個人事業主の方必見!確定申告のお悩み解決

(天正元年1月30日)について

ウィキペディアには次のように記載されています。

http://ja.wikipedia.org/wiki/3%E6%9C%883%E6%97%A5

1573年3月3日(天正元年1月30日) - 足利義昭が織田信長討伐のために挙兵する。

ところが、旧暦変換サイトでは、

1573年3月3日(天正元年1月29日)

1573年3月4日(天正元年2月1日)

となります。

いずれの日付が正しいのでしょうか。教えてください。

歴史の検証ではありません。

単なる、誤記の確認です。よろしくお願いします。

(あとで気づきましたが、旧暦では天正元年1月30日は存在しないようです。しかし、歴史上の記録にそう表記されているので、やむなくこのような変則変換が使われたのでしょうか。)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

天正に改元されたのは七月ですから正確には元亀四年ですね。


元亀四年正月は小の月ですから二十九日で終りです。三十日はなかったはずです。
西暦に変換すると
  元亀四年正月二十九日 = 1573年3月3日 です。
この西暦は当時使われていたユリウス暦です。

足利義昭の挙兵が正月三十日と当時の記録にあるのでしたら中央で使われていた暦(京都の暦)とは別の暦に拠っている可能性があります。つまり地方によってわずかに日付が異なる暦が存在したわけです。
元亀四年の暦にこのような相違があったかどうか私は知りませんが、天正十年(1582年)から翌年にかけての相違は有名です。京の暦は天正十一年正月の次に閏正月があります。しかし関東地方で使われていた暦では正月の前に閏十二月がありました。つまりこの一ヶ月間は年の数字も違うわけです。織田信長は地域によって異なる暦を統一しようとしたようですが、果たせないまま天正十年に本能寺で死にました。
お尋ねのこともこれが原因かもしれません。
    • good
    • 0

ちなみにですが, かつての慣習では「改元されたあとに書かれた文書では, 改元される前の日付であっても改元されたあとの元号を使う」こ

とになっていたようです. 従って, 元亀4年3月30日の事項であっても, 天正に改元されたあとで書くときには「天正元年3月30日」とされていたはずです.
    • good
    • 0

「足利義昭が織田信長討伐のために挙兵する」って、義昭が松永久秀や三好三人衆と組んで、信長方の京都所司代・村井貞勝の屋敷を包囲した出来事の事なのでしょうか?



もし、そうなら、その出来事は元亀四年(先の回答者さんのおっしゃる通り途中から天正元年)の3月30日だったと思います。
ひょっとして「3月」を「1月」と誤記されている物を見た人が、天正元年の1月30日の出来事だと思って、西暦に変換して書いちゃったで事はないでしょうか?
二重の間違いは考え難いかも知れませんが、少なくとも、天正元年に1月30日が無い事をご存知でない方が書かれたもののようですし…
    • good
    • 0

 


 誤転記≠誤計算 ~ 陰暦と太陽暦は換算できず、対比されるのみ ~
 
 明治13年に刊行された《三正綜覧》によれば、前年十二月の中国暦を
小の月(29日)、正月を大の月(30日)にとり、邦暦では逆に十二月を
大の月(30日)、正月を小の月(29日)にとっています。
 
 昭和50年刊行された《日本暦日原典》も、十二月を大の月(30日)、
正月を小の月(29日)にとって、とくに注釈がありません。したがって、
《Wikipedia》が、誤って中国暦の日数を掲げたものとみられます。
 
JD   Gregorio Week Julius  China    Japan    六曜 干支
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2295629 1573.0212 Mon 1573.0202 万暦 1.0101 元亀 3.1230 大安 壬午
2295630 1573.0213 Tue 1573.0203 万暦 1.0102 天正 1.0101 先勝 癸未
────────────────────────────────
2295658 1573.0313 Tue 1573.0303 万暦 1.0130 天正 1.0129 大安 辛亥
2295659 1573.0314 Wed 1573.0304 万暦 1.0201 天正 1.0201 友引 壬子
 
── 塚本 明毅・序文/荒川 秀俊・解題
《三正綜覧 188001‥ 帝都出版社 19650630 地人書館》
http://booklog.jp/asin/B000JAC6ZS
 
── 暦日というものは,あくまで実際に施行されたものが正しいので,
どんなに計算が正しくても変更された事実がわかれば,その史料に従っ
て計算結果を変更しなければならない。(序文 P01)
── 内田 正男・編《日本暦日原典 19750710-19880615 雄山閣出版》
http://booklog.jp/asin/B000JA2702
 
    • good
    • 0

 まず、基本的なことですが、天正元年は7月28日に改元されています。

天正は、元亀の後の元号です。元亀4年7月には、信長が足利義昭を放逐し室町幕府が滅亡した時です。
 おまけに元亀4年1月30日も存在しないようですから、本当に変ですね。

 結論は、二つとも間違いということになると思います。

参考URL:http://koyomi8.com/9reki/oton.php?oyy=1573
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング