CVTとかATのオイルを交換しなかったら・・・?

こんばんは。お世話になります。
この質問サイトでも見かけるのですが、CVTとかATのオイルを交換してなかったら、
下手に交換しないほうがいい、というのをよく聞きます。
その理由は、なんとなく、ですが理解できました。
でも、検索してもいまいち納得のいく回答がなかった事があるので、質問させてください。
自分の事ではなく素朴な疑問なので、例えが悪いかもしれませんがご了承ください。

たとえば、15万キロくらい乗っている車(CVTまたはAT)があるとします。
一度もCVT(AT)オイルを交換した事がありません。
交換したいと思ったけど、「やめた方がいいかも・・・」と言われました。
こういう場合、もうオイルを交換するのを諦めて、壊れるのを待つしかないのでしょうか。
申し訳ないのですが、ど素人にもわかる言葉で教えていただけると嬉しいです。

あと、10年かけて15万キロ乗った場合と、
2~3年で15万キロ乗った場合だと、どうなりますか?
この場合、年数は関係ないのでしょうか。
CVTとAT、両方の場合を教えていただけると嬉しいです。

まとまりのない質問だらけで申し訳ないのですが、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>>オイルの特性の一つに洗浄作用がありますが



>そうなんですか。
>オイルって、滑りを良くしたり、温度が上がりすぎるのを防ぐ(でしたっけ?)
>作用だけだと思ってました。

オイルが提供する機能には、潤滑、温度管理(冷却だけでなく保温もある)、洗浄のほかに、作動(動作伝達)機能があります。

ATやCVTの場合には、特に、動作伝達・作動機能が求められるために、潤滑油をイメージさせる「オイル」ではなく、「フルード(液という意味:ATFなど)」と表記することが一般的です。

ATFは、ミッション内の精密かつ複雑に入り組んだ回路を行き来することにより、変速などの動作を行いながら動力を伝達するのですが、僅かな不純物の混入で動作不良を起こすほど緻密な機械です。
フルードの劣化によって生じるスラッジでも、動作不良を起こしそうなものですが、ある程度の時間をかけて内部で発生したものですから、それなりに”折り合いをつけて”うまく動作しているようです。
過走行車両の場合、ATF交換でミッション内部の微妙なバランスを崩すことで、かえって動作不良に陥るリスクが高い(AT本体交換以外、修理方法がない)ことから、過走行でATF交換を避けるべきと言われているのです。
CVTフルードについては、知識不足でよく判りませんが、「潤滑と摩擦(作動)」という相反する作用を提供することが求められるそうですから、相当デリケートなモノと想像されます。

>こういう場合、もうオイルを交換するのを諦めて、壊れるのを待つしかないのでしょうか。
過走行の場合、見方によっては「すでに壊れかかっている」とも言えますが・・・「調子を見ながら、段階的に少量ずつATFを入れ替えたら、問題なくATF交換ができた」という話も聞きます。
が、イレギュラーな作業であり、手間もかかり、リスクも低くないことから、ディーラーや飛び込みで入った修理工場で対応してくれる可能性は低いでしょう。
「相談に乗ってくれる馴染みの修理工場がある」「ミッション交換(リビルド品で15万円~か?)の最悪の事態も想定している」などの条件が揃えば、試してみる価値はありそうですが・・・
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

ATとかCVTの車って、便利なようですが、メンテナンスを怠ると不便ですねぇ。
知らずに乗ってる人、すごく多そう。(僕もよくわかってませんでしたが)

ATF交換したら、ミッション乗せ換える羽目になった!

っていうのも悲しい話ですね・・・。
他の回答者様の答えを見る限り、交換しなくてもいい場合もあるようですが、
後々困らないようにするためには、

整備書を見てきちんとメンテナンスしなさい。

ということですね。
ミッションに限らず、全ての事において。

僕も今の車には長く乗りたいと思っているので、早速確認してみます。

お礼日時:2010/07/03 20:50

アイシン製のATを搭載した輸入車に14年20万km乗っていますが、ATFを交換したことはありませんし、この先も交換するつもりはありません



なぜなら、整備書に交換しろとは記載されていないからです
他の要交換の油脂類は、推奨交換頻度が記載されているので、それに準じています
(例えばエンジンオイルは1万5千km毎など)

ATも含め、車は快調です
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

交換しなくていい場合もあるんですねぇ。
以前、知人の軽自動車が、ATF無交換だったせいなのかなんなのか、
ミッションを乗せ変えた事がありまして。
ATFの交換て大事なんだな~、と、自分には無関係ながら思ってました。
輸入車と軽自動車を一緒にするのも失礼な話かもしれませんが。
気分を害されたらすみません・・・。

お礼日時:2010/07/03 20:16

>こういう場合、もうオイルを交換するのを諦めて、壊れるのを待つしかないのでしょうか



車種や年式を明確にしないと回答者も的確な回答ができません。例えば、某車は16万kmが指定交換なのでまだ余裕があり、某車は無交換なので交換の必要がありません。現在乗っておられる車があれば、その車の指定交換距離で質問されると良いと思います。「やめた方がいいかも」と言われた車の指定交換が15万kmだった場合、保障期間内に15万kmに達したら交換しないと保証が受けられません。

>10年かけて15万キロ乗った場合と、2~3年で15万キロ乗った場合
同じです。細かい事を言えば「2~3年で15万キロ」の方が傷み易いです。理由は、2年15万km
が年間300日の使用として1日当たり250kmとなり、使用環境によってはATFの温度が高くなり劣化を早める可能性があるからです。これはCVTもトルコンATも同じです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

僕の車はMT車なので、この質問には当てはまらないんです。
質問文にも書きましたが本当にちょっと疑問に思っただけで、
周囲に回答してもらえそうな人がいないので、ここで質問させてもらいました。
なので、「15万キロ」と書いたのも、「長距離」ということを言いたかっただけで、
特に意味はないんです。
「だいたい」とか「一般的に」とか、アバウトな感じで回答いただければと思っていたんですが、
やっぱり質問文が悪かったですね・・・。
すみません。

>某車は16万kmが指定交換なので

CVTやATのオイルって、そんなに長持ちするものがあるんですか?
車種問わず、最低でも4~5万キロで交換しないといけないものだと思ってました。

お礼日時:2010/07/03 11:27

ATについてですが、オイルの特性の一つに洗浄作用がありますが、仮に10万キロも無交換で走るとその洗浄作用も劣ってきてオイルラインに不純物が付着するのでしょうね。

以後交換すると洗浄作用で不純物が剥がれ落ち細いラインに詰まる危険性があるのでしょうね。
経年変化も影響するので10年15万kmの方がシビアコンディションだと思います。
CVTも構造的には同じと思うのですが、こちらについては詳しく知りませんので明確な説明は出来ません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>オイルの特性の一つに洗浄作用がありますが

そうなんですか。
オイルって、滑りを良くしたり、温度が上がりすぎるのを防ぐ(でしたっけ?)
作用だけだと思ってました。

一口に「オイル」と言っても、いろんな作用があるんですねぇ。
勉強になりました。

お礼日時:2010/07/03 11:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qオメガ3という脂肪?について

オメガ3はどのような食品に含まれていて、そして体にはどんな効用があるのでしょうか?よく心臓疾患にならないとかいいますけれど、具体的に教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

オメガ3不飽和脂肪酸のことですね。
DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)が代表的なものです。
青魚(いわし、さば)の脂やまぐろの眼窩に多く含まれていますよ。

人体内では脳と眼に多く存在することから、脳と眼の働きに重要 → 食べると頭・目が良くなる と考えられてきましたが、この効能は科学的に証明されてはおりません。

HMGCoAレダクターゼ阻害作用やPPARα性化作用があることは証明されています。
この作用により血中トリグリセリドやLDLが低下することが動物実験で確認されています。

分かりやすく言えば、血中の中性脂肪や悪玉コレステロールを減らす作用があるのです。
これが動脈硬化の予防、ひいては心臓疾患の予防につながる訳です。

Qブレーキオイル・CVTオイル交換について質問をします。

ブレーキオイル・CVTオイル交換について質問をします。

去年3月に車を購入( 新車 )しまして、現在の走行距離が18000kmになります。

かなり多走行だと思うのですが、エンジンオイルは3000kmに1回行って折ります。

せっかく買った車なので大切に維持して行きたいのですが、上記に挙げたオイルの交換時期がピンと来ません…。

年1回とか説明書には明記して折りますが私の場合は多走行です。

どの程度で変えたら宜しいのでしょうか?


良回答を下さる『 いなかのくるまやさん 』を始め、専門的意見が聞けたら幸いであります。

どうぞ、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

そのペースなら 来年3月 2年目辺りで 3・6万kmか4万キロと想定されるので
この時期 交換で 大丈夫です。
ついでに パワステOILも 4万km辺りが交換時期なので 交換してください。
パワステOILは交換気にしてる人が少ないのですが 交換が必要な油脂です。

エンジンブレーキを使用しない Dレンジ入れっぱなし アクセルとブレーキのみで 乗られてる場合
ブレーキに負荷が大きく 熱を多く受けてるので 早々交換しても良いですねー
普通に使い 2年 4万km程度です。


冷却水 クーラーントは 3年目車検の際で 大丈夫でしょう。

2年目に CVT、ブレーキOIL交換をすると 3年目の車検時 使用1年経過になり タイミングがずれますが

車検時 ブレーキOIL、クーラントの交換サイクルに定めちゃうと 管理しやすいです。
CVTとパワステOILは、 走行距離3~4万km毎管理です。
早めに交換する分には、問題ないです 出費が早く掛るだけ
油脂類は、早め交換で 故障回避が出来ます。 

エンジンオイルは、 3千km毎で 言う事なし素晴らしいです。

Q【酸化防止のオメガ3ナッツを買って思ったんですが、1番の酸化防止は食べないことでは?と思ったんですが

【酸化防止のオメガ3ナッツを買って思ったんですが、1番の酸化防止は食べないことでは?と思ったんですがどう思いますか?】抗酸化作用について。

Aベストアンサー

一番の酸化防止は、呼吸しないことですよー

人間、というか嫌気性生物以外は全部、呼吸で取り入れた酸素と食べた栄養を使ってエネルギーを作っています。そういった意味では、食べないというのも半分正解です

活性酸素は、酸素を作ってエネルギー作るようになって、付き合わざるを得なくなったものです

QCVTのギクシャク オイル交換でなくなる?

平成8年式シビックフェリオMiに乗ってます
最近 普通に運転していても ギクシャクするように なりました
家を出て 目的地に着くと 車酔いで吐きそうになります(渋滞は最悪です)
46000キロ(中古で買って30000から76000キロ)走って 一回も交換(CVTのオイル)した事ないです
交換したら なおりますか?

Aベストアンサー

絶対だと、断定できませんが交換したほうが良いでしょう。と言うのも、メーカー指定期間以内でも交換したらスムーズになったと良く聞くからです。
先日、私の彼女も7万キロで交換したらスムーズさを体感できたと言ってました。(7万キロは極端かもしれませんね)

それに、オートマOILが原因でなくても7.6万キロなら交換しても損はしませんよ。

Qクルミオイルの栄養価値は亜麻仁油に近いでしょうか?

aーリノレン酸・オメガ3という不飽和脂肪酸の含有量の問題です。

Aベストアンサー

日本食品標準成分表に「あまに油」は載っていますが、「くるみ油」はなく「くるみ(煎り)」だけが載っています。
その脂肪酸組成をみると、くるみに含まれる多価不飽和脂肪酸は、α-リノレン酸(n-3系)よりも、リノール酸(n-6系)のほうが圧倒的に多いことが分かります。

どの食用油にも色々な種類の脂肪酸が含まれています。その成分組成(構成比率)が違うだけであって、どの脂肪酸も「脂質」であることは同じです。
特定の種類の栄養成分をせっせと摂取するのと同時に、ほかの種類の栄養成分も合わせてせっせと摂取していることを忘れてはいけません。

参考までに、くるみの脂肪酸組成データ、それを脂質100gに換算したデータ、その他の食用植物油のデータの比較表を図に示します。
栄養成分(可食部100gあたり)
・くるみ/煎り 674kcal、水分3.1g、たんぱく質14.6g、脂質68.8g、炭水化物11.7g、灰分1.8g
・食用植物油(全種) 921kcal、水分0g、たんぱく質 0g、脂質100.0g、炭水化物0g、灰分0g


市販の食用植物油の栄養成分データは、生産者や販売者が独自に(自社内や民間分析機関に委託して)分析したものです。
栄養成分の含有量や品質は、各商品の原料植物の品種や産地や栽培者によっても、製油業者の抽出・精製方法などによっても違いがあるし、もともと公正性・正確性の保証はありません。

とくに、健康情報雑誌の提灯記事や広告、通販サイトの宣伝情報は問題が多いようです。特定の栄養成分や機能性成分だけをピックアップして、栄養的な価値をことさらに強調したり、特別な効能・健康効果があるように想像させる文言が散りばめられています。食品の効能・効果をうたうことは違法なので巧妙に回避しています。そういった情報を鵜呑みにしたり振り回されないように注意してください。


最近、全国の消費生活センターに「えごま油」に関する消費者からの相談が急増しているということで、元締めである国民生活センターが市販品20銘柄を試買してテストした報告書を発表しています。
http://www.kokusen.go.jp/test/data/s_test/n-20160128_1.html

下記は報告書本文の「消費者へのアドバイス」の抜粋です。
「くるみ油」や「ココナツ油」など、他の健康志向食品いついても同様の注意が必要といえるでしょう。

7.消費者へのアドバイス
(1)えごま油はn-3系不飽和脂肪酸を多く含む植物性油脂ですが、脂質全体の摂り過ぎにもつながるため、過剰摂取に注意し、バランスのよい食事を心がけましょう
(2)えごま油にはほぼ無色のものから褐色のものまで、ばらつきがありました。またα-リノレン酸の割合が低いものがありましたが、見た目や表示等からは品質が分からないことを知っておきましょう
(3)えごま油は劣化が早いため、低温で光の当たらないところで保管するなど、開封後の保管条件に気を付け、早めに使い切るようにしましょう


「日本食品標準成分表2015」(文部科学省)より、抜粋。

日本食品標準成分表に「あまに油」は載っていますが、「くるみ油」はなく「くるみ(煎り)」だけが載っています。
その脂肪酸組成をみると、くるみに含まれる多価不飽和脂肪酸は、α-リノレン酸(n-3系)よりも、リノール酸(n-6系)のほうが圧倒的に多いことが分かります。

どの食用油にも色々な種類の脂肪酸が含まれています。その成分組成(構成比率)が違うだけであって、どの脂肪酸も「脂質」であることは同じです。
特定の種類の栄養成分をせっせと摂取するのと同時に、ほかの種類の栄養成分も合わせてせっ...続きを読む

QATオイル交換について

こんにちは。
私は,スバルのプレオ(4WD)に乗っていますが,ATオイルの交換をしようと思っていますが,この車の場合は,CVTを使用しているので,通常のATオイルではダメなのでしょうか?
ある広告で,ATオイルとデフの交換をセットで6千円でやっているところがあり,私の車ではこの価格でできるのでしょうか?
CVT車は普及してきていると思うのですが,知識のない店の人が適当なオイルを入れてしまい,故障してしまう恐れはないのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

CVT車に普通のATFは絶対に入れてはイケません。
間違いなく壊れます。
当社ではATF3種類、CVTはCVTメーカー毎ソレゾレ指定
オイル使ってます
自動車メーカーたくさん有りますがATを作ってるメーカーは
そんなに無かったりします。
ATとATFの相性は有るので一概に幾らと表示できないハズ
なんですが・・・。
6千円~(より)という感じの表示なら判らなくも無いですけど。

今の所マダマダCVTはATの主流ではないので生産量(需要)
の関係から従来のATFよりも高くなってしまうのは仕方の無い事
かと思いますが、今後主流になれば同じ位の値段になるかと思い
ますョ

ATによっては圧送式の場合AT内部を破損する場合も有ったり
しますのでその辺り知らずにむやみにやらない方が(某ショップ
で交換後不具合が出たとの事で診断すると、圧送の油圧でシフト
バルブを押し込んでました)Eのですが。

プレオの場合CVTフルード用のフィルターが有るのでついでに
そちらの交換もお奨めしますョ~

Qアボカドオイルの飲み方

健康や美容にいいと聞きアボカドオイルを購入しました。
ネットでは「アボカドオイルは飲みやすいので、そのままサプリ代わりに飲むといい」といったことが書いてある記事が多かったので、そのまま飲んだのですが私には無理でした。
アボカドは大好きなのですが、アボカドオイルは青臭くて草っぽくてダメでした。

本当にそのまま飲んでる方は多いんでしょうか?
飲みやすくなる方法はないのでしょうか?
いくら検索しても「美味しいからそのまま飲めます!」という記事ばかりで困っています。

Aベストアンサー

私はアボカドオイルをドレッシングとして使っています。アボカドオイル+柚子胡椒の組み合わせでサラダにかけると美味しくなりますよ!

QATオイル交換について教えて下さい

約8万キロ走行してまだATオイルを交換していません。
ディーラーに工賃を聞くと1.5万だそうです。
そこで自分でオイル交換をと考えていますが、トルコンや
ミッションのドレンが何処にあるのか、新オイルを入れる
注ぎ口は何処にあるのか、そして入れ方もただ入れるのではないとディーラーに聞かされいまだに腰が上がりません。素人は止めたほうが良いのか?ATオイルを交換したことのある方のご意見をお聞かせ頂きたいのです。

私は整備は素人ですがエンジンオイル交換、ブレーキパッド交換、調整、軽整備、ユーザー車検等自己満足の領域内で車に接しています。今回もその喜びを味わいたく計画ばかりで中々実行に移せずに居ます。
良い方法、アドバイスが有ったらお願い致します。

追  車は平成2年コロナAT車

Aベストアンサー

個人でのATオイル(ATフルード)の交換はできれば避けたほうがよいでしょう。該当車種のATには、エンジンオイルのようなドレーンプラグはありません。また、通常ディーラーや整備工場などでは圧送式のオイルチェンジャーを用いますが、これはATフルードの通路(トルクコンバータ・ギアボックス・コントロールバルブなど)内に気泡を生じさせない為で、特にコントロールバルブ内に気泡が発生してしまうと非常に抜けづらく、ATの制御ができなくなる恐れがあります。また、ごみなどが混入してしまうとATの機能を損なう恐れがあります。ATは非常に複雑でデリケートなシステムですので、よほど自信がない限り止めておいたほうがよいでしょう。民間の整備工場などを探してみれば、もっと安く(数千円程度)でやってくれるところがあるはずです。

Q警告灯・オイルランプ点灯したときには

警告灯にオイルランプがあります

取説を見ますと、オイルの圧力?に以上がある時に点灯する様子です

この警告灯は・・・・・・・・ 仮定として、オイル交換をしたあと、ミスでオイルを抜きっぱなしにしてしまい、新しいオイルの補充をし忘れてエンジンをかけた場合(極例とお考えください)点灯するものでしょうか?

いつもオイル交換をしたささいには念の為、レベルゲージチェック後に オイル警告灯も
チェックするのですが、 このチェックには意味があるでしょうか?(オイルが入っているか確認の2重チェックのつもりでしていました)


先日 レジアスのオイルを交換した時に、オイル警告灯以外に「オイルの量が少ないときに点灯する、警告灯」があったので、 いつもチェックしているオイル警告灯は、「オイル量」で反応・点灯するものではないのではないのだろうかと思い、上記の疑問が生じました

ご存じの方お教えください

Aベストアンサー

>オイルを抜きっぱなしにして
オイルが入っていないのですから、エンジン始動すれば警告灯は点灯します。

>チェックには意味があるでしょうか
エンジンキーをオンにした時に警告灯が点灯するのを確認していないと、走行中に異常があった時、点灯しない場合もありますので、チェックは必要です。

>いつもチェックしているオイル警告灯は、「オイル量」で反応・点灯
油圧警告灯ですので何らかの原因で油圧が低下した時に点灯します。油量には無関係です。

参考画像でオイルジョッキ下に波線があるものが油量警告灯、ないものが油圧警告灯です。油圧警告灯が点灯したら、即座に車を停止させエンジンを切らないと重大な不具合が生じます。油量警告灯の点灯はサービス工場まで走行しても構いません。

Qオイル交換について質問があります。回答等を検索すると、オイル交換はみん

オイル交換について質問があります。回答等を検索すると、オイル交換はみんな3千km~5千km毎か半年ごとにしてるけど、日本はオイル交換しすぎの国。本当は10000km毎か1年に1回すれば良い。と書いてるのを見ましたが、あまり走行してない車なら1年ちょっと過ぎにオイル交換しても大丈夫でしょうか?

Aベストアンサー

中古車屋の整備士です。

貴方の車の使い方と
オイル交換の時のオイルの状態で判断する事が大事です。


私自身の経験から言うと、5千kmぐらいが良いのではと思っています。
その根拠は、
以前乗っていたクラウンの2Lスーパーチャージャー付きですが、
最初は5千kmで交換していました。
あまりに頻繁に変えなければいけないので、7500kmにしました。
交換時のオイルがとても劣化しているように見えました。
以後5000kmで交換していました。

その後に乗った1300ccのカローラIIですが、
通勤用で、朝エンジンをかけたら、「時間が無い」と言ってすぐに全開と急加速
5000kmではオイルの汚れが気になり、4000kmで交換していました。

それともう一つ、
日本での車の使い方は、ある意味特殊です。
 悪路(これは無いですね)
 頻繁にブレーキを使う(加速と減速の繰り返しが多い)
 短距離の繰り返し、
この3つの内2つが該当します。
これはシビアコンディションでの使用になります。
シビアコンディションの場合、指定距離の約半分での交換になります。
1万kmでの交換なら5千km、ホンダなどの15000kmなら7500kmとなります。
メーカーは保証内での故障が無いようにしているだろう・・・と言う事でその距離が出してあると思います。
ですので10万kmぐらいは走行できるがそれを超えると故障する可能性がある?かも・・・・
最初からシビアコンディションでのオイル交換をしていれば、
オイルが原因で故障と言う事は回避されるであろう・・・と思っています。

中古車屋の整備士です。

貴方の車の使い方と
オイル交換の時のオイルの状態で判断する事が大事です。


私自身の経験から言うと、5千kmぐらいが良いのではと思っています。
その根拠は、
以前乗っていたクラウンの2Lスーパーチャージャー付きですが、
最初は5千kmで交換していました。
あまりに頻繁に変えなければいけないので、7500kmにしました。
交換時のオイルがとても劣化しているように見えました。
以後5000kmで交換していました。

その後に乗った1300ccのカローラIIですが、
通勤用で、朝エンジンをか...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報