最近冒険でマンガが買えなくなってきました・・・
なので、ぜひともこれはかなり面白かった!!と思ったマンガを教えてください。

できれば歴史系が今読みたいです。

ちなみにこの前、花の慶次読みました。
おーい竜馬・あずみ・バカボンド・ベルバラかなり好きです。

歴史系じゃなくても高校生恋愛もの以外なら何でもこいです。
(できれば著者・題名・出版社・ちょっとした内容も教えてください)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (16件中1~10件)

青池保子「アルカサル」プリンセスコミックス 秋田書店。


中世スペインの実在の王ドン・ペドロの伝記ものです。ものすごく面白い、のですが、途中で止まっている!(史実だから先はわかるのですが、すごく読みたい(T_T))のが残念です。同じ作者の「修道士ファルコ」(白泉社)、「サラディンの日」(十字軍もの、秋田文庫)も愉快です。
下記は青池氏の公式サイトです。キレイですよ。

参考URL:http://www.aoike.gr.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

サイトみました。確かにすごくキレイでした。
しかも、面白そうなマンガがいっぱい有りました。

実は、青池さんの作品を一冊も読んだことがないので、
『エロイカより愛をこめて』がずっと気になっていたんです。
でもなかなか買うまでにいかなくて・・・

『アルカサル』・・・早く続きが出るといいですね。
途中で止まってるマンガは、読者としてかなり悲しい!!

他2冊も面白そうですね。青池作品ぜひ読んでみたいです。
本当に有難うございます。参考になりました。

お礼日時:2001/04/06 20:25

・#2でatsutatsuさんが寄生獣をあげてますが、これは本当に面白いです!


わたしもお勧めします。
・が、歴史ものというのならば同作者(岩明均:いわあきひとし)の「七夕の国」(全3巻)がおすすめです。
推理小説のような複雑な設定が、読むものを魅了します。
あと、15人もの回答にこれがないのが不思議でなりません・・・
・山原義人氏の「龍狼伝」!!!
現在月間マガジンで掲載中のマンガで、三国志を元にアレンジした日本の少年が主人公の物語です。彼女(幼馴染)とともに中国三国志の時代にタイムスリップし、歴史の中に巻き込まれていく話ですが、主人公(天地シロウ(漢字忘れました!))が強く逞しく成長し、歴史の一人物として活躍していく物語です。
・一寸子供向けかも知れませんが藤田和日郎氏の「うしおととら」がいいとおもいます。
恋愛ものは私も大好きでよく読んでいるのですが、おすすめは桂正和さんのマンガ。
・中でも「ビデオガール」は結構泣けます!
・「I's(アイズ)」もおもしろいですよ!
・北崎拓氏の「たとえばこんなラブソング」、青年向けマンガで一寸大人のマンガかな、切なくなりますよ(笑)!
他にもまだまだありますが、これ以上ながくなってもアレなので、
このへんで(^^)/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

atsutatsuさんのところでお答えしたと思うのですが、寄生獣は私も読みました。
その時『七夕の国』の事も書いたのですが、あのマンガは私には難しすぎて
よく解りませんでした・・・ごめんなさい
でも友達は面白いといっています。
ちなみにkyozoさんのところで『龍狼伝』も出てきました。
『龍狼伝』・『竜狼伝』どっちが本当なんでしょう??

『ビデオガール』は、私の友達も面白いと言っていたような・・・
恋愛では泣けるヤツが好きなんで『ビデオガール』読んでみたいです。

その他マンガも本屋でチェックしたいと思います。
本当に有難うございます。参考になりました。

お礼日時:2001/04/09 21:16

takoyaki様


「日出処の天使」ではなく「日出処の天子」ですね。
著者は山岸涼子であっています。
私も大好きです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私も聞いていいでしょうか?

山岸涼子さんの『天人唐草』をSUNコミ版で持っているんですが、
この『日出処の天子』もSUNコミでしたっけ?

文庫があまり好きではないので、もし知っていたら教えてください。

お礼日時:2001/04/09 20:37

小学館PFコミックで出ている『玄奘西域記』全4巻がお薦めです。


作者は諏訪緑。最近、文庫版が全2巻で出ました。

 題名を見れば大体わかると思いますが、西遊記の三蔵法師のモデルとなった玄奘三蔵の取経の旅を描いてます。玄奘がしるした大唐西域記を下敷きにしてかかれているので、歴史考証は結構しっかりしているのではないでしょうか。(巻末に参考文献が列記されているし)
 といってもここに出てくる玄奘は高僧でもなんでもなく、ただ護衛と通訳として僧である尊敬する兄の旅に付き添う、正義感が強く短気で喧嘩っ早い若者です。
 その玄奘が、シルクロードを旅するうちにさまざまな国のいろいろな人に出会い、成長し、次第に民族のいがみ合いの背景にある歴史や、政治と宗教、取経の持つ意味のついて深く考えるようになっていきます。
 西遊記よろしく旅に加わることとなった突厥の王子ハザクや、インチキ祈祷師のプラジュニャーカラと、互いに影響を受けつつ成長していく姿には共感できます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

『玄奘西域記』、これも初めて聞きました。

でも、人としてなんだか読んでタメになるマンガみたいですね。
そうゆうマンガも好きなんです。

全4巻というところがまた買いやすいし。

面白そうで、買いやすい。いいですね

本当に有難うございます。参考になりました。

お礼日時:2001/04/09 20:33

「日出処の天使(ひいずるところのてんし)」はいかがでしょうか?


聖徳太子を主人公とした歴史物で、
かなりフィクションの部分はあるかもしれませんが面白いです!
著者は・・・え~と・・・。山岸涼子だったかな・・・。
(だれか、教えて下さい。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

古本屋で見た事あります。

ごめんなさい。著者は思い出せません。
でも見た事があるので、探してみます。

これは、聖徳太子の話だったんですね。
池田理代子さんの書いた聖徳太子の話は読んだことがあるんですが・・・

本当に有難うございます。参考になりました。

お礼日時:2001/04/09 20:23

もう読んでるかもしれないんですけど、


月刊マガジンで連載されてる竜狼伝なんかどうでしょう。
現代にすんでるシロウとますみが中国の三国志の時代にタイムスリップししてしまい、
一緒に現代に戻るために冒険する物語です。
後半になるとシロウが超人的になりすぎちゃってアクション物っぽくなってしまうんですが・・・
僕的には前半の頃の歴史とリンクしてる時の方がすきだったんですけど、おもしろいですよ。
もうひとつも月刊マガジンで連載されたばかりの、遮那王というマンガです。
内容は源義経(牛若丸)が実は16歳で死んでいて、それ以後の活躍は、
子供の頃に身代わりになった旅芸人の漂太という少年が義経を演じていたという物語です。
今は漂太と牛若丸の出会いと、漂太がニセモノだとばれないように、
うまく立ち回る部分が描かれてます。今一巻がでてるんですけど、
続きが早く読みたいマンガです。読んでなかったら一度読んで見て下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

『竜狼伝』・『遮那王』ですか。
初めて聞きました。勉強不足です。

でも、どちらも面白そうな内容ですね。

マンガって最初と趣旨が変わってくると、ちょっと悲しいのは私だけでしょうか?
いい方向に変わってくれるといいんですが・・・

源義経を題材にしているマンガですか。いいですね。
今1巻が出てるなら、集めやすそうだし。
本屋で探してみます。
本当に有難うございます。参考になりました。

お礼日時:2001/04/09 19:33

 友達に「いい漫画ない?」と聞かれた必ず答えてしまうのが和月伸宏さんの「るろうに剣心」(集英社)わたしは、大大大好きなんですが、メジャーすぎて誰でも知ってますかね?幕末の伝説の人斬りだった人が明治時代になって人々を助けながら生きていくはなしです。


 他にも、メジャーなところを少し書いときます。(全部知ってたりして。)

SLAMDUNK 井上雄彦(集英社)全31巻
    バカボンドの前の作品。バスケのお話。ラストは泣きました。

名探偵コナン 青山剛昌(小学館)
    高校生探偵が謎の組織の薬によって小学生に。推理小説の漫画版!?

幽遊白書 冨樫義博(集英社)全19巻
    霊界探偵になった少年と、妖怪達が戦う話。(レベルEもお勧め)

MINDASSASSIN かずはじめ(集英社)全5巻
    人の記憶や精神の壊すことのできるお医者さんの話。

WILDHALF 浅美裕子(集英社)全17巻
    話す犬とその飼い主の情によって様々なできごとを乗り越えていく話

魔法陣グルグル 衛藤ヒロユキ(エニックス)
    勇者と魔法使いが魔王を倒す旅をする話。子供っぽいけど笑えます。

いつでもお天気気分 羅川真里茂(白泉社)
    赤ちゃんと僕の次の作品。舞台は高校。

 これくらいですかね。全部知ってたら本当にゴメンナサイ。 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

『るろうに剣心』は確かマンガでやってませんでしたっけ?
違ったらごめんなさい。確かチラっと見た様な気がしたんですけど・・・

本屋さんで題名を見て、どんなマンガか想像がつかなかったんですが
内容を見ると面白そうですね。

『SLAMDUNK』有名ですよね。でも読んでないんです。
確かにバカボンドを読んでいるので、スラムダンクも面白いのかなぁ
と思っていたところです。今度古本屋をチェックしてみます。

推理小説物はちょっと苦手なんですが『名探偵コナン』は読んでます。
面白いですよね。

『幽遊白書』は聞いたことがあるんですが、その他のマンガは
ごめんなさい初めて聞きました。勉強不足です。

本当に有難うございました。参考になりました。

お礼日時:2001/04/08 10:41

歴史漫画と言われて真っ先に思いついたのは、「三国志」だったんですけど、あんなに有名なのに何故、誰も書いていらっしゃらないのでしょうか?(涙)



横山光輝さんの漫画で
・三国志 全60巻 潮出版より 希望コミックス
・水滸伝 全10巻 潮出版より 潮漫画文庫
 (水滸伝は「水滸外伝」という番外もでています。潮出版より希望コミックス)

すごく有名なので、なんとなくご存知でしょうか?
中国戦乱時代の歴史漫画です。
60巻はかなり読みごたえがありますよ♪
古本屋さんや、ネットオークションでよく見かけます。
お暇があったら、ぜひ読んでみて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

三国志ですよね。確かに何故出てこないのだ?と思いました。
でも、実はまだ読んでません。アハハ

読みたいんですよ!!
でも、すごくたくさん出てますよね。
なかなか、買うまでの一歩が踏み出せなくて。

横山さんのマンガで『武田信玄』?だったと思うんですが、
読んだんですけど、全員一緒に見えてしまうんです。未熟者でしょうか?

でも『三国志』もまえから気になってたマンガなので、
古本屋で良い値段で売っていたら買ってみようと思います。

本当に有難うございました。参考になりました。

お礼日時:2001/04/08 10:03

いっその事 全ての小山ゆう作品を読破されてはどうでしょうか。


個人的に「俺は直角」なんて大好きですけどね。
「あずみ」より好きかも。ちなみに読んで泣きました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですよ。全部読みたいんです。
『いざ竜馬』??でしたっけ?ちょっと題名違うかも・・・
あれは読んだんです。読みましたか?
私の中の面白マンガで好きなんですが。

『俺は直角』ですよね・・・ うぅぅぅ読みたいです。
しかも泣けるんですか!!いいですねぇ。

そうですよね。がんばって読破してみます!!
本当に有難うございます。参考になりました。

お礼日時:2001/04/06 20:59

王道ですが(??)浦沢直樹氏の「MONSTER」、


美内すずえ氏の「ガラスの仮面」、羅川まりも氏の「赤ちゃんと僕」、昨;菊池秀行氏、画;斉藤岬氏の「退魔針」
、片倉・M・改憲氏の「GO DA GUN」、蛭田達也氏の「コータローまかりとおる!」(新・旧)森永あい氏の「山田太郎ものがたり」。
知ってるのばっかだったらごめんなさい!!(>_<)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

実は今『MONSTER』借りて読んでるところなんです。アハハ
やっと7巻まで読みました。
まだ途中までしか読んでませんが、面白いですね。

『ガラスの仮面』読んでます。でも続きはいつ書いてくれるんでしょう??
早く読みたいですよね!!

おぉ、また『山田太郎ものがたり』ですね。
これもたぶんかなり面白いんですね。今度ぜひ読んでみたいです。

他『コータローまかりとおる!』以外はちょっと見た事ないかも・・・
勉強不足です。今度チェックしてみます。

本当に有難うございます。参考になりました。

お礼日時:2001/04/06 20:37

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qマンガ「あずみ」の初出掲載号は?

ビッグコミックスペリオールに連載されていた「あずみ」の連載第一話〈若しくは読み切り〉掲載号の年月日や号数〈又は何日号〉をご存知でしたら教えてください。

Aベストアンサー

94年第14号(7月1日発売号)です。
http://big-3.jp/bigsuperior/column/history/004/index.html

Q「おーい、竜馬」とは

こんばんは。
漫画喫茶で表題の漫画を見ました。
時間がなくて手に取ることはできませんでした。
これは坂本竜馬の漫画版なのですか。
もしそうなら、史実に忠実なのでしょうか。それとも参考にした程度でしょうか。
読んだことがあるかたがいましたら教えてください。

Aベストアンサー

歴史物である以上、完全に「史実に忠実」という事はありえないです。
ほぼ歴史的文献には忠実に沿っていますが、細かい描写はディフォルメされていますし、人物に関しても小山ゆうさんや武田鉄矢さんの持っているイメージの影響が強いです。
それは、どんな歴史漫画にも言える事ですけどね。
ある一定のフィクションは描かれています。
竜馬が毎日細かな日記を付けていたのなら別だけど、そんな事ありえないですからね。
史実の埋め合わせにフィクションが介在するのは、どの歴史漫画でも同じだと思います。

「参考にした程度」というのがどの程度なのかにもよりますが、極力忠実だという風に書けばいいでしょうか。

>「坂本竜馬の漫画版」
これって、司馬遼太郎さんの「竜馬がゆく」の事?
それだったら、別物ですよ。

Q『バカボンド』のバカボンドってどういう意味ですか?

井上雄彦氏の漫画『バカボンド』のバカボンドってどういう意味なのですか?
やはり、造語でしょうか?
ご存知の方、教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1のRikosです。

もうすでに回答は出ていますが、『vagabond』です。
参考URLで、発音を聞いてみてください。
とてもじゃないですが、『バカボンド』には聞こえません。。。

http://dictionary.goo.ne.jp/cgi-bin/dict_search.cgi?MT=vagabond&sw=0

参考URL:http://dictionary.goo.ne.jp/cgi-bin/dict_search.cgi?MT=vagabond&sw=0

Qマンガ「花の慶次」おふうの生い立ちについて

ジャンプ連載当時から「花の慶次」が好きで、パチンコはやりませんが未だにコミックを愛読書として読み返しています。

ところで何回読んでも今ひとつ不可解なのがおふうの生い立ちについてです。
途中部分が省略されてるのか、話の前後関係が読めずしっくり頭の中で辻褄が合いません。
長期連載のマンガは連載当初と辻褄が合わなくなるケースが多々あり、「花の慶次」でも至るところにそれは見られますが、おふうの生い立ちだけがどうにも未だに気になっています。

自分の考えでは…

1.七霧の女お雪と公家の間の私生児として産まれ、母お雪はシングルマザーになろうとしたが村長に言われておふうを川に流した→2.お雪は川からおふうが帰ってくるのを待ったが、それを待たずして亡くなった→3.どういいきさつか不明ながら、その後まだ乳幼児のままおふうは無事保護され七霧に戻ってきて、岩兵衛が世話をした→4.願鬼坊にさらわれて耳桶をかつがされる生活になった→5.村長の指示で、慶次と一緒に居ることを噂に聞きつけた岩兵衛が取り戻しに来た→6.慶次が七霧を救い、おふうは七霧の者として公家生活することになった…

これがマンガで足りない説明を自分の憶測でつなぎ合わせた考察です。
川に流した乳幼児のおふうが無事七霧に帰って来たのは奇跡に近いでしょうに、そのいきさつが描かれていないためいきなり川に流したはずのおふうを岩兵衛がイクメンしてる回想になり、3.の過程にちょっと違和感が…。
4.に至るにあたっても、おふうは慶次に出会った時、願鬼坊との関係について、「連れやない、さらわれたんや」と言っています。ということはある程度物心付いてからさらわれたということですよね。さらわれた状況を憶えているなら、七霧で育ったことや岩兵衛のことも憶えているはずでは?
ところが岩兵衛を父親どころか鬼だと…(笑)

しかもあれだけの結界の七霧からおふうをさらった人物が居たなら、大騒ぎになってもっと早くに誘拐者の割り出しや追跡が出来たでしょうに、いい加減年数が経ってから慶次を直接の誘拐者と見なして岩兵衛は追跡しています。
おそらく村長の意向で一旦はおふうを探すのを諦めたのち、風魔の陰謀が絡んだ時になって村長に言われてから探し始めたにしても、誘拐当時記憶も定かでないであろう三歳未満と思われるおふうをあの願鬼坊が育てたというのも疑わしいですし…

岩兵衛が育てたのを知った後も、おふうは自殺未遂した時に村長に対して「あんたら勝手過ぎる、勝手に産んで勝手に捨てる!」と怒りをぶつけています。そのトラウマで成長が止まってしまった程ですから、さらわれたことより捨てられたことの方が傷になっていると言えます。
ということは、岩兵衛が育てた後、さらわれたのではなくまた捨てられた可能性も…その辺がどうも、納得の行く推測が出来ません。

自分の推理というか憶測で間違いないでしょうか。
検証できる方、アドバイスください。

くだらない質問ですが、永年読み返しているマンガだけに、気になって仕方ありませんで…


愛読されている方のご意見が聞ければと思います、よろしくお願いします。

ジャンプ連載当時から「花の慶次」が好きで、パチンコはやりませんが未だにコミックを愛読書として読み返しています。

ところで何回読んでも今ひとつ不可解なのがおふうの生い立ちについてです。
途中部分が省略されてるのか、話の前後関係が読めずしっくり頭の中で辻褄が合いません。
長期連載のマンガは連載当初と辻褄が合わなくなるケースが多々あり、「花の慶次」でも至るところにそれは見られますが、おふうの生い立ちだけがどうにも未だに気になっています。

自分の考えでは…

1.七霧の女お雪と公家の間の...続きを読む

Aベストアンサー

原作の『一夢庵風流記』にはおふうは登場しません。
『花の慶次~雲のかなたに~』の次に連載された
『影武者徳川家康』にはおふうというくノ一が登場します。
マンガですので、あまり深く考えない方が楽しめますよ。

Q少女マンガ【青春・恋愛】でのおススメマンガ

最近マンガにハマりだしてしまいました。
今好きなのは、『僕等がいた』なのですが、全巻読み終えてしまい、
また新しい同じ系統のマンガを読みたいなと思っています。
『僕等がいた』に似た系統でいいマンガを教えてください。

Aベストアンサー

はじめまして。
僕等がいたを知らないのに書き込みしてすみません。
あらすじを少し読んだ感じだけですが、以下が近いかな?と感じたので書き込みます。

●桃森ミヨシさん/ハツカレ/6巻 続/マーガレット
http://books.shueisha.co.jp/CGI/search/syousai_put.cgi?isbn_cd=4-08-847704-9&mode=1

●椎名軽穂さん/CRAZY FOR YOU/5巻 続/マーガレット
http://books.shueisha.co.jp/CGI/search/syousai_put.cgi?isbn_cd=4-08-847708-1&mode=1

●池山田剛/GET LOVE/全7巻/フラワー
http://www.s-book.com/plsql/com2_detail?isbn=4091383424

●池山田剛/萌えカレ/2巻 続/フラワー
http://www.s-book.com/plsql/com2_detail?isbn=4091383491

あたりはいかがでしょうか?
絵柄が可愛いですよ。
話も私は好きなんですが・・・。

はじめまして。
僕等がいたを知らないのに書き込みしてすみません。
あらすじを少し読んだ感じだけですが、以下が近いかな?と感じたので書き込みます。

●桃森ミヨシさん/ハツカレ/6巻 続/マーガレット
http://books.shueisha.co.jp/CGI/search/syousai_put.cgi?isbn_cd=4-08-847704-9&mode=1

●椎名軽穂さん/CRAZY FOR YOU/5巻 続/マーガレット
http://books.shueisha.co.jp/CGI/search/syousai_put.cgi?isbn_cd=4-08-847708-1&mode=1

●池山田剛/GET LOVE/全7巻/...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報