AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

知り合いで、陶芸家のアシスタントの仕事をして生活している人がいますが、
彼はボーナス無しの年収200万前後で、食費は毎月3万前後
家賃7万円の2DK木造アパートへ、部屋分けて同僚と一緒に住み、
家賃は1/2ずつ支払いしています。
中古ながらも車も所有しています。

それで疑問なのですが、同じ都内に住んでて
年収が彼の2倍とか3倍以上なのに、車無し貯金ゼロで
給料日直前には金欠になっている人が結構いますね。
(ちなみに私もそうです)
これはお金の使い方がそもそも違うんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 こんにちは。



 大都市部に住んでいると、便利さと共に、お金を使わせる環境になっているので、飲食や生活費に使用してしまうのでしょう。

 良い言い方をすれば消費に内需拡大に貢献していますが、別の見方をすれば無駄遣いが多いということです。

 郊外に住んでいると、周囲にお金を使うところも少ないのですが、お金を使うよりも、自分の仕事のスキルを高め、無駄遣いしない質素な生活を心掛けているのでしょう。

 こういう生活をしている人の方大都市部に住んでいて、飲み食いに浪費してメタボになる人よりもはるかに健全だ思います。
    • good
    • 0

陶芸家ではありませんが、違う分野で師匠に弟子入りしてアシスタントをしていた頃は年収100万円もありませんでした


平成の話ですよ

でも、仕事そのものに意欲を燃やして、ストレスといえば、全身全霊で頑張っても上手くできない自分の不甲斐無さでした

それ以前はサラリーマンで、年収もけっこうありましたが、お金をもらうために仕方なく仕事しているのでストレス溜まりまくり
それを解消するために、あれ買ったり旅行したり上手いもの食ったり飲んだり散財ばかりでした

お金の使い方というか、生きる目的や目標そのものが違うからでしょう
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q素人の自分が 「陶芸教室」を開きたい

「起業」で質問したかったのですが。。。
こちらの方がよいのかなと思い質問します。

将来、(定年後、もしリストラされたら・・・)何か自分で出来る事がないものかと不安を抱えながら。。。いつも生活しています。。。

昨年、家族で陶芸をする機会がありみんなで皿、カップなど小物を造りました。。。

出来上がった自作の作品、子供達の作品に感動し 陶芸に大変興味をもちました。今も毎日使っています。

陶芸の経験は昨年の一回だけで経験も知識もありません。。。
陶芸については まったく超~ど素人です。
(これからサークルなどで知識や経験を少し積みたいと思っていますが・・・)

それで皆さんにお聞きしたいのですが。。。
田舎にある畑の小屋を利用して(観光客、初心者を対象)「陶芸教室」「初めての陶芸」という看板の基(名前はどうでもいいのですが)で教室を開きたいと思っています。
陶芸教室といっても場所と設備を提供するだけにし 焼きあがった物を郵送するという中身です。
陶芸についての詳しい指導はせず(出来ないと思います)

昨年自分が体験したように・・・観光客、素人だけを対象にした「陶芸教室」の開設について どんな事でもいいのですが アドバイス頂きたいです。

宜しくお願いします。

「起業」で質問したかったのですが。。。
こちらの方がよいのかなと思い質問します。

将来、(定年後、もしリストラされたら・・・)何か自分で出来る事がないものかと不安を抱えながら。。。いつも生活しています。。。

昨年、家族で陶芸をする機会がありみんなで皿、カップなど小物を造りました。。。

出来上がった自作の作品、子供達の作品に感動し 陶芸に大変興味をもちました。今も毎日使っています。

陶芸の経験は昨年の一回だけで経験も知識もありません。。。
陶芸については まったく超...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。

大学で工芸を専攻していました。自分も陶芸は習いましたし、学友は窯の跡取りが沢山います。
自分も他の技法ですが、工芸を生業にしています。自分で作品も作っていますし、フリーで下請けの仕事もしています。

ご質問を拝見致しました。
ひどい言い方になってしまいますが・・・はっきり言って、無理でしょう・・・こういった職業を、少し甘く考えているとさえ感じます。

#1さんの言う「工房の性格を明確に表現したPR」
このようにするのも良いかもと仰っていますが、一体工房の性格と言うものを、どのように捉えられているのでしょうか?第一、何の下地も無い、また自分のスタンスも無く、コンセプトも無い状態で、魅力のあるPRなどは出来ないと考えて良いと思います。

先ず、田舎で・・・とありますが、田舎でそう言う工房を作るのは、場所を確保する為です。陶芸の場合は良い土が産出する場所であるかも知れませんし、大きな窯を確保する為と言うのもあります。ですので、あなたのお考えの工房では、まったく意味を成しません。それに、ある程度のネームバリューや(上野焼とか波佐見焼きとか・・・)作家の名前があればこそ、その魅力に観光客は集まるのでしょうし、誰かが指導してくれるからこそ、初心者は「習いに」来るのです。「道具はここでーす!土はこれでーす!後はご自分の好きなようにしてくださーい!」と言って、ご自分だったら出来ますか?結構みんなシビアです。そんな、家庭陶芸に毛が生えたような教室には、お金を払ってまで行きたくは無いでしょう。それに、「じゃあ、陶芸の盛んな町で開けば?」と思われるかもしれませんが、そう言うところは窯芸組合があって、素人がちょっとそっとで開けるような場所でもありません。

貴方のお考えで一番近しいのは、陶芸教室でも観光陶芸でもありません。「貸し工房」です。
家では専門の道具が揃えられなかったり、場所が無いので教室に行かない限り作業が出来ない、ある程度の技術を持った趣味の方が作業をする場所として、2時間幾らで貸し出す・・・と言う形で無いと、正直、人を集めることは出来ないでしょう。

しかし、それだけの工房を用意する為の金額は、並大抵のものではありません。それに、#1さんの仰る「後継者に・・・」と言うのも、先ずはその方をお雇いしなければならないのです。その人件費も含めると、莫大なお金になりますよ。おまけに陶芸をやるには光熱費も半端じゃありませんから、到底、お教室の月謝だけでは足がでるでしょう。リストラが・・・将来が不安で・・・と仰るようなスタンスでお考えならば、「絶対に」無理だ・・・としか言えませんね・・・

出鼻をくじくようですが・・・私もまだ道途中ですが、はっきり言って生半可なものではありません。
本当にそれを生業にしたい!!と強くお考えならば、今からでも自分の好きな窯業会社に転職したり(それならば、長い間に技法と経営ノウハウと両方学べますし、上手くすれば独立のチャンスもめぐってくるかも知れません)きちんと師をとって学ぶ道を模索しなければならないと思います。

ご参考になれば幸いです。

こんばんは。

大学で工芸を専攻していました。自分も陶芸は習いましたし、学友は窯の跡取りが沢山います。
自分も他の技法ですが、工芸を生業にしています。自分で作品も作っていますし、フリーで下請けの仕事もしています。

ご質問を拝見致しました。
ひどい言い方になってしまいますが・・・はっきり言って、無理でしょう・・・こういった職業を、少し甘く考えているとさえ感じます。

#1さんの言う「工房の性格を明確に表現したPR」
このようにするのも良いかもと仰っていますが、一体工房の性...続きを読む


人気Q&Aランキング