不登校の娘をもつ母です。病気の治療の副作用で脱毛し、それがきっかけで不登校になりました。治療が終わって約二ヶ月経ちます。産毛状態からは脱したものの、新たな髪の毛は生え始めたばかりです。ウィッグは用意してありますが、いままでに着用したのは数回です。現在高校二年生ですが、進級してからは一度も登校しておりません。娘に今後どうしたいのか希望を聞いても何も答えてくれません。ほとんど引きこもり状態です。ヘアスタイルが脱毛前の状態に戻るには、一年以上はかかるでしょう。このまま休み続けると、留年することになります。学業単位取得のボーダーラインは9月です。学校に今後どうするか報告しなければならず悩んでいます。みなさんの良きアドバイスお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 お気の毒ですが、ご病気の治療では一年の遅れは仕方ないでしょう。

お母様がそうお考えになることです。これを『不登校』と言ってしまっては娘さんに気の毒です。

 慌てて無理強いして、今度は精神的に不安定になったりする方が大変ですし、一年遅れる事も本人にとってはとても嫌なことでしょう。それは本人が一番心配し、不安に感じています。

 その辺を理解してお母様が率先してゆったりと構えることです。転校も視野に入れてあげましょう。

 娘さんには、この休養中に何か新しいことに挑戦するなりして、普通じゃ出来ないものを身につけさせるのも良いかも知れません。

 ここで、英会話なんて言いだすと全てがオジャンです。私なら自分の趣味の陶芸でもさせるかも? 家の娘は銀細工?をしています。 全く知らない人たちの中では髪のことも病気のことも平気でしょう。

 留年して元の同級生が一年上にいるという1,2年を耐えれば、ここの一年なんてどうと言うことも無い一年です。一年早く高校を出れば一年早く結婚するわけでも無いし、その一年でよい男が“売り切れ”てしまうわけでもない。一年早く社会に出れば、その分生涯賃金が多いと言う保証も無い。ただ、人生で一番楽しい学生時代が一年長いという“特権”だけです。

 気楽にお考え下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々の回答ありがとうございました。気楽にですね。奇遇ですが、学校には同じ経験された生徒さんが二人もいて、どちらも登校を続け、一人はこの春卒業しました。とても立派だと思いますが、そのような子ばかりではないと思います。そういった前例があるせいか、学校側はこれ以上の欠席は病気を考慮できないといったニュアンスです。ある意味、娘のような生徒もいるという証明ができ、今後学校側の対応もかわってくるかもしれません。あるアイドルグループのコンサート活動やブログでは一生懸命です。それ以外では生きる気力さえもなさそうに見えます。もしかしたらなかったかも知れない命。大切にしてほしいです。

お礼日時:2010/07/11 11:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング