陸上(走る)関係で感動する小説ってありませんか?感動しないやつでもいいんですが、誰か知っていたら教えてください。
ららのいた夏っていうのは読んだ事あります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

4です。

もう一つありました。
引間徹「19分25秒」(集英社)
あらゆる大会や権威を拒否する義足の競歩選手が、世界記録に挑む物語です。
ストイックな主人公の姿に、強烈な印象を受けました。
競歩ですから走る事にはなりませんが、よかったらどうぞ。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4087487 …
    • good
    • 0

川島誠「800」


陸上(走る)小説の傑作!800Mを走る陸上選手の話。
スポーツや走ることなど興味もないわたしでも、この「800」を読むと、走ることの素晴らしさが本当によくわかります。また、この語り手の感性!ぜひ、読むべきです。

他に、川島誠「もういちど走り出そう」などもいいです。

参考URL:http://www.bea.hi-ho.ne.jp/madoka/kawashima/800. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すみません、言い忘れてました。
800は読みました。
800はいいですよねえ、自分も800M選手なのでところどころ共感できます!
もう一度走り出そうは知りませんでしたね。今度探してみます。

お礼日時:2003/07/15 01:30

感動するかは分かりませんが


アラン・シリトー「長距離走者の孤独」があります。
新潮社や、集英社から河野一朗の翻訳で出版されています。
クロスカントリー選手の、独白で書かれた短編作品です。よかったらどうぞ。
蛇足ですが、この作品へのオマージュとも言える「長距離走者の遺書」というルポを、沢木耕太郎が書いています。
東京オリンピック銅メダリストの円谷幸吉についてかかれたものです。
『敗れざるものたち』(文芸春秋)に収められています。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4087600 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり長距離とかのしかないんですかね?
けっこう短距離とか中距離関係の本が見たかったりするのですが。
陸上関係の小説は好きなので、これも読んでみます。
ありがとうございます。

お礼日時:2003/07/14 01:37

喜多嶋隆さんの「ロンリーランナー~CFギャングシリーズ~(光文社発行)」があります。



約10年程前の発刊なのでもしかしたら絶版になっていたらごめんなさい。その際はBOOKOFFとかで探せばあると思います。

内容としては、説明が下手なので分かり難かったらごめんなさい。
CFディレクター流葉爽太郎が主人公で、ある1人の少女が、某メーカーのランニングシューズのCF(流葉がディレクター)に出ることが決まり、それに関してまわりの妨害や困難に負けず、最後は素敵な友情で終わるストーリーです。

もしよかったら読んでみてください。

昔、「CFギャング」ってタイトルで流葉爽太郎の役に佐藤浩市さんを起用した映画がありましたよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

けっこう昔のしかないんですね。
もしBOOKOFFなどで見かけたら買ってみます。

お礼日時:2003/07/14 01:34

ぜんぜん感動しなかったですけど、走れメロス、とか、スーホーの白い馬とかありましたね。



むしろ走れコータローの歌詞の方が感動したぐらいですからね。
    • good
    • 0

トム・マクナブ著『遥かなるセントラルパーク(上・下)』文春文庫



ロスアンゼルスからニューヨークまでの大陸横断マラソンに参加する人々の人間ドラマです。面白いし感動しますよ。
絶版かも知れませんので古本屋ででも探してみて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
探してみます!

お礼日時:2003/07/14 01:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング