忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

NHKは、受信料泥棒ですが、同時に税金泥棒であると思います
皆さんはどうでお考えでしょうか?

もうひとつ質問

もし、体質改善をし、国民に信頼される水準にまで達したとしたら

いくら位までなら払ってあげますか?(最早募金)

ここでの水準は、個人個人で、決めてください。


その水準がどのようなものかも明記していただければありがたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

会社の食堂のテレビはNHKなんだけど、


金曜日の昼のニュースの後の
じじ、ばばがたくさんいる公開の
バラエティーはつまんない。
今日もやってた。
見たこと無い芸能人と芸人が出てる。
これが面白いという感覚が理解できない。
テレビ替えたいが、リモコンが無い・・・。(たぶん、意図的に)

面白いといえば、
毎日教育番組で体操やってるでしょ。
あれ、毎日撮りなおしてるんだよ。
知ってた?
毎日体操してるひとのために
マンネリ化しないように配慮してるんだよ。

NHKに強制的に支払われる金が無くなれば、
国民の負担はある意味軽くなる。
消費税上げるよりも、今年度をもってNHKは廃止!
国民の士気は高まるね。

民主党がコレ言ったら
すごい得票できたろうに。
(昨今のNHKの報道も少し偏ってるよ。民法のほうが公平性・客観性あると思う)

ってさて回答
私も泥棒と思います。(今の世情とギャップがあり過ぎる)

体質改善する必要ないです。
日テレが代わりになってくれると思う。
    • good
    • 4

同感です。


チューナー制にすべきです!
相撲は、国民の要請ではなく外圧で中継しなくなりました。
外圧とは、アメリカ=ユダヤ人達です。
日本人は危機感を持つべし!
    • good
    • 0

こんちゃ!



NHKは契約しないと見られない形態にしてほしいですね~。
そうすれば当然契約した人はお金払うでしょう。
水準なんてけちなこと言わなくても今のレベルのままで
お互いにすっきりさっぱりです。

民放も見ないので本当はテレビいらないんですけどねぇ~。
部屋のオブジェと、つけててもBGMくらいにしかなってないです。
唯一チャンネル合わすのはお昼のサスペンスの再放送ですけど
昼寝に最適なんだよね^^実に心地よい眠りに誘ってくれます。
ワイドショウは煩くって寝らんないから。
    • good
    • 4

どんな良い番組を作っても、見たくない者に払わせるのは泥棒です。

    • good
    • 4

NHKは無駄遣いが多い。


古くて申し訳ないが、一昨年のラジオ深夜便の“札幌深夜便の集い”で 
30分位の放送ために、アナウンサーは二人が出張して、

うち女子アナの遠藤さんだったかは、
関係の無い旭川動物園・層雲峡にも出かけた。

これを悪いとも思わず、堂々とラジオで“私 ガンバッテ 旭川動物園・層雲峡まで
行ってきました”としゃべっていた。
番組には何の関係も無かった。

ルルブに載っているような事を、しゃべってここは良い所ですネ、
というくらいの内容でありながら、そんな時間の余裕がある出張がおかしい。

又、京都のカメラマンも何十回も取材に行ってきます。と云ってカラ出張いていた。

中国鉄道旅行では、なぜ中国国内を一筆書きで、3万キロ走る必要があるのか。
5000キロや10000キロでも、中国の状況は伝えられるのではないか。

又、病気の 緒方謙 を駕籠に乗せてまでして、メキシコの蝶を見せる番組もあった。

こんなの必要があるのか、私には理解できません。
経費の無駄使い、自分が行きたいので、企画したとしか私には思えません。

政治家が口を出すと、政治介入と云われそうなコトをいいことに、
したい放題していないか。

連ほう さん仕分けして。
    • good
    • 3

NHKに税金がどの位払われているかご存じですか?


22年度でNHKの総収入約6,700億円の内、交付金として税金から払われるのは約35億円です。
これは、選挙政見放送(都道府県知事選を含む)や義務付けている海外放送の対価だそうです。
民放の15秒スポットコマーシャルが200~400万と聞きますので、決して高いものではないと思います。
    • good
    • 1

同意します


NHKを見てて気分が悪くなることが多いです

とにかくやる気のない番組が多い
受信料が強制徴収だからヌクヌクやってるせいでしょう

正直一円も払いたくないです

ここで愚痴るだけでなく実際クレーム入れてみたらどうでしょう
※同じ気持ちの方もお願いします(もっと面白く作れと)
http://www.nhk.or.jp/css/goiken/mail.html
    • good
    • 2
この回答へのお礼

しつこくやることで、効果が若干でもあるといいですね。


ついでにあなたもやってくださいね。

お礼日時:2010/07/09 07:12

国営じゃないので税金で運営されてるわけじゃないんですけどね。



NHKは受診料泥棒になることもあるけど、
たまにNHK観るくせに支払ってない無銭視聴者も多いよね。


普段はNHKは滅多に観ないけど、大災害とかあったときは結構観るからなぁ。
民放だとどーしてもCM入れざるを得ない時間帯ってあるし。

視聴時間に応じて徴収する制度だったらいいのにね。
    • good
    • 0

 別に泥棒とは思いません。

万人が納得するような番組なんて出来ません。これは民放でも無理です。
 人それぞれ好みがあります。思想の違いもあります。全部見なければいけませんのなら苦痛でしょうが、そうでもないでしょう?

 NHKだから出来た番組も多々あります。民放ではスポンサーを超えることがなかなか出来ません。以前にNHKで放送された「電子立国日本の自叙伝」だったかな。複数の企業から取材が出来ました。大手ばかりです。
 このころから、それまで一切企業名を出さないとしていましたが、言葉では出さないが映像や文字として協力を頂いたという意味で出すようになったそうです。
 番組作りに関しては良くできている方だと思います。

 それと、なにも娯楽ばかりがNHKじゃないのです。その放送が大切な人も沢山います。

 どうも批判する人は自分に会わない番組だからと言う感じを受けます。

 ちなみに今の受信料でも安いかなと思うこともあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今、実際に受信料を確認してきました。
「納得できない」という意見もありますが、月額に直すと私としては、新聞の料金と比較した場合や教育テレビの充実度と照らし合わせると、十分納得できる金額だと思います。
ですので、私は支払ってもよいかと思います。

反対意見はほかにも
今は、情報の媒体としてインターネットがあるからNHKは不要とする意見もあるかもしれませんね。

お礼日時:2010/07/07 12:32

受信泥棒、税金泥棒と思うなら、テレビを見なければいいのではないでしょうか。

ニュースなら新聞、インターネットなどでも十分です。もしくは、チューナなしのモニターに、有料放送専用チューナーをつけたなら、NHKに受信料を支払う義務はありません。NHKの体質が改善されることは、まず無いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですか。

お礼日時:2010/07/07 12:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QNHKに投入されている税金はいくら?

NHKには受信料の他に国民の税金が投入されていると聞いたことがあります。
いくらぐらい投入されているのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

財務省HPによる特殊法人等向け財政支出一覧表でもNHKに対する支出はNHKの交付金収入と同額で,平成16年度は約6億円です。
インフラの整備は(たとえば宇宙開発事業団は累計約6千億円)質問の趣旨にふくまれないようにおもいますが(民放も利益を受ける),もうすこし明確に定義していただけると調べやすいですね。

参考URL:http://www.mof.go.jp/jouhou/syukei/h16/h150909b.htm

QNHKに国家予算を使っている理由は何?

放送法37条により国会で予算承認が必要なのは知ってます。比率は少ないのでしょうが、国の予算23億円を使っていることも知ってます。

疑問なのは、何故NHKだけが国会で予算承認が必要なのでしょうか?なぜ国の予算を使えるのでしょうか?国営ではないのでしょうけど、何か役割というかNHKの目的がある筈です。推測ではなくて「政府の主張」が知りたいのです。可能ならばソースも教えて下さい。お願いします。

なお、視聴料の是非の話は遠慮願います。

Aベストアンサー

まず、基本中の基本ですが、
(1) NHKは特殊法人。特殊法人とは、(公共の利益のために)特別法によって設立された法人。NHKの場合は「放送法」(の一部)。それを読まないと話にならない。
(2) 「政府の主張」を知りたいなら、官庁のサイトや国会会議録(政府答弁)を調べろ。
(3) 大企業やNHKは、サイトで収支予算などを公開している。金の話をしたければ、それを見てからだ。

それでは、(1)~(3)に沿ってご説明申し上げます。

(a) 国からの交付金23億円について

放送法第33~35条を読みましょう。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S25/S25HO132.html

国はNHKに、「国際放送」、「放送に関する研究」を行うように命ずることができます。そして、国が命じた以上、その費用は国が負担するのが道理です。ちなみに、国際放送には、世界に向けてその国を宣伝する(対外プロパガンダの)要素もあります。
さて、NHKの収支予算を見ましょう。
http://www.nhk.or.jp/pr/keiei/yosan/yosan18/yosan18.htm

国際放送費に71億7千万円かかっているのに、国からの交付金は22億7千万しかない……これでいいのか? 国際放送には、国の命令による分と、それ以外の分があるということになりますね。また、前述の「放送に関する研究」の費用は、「調査研究費」72億1千万の一部ですが、それも国が負担することに法律で決まっています。
ご質問者は、「国の予算を23億円も使っている」とおっしゃりたいのかも知れませんが、客観的に考えると、23億で足りるのか甚だ疑問です。むしろ、NHKは国からの独立を保つため、かつかつの少額しか受け取っていないと見る方が、妥当です。

(b) NHKが国会で予算承認を要する理由

放送法は1950年にできた法律なので、当時の国会会議録を調べましょう。ご所望の「政府の主張」が述べられています。
国会会議録検索システム
http://kokkai.ndl.go.jp/

ご質問者はどうせ調べないだろうと思いますので、代表的な質疑を引用して編集してみますと、次のようになります。
(引用始め)
○質問
今日の放送協会は申すまでもなく社団法人で成立をいたしておるものであります。従いまして今日放送協会が持つておりますところの全部の資産というものは、これは民間の資金が集まつてできたものであります。それをこの法律によりまして、新しき日本放送協会にそのまま引継ぐことになるのでありまするが、引継がれたとたんに、この法律をもつて新しい日本放送協会に対する種々の監督規定が設けられるのであります。その行き方が、たとえば受信料は法律できめるとか、あるいは予算、決算、事業計画等を国会の承認を受けるとか、また会計検査院の検査を経るとかいうごとく、あたかも国の財産の運用に対すると同じような処置が考えられておるのであります。(中略)今後の資産の増加も、これはまつたく放送聽取料から生れて来る資産なのであります。つまり国の経費というものは少しも加わらないものであるのであります。かような性質のものに対して、かくのごとき国の資産に対すると同じような見地からの監督といいますか、方法をとらなければならない理由はどこにあるのか、私どもちよつと解せない点があるのであります。また一面そのことは放送事業という、いわば新聞に似たような事業で、最も活発に、最もタイムリーな運営をして行かなければならない事業であるのでありまするが、それがかくのごとき二重、三重の拘束を受けるということは、運営上もはなはだ好ましくない事柄であると思うのであります。その取扱い方の根本につきましてお考えを承りたい。
○政府答弁
この法案におきまして新しくできる日本放送協会の監督が、非常に多岐であるという御意見に対しまして、私どもも率直に申し上げてそういうふうに感ずるのであります。これによつて放送協会の仕事が若干やりにくくなるということも、私ども率直に認めております。ところでそういうことを考えておりながら、なぜこのような法案を作成するに至つたかということについて申し上げますれば、(中略)
この料金は日本放送協会と聽取者の契約ではございますが、法律でもつてこれを強制しておるのであります。自分がいやだからと言つて、契約を結ばないというわけには行かないのでありまして、(中略)
一種の税金みたいなものではないかという意見も出て参るのであります。(中略)
国民からとつた聽取料のむだづかいがあるかないかという点を、大ざつぱに承認を求めるという趣旨で一致をいたしたのでありますが、(中略)
とかく最近は、官僚統制ということが強くいわれるのでございまして、このような半官的な性格を持つた非常に公共的なものの強い放送協会の收支予算というものを、ただ單に政府の行政措置だけでこれを左右することなしに、一応国会に見ていただきまして、その妥当性があるかないかということを調べていただくということは、むしろ民主的の趣旨に合致しておるゆえんじやないかというふうに考えるのでございまして、(引用終わり)

(c) 「有事にはNHK使う」ので、国は普段からNHKにお金を払っている、というのは俗説です。例えば、災害の場合には、「放送事業者」は「その発生を予防し、又はその被害を軽減するために役立つ放送をするようにしなければならない」(放送法第六条の二)。「放送事業者」とは、NHKも民間放送も含みます。有事関連法案の条項も調べてみてください。人に聞くだけでなく。
有事ともなれば、NHKだろうと民間放送だろうと、「……に役立つ放送をするようにしなければならない」のは当然です。「私有財産は、正当な補償の下に、これを公共のために用ひることができる」(憲法第29条)。放送時間の全部または一部は、政府公報になり、その分の補償を求められれば、国庫から支出します。

前述したように、23億円の交付金では、「国際放送」、「放送に関する研究」の国命令部分の費用だけで「かつかつ」でしょう。全国あまねく受信させるための設備や、有事放送のための「保険料」までも加算して、たった23億で足りると思いますか? 中小企業じゃないんですよ。

まず、基本中の基本ですが、
(1) NHKは特殊法人。特殊法人とは、(公共の利益のために)特別法によって設立された法人。NHKの場合は「放送法」(の一部)。それを読まないと話にならない。
(2) 「政府の主張」を知りたいなら、官庁のサイトや国会会議録(政府答弁)を調べろ。
(3) 大企業やNHKは、サイトで収支予算などを公開している。金の話をしたければ、それを見てからだ。

それでは、(1)~(3)に沿ってご説明申し上げます。

(a) 国からの交付金23億円について

放送法第33~35条を読みましょう。
...続きを読む

QNHKの運営

NHKの運営は受信料+その他の収入で成り立っているとHPにありますが,それはどんな収入なのですか?税金は投入されているのですか?また,NHKが設立されたいきさつやその際の資金の出所など教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

受信料で賄っている放送でも、国が法律を作って
徴収していると言うことで、
これを国営放送であるとしている国は沢山あります。
たとえばBBCがその代表例で、
国内の一般放送については受信料だけで賄っている国営放送です。

NHKの会長は国会の承認を必要としますが、
これもBBCと同じです。
NHKは国会の承認が無いと予算も決める事ができません。
しかし、BBCはそうではありません。

人事と予算が国から独立していない、
法律に基づいて強制的に受信料を取る組織が
いくら「国営放送ではない」とPRしても
それは無理があるのではないでしょうか?

実際、行革の中では「特殊法人」と位置づけられています。
実質的には郵政事業と同じ扱いです。
郵便は公共企業ですか?

さて、NHKの収入ですが、実は意外な処から得ています。
それは、各企業からです。
NHK本体への収入はありませんが(あったら問題になる)
NHKの子会社は38社、関連会社は7社あり、
これらは普通に事業を行っています。
参考URLによると、NHKの受信料の35%は子会社に流れ
子会社は他にも多くの事業をやっていますが、
まだ、正規の連結決算は公表されていません。
試行の物がやっと公開されましたが、
これによると1000億以上のお金を
受信料以外で(一般企業と国民から)集めています。

これは、道路公団と同じ図式といえます。
http://www.pressnet.or.jp/info/iken20011108.htm
によると、NHKは海外でのホテル経営までやっているようです。

NHKが設立されたいきさつは
大正14年に、各放送局が社団法人として発足し
翌年、日本放送協会として出発したことにあります。
当時、軍部の意向が強く働いて、国の言うことを聞かない可能性のある
民間放送は許可されませんでした。
これは終戦まで続きます。
終戦後昭和25年に今の組織形態となりました。
現在、出資は放送債権と内部留保でまかなわれています。

参考URL:http://www.soumu.go.jp/joho_tsusin/policyreports/chousa/housou/pdf/siryou2_104.pdf

受信料で賄っている放送でも、国が法律を作って
徴収していると言うことで、
これを国営放送であるとしている国は沢山あります。
たとえばBBCがその代表例で、
国内の一般放送については受信料だけで賄っている国営放送です。

NHKの会長は国会の承認を必要としますが、
これもBBCと同じです。
NHKは国会の承認が無いと予算も決める事ができません。
しかし、BBCはそうではありません。

人事と予算が国から独立していない、
法律に基づいて強制的に受信料を取る組織が
いくら「国営放送で...続きを読む


人気Q&Aランキング