人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

重要事項説明書と契約書のコピーについて

30歳。既婚男です。

この度、中古マンションの購入を考えており、
何件か回った後、購入を希望する物件が見つかりました。

購入意思を担当営業に伝え、
契約の前に重要事項説明書と契約書のコピーを希望したところ、
コピーして渡すことは出来ませんと言われました。
(営業所に出向いて見ることは出来ます、と言われました)

コピーを渡せない理由として、
個人情報があるため(登記情報だったり)と言われました。
会社の方針で渡せないのですか?と聞いたところ、
その辺は曖昧にされ、個人情報を繰り返すばかりでした。

ここで質問があります。

重要事項説明書のコピーは契約の前には一般的には頂けるものだと思っていのたですが、
上記のように貰えないこともあるのでしょうか?

大きな買い物になるので、出来れば書類を確認し、
自分自身が納得してから、購入をしたいと思っているのですが...。

物件自体はとても気に入っております。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

現在の所有者に配慮して


契約書と重説のコピーは渡せないと言ったのではないでしょうか。
個人情報と言うであれば
そこはマジックで消すなりして下さいと言ってはどうですか?
だけど住所がわかっているのですから法務局で謄本を取ってこちらで所有者など調べれますから何故隠すか理解できませんね?

私はお客様が希望されたり必要性があると思えば言われなくてもコピーは事前に渡してますよ。

何ら法的に問題ありませんから。

不信感をもたれたなら
契約行為は現地、仲介業者の会社、あなたの自宅では契約を締結しない方が良いですよ。

喫茶店やファミレスで
契約すればクーリング・オフが適応されますから
やめたとなっても手付金を没収されずに解約できます。手付放棄にならないけど相手が売るのやめると言っても倍返しにもなりませんけど。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
個別に返信が出来なくてすみません。
あれから、コピーが欲しい旨を伝え続けたところ、
「会社の稟議」で決める。「売主に許可を得る」などと言われましたが、
(その辺は曖昧でした)
コピーを手に入れることが出来ました。(30日)

個人の所有するマンション売買で専任で売りに出ています。
7/4に契約日どうですか、と聞かれていますが、
(売主がようやく都合をつけられたのが7/3,4といわれました)
内容を把握し、契約に望みたいと思います。

曖昧な表現になりますが、おそらく担当の方と私とで、
マンションを買うということに対して、価値観(姿勢)が違うのだと思います。
営業の方は毎度のことで慣れているかもしれませんが、
こちらは一生に一度の買い物です。
その差が会話の中にも出てきているような感じです。
ただ、物件自体はとても気に入っているので、不満さえ解消されれば、
とても良い買い物になると思っています。

補足日時:2010/06/30 13:00
    • good
    • 0

不動産業者です。



契約書と重要事項説明書のコピーを事前に渡さないというのは良く分かりません。
売主はその業者でしょうか?それとも個人が所有するマンションの仲介でしょうか?

「個人情報」というのは、現在の所有者に関する事が書かれているのでしょうか?
それならその項目だけ塗りつぶせば済む事なんですが・・・

コピーを渡すのは、契約当日になって「この項目は良く分からないので一度検討します」
と言われないためです。
仲介の場合、売主まで立ち会って貰って仕切りなおしでは目も当てられません。

「コピーを貰えないなら、当日良く分からない点があったら、一度持ち帰って良いですか?」

と言ってみてはどうでしょうか?
    • good
    • 1

財閥系などの大手業者はFRKだったかな?様式で本部一括で重要事項のチェックがあったりまします。


リハウ●などは契約直前にならなければ、重要事項と契約書が完成しません。
事前と契約時に異なるものを見せるわけにはいきませんから、その様な対応なのでは?
一般的には、秘匿する様な個人情報は、売主が住んでいない場合の現住所ぐらいでしょうかね。
共同仲介しても正式な書類のFAXは前日まで来なかったりしますからね。
上記以外の業者なら、その様なしばりはないと思いますから、ササっとPCで打って直ぐ作成可能です。
多少時間がかかるのは、管理会社からもらう修繕積立金等の正確な額と規約関係ぐらいでしょう。
    • good
    • 0

元業者営業です



>コピーして渡すことは出来ませんと言われました。

う~ん。。。別に渡して悪い事などは無いと思いますけどねぇ。
特に、「サイン前」の重要事項説明書でしょう?ならば記載されている内容に個人情報に関わるものなんてありません。
確かに登記内容は個人情報と言えなくも無いですが、そもそも登記内容は一般に閲覧でき、必要とあればコピーまでできるものですからね。

登記内容の開示は不動産取引の「安全性・透明性」を確保するためには必要な事ですから。

>会社の方針で渡せないのですか?と聞いたところ、

おそらく会社の方針でしょう。
ならばそう言えばいいのに。こんな些細な事でお客様を不安にさせる(現にこのような質問が挙がってますからね)なんて、ぶっちゃけ「しょっぱい営業」だなぁと。

>コピーは契約の前には一般的には頂けるものだと思っていのたですが、

私の経験上も何回かありますよ。事前にコピーをお渡しした事が。
別に見られてマズイものもありませんし、隠したところで意味の無いものですからね。
どのみち契約前に読みあげて、買主様に納得してもらってから契約ですから。

>自分自身が納得してから、購入をしたいと思っているのですが...。

当然の事です。なにも間違いはありません。
ただ、おそらくこの会社が方針で重用事項説明書を事前に渡せないのでしょう。
それを「しょっぱい営業」が言えずに「個人情報云々」なんて苦しい言い訳をしているだけ。

>物件自体はとても気に入っております。

ならばあまり「事前のコピー」に拘り過ぎ無くてもよいのでは?
前述のように、どのみち「契約前」に重要事項の説明はなされますし、その時点で不審な点、不明な点があれば説明を求め、納得がいってから契約すればいいのですから。

万一「何かしらの事実を隠ぺい」しているのであれば、当然「違反」ですので「相応の罰」を受ける事になりますからね。業者は。
こう言っては何ですが「たった一件の契約」の為に、そのような「愚行」を犯すなんて割が合いません。

ただし、どうしても納得がいかないのであればこの業者との相性が悪いようですので、契約自体を再考する事もひとつの選択です。

ご参考まで

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
実体験に基づいた回答とても参考になります。

この他にも担当営業の方は小さな嘘をつくことがあり、
(贈与税について質問をしたら問題ないと言われたが、
後からインターネットで調べたら、どうも簡単な話ではないと分かり、
再度質問したら税務署?の電話番号を教えられた)

普段、営業の人間に対して、ほとんど不信感など持つことのない私が
躊躇してしまう程、その場限りの取り繕いをするので、
結論として「営業として未熟」だという結論に達しました。

ただ、物件自体は気に入っており、
最悪担当を替えてもらえるか店長に言おうかと思っている次第です。
業者との相性が悪いと諦めるか。もう少し思案してみます。

補足日時:2010/06/27 23:02
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q賃貸契約後に契約書ってもらえないんですか?

賃貸契約後、不動産からなに契約書みたいなものも何ももらってないのですが、賃貸契約後何ももらえないものなのでしょうか?

Aベストアンサー

基本的にもらえないわけないので、ちゃんと言った方がいいと思います。

ただ、賃貸人(大家)・賃借人(借り主・質問者さん)双方の署名・押印、契約書の割印(すべて2通分)が必要なので、
大家さんが最後に署名・押印・割印をして、不動産屋に送り返し、そこからあなたにってこともなきにしもあらずなのでは。
普通はあまりないですけど。

仲介してくれた不動産屋さんにご確認下さい。

Q家賃振り込み?引き落とし?

新居に引っ越しました。


管理会社から【又、入居後の家賃はお振込みか口座引き落としどちらでも可能ですが、口座引き落としの際は
入居者様の方で銀行の窓口で手続きお願いします。】

これってどういう意味なんでしょうか。振り込みはわかりますが、引き落としってこちらで銀行に行って設定出来るのですか?何か書類が必要なんでしょうか。この引き落としは「引き落とし」ではなく「自動送金」じゃないんでしょうか。

また振り込み、引き落とし、どちらが安く出来ますか?

Aベストアンサー

 大家しています。

 『管理会社』に説明の通りです。

 『口座引き落とし』あるいは『自動送金』の場合は口座名義人が自らご自分の銀行(支店まで)出向いて手続きして頂くことになります。『振込先口座』と同一銀行・同一支店なら一切費用はかからないと思いますが、銀行によっては契約時に幾ばくかの費用を取る銀行もあるようです。他銀行ならほぼ間違いなく1年分とかの費用が取られると思いますが、その都度振り込むよりかなり安くなります。

 『必要書類』は相手先口座の名義や口座番号、振込金額だけです。ここで間違えると大変ですから『管理会社』に間違えないメモでも頂いていくのが賢明でしょう。万一の際にも『証拠』となりますから2ヶ月後くらいに自動振り替えが始まるまで取っておいてください。

 今も書きましたが『自動振り替え』が始まるのは2ヶ月後くらいです。その間はお手数ですが、その都度振り込まねばなりません。これを間違えてしまう借主さんは非常に多いですからお気を付けください。大家の方は『自動』なのか『都度』なのか分かりません(銀行からなんて何の連絡もありません)から、『保証会社』の保証の場合は『保証会社』への『事故連絡』(滞納の連絡)をせざるを得なくなります。借主さんの『保証会社』に対する信用に“傷が付く”ことになります。

 大家しています。

 『管理会社』に説明の通りです。

 『口座引き落とし』あるいは『自動送金』の場合は口座名義人が自らご自分の銀行(支店まで)出向いて手続きして頂くことになります。『振込先口座』と同一銀行・同一支店なら一切費用はかからないと思いますが、銀行によっては契約時に幾ばくかの費用を取る銀行もあるようです。他銀行ならほぼ間違いなく1年分とかの費用が取られると思いますが、その都度振り込むよりかなり安くなります。

 『必要書類』は相手先口座の名義や口座番号、振込金額だけ...続きを読む

Q書類の保存期間(賃貸借契約書のコピー)

お世話になります。

仲介業者がアパートやマンションの仲介をした時に作成する、
賃貸借契約書の保存期間を教えて下さい。

借主と貸主に原本は渡すのですが、
控えとして契約書等のコピーをとっております。
(賃貸借契約書、一般媒介契約書、確約書等・・)

これらの契約書の保存期間を教えてください!

ご回答のほど、宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

税務署の関係があります。7年間は保存してください。

Q賃貸アパートの契約について

不動産関係の方にお答えいただきたいです。

アパートの契約時に会社から手当をもらっているので、
契約書のコピーを会社に提出しなくてはいけません。
彼氏と同棲を考えているのですが、私の会社は社内恋愛禁止です。なので会社に秘密にしたいです。

契約書には同居人をかく欄があるとおもいますが、
会社に同居人をかくまえに契約書を提出し、
あとから契約書に同居人を記入するといったことはできるものなんでしょうか?

また彼は実家から住所変更しない予定ですが、同居人は住民票をうつさなくても大丈夫ですか?

Aベストアンサー

はじめまして。住まいソムリエの桑畑と申します。

同棲される方(男性)が同じ会社勤務で、
「まるうめちゃん」さんのみ会社に住宅手当を申請する認識でお話しします。

まず、同棲を隠して住宅手当の申請をするのはやめたほうがいいと思います。
(こちらに関しては後述します)

>会社に同居人をかくまえに契約書を提出し、
>あとから契約書に同居人を記入するといったことはできるものなんでしょうか?
会社がどの時点の契約書を必要としているかによりますが、
通常は契約が締結した(今回であれば同居人も記入されている)書類を提出するので、
事実と異なる契約書を提出することはできないという話になります。

大切なことなので、まずは住宅手当についてお話します。
一般的に、住宅手当とは企業が従業員に住宅費用を補助する福利厚生のことです。

支払われる場合は、雇用形態や勤務地、扶養家族の有無、賃貸か持ち家かなどに
よって月々支払われる額が決まる場合が一般的です。
また、住宅手当は社内規定で両方から住宅手当はもらえないのが通常です。
(今回はお1人が申請するということですが)

今回、同棲予定の賃料が不明ですが、同棲の場合、1人暮らしの場合より賃料が上がると思います。
これまで賃料6万円だったのに賃料10万円になると、住宅手当の支給額が変わるのではないでしょうか。
毎月の賃料によって住居手当の支給額が変化する場合、社内の総務経理部門等から確認が入ると思います。
(正しくは社内規定をご確認ください)

>また彼は実家から住所変更しない予定ですが、同居人は住民票をうつさなくても大丈夫ですか?
同居人も住民票を移してください。
住民票を移さないと、厚生年金や社会保険といった公的な手続きや申請、
通勤手当といった社内手続き上、不備が出ます。
通常、虚偽の住所を申告すると、懲戒の可能性も出てきます。

同棲されるということは、結婚を前提にされていると思います。
この機会にお互いの将来を真剣に考える時間をもってみてはいかがでしょうか。

最後になりますが、弊社サイトでも同棲に関する記事を掲載していますので、
もしよろしければ今後の参考になさってください。
http://www.o-uccino.jp/article/archive/ie/20141031-dousai01/

はじめまして。住まいソムリエの桑畑と申します。

同棲される方(男性)が同じ会社勤務で、
「まるうめちゃん」さんのみ会社に住宅手当を申請する認識でお話しします。

まず、同棲を隠して住宅手当の申請をするのはやめたほうがいいと思います。
(こちらに関しては後述します)

>会社に同居人をかくまえに契約書を提出し、
>あとから契約書に同居人を記入するといったことはできるものなんでしょうか?
会社がどの時点の契約書を必要としているかによりますが、
通常は契約が締結した(今回であれば同居人も記入...続きを読む

Q賃貸マンションの契約書の控え

タイトルどおりなのですが、賃貸マンションの契約書の控えって、こちらにももらえますよね?

あと数日で引越しで、ばたばたしていたのですが、ふと、そういえば契約書を不動産屋さんに出したけど、こっちになんの控えもないなあ・・・そういうものなのかな・・・?と思いました。

契約書は双方で交わすものだから、控えがないとおかしいんじゃないかな・・・?と思ったのですが、やはりもらい忘れているのでしょうか?
重要事項とか書いてあったと思いますし、確認したいとき、こちらにないと困りますよね?どうなのでしょうか・・・?どなたか教えてください。

Aベストアンサー

大家してます

必ず1通は貴方の手元へ返ってきます

大家がまだ捺印をしていないので遅れているのでしょう

ご心配は要りません

Q重要事項説明を貰ってない場合(賃貸マンション)

賃貸マンション(分譲賃貸)を借りる時に、「重要事項説明」を貰ってません。
(説明を受けていません)
「賃貸借契約書」は貰いました。

これって、どうなのでしょうか?

更新時に、大家さん、不動産と揉めていまして「重要事項説明」というものの存在に
最近、気付きました。

更新時、弁護士さんに相談していたのですが「重要事項説明」の存在を知らなかったので
まだ聞いていません。

無料の弁護士さんに相談しているので、すぐに相談できず
相談できる日が、まだ少し先なので、

もし、詳しい方がいらっしゃいましたら、教えて頂けると有難いです。
よろしくお願い致します。


これに関する過去の質問→http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7770601.html

Aベストアンサー

不動産会社の者です。

ご参考下さい。

不動産業者は仲介を(売買・賃貸)を行う場合、宅地取引主任者が買主又は借主に対して重要事項説明をしなければなりません。私は取引主任者ですが賃貸契約の際は契約前に重要事項説明します。しかも細かく・・・
大家さんと直接契約した人は「ない」です。

途中から、管理会社や仲介業者が入ったと言う事では無いですか?

不動産”業”とみなされるのは反復継続して不特定多数に行う場合ですが、「自ら貸主」は業にならないのです。
だから大家さん直接は重説ナシ。

もし原契約書に仲介印が押してあれば重説は必ず必要です。仲介手数料払ったのでしょう?まぁ払ってなくとも仲介印押すのであれば重説をしなければ・・・。

大家さんと不動産屋は何をもめているのですかね?水道代込なんて考えられない契約して(大家も納得して)今更過去を悔やんで不動産屋と揉めても借主さんが困るだけ・・・

やっぱり「最悪の不動産業者たち」ですね。

Q平社員の場合の役職名は?

ある入会申込書へ記入しているところ、勤務先、役職名について尋ねられているところがあります。勤務先は問題なく記入できますが、役職名のところで止まってしまいました。私は一般社員、平社員ですので役職名がありません。会社の組織図を見れば主任の下の「スタッフ」と言う立場です。この場合、役職名は空欄?それとも一般社員?

Aベストアンサー

一般社員の場合は役職がないわけですから、空欄でもいいと思います。また空欄ではちょっと・・・と思うようであれば、役職者ではないという意味で「一般社員」とか「○○課員」とか書くのも方法だと思います。

Q賃貸で複数の物件に仮申込みをするのはダメですか?

賃貸で複数の物件に仮申込みをするのはダメですか?
現在引越し先を探していて、気になる物件を2つ見つけました。不動産会社は別です。

両方とも退去予定の物件で、すぐに内覧は無理だったのですが、
「退去後に一番手で内覧をするためには仮申込みをして物件をおさえておいた方が良いですよ。内覧後にキャンセルできるので大丈夫です」
とそれぞれの不動産会社に言われたので、とりあえず申込書を送りました。

しかし2つの物件の管理会社が同じところだったみたいで、後日両方の不動産会社から
「別のところにも申込みしてますね。こういうことをされると困ります」
と、どちらかに決めるように電話がかかってきました。

賃貸で複数の物件に仮申込みをするのはルール違反なのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

 大家しています。

 『申し込み』ったってどこの大家も管理会社もそれで募集を停止するほど信じてはいません。ルールなんて有って無きが如しの市場ですし、自分の利益のためなら罰則のないルールなんて平気で破る時代です。

 借主が契約前なら、いかなる名目でいくらのお金を預けてあろうが、ノーペナルティーでキャンセル可能なで、“より良い部屋”を探すように、大家や管理会社のほうでも、契約前なら“より良い借り手”が現れればノーペナルティーでキャンセル可能です。
 この際、借主が大家や管理会社の時間的、経済的?損害なんて一顧だにしなくてよいように、大家や管理会社も借主の『退去届けを出した』とか、『引越しの準備をしてしまった』なんて泣き言には一顧だにする必要はありません。

 このような状態になってしまうのは、鶏が先か卵が先かわかりませんが、大家の立場から見れば質問者様のように気軽に?申し込んで後でキャンセルという方が余りに多いので大家や管理会社が『自己防衛』する結果でしょう。

 質問者様の場合、今回は『2つの物件の管理会社が同じところだった』という不運だけです。多分その管理会社は質問者様が一つに絞っても『他所も申し込んでいるだろう』と当然考えるでしょう。審査に通るのはかなり厳しいかもしれません。もっと確実な借主と契約を進めるのは当然の行動でしょう。

 確かに『複数の物件に仮申込みをするのはルール違反』ですが、そんなルールなんて“糞食らえ!”って借主が多いです。何の罰則もありません。どうぞいくつでも申し込みされてください。

 ただし、契約直前に大家側から『契約はキャンセル』と言われても、『今の部屋は引越しの連絡もしてしまったし、住むところがない!』なんて泣き言を言わないように、退去届けは新しい部屋の契約が済んで鍵をもらってからの方が安全です。実際このサイトでもそういう大家が出てきているらしいですからお気を付け下さい。あとは大家や管理会社の倫理観?に頼るしかありません。

 大家しています。

 『申し込み』ったってどこの大家も管理会社もそれで募集を停止するほど信じてはいません。ルールなんて有って無きが如しの市場ですし、自分の利益のためなら罰則のないルールなんて平気で破る時代です。

 借主が契約前なら、いかなる名目でいくらのお金を預けてあろうが、ノーペナルティーでキャンセル可能なで、“より良い部屋”を探すように、大家や管理会社のほうでも、契約前なら“より良い借り手”が現れればノーペナルティーでキャンセル可能です。
 この際、借主が大家や管理会社の時...続きを読む

Q入居審査OK後→大家からのキャンセル

【(1)申し込み→(2)入居審査→(3)大家から入居許可を頂けた→(4)大家側からいきなり入居のキャンセル】
この流れって契約違反にならないでしょうか?

(4)について、急に不動産会社から連絡がありました。
詳細は下記になります。



【詳細】
物件を見学した時に、下記のような不信点がありました。
【不信点】
・トラッキング現象が起きておりコンセントが焼けていた。
現状回復等がなされていなかったので、カバーの交換と、トラッキング現象が再発しない為に、配線の方も確認をお願いし、配線に異常が無いか入居日までに再度見学させて欲しいとお願いしました。


・収納の天袋の位置にあたいする正面の壁、天井、左右の壁に靴の足跡があり不愉快な為、クリーニングをお願いしました。

以上の2点を、入居前までに直して欲しいとお願いし、大家は了解しました。
その為安心して、申し込みを送りました。

その後、入居審査も問題なく完了した為、契約書等の書類を不動産会社から送付して頂く前日に、大家側から入居キャンセルの連絡がきました。


理由は下記だそうです。
【理由】
入居後にいろいろ設備等で文句を言ってトラブルになりそうだから入居のキャンセルをしたい。
※申し込み前に賃料の交渉、原付の交渉、近隣トラブルの有無について聞いたのも原因らしいです。


入居審査でOKにも関わらず、大家の都合で入居をキャンセルするのって違法なんじゃないでしょうか?
【不信点】を入居日までに修理してもらうのは当然ですよね?
トラッキング現象が再発しないようにしてもらうのも、その物件に安心して住みたいので当然のことですよね?


既に、現在住んでいる物件の大家には、申し込みに書いた日付で退去すると連絡し、引越し業者にも連絡し、見積と契約をしました。
キャンセルの連絡が遅かった為、現在住んでいる大家さんと引越し業者に連絡し、最悪の場合キャンセル料と更新料等が発生します。
※因みに引っ越しする理由は、後1ヶ月で更新がかかっており、それを機に引っ越すことを不動産会社には伝えてありました。

先日、口論しましたが、不動産会社も折れなかった為、
今回はなかったことにと話を丸め込まれました。
しかし、腹がたってしょうがない為、
引越し業者のキャンセル料、現入居している大家への更新料
を不動産会社又は、キャンセルした大家から損害賠償等で頂きたいです。


どうにかならないでしょうか?
ご回答を宜しくお願い致します。

【(1)申し込み→(2)入居審査→(3)大家から入居許可を頂けた→(4)大家側からいきなり入居のキャンセル】
この流れって契約違反にならないでしょうか?

(4)について、急に不動産会社から連絡がありました。
詳細は下記になります。



【詳細】
物件を見学した時に、下記のような不信点がありました。
【不信点】
・トラッキング現象が起きておりコンセントが焼けていた。
現状回復等がなされていなかったので、カバーの交換と、トラッキング現象が再発しない為に、配線の方も確認をお願いし、配線に異常が無いか入居...続きを読む

Aベストアンサー

 大家しています。

 既に質問者様もご存知とは思いますが、部屋の賃貸では、借主さんが『重要事項説明』を受けて、その『承諾書』に署名捺印し、『契約書』に署名捺印して、『契約完了』となります。この完了前ですと借主さんは如何なる名目でお金が預けてあっても『ノーペナルティーでキャンセル可能』です。この権利は主に借主さんが使ってきていますし、このサイトでも契約日直前での借主さんからのキャンセルなんて数多出てくるでしょう。そういう場合、大家側が入居準備やその他で実際にお金が出ていても、管理会社が名前入りの契約書を作成してしまっていても、一顧だにされません。このサイトでも、「借主を信じて用意したほうがバカだ。」って書き込まれます。

 しかし、余り今までは行使されてはいませんが、同じ権利は当然大家側にもあります。最近では、「借主が行使するなら、大家だって。」と言う貸主もチラホラ見かけるようになりました。

 卵が先か鶏が先か、分かりませんが、借主・貸主共に権利の行使をするようになってしまったわけです。私もこのサイトでの借主さんの権利の行使については、「いずれ、大家も権利を行使するようになるかもしれないから、住んでいる物件への退去日の通告や引越しの準備は契約してからしなければならなくなる。」と書き込んできました。

 お気の毒ですが、質問者様のケースは、まさに私の危惧していた通りです。

 これは、『契約完了』前ですから、質問者様も今の時点で『ノーペナルティーでキャンセル可能』です。同じ権利が大家にもあって、今回は大家側がその権利を使ってキャンセルしたのです。
 従って、質問者様がお持ちの権利と全く同じ権利の行使ですから、大家側の実損にも一顧だにされないように、『引越し業者のキャンセル料、現入居している大家への更新料を不動産会社又は、キャンセルした大家から損害賠償等』は不可能でしょう。裁判になっても、この時点での借主側でのキャンセルで大家側が実損を受けて“泣き寝入り”した例などこのサイトだけでも数十、否、数百集められるでしょう。裁判所だって大家側のそんな賠償請求は認めてこなかったのです。

 まぁ、民事なんて判事の考え方次第で右にも左にも行くような裁判ですから、やってみてください。全国の大家が固唾を飲んで見守り、質問者様を応援するでしょう。質問者様が勝てば、同じ論理で、今後は大家側の賠償請求も認められることになるのです。私も応援します。『権利は、与えられるものではなく、闘って勝ち取るものである。』by ルドルフ・フォン・イェーリング 

 大家しています。

 既に質問者様もご存知とは思いますが、部屋の賃貸では、借主さんが『重要事項説明』を受けて、その『承諾書』に署名捺印し、『契約書』に署名捺印して、『契約完了』となります。この完了前ですと借主さんは如何なる名目でお金が預けてあっても『ノーペナルティーでキャンセル可能』です。この権利は主に借主さんが使ってきていますし、このサイトでも契約日直前での借主さんからのキャンセルなんて数多出てくるでしょう。そういう場合、大家側が入居準備やその他で実際にお金が出ていても...続きを読む

Q契約書の「写し」と「コピ-」はどう違うのですか?

契約書には「写し」と言われるものや、「コピ-」というものがあります。
この両者は一体どう違うのでしょうか?

Aベストアンサー

厳密には違いはあるのでしょうが,似たようなものです。

写しというのは写本のこと。全部を写したものを謄本,一部を写したものを抄本といいます。
一般的な写本は,現在はコピー機による複写が簡単にできるので大抵はコピーですが,それ以前では,図面類についてはトレーシングペーパーを使って写しを作成することもありました。カーボン紙を使った副本も写しと呼ばれますし,単に原本の内容を書き写したもの(写本)も写しといえます。
一般的に住民票と呼ばれる証明書は正しくは「住民票の写し」で,これは住民基本台帳の記載事項の一部を選択出力したものです(だから「写し」ではあるけど「コピー」ではない)。

それに対してコピーは,コピー機による複製を指すことが多いと思いますが,意味としては「元になるものを再現したもの」でしょうから(コピーバンドをイメージするとわかりやすいでしょうか),その意味においては写本と変わらないと思います。

契約書のコピーは,字のとおりコピー機を使って原本をコピーした複製を指し,写しは,カーボン紙を使った副本を指すのが一般的なように思われますが,コピーを使って写しを作ることを否定するものでもありませんので,コピーを写しということもあります。

なお,契約書の写しの意味で作った文書(副本)であっても,その写しに原本同様に印鑑を押してしまったりすると,税務の取り扱い上はその写しもまた原本扱いとなり,印紙税法の課税文書になってしまうことには注意が必要です。

厳密には違いはあるのでしょうが,似たようなものです。

写しというのは写本のこと。全部を写したものを謄本,一部を写したものを抄本といいます。
一般的な写本は,現在はコピー機による複写が簡単にできるので大抵はコピーですが,それ以前では,図面類についてはトレーシングペーパーを使って写しを作成することもありました。カーボン紙を使った副本も写しと呼ばれますし,単に原本の内容を書き写したもの(写本)も写しといえます。
一般的に住民票と呼ばれる証明書は正しくは「住民票の写し」で,これは住...続きを読む


人気Q&Aランキング