ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

双極性感情障害で入院した父の薬を見て下さい。

1.デパス錠0.5m:朝1 昼1 夕1
2.セロクエル25mg錠:朝1 昼1 夕1
3.サイレース錠2mg:眠前1
4.セロクエル200mg:眠前1
5.デパケンR錠200mg:眠前2
6.レンドルミンD錠0.25mg:眠前1
7.リスパダール内用液2ml包装:(屯)不隠時

薬の処方の用紙にこの様に書いてありました。

躁状態が激しく、やっとの思いで医療保護入院させました。
入院してから2ケ月弱になります。

先生の最初の見立てでは2~3ケ月の入院が必要との事でしたが、
長引きそうな感じです。

先生の前では大人しく、まともに話をしているそうですが
家族の前では暴言もひどく、話も「10億持ってる!」だとか思い込み?ばかりです。

先生にもそれを話していますが、
「う~ん…躁にしては大人しいしね…どうなんやろな~」と言われました。

先生を信じていない訳ではないのですが、私も初めての経験で
はっきり診断がつかないのかな?と少々不安に感じました。

なかなかキチンとした診断がつきにくい病気なのかも知れませんが…

この薬の処方はどういった感じなのでしょうか?
重症っぽいのでしょうか?
父は65歳です。

よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

双極性障害II型の者です。



まず薬ですが、今の時点では特に問題は無いと思います。
薬の量は少ないに越したことはありません。

リーマスの話題が出ていますが、この薬は別に躁うつ病で必須の薬ではありません。
むしろリーマスは、副作用が強いのでデパケンで過ごせるならそれに越したことはありません。
わたしはリーマスと無茶苦茶相性が悪かったです。血中濃度が上がると、体中の震えが止まらず(振戦)とても苦しかったです。

わたしは2ヶ月半入院しましたが、早い方だと言われました。
割と診断が付きやすかったようです。

躁うつ病の診断は、医師、看護師が患者の毎日の気分の変化をしっかりと見極めることが大切です。
躁転、鬱転は短い周期で来る人もいれば、長い人もいます。ここがポイントになります。
躁転してどのようになりその後どの様に、ストーンっと鬱転しどんな症状になるかを見ないとなりません。
そこが分ってから治療のスタートだと思ってください。

躁うつ病の薬は、その躁転、鬱転をいかにギャップを無くし、いかに平常心でいられるようにするかという為に使われます。
通常で理想的な気分状態は平常心よりやや鬱状態です。ちょっとでも躁状態でいるといずれ精神状態が疲れてしまい、鬱転してしまいます。
普通の人でも、いつもはしゃいでいる精神状態の人はいませんよね。少し落ち着いた気持ちの方が心が穏やかでいられますよね。

薬の処方箋は、入院生活での病状を診ながら変えていきます。
医師によっては、朝の病状で直ぐに昼の薬、夜の薬を変更してくれます。
これを繰り返し、理想的な精神状態を保てる処方箋が出来たら、退院は近いと思ってください。
あとは自宅療養、通院にて精神状態の変化を診ていくことになります。
その後、数年の単位になりますが、薬の量を徐々に減らしていってなるべく快復させるようにしてくれます。

先にも書きましたが、いまの薬はごく普通量だと思いますので安心して医師にまかせて良いと考えます。

最後に、掲示板は素人さんが大した知識、経験も持たずに書きこむことが多くとても危険だということを肝に銘じておいてください。
もし、心配だったら掲示板にカキコせず、他の病院の医師やカウンセラーに相談するなりした方が良いと考えます。
    • good
    • 1

こんばんは



>キチンとした診断がつきにくい病気なのかも知れませんが
そんな事はありません、双極性障害(躁鬱病)は
以前から三大精神病(統合失調症、躁鬱病。てんかん)の1つです。
精神科医は経験を積んでいますから、安心して大丈夫ですよ。

参考になるか判りませんが、私が身近(うつ病の為入院時)で
体験した重症の躁鬱病の方と比べてお話します。
>「う~ん…躁にしては大人しいしね…どうなんやろな~」と言われました。
実際、うつ病で精神科に入院していた時お会いした
今考えると、双極I型のラビットサイクラー(急速交代型)であろうお2人は
何れも警察のお世話になり、躁鬱病で措置もしくは医療保護入院でした。

全て本人談ですが、お一人は深夜、旅館に宿泊させろと乗り込み
断られて玄関の備品を破損して、器物損壊で警察に拘束された。
もうお一人は深夜徘徊していて、挙動不審で警察に通報され
始めは違法薬物(覚せい剤)使用者として身柄を確保された。

お二人とも躁状態がピークの時は、保護室送りが日常でした。
精神科の保護室とは個室でトイレも室内にあり、鍵のかかり
常時ナースステーションから観察出来る様に、カメラや覗き窓が付いた
刑務所の独房のような部屋です。
入室すると医師の許可が出るまで出られません、食事もそこでとります。
そうじゃないと、他の精神病患者の治療のジャマになります。
私もお二人の1人に入院初期に、5時間におよぶ意味不明の講話?を聞かされ
(席を外そうとすると恫喝される)うつ病の私にとっては拷問に近い体験もあります。

入院するまで、失礼ですが統合失調症の方に危惧を抱いていましたが
このお二人はそれをもはるかに凌ぐ印象でした。
それに比べれば>話も「10億持ってる!」だとか思い込み?ばかりです。<は
お父様の主治医と同様、軽いのではの印象を受けます。

>この薬の処方はどういった感じなのでしょうか?
急性期の躁状態には症状を抑える為、鎮静作用のある薬が多く使われます。
5の気分調整薬を除いては、そちらの薬です。
専門家でもないので、こんなモノだろうと感じます。

上記のお二人も躁状態がピークの時は例えが悪いですが
鎮静作用のある薬を馬に食わせる程、処方されていました。(周囲の患者の印象)
それでも、眠らずに11月だと言うのに熱いと病室の窓を開けようとする等
常時、24時間戦えますか状態でした(苦笑)
    • good
    • 0

やっとの思いでの医療保護入院、となると相当ひどかったのでしょうか?


もし、症状があまりにひどいのだとしたら、今の処方では、押さえられないと思います。
躁状態を押さえるリーマスが含まれていないのは不思議です。
また、デパケン200mg、セロクエル75mgは、とても症状が軽い躁うつ病の人のように見えます。
躁状態が激しければ、デパケンは徐々に800mgくらいまで増やしてもいいし、逆にセロクエルのほうを500mg以上に増やす手もあり、両方をそうる医師もいたり、様々です。
血中濃度を測りながら、増やしていけば、3ヶ月の入院で、症状は軽くなるはずです。
リーマスが飲める方でしたら、リーマスは必需品のように思いますが、その点を主治医にどう考えているのか質問してみてはいかがでしょうか。
もし、入院が終わって、退院しても状態が回復しないのであれば、別の医師・医療機関をあたったほうがいいと思います。
入院すると、医師は患者のことをきちんと見てくれているように錯覚するのですが、実は、患者同士とか、見舞いに来る家族のほうが、患者の状態をよく知っている場合が多いです。
主治医は、常に見ているわけではなく、来たときにだけ、患者から症状を聞くだけなので‥。
家族での面談を希望するなどして、患者(父)の状態を詳しく医師に説明なさるいいですよ。
    • good
    • 0

リーマスとデパケンRは必ずセットにする必要はありません。


私は反復性うつ病でリーマスだけ800mg/day飲んでいます。
# 他にも抗鬱薬を飲んでますが。

デパケンRだけ400mg/dayもありです。

リーマスの方が臨床例、文献が多いのですが血中濃度を継続的にチェックしないとリーマス中毒を起こしやすく、効く量と中毒を起こす量が近寄っているため難しい薬です。

それに比べデパケンRはリーマスに比べ文献は少ないものの扱いやすい薬です。それでも血中濃度を維持することと適量を見極めることは必要です。

サイレース、レンドルミンDは睡眠薬ですので、デパス、セロクエル、デパケンRで治療しているわけですね。
これで「第三者から見ておとなしい」なら比較的軽症です。
重症になると第三者の前で取り繕うこともできなくなります。

症状が重くなると定期的に服薬するのが難しくなったり、服薬をやめてしまったりするので当面は入院を継続し服薬管理する必要があります。

デパケンRの量が定まりそれでも症状が落ち着かないなら、リーマス、テグレトールなどを加えると思います。最初からいっぺんに出さないのは、それぞれ量を見極める必要がある薬ですし、それで早く治るとは限らないからです。

第三者の前で激しい症状は出てない訳ですし、医療保護入院中なら安全ですし、本人が苦しむこともない病気なので慎重に処方しているのだと思います。
    • good
    • 0

処方箋を見る限りでは、薬の種類としてはちょっと足りないかな? と思いますし、


軽い方と思えます。

身内が入院した際の処方箋は、凄い物で他の方とは比べ物にはなりませんが、
炭酸リチウム系の薬が足りない様に思えます。
「デパス」「リーマス」「デパケン」が殆どセットで処方されてきたので、
見る限りでは「リーマス」が足りていないように思えます。
ただ、血液検査によって血中濃度が足りていたならば、不要なんですけど
安定するまでは処方されるはずですよ。

リーマス:
http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se11/se1179017 …
セロクエル:
http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se11/se1179042 …
デパス:
http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se11/se1179025 …
リスパダール:
http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se11/se1179038 …

私が何時も読んでいる精神科医のBLOGのURLを貼り付けておきますので
画面左側にある彼の日記分類を参照してみてください。
初めての経験でしたら、きっと参考になると思いますよ。
http://ameblo.jp/kyupin/entry-10582397337.html

ご参考にどうぞ
    • good
    • 0

ごく普通の薬で「重症」の薬とは思えません。


>先生の前では大人しく、まともに話をしている
…このせいでしょう。
難しいですね。素人判断はムリです。
自宅での、
>話も「10億持ってる!」だとか思い込み?
が、常に現われる分けではないのは困った(?)ところです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング