プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

プラスチックカップの焼きプリンの謎

オハヨーのこんがり焼きプリンなど、スーパーやコンビニでよく見かけるプラスチックカップの焼きプリンですが、アレは果たしてどうやって焼いているのでしょうか?

商品には、
「直火でこんがり焼きました」
「オーブンでじっくり焼きました」
なんて書いてありますが、同時に
『カップはオーブンや電子レンジに対応していません』
とも書いてあります。

これって矛盾ですよね?

何かご存知の方、いらっしゃいましたら是非ご回答を!


*ご存知でなくても、「こうすれば出来るかな?」というアイデアや想像でもかまいません。どうでもいいことかもしれませんが、やたらに気になります。どうかかまってやって下さい(笑)
宜しくお願いします。

gooドクター

A 回答 (3件)

実際に焼いているようです。


焼く作業を160℃の低温で行うため、
一般のオーブンや電子レンジでは容器が耐えられないようです。

参考URLは、森永乳業の特許「焼きプリンの製造法」が載っています。

参考URL:http://www.patentjp.com/06/A/A100080/DA10011.html
    • good
    • 3
この回答へのお礼

このサイトは知りませんでした。これはいい資料ですね^^

それにしてもプリン製造法は、ジャンル農業…なのか(笑

よく分かりました、回答ありがとうございます!

お礼日時:2010/08/10 23:37

パティシエです。



うちでも使用してますが、プラスチック いわゆる樹脂製のカップでも耐熱カップがあります。

先の回答者様もコメントしておりますが、焼きプリンは焼き物にしては、温度が低い(160℃程度)なので十分、耐えうるのです。

また樹脂カップによっても、耐熱性があるものとないものがあります。

家庭用のレンジやオーブンは、業務用のように」160℃上限設定とか出来ないので、(家庭での)オーブンやレンジでの加熱ができないと記載されているのだと思います。

ご家庭で耐熱カップが入手できればよいですが、入手できない場合はアルミなどの金属カップや瀬戸nカップを使いましょう。
その際ですが、カラメルを入れるということです。
カラメルを入れないと、中のプリンが外れずらくなります。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

プリンのカラメルはそのためでもあるのですね!
そういえばカラメルの無いプリンは、そのままカップからいただくものが多い…!(脱線

そうか、「オーブンでじっくり焼いています」というのはあながち嘘ではなかったのですね。
納得いたしました。お礼が遅くなりすみません。
回答ありがとうございます!

余談ですが、kasiya117さんはパティシエの方でいらっしゃるのですね^^
お店が気になる(笑

お礼日時:2010/08/10 23:46

あのプラスチックカップは耐熱性で、150度くらいまで耐えられます。


そして、プリンの上の焦げ目は、低い温度で焦げるメレンゲを載せて、焼いたような見た目にしています。
テレビでやってました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
そのテレビ見たかった…(笑

お礼日時:2010/06/30 20:36

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング