ハローワークの求人情報で、会社の宣伝目的として掲載しているところってあるのでしょうか?

必ずしも募集しているといるとは限らないのでしょうか?知っている方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

影では結構問題視されていますが、なかなか表面化はしてこない問題のひとつです。


会社の宣伝目的で掲載する企業というのは意外と昔から多いです。要因はいくつかありますが、結構多いのが、人を募集している=仕事が順調にいっている=業績向上が見込める=会社の株価が上がる、という目的です。

また、求人誌の営業と人事部の癒着問題などもあります。求人を載せる代わりに人事担当者にお金を払い双方利益を得るということです。

そもそも、毎週必ずといっていいほど掲載されている企業など、何かしらの問題があると思ったほうがいいですね。本当に募集していたとしても、それだけ応募がないか、採用してもすぐに辞めているかです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、求人情報を出しているということは、会社がうまくいっている証拠として見えますよね。

宣伝というよりも、そういった意図があるのかもしれませんね。参考になります。ありがとうございました。

お礼日時:2010/07/04 16:23

私の意見です。

参考までに。

会社の宣伝より金融など外の目を気にして景気が良いように見せるため求人するというのは昔ありましたが今は少ないと思います。
今は、求職者を値踏みして即戦力として使えそうな人間がいないなら妥協せず求職者を雇用しないか使いつぶすつもりで入れ替わりが激しいかは多くなっていると思います。
退職者が出て人員に空きが出たので求人を募集したが目当ての人材がいないなら今ある人材で何とかしようとしたり、きつい雇用条件をかして従業員を使いつぶし、どんどん入れ替わることで会社の運営を賄おうとするやり方です。

また、出来レースのようにある特定の人物をとるための求人もあります(これは雇用保険などの絡みでお互いにメリットがあるのであえてハローワークを通す場合です)

求職者に宣伝する意味ではハローワークより民間の求人広告のほうが宣伝になるでしょう。面接を受けた方の印象でもそういう意見を耳にしますし、それでハローワークへ文句を言っている人も私は耳にします。

新卒で学校の後ろだでがあるところで推薦を受けるなら「必ず入社しろ」とか「簡単にやめてメンツを落とすな」という感じの話はこちらのサイトを見ていてもよく見かけます。

バブル期と違い、企業が求職者を値踏みする時代です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

入れ替わりが激しい・・・。私もそう感じています。

昔のように、その会社で一生を過ごすなんてことは減少してきているのかもしれませんね。

おっしゃるように、ハローワークよりも、民間の求人広告の方が宣伝になるように思います。

参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2010/07/04 16:29

以前、人事の採用担当をしていました。


(今は違う仕事をしています。)

他の会社は知りませんが、私がいた会社では宣伝目的で求人を出すことはありませんでした。
ただハローワークの職員から何度も頼まれたり、
求人サイトの担当営業マンのノルマが厳しくてお願いされたことは何度もありました。
あまりに頼まれるので、予定より前倒して求人を出したことはありましたが、
基本的に採用もしないのに求人を出すことはなかったです。

そもそも宣伝目的で求人を出すメリットってないですから。
今のご時世、求人サイトに求人を出せば何百人と応募者が集まることもよくあります。
応募者全員に不採用通知をするなんてかなりの手間です。
まだ求人サイトなら面接せずに「書類選考の結果不採用」ということもできますが
ハローワークの紹介だと面接しないといけませんから
ものすごーく手間がかかります。
不景気でリストラも珍しくないこのご時世、そんな無駄なことに時間と経費をかけられる
会社なんてそんなにないと思うのですが。


これはすごく失礼な意見ですが・・・
数ヶ月前、ハローワークに行くことがあったのですが、
そこにいるのは優秀な人もいるとは思いますが、
職にあぶれたオジサンがグダグダ職員に文句を言っている姿が・・・。
仕事への意欲があるのかどうかわらない若者が・・・。
ごめんなさい。
ハローワークを宣伝媒体にするってことは、宣伝する相手は
こういう精気のない人達ってことになりますよね。
ごめんなさい。
こういう人達に宣伝したいと思う企業ってあるんでしょうか・・・?

株価をあげるため・・・に求人って有効なんでしょうか?
証券関係の人や投資家はハローワークにいってチェックしてるものなのでしょうか?
どれだけ求人していても、業績や売り上げが激減していたら、株価なんてあがらないと思うんですが。
それに株価が上がるって上場している会社だけでしょ?
求人を見ても上場していない会社のほうが多いです。
(まぁ世の中上場してない会社のほうが多いので当然ですが)
上場してない会社はわざわざ求人出して、株価操作をする必要はないでしょ?
それに潰れかけの会社が求人しているなんてよくありますよ。
リストラしすぎて人が足りなくなって求人している会社もあります。

ハローワークを使って宣伝している会社はあるのかもしれない。
ただ採用担当者の経験から言うと、宣伝媒体としては
採用もしないのに面接したり不採用通知を出したりなど、手間がかかる割に
限られた人(求職者)にしか宣伝することができず、割にあわないと思います。
それとあまり求人をすると、最近はネットで「ブラック会社」とたたかれますからね(笑)。
宣伝媒体に利用している会社がないとは言い切れませんが
かなーり割にあわない方法だと思います。
メリットよりデメリットの方が多い。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

宣伝目的というのはなかったのですね。逆に、求人担当の方にノルマなんてあるなんて、驚きました。

ハローワークで応募の場合、面接はしなければならないと私もこちらで聞いたことがありました。

しかし、実際は書類選考でだめだというケースもあります。なかなか就職って難しいですね。

ありがとうございました。

お礼日時:2010/07/04 16:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qハローワークの求人情報は場所によって違うのですか?

ハローワークでは端末を操作して、求人情報を調べますが、
地域ごとに情報は違うものでしょうか?
例えば、A県のハローワークと、そこから電車で30分ほどで行けるB県の
ハローワークではA県には載っていなくて、B県には求人情報が
あるということもあるのでしょうか?

Aベストアンサー

前にハローワークの職員の方に疑問をぶつけたところ、A県とB県の求人情報は、観覧出来て求人応募も可能という答えでした。
ただ、求人を一挙に管轄しているという意味でなら、求人が充足した時点で、事業所の方には、登録・抹消を忘れずに届けてもらう様にしているそうです。
時々、求人応募の取消忘れで、A県のハローワークでB県の求人が出ているという事も、多々ある様ですよ。

Q求人情報のサイトにいつも募集がかかっている求人について

求人情報のサイトにいつも募集がかかっている求人の件についてお聞きします。
今派遣の仕事を探している最中なのですが、いつも大量募集ということで募集をかけている求人を見かけます。内容はデータ入力で電話応対などがないとのことです。このようなずっと募集をかけている求人は何か難があるために誰も来ず募集をかけているのでしょうか?今応募しようかどうかと迷っています。
このような求人についてご存じの方回答をお願い致します。

Aベストアンサー

常に求人をしている会社は二通りの会社が考えられると思います。

一つは、青天井で従業員を増やす会社なぞなく、その会社の待遇・体質等々に問題があり離職率が高いことが考えられます。
離職率が高いと言うことは、そこがどんな会社か想像がつきますよね。

二つ目は募集した企業が求めているスキルを持った人材がなかなか集まらない。
そんな会社は業績を伸ばすため、妥協をせずにより優秀な人材を求めて吟味しているわけですから、怪しい会社とは言いきれません。
ただ、質問者さんの言う「いつも『大量募集』」をしている会社がこの二つ目の事項に当てはまる会社であるかとなると、少々疑問に思いますけど・・・

いずれにしても求人票やインターネット上で会社の良し悪しを見極めるのは難しいと思いますが、その会社のことを良く調べた上で応募するのが賢明かと思います。

Qハローワークの求人と求人情報誌の求人

ハローワークの求人と求人情報誌の求人がありますが、ハローワークには低賃金の求人が多いのでしょうか?

Aベストアンサー

ハローワークには低賃金の求人も高賃金のものもあります。
ただし求人誌は、購入する人も掲載する会社も、わざわざお金を出す訳です(一部例外はあるようですが)。
購入する人は勿論、条件のよい求人を求めています。
企業の方も、応募して貰えるような求人を出さなくては、お金を払った意味がありません。ですから比較的、高賃金の求人を出したり、或いはいかにもやり甲斐(や将来性などのプラスα)がありそうな求人を出します。
そのため、ハローワーク求人の方が不利に見えるのでしょう。
いずれにしても、しょっちゅう求人を出している企業に応募する場合は、必ずその理由を確認することをお勧めします。社員を使い潰す会社、求職者を食い物にする会社もありますから、ご注意下さい。

Qハローワークで、求人に応募してまだ面接前なのにその求人が消えてました。なぜでしょう?電話で話した時、

ハローワークで、求人に応募してまだ面接前なのにその求人が消えてました。なぜでしょう?電話で話した時、違う部署を打診されたのと関係あるのでしょうか?

Aベストアンサー

職業安定所の職業紹介の部所に、採用確定で求人取り消しの連絡があって求人募集が取り消しになったと思いますよ。求人募集は、多くの職業安定所で扱っていますから、別の職業安定所からの紹介で、労働者の採用が確定したと思いますよ。もし採用確定後に求人募集が取り消し状況になっていなかった場合には、企業から職業安定所に対しての連絡ミスだったと思いますよ。或いは労働局安定部の所轄の職業安定所に対しての指導監督ミスかもしれません。

Qハローワークとその他の求人情報誌(サイト)の違いとは?

ふと思ったんですけどハローワークと
その他の求人情報誌たとえばフロムA
サイトならバイトル等の違いは何でしょう?
求人情報が分かると言う意味ではどちらも
同じに見えるんですが・・・

Aベストアンサー

 求人広告の営業経験者です。

 求職者から見ると同じように見えるかも知れませんが、No.1さんが
回答されているように、求人誌に掲載するためにはおカネがかかります。

 なので、まず企業側の都合として、求人に対する「期待度」とか
「必要性」が全く異なってきます。

 例えば、klmmk090さんが社長だった場合、急遽人が必要になれば、おカネかけてでも露出を増やすために求人情報誌に掲載依頼をかけるでしょうし、おカネかけて採用したからには定着してもらうために研修や会社の雰囲気や待遇面など、求職者が働きやすくやりがいのある環境を用意しようと考えるでしょうし、戦力になってもらうために自分では分からない周りの会社の環境や成功事例を聞きたいと思うでしょう。
 逆に、そんな急に必要でなければ、とりあえずおカネかけずに求職者が現れるのを待つだろーし、辞めちゃっても構わないならおカネかけてまでアレコレ相談しよーとは思いませんよね?
 時間も限られてるし、めんどくさいし。

 また、求人情報誌は、営業マンや原稿制作マンがあーでもない、こーでもないと企業が必要とする人材を確保するために採用担当者と入社後、○年後まで色々考えてターゲット設定をしながら(しないでとにかく掲載するパターンも無きにしもあらずですが…)求人情報を世に送り出しますが、ハローワークはそういった深いコンサルティングはそんなにないまま、企業の採用担当者がやりたいように必要最低限の項目を埋めて求人依頼をかけます。

 つまり、求人情報が分かる、という点では大差ないかも知れませんが、
見えないトコロでの思惑は全く異なるのです。
 また、原稿の見せ方、採用手順、採用後の研修なども、求人情報誌とハローワークでは次元が全く違います。

 経験上、ハローワークで求人してる企業に求人情報誌を勧めてもお互いに幸せになれないことが多かったです。
 とゆーのは、ハローワークで求人してる企業はおカネのないトコが多いので、まず掲載料金がかかることで引かれてしまいますし、給与・待遇面が悪く「来ればラッキー」と、場当たり的に積極採用を検討している訳ではないので、求職者の定着率も悪く、不人気業種・職種が多かったです。

 個人感かも知れませんが、できるだけ働く側の立場から見て幸せな企業を探して欲しいと思うので、求人誌による求職活動や人材紹介・派遣会社を利用しての就職活動をおススメします。

 求人広告の営業経験者です。

 求職者から見ると同じように見えるかも知れませんが、No.1さんが
回答されているように、求人誌に掲載するためにはおカネがかかります。

 なので、まず企業側の都合として、求人に対する「期待度」とか
「必要性」が全く異なってきます。

 例えば、klmmk090さんが社長だった場合、急遽人が必要になれば、おカネかけてでも露出を増やすために求人情報誌に掲載依頼をかけるでしょうし、おカネかけて採用したからには定着してもらうために研修や会社の雰囲気や待遇面な...続きを読む

Qハローワークの求人情報

主人が、現在ハローワークで職を探しており、
職安の担当者に色々アドバイスもらってるようなんですが、
求人情報の「残業時間●●時間程度」や給与「●円~●●円」
って、実際入社してみると全然違う(悪いほうに)ってことは
よくあるんでしょうか?
主人が以前勤めていた会社は残業時間が毎月100時間を
超え、いつ過労死してもおかしくないような状況で、
仕事内容自体は好きでしたが、少しでも人間らしい生活がしたい
との理由もあり(人間関係も退職理由にありましたが)辞めたので
次こそは残業時間がせめて2、30時間にとどまる会社にしたい
と考えてます。
でも、職安担当者いわく、面接でそのようなことを聞くのは
タブーだと言われたようです。まず、入社できることを第一に
考えないとだめだと。
「残業時間や給与は本当に求人情報通りなのか」
とか「転勤はないのか」など、できれば入社前(面接時)に聞きたい
ことだと思うんですが、本当にそのようなことを聞くとそれだけで
落とされたりするんでしょうか???
もし、入社してみて求人情報と全く違った場合、ただ辞めるか
我慢して続けるしかないのでしょうか?

主人が、現在ハローワークで職を探しており、
職安の担当者に色々アドバイスもらってるようなんですが、
求人情報の「残業時間●●時間程度」や給与「●円~●●円」
って、実際入社してみると全然違う(悪いほうに)ってことは
よくあるんでしょうか?
主人が以前勤めていた会社は残業時間が毎月100時間を
超え、いつ過労死してもおかしくないような状況で、
仕事内容自体は好きでしたが、少しでも人間らしい生活がしたい
との理由もあり(人間関係も退職理由にありましたが)辞めたので
次こそは残業時間...続きを読む

Aベストアンサー

給与の条件とか、勤務に関する条件など面接の時に確認しなくて、いつ確認するのでしょう?
入社前の面接時に、きちんと確認し納得のいくところでなければ、就職したって続かないだろうし、採用する側もきちんと説明しなくてはいけないはずです。

また、求人票に記載されている事柄と現実とが異なっており、求人票の内容が虚偽の内容であれば、問題にできるはずです。

その職安担当者の言うことは、少し間違ってますよね。

Qハローワークのと同じような求人情報

現在、ハローワークを活用して求職活動をしている物です。

地域密着の求人情報を探しているのですが、そういった所がハローワークしか検討がつきません。

ハローワークのほかに、地域密着の求人情報を提供してくれる場所はあるのでしょうか?

ご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

場所じゃなく媒体
タウンワーク・DOMO・Jobアイデム 駅・コンビニ・スーパー・百貨店に無料で配布してます。
求人サイトリクナビNEXTなど

ご活用下さい。

Q第2の人生を考えてる56歳サラリーマン男性です。よく求人誌に警備員募集が載ってますが、この歳でもなれ

第2の人生を考えてる56歳サラリーマン男性です。よく求人誌に警備員募集が載ってますが、この歳でもなれるでしょうか、雇ってもらえるでしょうか?未経験者歓迎とよくかいてますが本当なのでしょうか?出来れば警備員の方おられましたら宜しくお願いします。

Aベストアンサー

私は警備の資格を持っています。
・・・が,現在は責任者が資格あれば良いので有効では無いです。

警備業は東京オリンピック時に発展したのですが,暴力団関係が多く
法改正で厳しくしてますが,変な会社もありますので注意してください。
この業界はサラリーマンからの転身は職場環境が過酷なので甘くないです。
福利厚生は期待できません。
トイレ無し,立ちっぱなし,休憩無し,休憩があっても就業時間から引かれる,
というようなところが多いです。
事前に良く調べてください。

Qハローワークのインターネット求人情報は何曜日更新される??

題のままですが
ハローワーク(全国版)
のインターネットでの
求人情報は何曜日更新されるのでしょうか??

Aベストアンサー

更新のタイミングは下記に書かれています。

<以下抜粋>
Q: 求人情報・雇用関連情報はどのようなタイミング、頻度で更新されているのですか。
A: 毎日午前4時から2時間程度サービスを停止し、前日午後7時時点の最新の求人情報・雇用関連情報に更新しています。

参考URL:http://www.hellowork.go.jp/html/qa01.html#a01

Qハローワーク以外に求人情報はありますか

正社員の転職を考えていますが、ハローワーク以外で求人情報は何がありますか。

Aベストアンサー

インターネットで調べればいっぱい出てきます
でも、私の経験から言うとハローワークが一番だと
思います、後は、新聞に入ってくる、求人広告ですかね
あなたの年齢が30代以下であれば、正社員の道もあるでしょう
、参考まで


人気Q&Aランキング

おすすめ情報