YKKのサッシで、
サッシにもガラスにも断熱構造を採用した「テルモア 引違いテラス戸 ZUTTO」シリーズというのと、
断熱窓「エピソード70」(たぶん樹脂サッシ)がありますが、価格帯が同じようなのですが、どちらが優れているのでしょうか?
新築を考えていますが、どちらを採用するべきなのかがよくわかりません。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

カタログだけ見ると、エピソード70の方が優れているように見えます。



どちらも、ペアガラスで断熱しサッシ部からの熱の進入も特殊構造または樹脂製にして、押さえている。

性能の違いが出るのは
遮音性:遮音効果が大きいほど断熱効果が高いと思います。
エピソード70:30ホン 、テルモア;25ホン

そして、大きな違いは 冬、部屋の熱を逃がさないように、エピソードは低放射複合ガラスを使っています。

参考URL:http://www.ykkap.co.jp/product/interior/
    • good
    • 0

メーカのホームページから判断すると、テルモアは断熱サッシ、エピソードは樹脂サッシのようですね。



大きな違いは室内側に樹脂がはめ込まれているか/いないかではないでしょうか。

樹脂サッシは室内側に樹脂がはめ込まれているので、意匠性が高いのがメリットです。また、金属部分が樹脂パネルで覆われますので、金属部分に結露が付き難いです。

我が家では新日軽のアルプラ(樹脂サッシ)を使用していますが、作り物の木目とはいえ中々気に入っています。

エピソードもアルプラと同じ様ですので、参照サイトを見れば、一般サッシとの違いがわかると思います。

参考URL:http://www.shinnikkei.co.jp/products/housing/alu …
    • good
    • 0

お近くの営業拠点に直接電話してお聞きになるのがベストかと思います。



参考URL:http://www.ykkap.co.jp/about_us/index.html
    • good
    • 0

日本ほどアルミサッシが使われている国は世界中どこにもありません。

原因は、戦後、未乾燥の木製建具が狂って、すきま風だらけになり、評判を落としたからです。
そこで産業の発達もあって、アルミサッシュ全税になってしまったのですが、例えば、ドイツなどは、木製サッシュが主流です。その理由は、やはり人間にとっていいモノだからです。
結露などの断熱性能を考えてもそれから普段の生活で手になじむ感じでも木製サッシュは最高です。
最近の木製サッシュは、種類も価格帯も豊富で、様々なものが選べます。値段も樹脂サッシュなどと変わりません。
是非是非木製サッシュをお勧めします。
直接的な回答になっていませんが、私は強くお勧めしたいと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qサッシ アルプラ70?

HPで新日軽のアルプラ70というサッシを見ました。
いいなとは思ったのですが、高そうなので考えています。
そこで実際に使っている方に質問なんですが、アルプラ70にしてよかった、または悪かったなどいろいろ教えて下さい。
・結露の具合
・防音(○dbや○ホンとかはあまりピンとこないので、分かりやすくお願いします。)
以上についてよろしくお願いします。

Aベストアンサー

fumicargoさん今晩は、No.2、3です。今度は寝言です。
もともとの窓の仕様と、壁の仕様、予算、建設会社の取引可能サッシメーカー
等が不明なので抽象的になりますが、

窓=アルミサッシ+ガラス、 アルミサッシ=枠(柱、窓台に取付ける部分)+障子(ガラスがはまっていて開け閉めする部分)によって構成しています。

断熱について

南東北以南、西で使用する一般的な窓は断熱タイプとして価格順・性能順に
1、アルミの断熱防露枠+アルミの断熱防露障子+ペアガラス(普通のもの)
2、アルミの断熱防露枠+アルミのペアガラス用障子+ペアガラス(同)
3、アルミの枠+アルミのペアガラス用障子+ペアガラス(同)
を予算、家の断熱、気密性能に合わせて使い分けます。(高性能高価格品は除く)
1で断熱性能が足りないときはLOW-Eペアガラスにします。
九州地区で家の断熱気密が高いなら1or2、普通なら2or3でよいと思います。
アルミの断熱防露用とはアルミ型材の断面の室内側と室外側を樹脂で遮断し温度差の影響を
受けにくくして断熱・防露性を高めています。1はサッシの断熱性能が高くペアガラスに若干の結露が生じるかもしれません。2は断熱防露枠で壁体に結露水が回り込むのを抑えつつ障子・ガラス部に若干の結露を誘発して家を保護します。3は普通の断熱サッシです。

防音について

1、2はペガラスの2枚のうち1枚を5mmガラスにすれば、住宅用防音サッシの基準25dBを満たせるものがほとんどです。3は満たせないものもあります。

ペアガラスは遮音効果が有ると思っている人が多いのですが、音の高低によっては逆効果もあります。下がる音の周波数でも効果はわずかです。
断熱・遮音ともペアガラス内の空気層の厚み(6mmと12mm)による差はほんの少しです。
完成後、防露、遮音ともサッシ以外部分での低減方法もありますので気楽に行きましょう。

新築地の台風被害は多いですか、風雨が強いなら水密性能の少し高いものを使ってください。
アルミサッシメーカーは大手で6社ありますが。使用可能メーカーが1、2、3のラインナップの一部を持たない可能性もあります。使えないときは、雨戸、シャッターなど併用しましょう。

fumicargoさん今晩は、No.2、3です。今度は寝言です。
もともとの窓の仕様と、壁の仕様、予算、建設会社の取引可能サッシメーカー
等が不明なので抽象的になりますが、

窓=アルミサッシ+ガラス、 アルミサッシ=枠(柱、窓台に取付ける部分)+障子(ガラスがはまっていて開け閉めする部分)によって構成しています。

断熱について

南東北以南、西で使用する一般的な窓は断熱タイプとして価格順・性能順に
1、アルミの断熱防露枠+アルミの断熱防露障子+ペアガラス(普通のもの)
2、アルミの断...続きを読む

Qサッシはアルミか?アルミと樹脂の複合か?

現在、北陸地方で新築中です。サッシについて質問です。工務店からはアルミのペアガラスで十分です、と言われています。ただ、結露が心配なのと、友人の意見や内見会等で見る限り、ほとんどがアルミと樹脂の複合サッシにしています。理由を聞くと、やはり結露防止だそうです。このような意見を聞くと工務店の意見が信じにくい部分が出ており、サッシの仕様を再検討しようと思っています。値段の差もありますが、やはりアルミと樹脂の複合サッシの方がいいのでしょうか?また、アルミサッシとどのくらい値段の差があるのでしょうか?

Aベストアンサー

No.3です!
たびたびごめんなさい。

今、通常複層サッシと複合サッシの価格をみてみました。

前回以上の差があるようです。
サッシだけの価格で、複合サッシにすると45%前後の開きがあるようです。
(前回も述べたようにガラス価格はほとんど変わりません)

ガラス込み価格だと前回投稿したように25%~30%程度の差みたいです。

通常複層サッシが仮に30000円であれば、複合サッシが44000円前後
プラス複層ガラス代が20000円とすると
通常複層サッシがガラス込み価格で 約50000円
複合サッシがガラス込み価格で 約64000円
といった具合ですかね・・・

もちろんサッシの大きさ等によって価格が変わってきますので、前回書いたように実際の見積りを出してもらった方が良いと思います。

何度も失礼しました。m(__)m


人気Q&Aランキング

おすすめ情報