出産前後の痔にはご注意!

歩いてダイエットをしたいと思ってます。

身長168センチで85キロもあります。せめて60キロくらいまで落としたいです。(24歳男)

現在は1時間30分ほど毎日歩いてます。

歩くときの格好なんですが
水洗いが出来、すぐ乾くと言う理由からダイエットスーツの代わり?にバイク用の雨具を着込んで歩いてます。見た目はナイロンのジャージみたいな感じです。
これからの時期は、もっと涼しい格好で歩いた方が良いのでしょうか?

自己判断で着込んでたくさん汗をかいた方が痩せやすいと思い着込んでます。

後、水を持ちながら歩いて喉が渇いたら水分補給をしていますが、この方法は間違ってますか?

歩き終わった後の爽快感が良くて続けれそうです。

走るか歩くかも迷ってるんですが、あまり激しい息切れを起こすと喘息を誘発するので控えようと思ってます。
平均体重からかけ離れてるんで歩くだけでも効果があれば良いのですが。

歩き方は手を大きく振って早歩き気味で問題ないでしょうか?


質問多くてすみません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

夏場等暑い季節は熱中症等にならないようにTシャツに短パン等涼しい服装でトレーニングされる事が必用です、ドライ製品も出てますのでお勧めです。



汗の量と痩せる事は比例しません、運動量に比例します。

水分補給は重要ですので携帯するのは良いと思いますが、手に持って歩くのも良いですがウエストポーチ等に入れてトレーニングされると便利です。

トレーニング初心者や運動不足の場合、又、脂肪が多く体重が多い場合ですといきなりジョギングから始めますと関節に負担が掛かり故障の原因となりますのでウォーキングから始めた方が無難で、トレーニングを継続されて慣れてきたらジョギング(スロージョギングからは始めると良い)に移行されて下さい。

歩き方は普通に歩いて、手幅も普通で良いですし、早歩きは良いですが初めは普通に歩いて慣れてきたら少し速度を速めてみて下さい、しかしながら速度に関しては普通に歩いて結構です。
速度が気になるようでしたらジョギングに移行されれば良い事です。
脂肪燃焼は心拍数が影響されますので負荷(110~150以内が良い)を高くすると効果も半減します。
脂肪燃焼の場合は負荷で考えた場合は速度よりも距離を伸ばす方向で考えて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。

お礼日時:2010/10/11 08:42

身体の状態を快適に保ち、より効果的な運動をするためには、良い汗と悪い汗の違いを知っていなければなりません。



運動習慣のある人が運動をすると、汗がごく少量ずつ分泌され、すぐに乾きます。
ですから、運動習慣がある人は、運動中も運動後も身体がさらっとしています。
汗というのは、液体から気体に蒸発するときの気化熱で身体を冷やすものですから、
ごく少量ずつ分泌することが大切です。

一方、運動習慣がない人が運動をすると、多量に汗をかいて服がびしょ濡れになりますが、
そのような状態では汗が蒸発しないので、気化熱がはたらかず、したがって、体温が下がらないので顔が真っ赤になったりします。

良い汗をかくには、心拍数を調節して体温をゆっくりと上げることと、速乾性で吸湿性の風通しのよいスポーツウェアを着用するのが良いのです。

> 自己判断で着込んでたくさん汗をかいた方が痩せやすいと思い着込んでます。

たくさん汗をかいても体脂肪が減らなければ意味がありません。
体脂肪は、早朝の涼しい時間帯に空腹で歩くとより効果的に減ります。

> 水を持ちながら歩いて喉が渇いたら水分補給をしていますが、この方法は間違ってますか?

喉が渇いてから水分補給したのでは遅すぎるので、歩く前に飲むと良いと思います。
私は毎朝1時間40分のスロージョギングをしていますが、走る前に100cc、走った後に
水を200cc飲むだけです。
運動中に脱水になると便秘しますが、ウォーキング程度では脱水にならないと思います。

> 歩き方は手を大きく振って早歩き気味で問題ないでしょうか?

ウォーキングスタイルはそれで良いと思いますが、ところどころで、スロージョギングを
入れてみると良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。

お礼日時:2010/10/11 08:42

 雨具を着込んで汗をかき、汗をかいた分だけ水を飲んで水分を補給してたのでは身体の消化器官を酷使するだけでダイエットについては何の効果もありません。


 次に、歩くという動作は貴方が赤ん坊のときからずっと慣れ親しんで来た身体の動かし方で、一番効率のよい、つまりエネルギーを使わない動作を会得してしまっているので、痩せるということについてはあまりいい運動ではないのです。またかなり早くあるかないと筋肉もつきませんから基礎代謝を増やすこともできません。
 そこでお勧めするのはスロージョギングです。これは時速4km、歩幅は足のサイズ程度というもので、歩くのと全く同じ程度の呼吸で、息が切れることは全くありません。ところがこの走り方は貴方にとっては未知の運動であるため、意外なほどエネルギーを使ってしまい、30分も走ると汗びっしょりになってしまいます。それに加えてこれは貴方にとって新しい身体の動かし方なので、そのための筋肉を身体が作り始めるのです。そしてその筋肉は遅筋とよばれている、殆ど疲れることがない筋肉であり、これはじっとしていても、或いは眠っていてもエネルギーを消費し続けてくれるのです。ですからダイエットに大変大きな効果があります。
 それに加えてこのジョギングは血をさらさらにし、血圧を下げ、アルツハイマー病の予防効果もあるそうなのです。詳しいことは『スロージョギング』をキーにしてインターネット検索をかければ沢山引っかかって来ますから、それを参照して下さい。特にためしてガッテンのサイトがいいですよ。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。

お礼日時:2010/10/11 08:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング