AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

(1)不動産収入における建物除去に係わる費用控除の可否 (2)家屋の一部を売却し、地代をもらっている場合の立ち退きについて。

恐縮ですが、掲題の二つについてご質問させて頂きます。

経緯;
昨年1月に父親が所有していた土地・建物を相続致しました。(別添図ご参照)
当時海外に在住していた関係で帰国後に相続登記を済ませ(今年1月頃)、
借家としてお貸ししようと不動産屋に募集をかけておりました。

お蔭様で借り手がみつかったのですが(家賃7.5万円)、
昔同じ土地の中で父が借家にしていた(現在は誰も住んでおりませんし、明治時代の建物たので崩れかかってます。)を
除去してくれとお願いされております。

質問(1)
借主さんのご入居に合わせて、除去しようと考えておりますが、
除去費用として100万円くらいかかりそうなので、貸家にする為の経費として
今年の不動産収入から控除できるものなのでしょうか?
合わせてハウスクリーニング等(50万円)などの費用もあり、今年度の不動産収入部分は赤字見込みとなりますが、
私の給与所得(税抜額面450万)とすべて合算する事は可能でしょうか?

質問(2)
別添図の右側の土地と建物ですが、私の祖父が建物の一部のみを売却(20年以上前)して、
土地の使用代(当時から固定資産税分等として月6000円)を現在頂いております。
現在崩れかかってきた家屋(こちらも明治時代の木造住宅)を所有者負担で壊して、
更地にして返してもらう(立ち退いてもらう)事は出来ないか考えております。
取り急ぎ実行する必要はないのですが現在住んでいる方が高齢の為、(息子が近所の一戸建てを建て、そちらに住んでいます。)もしもの事を考え息子との交渉も含めて、何をしておけばよいのかアドバイスを頂けると幸甚です。

質問の内容が税金と法律分野で異なり、大変お手数をお掛け致しますが、
右も左も分からなく大変困っております。
片方の分野だけでも構いませんので、知見をお持ちの方のお力添えを頂きたいと存じます。

どうぞ宜しくお願い致します。

※添付画像が削除されました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>貸家にする為の経費として今年の不動産収入から控除できるものなのでしょうか…



だめです。
貸家に直接関わる経費ではありません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1370.htm

>合わせてハウスクリーニング等(50万円)などの費用もあり、今年度の不動産収入部分は赤字見込みとなりますが…

原則として 10万円を超える買い物は減価償却資産であり、取得年に一括して経費になるわけではありません。
よって、赤字にはならないと思われます。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2100.htm
ただ、修繕費に該当するかも知れませんが、お書きのことがらだけでは判断できません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1379.htm

>私の給与所得(税抜額面450万)とすべて合算する…

正しい計算方法によってもなお赤字なら可能です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2250.htm
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1391.htm

>現在崩れかかってきた家屋(こちらも明治時代の木造住宅)を所有者負担で壊して、
更地にして返してもらう…

借地を返還するには、建物を壊すのが条件ではあります。

>もしもの事を考え息子との交渉も含めて…

借地人が亡くならない限り、息子は関係ありません。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

迅速に応えていただきありがとうございました。

痒い所に手の届く回答、誠に恐れ入ります。

タックススアンサーを中心に勉強させていただきたいと存じます。

お礼日時:2010/07/03 21:04

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング