人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

戦の戦術で古代から中世にかけて使用すれば
ぜってぇ勝てんのに!
というような戦術 戦略 奇策 政策はありませんか
不可能かも 成功率低っ! 馬鹿げてる
そんな戦闘法でもかまいません
地理的条件 兵力差などの設定は個々、設定してもらってかまいません
また実際に過去の戦争 戦いで行われた奇抜な作戦 戦術を書いてもらってもかまいません
戦術も攻める戦術だけではなく守る戦略でもいいです
回答 よろしくお願いします

A 回答 (4件)

・高い城壁の上から岩を落としたり、弓矢を射ったりする。


その場合、十分に敵を引き付ける。
これなら、弓矢や鉄砲などの武器がなくても馬糞や熱湯などでも代用出来る。

・戦国時代の武田信玄などが使った、自軍が山頂などに布陣しているように見せて、敵が攻めたら見当たらなく、実は裏を回って敵軍の背後を突く戦法。

・守るなら、城の周囲の堀に水を貯め敵が近づけないようし、地下を掘って兵糧、武器は確保しておく。
出来たら、城壁から敵の兵糧庫に弓で火を放ったり…、して長期戦でもいけるかと。

…どうでしょうか?
人道的にいくなら、斥候を送り込んで偽の情報を掴ませ戦を回避する、のが良いかもしれません。
長文失礼致しました。
    • good
    • 0

>戦の戦術で古代から中世にかけて使用すれば


>ぜってぇ勝てんのに!
>というような戦術 戦略 奇策 政策はありませんか

 絶対は、ありえないけど

・相手より充分な物資
・相手より充分な戦力
・有能な指揮官

 最低でもこの3つがそろっていれば
かなりな確率で勝てると思うけど・・・

 ある傭兵の言葉ですが

少数をもって多数に勝つ、とか、奇襲のみで戦果をあげるとかいうのは、
素人の無責任な夢想であって、敵よりも多くの兵力をそろえること、
その兵力をよく訓練すること、多くの兵力をささえるための経済力を
ととのえることが、戦略の正道というものなのである。

戦場で奇策を用いて勝つなど、じつは最悪の勝ちかたなのである。
    • good
    • 0

なんといっても毒ガス攻撃ですね。


毒ガス攻撃は第一次世界大戦で有名になりました。
これは、化学産業のたまもので、様々な有毒物質を人為的に生成することができるようになり、
実用化した戦術です。

しかし、化学産業が発達する前から毒ガス攻撃はたやすくできる物でした。
ある種の不正な植物を燃やすだけで、皮膚や粘膜を激しく損傷させるガスは
容易に生成できるのです。

しかも、その不正な植物は野山の至る所に自生しており、
今の日本でも郊外や田舎の方に行けばイヤというくらい見かけることができます。
もちろん、栽培や採取は今でも合法です。
昔は商品作物として栽培が奨励されていた物もあります。

まずはその不正な植物を大量に採取し、(この段階で自軍に病人が出ますが・・・)
風上に布陣して、あとはそれに着火して風に煙を乗せたら、さっさと退却です。

この毒ガスは大きな被害を与えますが、死亡する可能性はあまり高くありません。
つまり、人を殺さずに戦争に勝つことができるという極めて人道的な面もあります。
    • good
    • 0

やはり昔は奇怪現象を信じてると思うので


複雑な地形を利用して
神に願うような形をだれかが敵に見せ
ありえない感じで(煙と共にとか)一気に攻め入れたら?
いかがですか
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング