『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

「亜麻色の髪の乙女」
には、島谷ひとみが歌うものと、
ドビュッシーの曲の2つがありますよね。
この二つは無関係ですか?タイトルが同じなのは、偶然ですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

「亜麻色の髪の乙女」は、ドビュッシーとヴィレッジ・シンガーズが歌っているものがあります。

島谷ひとみは、そのカバー曲となります。
この2つの曲は題名は同じですが、何の関係も有りません。
下のサイトにも、この事が書かれています。

参考URL:http://www.worldfolksong.com/songbook/classical0 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

カバーとは知りませんでした
ありがとうございました

お礼日時:2010/07/01 14:04

「島谷ひとみ」さんが唄ってる「亜麻色の髪の乙女」は、グループ・サウンズの「ヴィレッジ・シンガーズ」が1968年にヒットさせたリメイク版です。


元々は、黒人ハーフ歌手の「青山ミチ」さんが1966年に唄った「風吹く丘で」が原曲です。
橋本淳作詞・すぎやまこういち作曲ですから、ドビッシーのピアノ曲「亜麻色の髪の乙女」とは全く無縁です。
グループ・サウンズ世代の私は、島谷ひとみさんの亜麻色の髪の乙女を聴いた時は懐かしいと思いました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりました。ありがとうございました

お礼日時:2010/07/01 14:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング