えるというだけです。

無線LANの機能のあるPCやPDAを持ち込めばインターネットが使える。料金は会員制のもの、登録制のもの、無料のもの、従量課金制のものなどいろいろある。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご回答頂きまして、たいへん有難うございました。
 なにか特別のことができるところかと思ったのですが、「単に無線LANの設備があって、インターネットが使えるだけ」とのことで、安心しました。しばらく様子を見ることにします。

お礼日時:2003/07/16 17:17

まだまだ使えるエリアは、ごくごく一部です。



つまりPHSが、家庭に基地局をおくと、外でも家庭では内線電話として使えますね。それのLAN版みたいなものです。

みたいなものとは、PHSは最初は外で使うのを家庭内に持っていった事。LANスポットは家庭使っている無線LANを外でも使えるようにしたものです。

つまりノートPCやPDAを持ってる人しかありがたみがないものです。まあ、自宅がスポットエリアに入れば別ですが、今のところ東京や大阪の一部の商業エリアでしか使えないみたいですから、全国どこでもって訳には行かないですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご回答頂きまして、たいへん有難うございました。
 全国どこでも使える時代がくるのは、かなり先のようですね。バリバリ仕事ができて、LANスポットのありがたみがわかる人間になりたいものです。

お礼日時:2003/07/16 17:09

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング