人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

ヨウ素酸カリウムとヨウ化カリウムと硫酸の反応でヨウ素が遊離しますが、この時ヨウ素が沈殿することがありますか?

実験中沈殿ができたので質問しました。 
もしヨウ素でないとしたらなんだと思いますか?

僕は三ヨウ化カリウムが沈殿したのかもと考えてみたりしたのですが…

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

あなたの考えでは「I2は水に溶けてKI3は水に溶けない」ということになります。


逆でしょう。
「I2は水に溶けにくい。I2がKI溶液に溶けるのはI3^-ができるからだ。」
という説明が教科書には載っていますね。

したがってIO3^-によってI^-が酸化されてしまえばI2が沈澱してくることは考えられます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解答ありがとうございます。
やっぱり三ヨウ化カリウムが沈殿することはないですよね。

ちなみに沈殿ができた時とできない時があったのですが、この理由はわかりますか?

お礼日時:2010/06/29 18:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q問3で ヨウ素酸カリウムが酸化剤で、酸化数が+5→0 ヨウ化カリウムが還元剤で、酸化数が−1→0 に

問3で ヨウ素酸カリウムが酸化剤で、酸化数が+5→0
ヨウ化カリウムが還元剤で、酸化数が−1→0
になるのはなぜでしょうか。

Aベストアンサー

化合物によって酸化数が変化する元素、結構面倒ですよね・・・
さて、これはヨウ素の酸化還元に関する問題ですね
だとしたらヨウ素に注目するべきだと思います
KIO3のIの酸化数に注目してみると、Oは-2が3つで-6、
Kはイオンとして考えると+1ですから全部で0にしようと思ったらIの酸化数は+5ですね
またKIの場合だと先程述べたとおりKは+1ですからIは-1になるわけです
これが反応後にはヨウ素単体になるわけですから、まとめて0になるのです

Qヨウ化カリウムとチオ硫酸ナトリウムの滴定

ある量の気体の塩素を0,1モル毎リットルのヨウ化カリウム水溶液20ミリリットルに通じ、塩素を全て反応させた。この反応液のうち、10ミリリットルを測りとり、ビュレットから0,1モル毎リットルのチオ硫酸ナトリウム水溶液を滴下した所、終点までに3,8ミリリットルが必要であった。
反応液10ミリリットルに含まれるヨウ素は何モルか。
通じた塩素の体積は標準状態で何ミリリットルか。

これは河合塾の私大模試で出されたものです。
回答を読んでも反応がよくわかりません。
まず最初の反応で1モルの塩素と2モルのヨウ化カリウムが反応して2モルの塩化カリウムと1モルのヨウ素ができる。と考えたのですが回答を見ると全く違うのです。さらに問題文の3行目にある「この反応液」が何なのかもわかりません。ヨウ素と塩化カリウムの混合溶液でしょうか?問題の主旨さえもわからないのでそこも教えていただけると助かります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

さて、計算してみましよう。
チオ硫酸ナトリウム0.1mol/L溶液3.8mL中に含まれるチオ硫酸ナトリウムの量は
0.1mol/L × 3.8mL=3.8*10^(-4)mol
#3のご回答のようにヨウ素とチオ硫酸ナトリウムとは一分子対二分子の反応になります。
>>I2 + 2Na2S2O3 → 2NaI + Na2S406
ヨウ素分子は10mL中に1.9*10^(-4)molあったはずです、全溶液は20mLですから、元は3.8*10^(-4)molのヨウ素がありました。
ご質問通りヨウ化カリウム溶液に通した塩素分子の数と生成したヨウ素分子の数は等しいので、塩素分子も3.8*10^(-4)molあったはずです。
塩素の体積は、
22.4L/mol × 3.8*10^(-4)mol =8.5*10^(-3)L=8.5mL
となります。

Qヨウ素価分析・チオ硫酸ナトリウムのファクターの求め方

ヨウ素価に使用するチオ硫酸ナトリウム(ハイポ)のファクターの測定、算出方法の原理がわかりません。

(1)KIO3(99.96%)を乾燥、放冷後1.7833g量り、500のメスフラにて水でメスアッフ(0.1Nヨウ素酸カリウム標準液)
(2)(1)を25mlをフラスコにとり、KI 2g、17%硫酸5mlを加え5分放置
(3)(2)を0.1Nハイポ溶液で滴定(デンプンを指示薬)
(4)同時に空試験を行い、ファクターを算出する

計算方法:ファクター={KIO3秤量値(g)×25ml×6×1000ml}/{KIO3希釈量(ml)×KIO3分子量(214)×(滴定量ml-BL滴定量ml)×0.1}

化学がとても苦手です。
大変申し訳ありませんが、どなたか回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

話を分かり易くするためにとりあえず空試験を無視して「BL滴定量」を0とします。

fをファクタとしてハイポ水溶液の濃度を[Na2S2O3]=0.1f(M)とします。

KIO3 + 5KI + 3H2SO4 → 3I2 + 3H2O + 3K2SO4
I2 + 2Na2S2O3 → Na2S4O6 + 2NaI

2つの反応式から1molのKIO3に対して、3*2=6molのNa2S2O3が反応します。すると、

{KIO3の質量(g)/分子量}*{取り出した量(ml)/希釈量(ml)}*6
=(反応するNa2S2O3の物質量)=0.1f*{滴定量(ml)/1000(ml)}
が成り立つから、fについてまとめてみましょう。

理解できたら空試験を考慮した場合を考えます。
これはKIO3により生じたものではないI2を考慮する為に行うと考えてくらさい。

Qチオ硫酸ナトリウムとヨウ素の反応についてなんですが、ヨウ化カリウムが褐

チオ硫酸ナトリウムとヨウ素の反応についてなんですが、ヨウ化カリウムが褐色で、しばらくチオ硫酸ナトリウムを滴下すると色が薄くなりますよね。このタイミングでデンプンを入れるって書いてあるのですがなぜ最初からデンプンを入れちゃダメなのですか?

Aベストアンサー

ヨウ素はデンプンの鎖の中に巻き込まれる付加物を作ります。
…と書こうと思いましたが、良いサイトがあったので引用します、↓
http://www.jsac.or.jp/bunseki/pdf/bunseki2007/200705kougi.PDF

Qチオ硫酸ナトリウムの滴定 チオ硫酸ナトリウムの滴定で、溶液が淡黄色になってからデンプン試薬を加える理

チオ硫酸ナトリウムの滴定

チオ硫酸ナトリウムの滴定で、溶液が淡黄色になってからデンプン試薬を加える理由はなんですか?ヨウ素が多量に存在している時にデンプン試薬を加えて滴定を続けると誤差が出てしまうのは何故なのでしょうか?

Aベストアンサー

本当はプロでも難しく、淡黄色では既に遅いのです。そこは経験あるのみ。それは学ぶしかありません。今回は余り早くデンプン液を加えると「終点」が見にくい、あせって早めに入れたりすると、デンプンとヨウ素の強い複合体が出来「終点」を超えても色が消えなくなるのです。

Qヨウ素滴定

濃度未知のチオ硫酸ナトリウム溶液と濃度既知の過マンガン酸カリウム溶液の酸化還元反応でどうしてヨウ化カリウムを使わなければならにのかがわかりません。教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

 参考 URL のページ(酸化還元滴定)及び「2.ヨウ素型(酸化剤の定量) 」を御覧下さい。

> どうしてヨウ化カリウムを使わなければならにのか

 「滴定」ですから反応の終点が明確に分からなければ困ります。終点が明確にわかるのは,中和反応で見られるような色の変化です。ただ,酸化還元反応に伴う色の変化として適当なものが少ないく,簡単なのがヨウ素・デンプン反応による色変化です。

 そこで,濃度既知の酸化剤に過剰のヨウ化カリウムをデンプン存在下で反応させ,酸化剤の量に対応するヨウ素を発生させます(ヨウ素の量は酸化剤との反応から求まります)。この時,ヨウ素・デンプン反応で溶液は青色になります。

 次に,生じたヨウ素を還元剤で還元して滴定します。終点はヨウ素・デンプン反応の青色が消えた時点です。

 もし,直接「濃度未知のチオ硫酸ナトリウム溶液」を「濃度既知の過マンガン酸カリウム溶液」で滴定した場合,反応の終点は過マンガン酸カリウム溶液の色が付いた時点になりますが,過マンガン酸カリウムがかなり過剰にならないと着色はハッキリしません。つまり,誤差が大きくなってしまいます。

 いかがでしょうか。

参考URL:http://www.geocities.com/yoshihitoshigihara/oxid4.htm

 参考 URL のページ(酸化還元滴定)及び「2.ヨウ素型(酸化剤の定量) 」を御覧下さい。

> どうしてヨウ化カリウムを使わなければならにのか

 「滴定」ですから反応の終点が明確に分からなければ困ります。終点が明確にわかるのは,中和反応で見られるような色の変化です。ただ,酸化還元反応に伴う色の変化として適当なものが少ないく,簡単なのがヨウ素・デンプン反応による色変化です。

 そこで,濃度既知の酸化剤に過剰のヨウ化カリウムをデンプン存在下で反応させ,酸化剤の量に対応するヨウ素を...続きを読む

Qチオ硫酸ナトリウムと希硫酸の化学反応について

チオ硫酸ナトリウムと希硫酸が化学反応すると何ができるのでしょうか?化学反応式を教えてください。ちなみに、できた液体は白濁しており、刺激臭がありました。危険性がわからないので、対処に困っています。どなたかぜひお教えください。

Aベストアンサー

チオ硫酸イオンは酸性化では分解してイオウの沈殿と亜硫酸水素イオンになります.
白濁は沈殿したイオウです.
刺激臭は強酸性にしたために亜硫酸イオンからさらに亜硫酸ガス SO2 が遊離してきたのでしょう.

S2O3(2-) + H(+) <=> S↓ + HSO3(-)
HSO3(-) + H(+) <=> H2SO3 <=> H2O + SO2↑

したがって,チオ硫酸塩は通常はアルカリ性で使います.弱酸性くらいなら,亜硫酸塩を高濃度に共存させることで,一番目の式の平衡を左に傾けてやればイオウの遊離を抑止できます.しかし強酸性下では分解を抑止することはほとんど不可能です.

Qチオ硫酸ナトリウム液調製時に炭酸ナトリウムを加える理由

こんにちは。
「チオ硫酸ナトリウムを加える理由を答えよ」という課題が出されました。初歩的な質問かもしれませんが、理由がまったく分からないので教えて下さい。

Aベストアンサー

この場合、状況は関係なく、チォ硫酸ナトリウム液を作る場合の一般的事項です。

アルカリ性にしないと、チオ硫酸ナトリウムの水溶液は、
硫黄が遊離してくるため、調整した液の濃度が経時的に変化します。

それを防ぐために、炭酸ナトリウムを入れます。

販売されている規定液は、安定化剤として、イソアミルアルコールが添加して有ります。

Qチオ硫酸ナトリウム溶液の調製方法について

0.1Mのチオ硫酸ナトリウム溶液の調製方法について、2点質問があります。

 (1)無水の炭酸ナトリウムを添加しますが、これは何のためでしょうか?
 (2)0.1Mの溶液を調製するために必要な、チオ硫酸ナトリウム5水和物及び、無水炭酸ナトリウムのg数はいくらですか?算出方法がわかりません。

以上、2点について、どなたかわかる方がいらっしゃいましたら、
教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

(1)炭酸ナトリウムを加えて液をアルカリ性にするためです。アルカリ性にしないと、経時的に硫黄が遊離し、濃度が変わるためです。

(2)チオ硫酸ナトリウム五水和物24.8 g及び無水炭酸ナトリウム0.2 gに新たに煮沸して冷却した水を加えて溶かし,1000 mLとする。
ただし、標定して、正確に濃度(ファクター)を求める必要があります。

Qヨウ素滴定の実験で

ヨウ素実験での質問なのですが、KIO3とNa2S2O3の作り方が違うのは何故なのですか??KIO3が一次標準液で、Na2S2O3が二次標準液だということは分かるのですがそこから先の詳しいことが分かりません。
あと、KIO3 + ヨウ化カリウム + 酢酸 の溶液にNa2S2O3をつかって滴定していくときに、なぜ淡黄色になってからデンプン溶液をいれて、さらに青色が消えるまで滴定するのは何故ですか??よかったら教えてください。

Aベストアンサー

ヨウ素酸カリウムは純度が高いものが作れる。吸湿性が少ない。チオ硫酸ナトリウムは吸湿性(潮解性)あるので秤量中に空気中の水分を吸い正確な秤量ができません。故に、ヨウ素酸カリウムを一次標準液とする訳です。また、ヨウ素酸カリウムの価格はチオ硫酸ナトリウムより高いので価格の安いチオ硫酸ナトリウム溶液を大量に作成できるので二次標準液とします。

でんぷん指示薬を終点間際に加えるのは
 最初からでんぷん指示薬を入れておくと溶液が酸性のためでんぷんがある程度加水分解されて分子量が小さくなり、終点間際のヨウ素でんぷん反応の発色が赤紫~赤になり見にくくなります。赤紫→無色の変化より青→無色の変化の方が見易いので溶液の色が淡黄色になってからデンプン溶液をいれます。


人気Q&Aランキング