人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

お茶菓子についてですが、各家庭に来られる、お客さんにお茶とお茶菓子を出す際、通常、2個1セットで出すのが、普通でしょうか?
1個だと、よろしくないものでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

中国 お菓子」に関するQ&A: 中国のお菓子

A 回答 (3件)

一般に「練切り」と呼ばれている「生菓子」類は、1個です。



羊羹のような竿菓子は一切れです。
一切れを1cm前後の厚さにし、二切れをずらして出すようなことはしません。
包丁を入れると金気(かなけ)がするといって嫌います。

「落雁」のような打ち菓子、小さなゼリー風の砂糖菓子は3個。
日本や中国は偶数を陰の数として避け、陽の数である奇数を好みます。

水菓子(果物のこと)は、その形状、大きさにより適宜。

なお、参考までにいいますと
お煎茶の場合は、お茶ー菓子ーお茶の順に出します。
お抹茶の場合は、お菓子ーお茶の順です。

以上は、かって、普通の家庭で普通に行われていたことであり、特別なお作法ではないことを申し添えます。
    • good
    • 0

夏場の来客に水菓子、水羊羹の類なら1ケ


スイカなら8分のイチ切れ程度の切り分け
冬場のそれは、モナカや饅頭なら1ケ
オカキや語り部なら複数個がテキトオと思いますです
    • good
    • 0

モノにも


よるので
なにが普通と言うのは
ありません

柿の種なら二個でも少ないでしょうし、
羊羹を切らずに一本でも多いですね。

モノと状況によります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答、ありがとうございました。
1人につき、1個ずつ用意していたら、他で、2個ずつ出すものだと言われ、こちらで確認してみました。

お礼日時:2010/07/09 14:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qお茶と和菓子とおしぼりの出し方

会社で大切なお客様がいらっしゃったのですが、当時フロアの総務的の仕事をしている人が休みだったものですから、普段接客とは無縁な仕事の私が急きょ接待を頼まれました。

茶器や菓子などは用意してあったのですが問題はその出し方。(普段はお茶とおしぼりが主)

私は日頃もそういうことには疎いものですから

それでも緊張しながら

お客様の左から入り

お客様からみて奥からおしぼり(手前に置いていいものかすごく迷いましたが)、和菓子、蓋つきのお茶をだしてしまいました。
(一度お菓子はお客様の中央に置いてあるのをみたことがあるので和菓子は中央に置きました)
そしたら
そのお客様、機嫌が悪かったのか私の所作が悪かったのかわかりませんが
私が最後のお茶を置いて一礼して立ち去ろうとしたとき、
おしぼり台をぱーん!とよけられました。

嫌な汗がどどーっと出まして…

すみません、
私の出し方がわるかったのでしょうか。和菓子なんて出すことなど自分の家でもないので全くわかりませんでした。

また
今後こういう機会があると思うので
流派などあるかもしれませんが

おしぼりやお茶和菓子の出し方、位置などご伝授いただけるとありがたいです。

よろしくお願いいたします。

会社で大切なお客様がいらっしゃったのですが、当時フロアの総務的の仕事をしている人が休みだったものですから、普段接客とは無縁な仕事の私が急きょ接待を頼まれました。

茶器や菓子などは用意してあったのですが問題はその出し方。(普段はお茶とおしぼりが主)

私は日頃もそういうことには疎いものですから

それでも緊張しながら

お客様の左から入り

お客様からみて奥からおしぼり(手前に置いていいものかすごく迷いましたが)、和菓子、蓋つきのお茶をだしてしまいました。
(一度お菓子はお客様の中央...続きを読む

Aベストアンサー

以前、会議なども承るホテルに勤務していました。

基本的なそれぞれの置く位置は、他の回答者さまが説明している通りです。

お茶出しは、基本的にはお客様の右手後方から出します。
この時、間違ってお客様の腕などに当たらないよう、『失礼いたします』とお声がけして出します。
出す場所は、左に茶菓子、右にお茶、おしぼりを出すならお茶の隣におしぼりです。
出す順序は茶菓子、お茶、おしぼり。

これが基本ですが、ビジネスシーンの場合お客様の前に書類が広げてあったりして、ずらっと並べて出されると、邪魔になったりもします。そういった場合右側にすべて固めて出したりもします。
基本はあくまでも基本なので、お客様の邪魔にならないように臨機応変に。

日本人は右利きが多いですから、右手でお茶を飲み、左手で皿をもち右手に黒文字やフォークを持ってお菓子を食べますね。おしぼりを使う時も、右手で持ち上げ使う方が使いやすいですね。
お茶を飲む時に、お茶が左側にあれば飲みにくいですし、お菓子を頂くときにお菓子の左側にお茶があっては頂きにくいですね。
ですから、左側がお菓子で右側がお茶です。

ちなみに、お客様の後方に回る事が不可能で、テーブルの横などからしかお出しできない場合、お客様の前を横切る形になりますから、そういった場合は、『前から失礼します』や『こちら側から失礼します』など一言添えると良いでしょう。

以前、会議なども承るホテルに勤務していました。

基本的なそれぞれの置く位置は、他の回答者さまが説明している通りです。

お茶出しは、基本的にはお客様の右手後方から出します。
この時、間違ってお客様の腕などに当たらないよう、『失礼いたします』とお声がけして出します。
出す場所は、左に茶菓子、右にお茶、おしぼりを出すならお茶の隣におしぼりです。
出す順序は茶菓子、お茶、おしぼり。

これが基本ですが、ビジネスシーンの場合お客様の前に書類が広げてあったりして、ずらっと並べて出されると、...続きを読む


人気Q&Aランキング