1.今1000万円ほどの資産があったとして、最も良い運用方法は何だと思いますか?
私見としては、とりあえずGDPの低い日本株には投資せずに、新興国に投資しようと思うのですが、具体的にはどこの国の債権、株を買うべきでしょうか?あと、石油等の商品は、メキシコ湾の事故の影響で安くなっているので買いなのかなとも思うのですが、どうなのでしょうか。

2.今後の円相場ですがここ一年間でどう変化すると思いますか?
私は欧州の財政危機の影響があと数カ月は続きその間は円高を記録し続け、そのご徐々に円安になって行くのかなと思うのですが。

投資や金融の事は全く知らないド素人ですので皆様のご意見お聞かせください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

その1000万円はどのような資産ですか。


純粋に余剰資金ならば博打感覚で楽しむのも有りです。

どうしても増やしたいのならば勉強が必要か、
さもなくばプロへの依頼(投信)でしょう。
希望するリターンは少なくなりますが
複利で増やして10年後に概算で4000万以上です。

つい最近10万円で投信はどうかと
質問してきた人にはFXを勧めておきました。
10万円が10年で40万になっても満足できますかと。
1000万ともなれば、また話は違って来ます。

ただし、日米への株式市場への投信は全く勧めていません。
理由は後述する中国絡みからです。
投信は解約できないものもあるので、株式市場への投信は
大きなダメージを受ける恐れがあります。

自分で債権を買うとすればブラジル、ベトナムでしょう。
人口の多い国を買っていれば間違いは少ないです。
特にブラジルは鉱物資源もあり、投資先としては申し分ないです。

中国はバブル崩壊が経済誌に色々出るようになったので
ちょっと危険かと思います。
    • good
    • 0

両建てのブックメーカー

    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど!ユニークですね!

お礼日時:2010/07/17 21:31

1000万円の運用方法としては、90%を中国株、10%を


GOLDに投資します。
ただ、中国株の購入時期はもう少し先のほうが良いでしょう。
新興国の中で中国を選んだのは他国より情報が得やすく、
またネット証券で簡単に買えるからです。
石油などは予想が難しいので投資対象にしていません。

円相場についてですが、今後1年間という期限を決めると
私には分かりません。
ただ日時は分かりませんが、しばらく円高が続き、その後円安に
なって行くという質問者さんの考えには賛成です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。分かりやすい解説でした!

お礼日時:2010/07/08 03:36

 私なら玉砕覚悟で、FXで5倍程度のレバレッジを掛けてユーロを売る。

現在1ユーロ=110.6円。

 FXのレバレッジ規制により高レバレッジで外貨を買っていた人達は決済を余儀なくされ円高要因になる。

 今ユーロは小康状態だが、やがてまた下がりだすと思う。ユーロが下げ止まったら今度は豪ドルを2倍くらいのレバレッジで買う。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うーん、少し私には難しいですが、ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/07/07 03:24

ハイリターンを目指すなら起業で間違いない。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。それも資産運用の一つとして考えられますね。ありがとうございます。

お礼日時:2010/07/07 03:23

1日で使い切る事。



当てにならないマネーゲームより、一生思い出に残る財産になるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。それも一理ありですね☆

お礼日時:2010/07/06 20:41

好い方法とは何か、安全?、ハイリターン、それぞれ長短あります、皆さんそれで悩んでいるのですよ、最後は自分の責任で選び、どのような結果になろうとも悔やまないこと、【後でこうしたら・・・・良かった】等「たら」をつけて未練たらしいことを言わないこと、思わないこと。


「・・べきでしょうか」なんかにまともに答えられる人がいるとは思えません、【もちろん真面目に考えれば考えるほどですよ、なぜなら「べき」なんて言っても、よう責任取りませんので悪しからず】
    • good
    • 0
この回答へのお礼

この場合は、ハイリターンの意味合いでした。

あくまで1000万円というのは仮定の話ですので責任を負われる必要はありません。

いづれにせよご回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/07/06 20:44

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qファイナンシャルプランナーの資産運用相談って、あてになりますか。

ファイナンシャルプランナーに、資産の運用を相談するのは価値のあることだと思いますか。

ある資産運用相談のサイトでは、年利で5%以上の運用をうたっていますが、本当に信用出来るものでしょうか。

費用も、もちろんかかりますしね。
仮に、5000万円の運用をお願いしたとすると、下記の計算で費用が発生します。

5000万円 × 0.3 = 15万円

自分で運用して、年利5%以上を稼ぐのは、なかなか厳しいと思いますが。

本当に信頼出来て、実績のあるFPになら任せてもいいんですが。
そんな専門家がいるのなら、教えて欲しいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>年利で5%以上の運用をうたっていますが、本当に信用出来るものでしょうか。

5%以上の運用を確実だ!と言っているのでしたら、私は信用しません。
東南アジアの某国で(現地通過で)運用するのなら、10%以上の運用が可能ですが・・・。
但し、インフレが凄く、現地通過の対ドルレートで毎年為替損が発生します。

>自分で運用して、年利5%以上を稼ぐのは、なかなか厳しいと思いますが。

2%程度なら、元本保証で難しくないですが、(国内だと)5%の運用はリスクがありそうです。

>そんな専門家がいるのなら、教えて欲しいです。

5000万円を運用するのなら、外資系銀行のプラーベートバンキングを利用して下さい。
彼らは「実現運用益の何%を手数料として徴収」しますから、必死で運用しますよ。
日本の銀行は「勝っても負けても、運用手数料を徴収」しますから、運用利益が出ても損をしても銀行は儲かります。
>5000万円 × 0.3 = 15万円
これも、運用益に関係なく手数料を目的にしていますよね。

Q【原油株】日本株を買う方法は分かりますが、原油株ってどこで買えるのでしょうか?原油株も国内株と同

【原油株】日本株を買う方法は分かりますが、原油株ってどこで買えるのでしょうか?

原油株も国内株と同じように売買出来ますか?

Aベストアンサー

商品先物で原油を買えばいいのではないでしょうか?

Q資産運用についてご相談させてください

資産運用といっても、そんなお金があるわけではありませんが・・・100万、しばらく使う予定のないお金があったとしたら、ただ銀行に預けてあるだけではもったいない気がしてきました。

株は別にやっているので、この100万円を国債に当ててみようかなぁ、と考えております。しかし、今回の国債は、前回の1.1%よりも下回ってしまいました(偶数回、奇数回で%の違いが出てくるのでしょうか?)。変動10年国債を購入する気まんまんでしたが、1%を下回ってしまったこと、安部さんが国債の発行を控えていく、と話していたこと等から、もっと別の運用の仕方の方が有利なのではないか?と考えるようになってきました。

何か良いアイデアはありませんか?国債なら、どの銀行の利率よりも確実に良いのでしょうか?今後、1%以上になっていくのが確実なら変動10年を今週発売ですので購入したいと思っておりますが・・・ちなみに最高で何%くらいまでいくのでしょう・・・???

以上、とりとめのない質問で申し訳ないのですが教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

ネット銀行の円定期などなら1%以上も。ネット銀行はそれだけ人件費などを安く抑えられるので、こういう商品を利用すれば浮いているお金があるならば、ローリスクな資産運用ができます。あえて元本保証されない商品もおもしろいかもしれませんね。

経済的なことは分かりませんが…貨幣価値が落ちて金利が上がることが予想されています。インフレ状態になれば、とんでもない%になるかもしれません。モノの価格も高くなるので、わけのわからない混乱がおこるだけですが。

参考URL:http://www.shinseibank.com/powerflex/pys/index.html

Q株に投資するのに良い銘柄

サブプライムの問題で日経平均株価が下がっていますが、サブプライム問題、原油高騰でも、利益を上げている業界ってどんなところですかね?
株の投資の参考にしたいです。

Aベストアンサー

原油高騰の恩恵を受けやすい業界としてよく上げられるには鉄道業界などがありますね。自動車・航空機等に比べ鉄道は原油高騰の打撃を受けにくいので、旅客がシフトしやすいとされています。
 あとは単純に石油開発会社(国際石油開発帝石ホールディングスなど)ですね。油田を開発して掘り出した石油が高く売れるのだから直接的な恩恵を受けると思います。
 サブプライムローン問題の恩恵を受ける業界というのは非常に難しいですが、個別の企業で、たとえばこの問題の影響で差し押さえられた住宅や土地を安く手に入れて、上手く活用できるような不動産会社があれば面白いと思います。
 あと、アメリカのゴールドマン・サックス証券はサブプライムローンの破綻を予測し、あらかじめこれらの証券を空売り(下がれば利益が出る投資法)していたため、巨額の利益を得ました。

Q個人の資産運用相談先は?

定期預金が満期になったのを機に今後の運用を考え直したいです。
しかし、相談相手となると銀行の担当者くらいしかなく、銀行の売りたい商品に傾きがちです。
有料でよいので、今商品を売りつけるためではないアドバイスを継続して受ける相手を探しています。
どういう窓口があるのでしょうか?

Aベストアンサー

>相談相手となると銀行の担当者くらいしかなく、銀行の売りたい商品に傾きがちです。

銀行の窓販商品の本質を理解されていてすばらしいです。
銀行も証券会社も将来を約束してはくれません。

>有料でよいので、今商品を売りつけるためではないアドバイスを継続して受ける相手を探しています。どういう窓口があるのでしょうか?

一部の超富裕層などは資産管理に特化した海外のプライベートバンクが向こうから営業に来るようですが、残念ながら個人が気軽に使える窓口は上記のような銀行や証券会社ばかりです。
※プライベートバンクもまともなところは資産保全(目減り防止)がメインであって増やすことは二の次です。

『投資教育が教えない禁断の四択問題』
http://diamond.jp/articles/-/13759

『危ない金融商品セールス4つの特徴』
http://diamond.jp/articles/-/10644

残された選択肢は独立系の投資顧問やFP(ファイナンシャルプランナー)になりますが、銀行や証券会社に行くと無料で相談できるのであまり数は多くはありません。

投資顧問は「儲け」を期待する顧客相手になりがちなので、「資産管理」をベースにおいた相談にはあまり向いていません。
特に一任勘定で運用を任せたりするのはまったくお勧めできません。

となると「相談」が基本のFPになりますが、やはりお金を増やしてくれるわけではありません。それができればFPではなく相場師として食っていけます。

FPはあくまで様々な金融商品から顧客の要望に添った商品を効率よく選んでくれるだけの存在です。個人ではなかなか難しい広範で系統立てた知識を持っているので、それを商品選びに役立てるということです。
それでも最終的な損益は選んだ顧客自身が負うことになるのでその点はしっかり自覚しておくことが必要です。

健康診断しても病気にならないわけではありませんが無意味ではないように、目的を間違わず、過剰な期待をしなければFPに相談するのも無駄ではないと思います。
玉石混交の中にもしっかり勉強しているFPもいるはずです。
※なお、付き合いはあくまでドライに、情が移って闇営業などされないようにしましょう。

『独立系 ファイナンシャルプランナー 』
http://bit.ly/pZPcQg

>相談相手となると銀行の担当者くらいしかなく、銀行の売りたい商品に傾きがちです。

銀行の窓販商品の本質を理解されていてすばらしいです。
銀行も証券会社も将来を約束してはくれません。

>有料でよいので、今商品を売りつけるためではないアドバイスを継続して受ける相手を探しています。どういう窓口があるのでしょうか?

一部の超富裕層などは資産管理に特化した海外のプライベートバンクが向こうから営業に来るようですが、残念ながら個人が気軽に使える窓口は上記のような銀行や証券会社ばかりです...続きを読む

Q日興アシュモア新興国(レアルコース)の異常な利回りが気になっています。

日興アシュモア新興国(レアルコース)の異常な利回りが気になっています。

2010年3月設定以来ここ数ヶ月は190円の分配を定期的に出し、基準価格はほぼ横ばい(9700円くらい)となってます(5月のギリシア危機以降の安定期間をみています)。
年率換算では20%を超える利回りとなります。
どうしてこんなに高い利回りを達成できているのでしょうか?

また、この商品購入のリスクは何になるでしょうか?


日興証券から保有投資信託のスイッチを進められていますが、まったくの素人です。
宜しくお願いいたします。

http://fund2.nikko.co.jp/nikko-fund/qsearch.exe?F=fund/detail2&KEY1=02313102

Aベストアンサー

新興国の株式、債券、不動産に投資してるようですが、この投資利回りに、おもに米ドルとブラジルレアルとの為替ヘッジプレミアム約7%超を加えたものが実績として上がっているようです。

レポートにも書いてありますがおもな投資リスクは、

価格変動リスク、流動性リスク、信用リスク、為替変動リスク、カントリーリスク、デリバティブリスクと記載されています。

上記の言葉の意味を理解できなければ、初心者が手を出すようなファンドではないです。

おまけにコストも高い。実績の高さは、ハイリスクの裏返しとも考えられるので、実績ばかりに目を向けずリスクをしっかり理解する必要があります。

今が良くても環境が悪くなってきた時には大きく目減りする可能性があります。

Q資産運用相談 元本保証で105%ごとに受け取り系

ソニー生命の変額個人年金保険では
一時払い(最初に一括で払う)
据置期間10,12,15年の3プランで
契約初期費用5%
二年目より元本の105%を超えるたびに超えた分運用成果額として受け取る
というプランがあります。

私は別に個人年金保険として入りたいわけではないので、
このような元本保証で、105%超える度に成果を受け取る形の
投資商品が他にあればそちらの利用を検討したいと思うのですが、
そのような商品ございますでしょうか?

Aベストアンサー

資産運用の常識的な目標数値というものを、勉強して下さい。

現在、元本保証では、ネット銀行の定期預金による0.5%/年がやっとです。
元本の105%を超えるということは、5%の運用益を出すことと同じ意味ですので、
10年かかることになります。
質問文のニュアンス的に、2~3年で5%増えた分を受け取るようなイメージでおられるようですが、
0.5%/年と比較すると、破格の運用益を求めていることがお分かりになると思います。

投資信託を、しっかり勉強してから積み立てれば、元本割れのリスクと引き換えに
3~4%/年の運用益を出していくことは可能だとは思いますが、
元本保証という言葉を出した時点で、0.5%/年がやっとになってしまいます。
元本1,000万円でも5万円、税金を引かれて4万円にしかなりません。
今の時代、元本保証の資産運用なんて、「やってもやらなくても同じ」と言わざるを得ません。

Qこれから投資を始めたいと思っているのですが、・・・

証券会社に相談してもあまり意味がないと思うので、次についてアドバイスをお願いします。
1 投資経験が今までほとんど無く、70才近くなった今になって勉強になるかどうか、分かりませんが「積み立インデックスファンド」を始めてみようかと思っているところです。
ただ、年齢のこともあるので4~5年を一区切りとし、そのときの経済状況にもよりますが、売却をすることもありでいこうかと考えているところです。こうした発想はどうなんでしょうか。
2 また、別に年齢に見合ったというか、別の投資といってもFXのようなものではなく、4~5年程度でそれなりの成果が期待できそうな商品にはどんなものがあるでしょうか。

以上、本当に素人の質問で恐縮ですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

【質問】
質問者様は既に70歳近いということですが、これから先、仮に100歳まで生きると仮定した場合、現在の貯蓄とこれからもらえるであろう年金だけ食べていけますか?

【答え】
質問の答えが「はい」の場合
→今さら積み立インデックスファンドに投資してリスクをとる必要はありません。

質問の答えが「いいえ」の場合
→そんな大事なお金をリスクマネーに回すのは非常にデンジャラスだと思います。

要するに、どちらにしても今さらリスクをとる必要はないということです。

まぁ、でも、強いて言うならば、少なくともこれから2~3年という短いスパンで見れば、日経平均かTOPIXに連動するインデックスファンドに投資するのが一番リスクが小さく、高いパフォーマンスが期待できるのではないかと思います。

ただし、リスクは常にゼロではないと認識してください。
70歳というご高齢で、そのリスクに耐える自信はありますか?

特に、この業界はうまい話ばかりを持ちかけて、素人に悪質な商品を売りつけようとする輩も一杯いますので。
また、そういう素人に限って、いざ損をすると「何も知らなかった」で済まそうとしますので。
やるからにはそれなりに覚悟を決めて勉強した方が良いと思います。

【質問】
質問者様は既に70歳近いということですが、これから先、仮に100歳まで生きると仮定した場合、現在の貯蓄とこれからもらえるであろう年金だけ食べていけますか?

【答え】
質問の答えが「はい」の場合
→今さら積み立インデックスファンドに投資してリスクをとる必要はありません。

質問の答えが「いいえ」の場合
→そんな大事なお金をリスクマネーに回すのは非常にデンジャラスだと思います。

要するに、どちらにしても今さらリスクをとる必要はないということです。

まぁ、でも、強いて言うなら...続きを読む

Q資産運用の相談

50代半ばのものです。老後のための資金をどのように運用したらよいか情報を得ようと新生銀行に行きました。自分にあった商品をいろいろ探してくれて、わかりやすく親切に説明してくれました。思わず、お勧め商品をすぐ買いたくたるくらいの気持ちになりましたが、
1、銀行ってどこも接客は同じような感じなのでしょうか。
2、大手銀行だと取扱商品の内容にあまり違いがない  のでしょうか。
3、新生銀行は格付がBBBのようですが、10年以上の長いスパンで考えると、老後の資金を預ける場合、格付けAの大手銀行との取引のほうが無難でしょうか。
ご自分だったらこうするだろうということでも結構ですから、アドバイスをお願いします。よろしい区お願いします。

Aベストアンサー

#2さんの回答に私も賛同します。

最低限の基本的知識は、まず身につけたほうが良いと思います。かつてのドル預金、アルゼンチン国債、マイカル社債など金融機関の営業の甘いことばに騙されて泣いてきたのは一般庶民です。銀行や証券会社の営業は顧客のために働いているのではなく、自社の利益のために働いていることを片時も忘れないようにしましょう。またファイナンシャル・プランナーを名乗る方でも知識に乏しく、機械的に外貨投資や外債ファンドを勧める人も多いのは残念です。

以下の本をまずお読みになることをお勧めします。

お金をふやす本当の常識―シンプルで正しい30のルール 日経ビジネス人文庫 山崎 元 (著)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4532193079/qid=1143795590/sr=8-1/ref=sr_8_xs_ap_i1_xgl/249-8764643-6217919

金融広告を読め どれが当たりで、どれがハズレか 光文社新書
吉本 佳生 (著)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4334033067/ref=pd_bxgy_text_2/249-8764643-6217919

新生銀行は、日本の銀行の慣行をうちやぶった点で評価できる所は多々ありますが、その商品は顧客の無知や不注意につけこむものもあります。さすがに外資はシビアだなあという感想を持っています。特に解約できない超長期定期預金など、インフレになったらどうするんだい、と思います。外貨定期預金1か月金利15%で実際円に戻したら、為替手数料のほうが高かったという例もあります(これはシティバンクが始めて、他の銀行も追随したわけですが)。投資信託も手数料高め(販売会社の利益が大きい)ものが多いです。

他の邦銀も収益力強化のため、シティや新生銀行の方針をとろうとする傾向にあるのではないでしょうか。

銀行の格付けはペイオフ対象以上の預金をしない限りあまり問題とはならないと思います。あとは、投資しようとする個別の金融商品のリスクを理解することが必要です。

こうしたしくみがわからない場合は、証券会社に口座を広き、TOPIX上場投信と個人向け国債に全部放り込んで必要なときに取り崩すようにしたほうがよほど安全でお得です。

老後の資産運用は、挽回不可能な資金なので、とくにリスクを押さえることが必要です。そうすると、個人向け国債がメインという結論以外ないように思えるのですが。

#2さんの回答に私も賛同します。

最低限の基本的知識は、まず身につけたほうが良いと思います。かつてのドル預金、アルゼンチン国債、マイカル社債など金融機関の営業の甘いことばに騙されて泣いてきたのは一般庶民です。銀行や証券会社の営業は顧客のために働いているのではなく、自社の利益のために働いていることを片時も忘れないようにしましょう。またファイナンシャル・プランナーを名乗る方でも知識に乏しく、機械的に外貨投資や外債ファンドを勧める人も多いのは残念です。

以下の本をまずお読み...続きを読む

Q金投資って。

金投資って最近よく聞きます。
先物から現物・ファンドまで、最近になってよく耳にするのですが、先物だと、確かある程度のレバレッジを効かせる取引。現物=資産。ファンド=リスク軽減といった感じの認識をしています。
 ところで、この金(とりわけ先物)ってどういったところが運用先として選んでいるのですか?
たとえば年金基金みたいな公共(?)の機関が先物を組み込んで運用している例などあるのでしょうか?
気になって夜も眠れないしだいです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

どういったところが投資しているかは判りませんが、私の周りで投資している方は、ギャンブラーのような方です。

金の価格は最近、大きく動いていませんが、動乱や戦争と云った国際的な政情不安の時に大きく動く事がありますので、投資先に選ぶ方はギャンブラー的な方が多いように見受けます。
原油やコーヒーそれに近いと思います。


おすすめ情報