ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

「機械論的身体観」では説明することが困難な、身体を使った活動の例をおしえてください!!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

経絡反射に関わる現象が特にはっきりとさせてくれ得るでしょう。

    • good
    • 0

全てが「機械論的=唯物論的」身体観では説明できません。


「全て」を構成している、たとえば色彩は、可視光線の波長に
おける赤外線から紫外線の間の連続的な変化であり、「赤と青は
反対の印象」とか、「青は冷たい色」といった色彩の“実体”は、
物理的にはありません。
同様に、「コップ」という存在はなく、おおむね全ての存在は
陽子と中性子(&それらをつなぐ中間子)、電子、光子に
よって成っています。
何とか、そうした原理的確定性に「実体」を還元させようとする
試みは、超弦理論における量子的相補的不確定性を張力とした
振動に帰着することで無=無限に帰します。
    • good
    • 0

わざと的を外している間は理解できないねぇ。



喩えば、野球ではストライクゾーンにボールは入れなきゃいけないですよね。駆け引きでボールだまを使うことはあっても、全部が敬遠だまだったら話にならない。バットも振った事のない人が相手というか、野球のルールも理解していない人が相手なら話はもっと別だが、バッターボックスに立っている人はみんな、それなりの選球眼はあると思ったほうがいいですよ。
    • good
    • 0

説明することが困難


とは「陣痛の痛みを口で伝える」ことの難しさと同じです。
これが説明困難な例です。
何でも教えられると間違った認識があります。
 これは、できません。説明することが困難なことがあります。それは説明する。ということ自体が困難ということを知ったほうがいいです。
 つまり口を使って説明するということ自体、その議題によって困難なものがあるということです。
 「陣痛の痛みを教えてください」といわれて、伝えられるものじゃないということを知りましょうとしかいえません。
    • good
    • 0

そんなの簡単です。

どんな機械でも使えば使う程摩滅してしまいます。ところが、動物の体は適度に使えば、筋肉でも頭でもどんどん性能が良くなります。何故そのように出来て来たのか、この辺りをきちっと説明出来るようになれば、人類も自然界を深く理解し始めたということになりますね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング