痔になりやすい生活習慣とは?

アルカロイド・カルチノイド・フラボノイドの機能性が分かるように示せ。というレポートなのですが,文系の私には,今一何を言っているのか分かさっぱりです。

アルカロイドは,コヒーの苦味?で,
カルチノイドは,野菜の色素?
フラボノイドは,お茶の成分?
こんな感じです・・・
機能性じゃないような気もするし,全然説明になってもなく大変です。

助けてくださーい。

本当は,図書館で調べたほうがいいのでしょうが,文献取り寄せとかでかなり時間がかかるといわれて,困っています・・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

#1です。



人体ありだったんですか。私はてっきり植物体のみで頑張れという意味だと思っていました。

それならば、アルカロイドは、生体内のイオンチャネルやレセプターに作用して、毒にも薬にもなったり、抗癌作用があるのもあるらしいです。

カロテノイドは、カロチンの作用を調べてみてはどうでしょう。植物体中では、光の吸収、450あたり~480nmあたりまでの色で言うと青紫から青を吸収するので、赤色っぽく見えるはずです。人体内ではビタミンAの前駆体であったり、しますが、ベータカロチンなどで調べてみてはどうでしょう。

フラボノイドは、抗酸化物質であったりします。やっぱり、ポリフェノールでしょうか
    • good
    • 0

図書館にありそうな関係書籍というと


岩波講座 (なんとか)生物学
(人名の)生化学
香料の辞典
かな。適当に読めそうな本を見つけてください。見つかったらば.索引で引いて....
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>>全ての方へ
書き込みいただきありがとうございました。
参考にして,もっと,掘り下げて調べてみたいと思います。

お礼日時:2003/07/16 15:27

アルカロイドというのは極めて少ない量で強い効果を示す分子の中にチッ素を含む有機化合物(炭素を含む化合物)で,アルカリ性の苦い物質のことです。


多くの麻薬や覚せい剤もアルカロイドですネ。
人が強い苦味を本能的に嫌うのは,苦味の強いものはアルカロイドを含む毒であるということへの警戒なんですネ。

カロチノイドというのは…緑黄色野菜の色素の一つで,ビタミンAの働きをする物質というところでしょうか。
ビタミンAで調べられればよいかもしれません。
或いはカロチン,カロテンといったキーワードも。

フラボノイドは…ポリフェノール(この言葉は聞いたことがあるのではないでしょうか)の一種ですネ。
多くの植物に含まれています。
ポリフェノールで調べて見られればよいかもしれませんネ。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

分かりやすい説明ありがとうございました。

お礼日時:2003/07/15 22:50

gooの辞書(国語辞典)ではダメですか?三つとも出てますよ。


カルチノイドではなくカロテノイドででます。

機能性というのは人体に対する作用ってことですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答いただきありがとうございます。

国語辞典も、思ったより使えました。
しかし、人体や、植物に対する作用の記述がなく明後日の、レポート提出にはさすがにまずい気がします。

でも、少しでも、書くことができます。
ありがとうございました。

お礼日時:2003/07/15 21:48

アルカロイドは解毒作用?や代謝でできた副産物の廃棄とかに使われる。



カロチノイドは、光の吸収。

フラボノイドは植物内での働きはわかりません。(ごめんなさい)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答いただきありがとうございました。

お礼日時:2003/07/15 21:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QW/V%とは?

オキシドールの成分に 過酸化水素(H2O2)2.5~3.5W/V%含有と記載されています。W/V%の意味が分かりません。W%なら重量パーセント、V%なら体積パーセントだと思いますがW/V%はどのような割合を示すのでしょうか。どなたか教えていただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

w/v%とは、weight/volume%のことで、2.5~3.5w/v%とは、100ml中に2.5~3.5gの過酸化水素が含有されているということです。
つまり、全溶液100ml中に何gの薬液が溶けているか?
ということです。
w/v%のwはg(グラム)でvは100mlです。

QプラスミドDNAの抽出法

実験でプラスミドDNAの抽出をアルカリ法によって行いましたが、アルカリ法の原理がわかりません。
自分でも調べてみましたが、原理はわかりませんでした。
原理をココで教えてくれる方、良いHPを知っている方、何か教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

菌を適当なバッファーに再懸濁します(グルコースが入っているのが一般的ですが、浸透圧をあわせるだけで、あまり重要ではありません)。

アルカリとSDSでタンパク質や膜成分を可溶化し溶菌します。同時に大腸菌のゲノムDNAはアルカリ変性して一本鎖状態になります。スーパーコイル状のプラスミドは変性しにくいのでそのまま残ります(プラスミドまで変性しないように冷やしたり、短時間にします)。

そこに酢酸カリウムなどの塩を加えると急激に中和されるのと同時に塩析作用で、タンパク質-SDS複合体と変性DNAを不溶化します(冷やすこと、時間を置くことで沈殿の形成を促します)。これを遠心分離すると上澄みにプラスミドが残ります。

塩を含んだ上澄みにアルコールを加えると溶けていたプラスミドがアルコール沈殿を起こすので、これを遠心分離して沈殿として回収します。70%程度のエタノールで沈殿から塩を洗い流します。


人気Q&Aランキング