ポケモン水の都の護り神で伝説のポケモン、セレビィ、ルギア、エンテイ、ミューツーがこの映画のどこかに隠されているとの事でしたが、エンテイだけが、どうしてもどこにあるかがわかりません。
ご存じのかた、古くて申し訳ありませんが、教えてください。

A 回答 (1件)

(記憶が定かでないのですが)



たしか、ラティアスとラティオスがすむ公園のような場所でエンテイの顔をした小さなフクロウのような鳥というか動物(顔は完全にエンテイ)が出てくるシーンがあったと記憶してます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有り難うございました。鳥までは見落としていて、
公園の別の所を熱心に捜していました。もう一度見直してみます。

お礼日時:2003/07/16 15:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q『伝説のその向こう』ていうのを訳したいんですが。

 今、学校の文化祭に向けて文芸部の小説を書いています。
 そのタイトルを、英語で『伝説のその向こう』という感じにしたいんですが、ニュアンスをどう出せばいいのかで大変困っています。
 日本語では、【伝説には続きがあった】というニュアンスで、『伝説のその向こう』としたんですが、こうなったら『伝説の続き』でもいいんで、そういう感じのニュアンスになるような訳を、誰かよいアイディアのある方がいらっしゃったら教えて下さい。
 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
>The Tale after the Legend

(伝説の後の物語)

>The Tale beyond the Legend

(伝説の彼方の物語)

legend に対比する[物語」は、story よりも、tale の方が似合っていると思います。
 

Qポケモン映画で見たい座席を決める方法今度のポケモン映画を見に行こうと思いますが、前売り券を買って

ポケモン映画で見たい座席を決める方法

今度のポケモン映画を見に行こうと思いますが、前売り券を買ってから、どうすれば席を指定できるのでしょうか?

その見たい日にちに映画館へいって、当日券、前売り券関係なく先着順で座席を決めるのでしょうか?

Aベストアンサー

ポケモンの映画『ポケモン・ザ・ムービーXY&Z「ボルケニオンと機巧(からくり)のマギアナ」』は2016年7月16日(土)公開ですね。公式サイトをみると、4月16日(土)から前売り券は発売されるのでしょうか。
http://www.pokemon-movie.jp/tickets/

↑のページにある画像は紙の前売り券ですが、販売場所のページを見ると「ムビチケ」タイプの前売り券もあるようですね。
http://www.pokemon-movie.jp/tickets/shop_buy/

前売り券で映画を観るときは、映画館の窓口で、観たい上映回の券と引き換えます。全席指定の回なら座席も指定します。ムビチケタイプの前売り券の場合は、ムビチケ対応館でしか使えませんが、映画館に行かなくてもインターネットから座席を取ることができます。

席は先着順で取ることになります。前売り券なしでの購入、前売り券からの引き換え、どちらかに関係なく先着順となります。

いつから座席が取れるかは映画館によって異なります。上映日の7日以上前から取れる映画館もあれば、2日前から発売の映画館もありますし、上映日当日にしか取れない映画館もあります。映画館の公式サイトを見たり、映画館に電話で問い合わせたりすればいいでしょう。観に行く予定の映画館で前売り券を購入するなら、購入するときに何日前から座席に引き換えられるか館員に聞くといいでしょう。

ポケモンの映画『ポケモン・ザ・ムービーXY&Z「ボルケニオンと機巧(からくり)のマギアナ」』は2016年7月16日(土)公開ですね。公式サイトをみると、4月16日(土)から前売り券は発売されるのでしょうか。
http://www.pokemon-movie.jp/tickets/

↑のページにある画像は紙の前売り券ですが、販売場所のページを見ると「ムビチケ」タイプの前売り券もあるようですね。
http://www.pokemon-movie.jp/tickets/shop_buy/

前売り券で映画を観るときは、映画館の窓口で、観たい上映回の券と引き換えます。全席指定の...続きを読む

Qポーカー ルール

最近、トランプのポーカーという遊びが気になります。

ポーカー ルール で検索を掛けてみたのですが、
用語などで意味がわかりません。


ポーカーにもいろいろな種類があるそうなので、種類と、一般的なポーカーのルールを詳しく教えてください。


お願いします。

Aベストアンサー

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC

が整理されて詳しいです。わからないことがあれば具体的に質問してください。

大きく、
・ドローポーカー(上記ページではクローズド・ポーカー) ・・・・ 自分の札は全部非公開で、カードを交換して役を作る
・スタッドポーカー ・・・・ カード交換は無く、自分の札は最初1-2枚非公開で配った後、1枚ずつ公開して配っていく
・その他特殊な物
に分かれます。

私の身の回りで「ポーカー」としてされてたのは、交換回数無制限(誰かが止めるまで続く)のドローポーカーですね。家庭用にチップを掛けないでも遊べるように変形された物でしょう。チップを掛けないので、ポーカーと言えないですが。

Q何で映画の終わりに「終」「完」「THE END」「FIN」「FINE」などが出なくなったのですか

タイトルのとおりです。
昔の映画を観ると国によって当然言葉が違いますがこれで終わりですよっていう意味の言葉が必ず最後に出ました。
ところが最近の映画は出演者や製作者などはこれでもかっていうほど出るのですがこれが出てくる映画は邦画・アジア映画・欧米映画を問わずほとんど皆無です。
一種の流行なのでしょうか。
それとも何か特別の理由があるのでしょうか。
個人的には昔の方がよかったと思います。

Aベストアンサー

No.3の方と同じ、「権利」の問題だと思います。
日本では1970年に著作権法が制定され、著作物の使用などに制限が加わりました。今では一般的な考え方ですが、70年以前は権利に対してアバウトだったので、映画の雰囲気を重視できたのでしょう。
スタッフロールが肥大化したのも、製作者全員の権利問題などがあるのだと思います。
基本的に映画(劇映画)は製作会社が著作権を持っていますが、外部委託する際「スタッフロールに名前を載せる」という条件が大抵あるので肥大化しているのでしょう。
だからスタッフロールは「会社や個人の権利と宣伝のため」フィルム一本一本に付けているようです。
ほとんどの監督は最終編集権(ファイナル・カット)を持っていないので、それを持っている巨匠で、なおかつ「終わり」と挿入したいという監督しかやらないのでしょう。
ちなみにぱっと調べた限りウォン・カー・ウァイが「完」と付けています。

Qポケモンの努力値について

ポケモンには、努力値がありますよね。
その努力値について質問なんですが・・・。
質問1 学習装置を持たせたり、1度戦闘に出して違うポケモンに代えたりして育てたとき、戦闘をせずに(自分の技では倒さずに)経験値を得たポケモンは努力値をもらえるのでしょうか?
質問2 ダブルバトルで相手ポケモンを倒したとき、努力値は自分のポケモン2体とももらえるんですか?
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

最新作のダイヤモンド・パールにおける努力値なら、努力値は経験値と同時に配分されます。
つまり、どんな形であれ経験値を得た=努力値を得たということになるのです。

よって学習装置にしろダブルバトルにしろ、経験値を得たのならそれは等しくその対象の持つ努力値が配分されます。また、経験値のように配分される努力値が半分になったりすることはありません。例えば、学習装置をコイキングに持たせて、先頭のポケモンがギャラドスを倒せば、コイキングに攻撃努力値が+3されることになります。

Q映画「君の名は。」についてです!小説版は読んだのですが、映画はまだ見にいけていません。映画との違

映画「君の名は。」についてです!
小説版は読んだのですが、映画はまだ見にいけていません。
映画との違いは何かありましたか?
また、見に行った方がいいですか?
回答よろしくお願いします!

Aベストアンサー

文字だけよりも、映像になると、違う感じか得られるのではないでしょうか。
 映画を観るか、観ないかは、あなた次第です。

Qポケモン 伝説のポケモンを増殖できる方法ないですか??

ポケモン
伝説のポケモンを増殖できる方法ないですか??

Aベストアンサー

結論から言うとないです。
伝説がいっぱい欲しいとなれば、そのポケモンが出るソフトを周回するしかないのです。
しかし、どんな手間がかかってもいいなら、第三世代つまりエメラルドまでに出てくるポケモンに限り増殖バグで増やすことができます。
多分「エメラルド 増殖バグ」で検索すれば出てくると思いますが…
もし、できたとしてもエメラルド→ダイパ、プラチナ、ハートゴールド、ソウルシルバー、→ブラック、ホワイト、2→xy、orasと面倒くさい方法でしかも全て殿堂入りしてなくてはいけません。なので、一番手っ取り早いのはorasの周回でしょう、今までの伝説がアホみたいに出てくるのでオススメです。

Q「危険な情事」「運命の女」などの「不貞」がテーマの映画

「不貞」がテーマで、しかも「不貞をはたらくとこんなにも恐い目にあうぞ~~」という教訓のある映画はないでしょうか?

思い付くのは「危険な情事」「運命の女」です。
洋画でも邦画でもかまいませんので、「浮気するのはやめよう」と思えるような内容の映画を教えてください。

できればストーリーも面白いものがいいです。

Aベストアンサー

ども,daredevilと言います。

↓のサイトはnadesiko2003さんがこれから映画を検索する上で役立つと思うので活用してください。

【シネマクラッシュ~映画好きドットコム~】
http://www.eigadaisuki.com

不貞系映画は↓

・【プール(2002)】
http://dvd.eigaseikatu.com/dvd/139775/

解説(抜粋):ベンは恋人のエイミーがいながら転校生のマディソンと「一夜限り」という約束で関係を持ってしまう。しかし、マディソンはサイコなストーカーとなりベンは絶体絶命に!ジェシー・ブラッドフォード、エリカ・クリステンセン、「ロズウェル★星の恋人達」の、シリ・アップルビーほか出演によるエロティック・サイコ・サスペンス。

・【アイズ・ワイド・シャット 特別版(1999)】
http://dvd.eigaseikatu.com/dvd/115336/

解説(抜粋):ある夫婦の愛と性をめぐる心の相克を冷徹に映し出したシリアス・ドラマ。監督・製作は「2001年宇宙の旅」「時計じかけのオレンジ」などの巨匠スタンリー・キューブリックで、88年の「フルメタル・ジャケット」以来11年ぶりとなる本作完成直後死去し、本作が遺作となった。

・【氷の微笑(1992)】
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD3238/index.html

解説(抜粋):元ロック・スターの惨殺事件を追う刑事と容疑者の美人小説家とのやりとりを描くエロティック・サスペンス。監督は「トータル・リコール」のポール・ヴァーホーヴェン、エグゼクティヴ・プロデューサーはマリオ・カサール、脚本はジョー・エスターハス、撮影はヤン・デ・ボン、音楽はジェリー・ゴールドスミスが担当。

参考にして下さい。

ども,daredevilと言います。

↓のサイトはnadesiko2003さんがこれから映画を検索する上で役立つと思うので活用してください。

【シネマクラッシュ~映画好きドットコム~】
http://www.eigadaisuki.com

不貞系映画は↓

・【プール(2002)】
http://dvd.eigaseikatu.com/dvd/139775/

解説(抜粋):ベンは恋人のエイミーがいながら転校生のマディソンと「一夜限り」という約束で関係を持ってしまう。しかし、マディソンはサイコなストーカーとなりベンは絶体絶命に!ジェシー・ブラッドフォード、エ...続きを読む

Q英語に翻訳をお願いします。

「伝説のシューズがちょうど今届いたよ」
上記の文章を英語に翻訳をお願い致します。

Aベストアンサー

I've just now received the legendary shoes.

Q「監督」、「製作総指揮」、「プロデューサ」・・・結局、ダレが偉いのでしょうか?

「作品は監督のものだ!」と、何度か見聞きしてます。

この「監督」、立場はどうなんでしょうか?
「製作総指揮」に 名の通った人(たとえば『スピルバーグ』だとか)が存在してるとイキナリ薄れてしまうような気がします。

「監督」や「総指揮」、「プロデューサ」の関係を端的に表していただけると幸いです。

それぞれ、本来の役割は何ですか?
原作や脚本とかにイチャモンをつけ、自分なりの解釈で撮ることができるのはダレなんでしょう?
世の「映画評論家」が重きを置いてるのは、どの立場の人でしょうか?

Aベストアンサー

国や地域、あるいは作品によっても違います。

ハリウッドではもっとも偉いのはプロデューサー、もしくは製作総指揮にあたるエグゼクティブプロデューサーになります。
ハリウッドでは、最終的にどのカットを使いどのカットを切ってしまうかというファイナルカット権というのがありまして、ほとんどの監督はこの権利を持っていません。
この権利を行使できる大物はスピルバーグとか、シドニールメットとか、十数人だと思います。
そんなことから監督ながらプロデューサーとしてタイトルに名を連ねる人もけっこう居ます。プロデューサーということだと、この権利が持てるからです。
ハリウッドのプロデューサーは監督が撮ったカットを気に入らず、撮り直すように命令することまであります。

これがニューヨークやヨーロッパだと違ってきます。単に”偉い人”というとお金を握るプロデューサーですが、NYや欧州では作家性を重んじる傾向があるので、作品の出来不出来に責任を持つ人、ということで監督の権限が大きく、この考え方だとプロデューサーよりも監督の方が偉い、とも言えます。日本も映画の場合にはこの傾向が強いです。テレビはそうでもありませんが。

世の「映画評論家」が重きを置いてるのはやはり監督ですが、芸術性に秀でた有名なプロデューサーやカメラマンというのもやはり居まして、場合によっては監督よりもプロデューサーやカメラマンに評論家の目がいくこともあります。

なぜカメラマン? というのは”撮影現場の仕切”をするのに監督よりもカメラマンの腕がものを言うことがよくあるからです。

上記のような例ではプロデューサーではアナトール・ドーマンという方が特に有名で、かかわった作品のほぼすべてが世界的な映画賞を受賞しています。イタリア人監督から日本人監督まで国籍を問わずいろんな国の監督と仕事をした大プロデューサーです。

カメラマンだとヴィットリオ・ストラーロなどか有名です。監督がOKでも平気で「オレはNGだ」ともう一回撮り直しをさせるカメラマンです。
それだけあってすごい画を撮るのですが、うるさいので監督によってはあまり一緒にやりたくないようです。

こういった方たちが名を連ねていると、”ちゃんとした評論家”(最近はどうしようもない名ばかり評論家も多いので)は、監督に加えスタッフにも言及せざるおえないと思います。

国や地域、あるいは作品によっても違います。

ハリウッドではもっとも偉いのはプロデューサー、もしくは製作総指揮にあたるエグゼクティブプロデューサーになります。
ハリウッドでは、最終的にどのカットを使いどのカットを切ってしまうかというファイナルカット権というのがありまして、ほとんどの監督はこの権利を持っていません。
この権利を行使できる大物はスピルバーグとか、シドニールメットとか、十数人だと思います。
そんなことから監督ながらプロデューサーとしてタイトルに名を連ねる人もけっ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報