今年に入ってから鬱病の為、家で静養中なのですが、運動もすることがなくなり、座敷部屋でパソコンなどを一日やっていましたら、ふくらはぎが痛くてたまりません。
たぶん、エコノミー症候群?だと思いますが、治療方法などご存知な方、教えていただけますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

1:所謂エコノミー症候群とは、大腿深部静脈で血栓が出来るものなのですが、取り出すと、ゾロゾロと血液の長い塊が出てきます。


其れが飛んで、右心房から右心室を経て肺部に入り、細い血管を詰まらせると、息苦しさや外呼吸が出来なくなり、死亡する迄いたる事があります。
此れは、年齢にも健康度にもあまり関係なく起こるとされていますが、勿論原因がわかっているので、対策はあります。

水を多めに飲む。
特に日本人はスポーツマンでも水をしっかり必要量だけ飲める体質・経験が無いので、意識的に多めに飲む必要が有ります(腎臓や心臓、血管系に障害のある人など不健康な人は勿論除きます)。
蛇足:古いタイプの生理学を分かっていない運動の指導者が未だに指導者面をして若い人を指導しているのが心配です。

鬱状態だと下記の外で行うのは難しいでしょうが、室内用を少しずつやって試ると良いでしょう。

歩くだけでも良いので、早歩きで毎日歩く(股関節部を特に大きく前後に開きながら大股で歩く事)。
室内用としては腿上げ運動と、大腿の裏・表をストレッチする+股関節部を前後左右に大きく開くストレッチをする。

運動が出来るような状態に成ったら、心拍を180-年齢程度に一日一回は上げることにより心肺機能を上げる。
これは、外に出なくても、室内で腿上げでも、固定室内自転車でも、ジャンプでも、紐なし縄跳び、踵上げの運動(電話帳などに足先をかけて、踵を上げ下げする)等などの運動が有効です。

他の方法としては、納豆を食べるとか(毎日朝晩50グラム程度ずつ)、サプリのEPAやDHAを飲む、アスピリンを少量・常時飲む(現在は此れに必要な丁度良いmg数のタブレットが日本では市販されていません)などがあります。 

2:他の理由により(例:妊娠など)により、腹部の静脈が圧迫されたりして、大腿部の静脈に圧がかかり、其の前のフクラハギの静脈が目で見えるようにクネクネと皮下をくねりますと、痛みが出ます(痛みのない場合もあり、それでも美容上取り除きたい人がいる)。此れは当該静脈をオペレーションで取り除く手術が有ります。
男性かた思いますが、静脈がフクラハギ部に出っ張って見えますか? 座ったままでいるとこれが起こる場合があります。
    • good
    • 0

エコノミー症候群とは、航空機の狭い座席等に長時間同じ姿勢で座り続けることで、足の静脈内に生じた血栓が、席を立ったことで血流に乗って移動し、肺の血管などに詰まって呼吸困難や心肺停止をもたらす症状を言い、長時間の列車での移動やデスクワーク等でも同じ症状が発生することがある。



とのことです。
なので、やはりNO1の方の言うのと同じく、
エコノミー症候群ではないと思います。

イスに長時間座っているのでしたら、
おそらく、足がむくんでいるのでしょう。
ふくらはぎの上部に血管が浮いてきたりはしていませんか?
解消法としては、ストレッチをしたり、水分を多く摂るように心がけたりすると良いでしょう。
これは、参照URLに載せたエコノミー症候群の対処法と同じです。
他に、足のむくみの対処法として、毛布等を丸めて足元に置き足をあげて寝るといいです。
これは、足の方に下がった血の循環を良くします。
自分の部屋でしたら、痛いと感じた時に10分でもやると
楽になりますよ。

あと、運動不足も原因の一つでは?
汗をかかない生活を続けていると、
血の流れが悪くなり、足もむくみやすくなるので、
少しでも身体を動かすように心がけた方がいいでしょう。

こんな感じでいかがでしょうか?

参考URL:http://www.gh710.com/d_eco.html
    • good
    • 0

おそらくエコノミー症候群ではないと思いますが、たまに、屈伸などの簡単でできそうな運動をやって見られてはどうでしょうか?

    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング